【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519161941.html
運動不足がよくない理由

運動不足がよくない理由 | LADYCO

LADYCO
運動不足がよくない理由

日常的に運動不足の状態に陥いるのは、良くないとされ身体を動かす習慣をつける事がお勧めされています。

一体運動不足の何が良くないのでしょうか?

  • メタボリックシンドロームの要因に
  • 血行不良を引き起こす
  • 疲労しやすくなる
  • ストレスが溜まりやすくなる
  • ネガティブになりやすい
  • 太りやすくなる
  • 病気になりやすくなる
  • 不眠症を招く
  • 集中力の低下
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 精神疾患のリスク上昇
  • 胃腸トラブルを増やす
  • 老化を招く
  • まとめ

1. メタボリックシンドロームの要因に

メタボリックシンドロームの要因に

メタボリックシンドロームとは、見た目では分からない内蔵に脂肪がつく事で高血糖や高血圧、高脂血症などの症状がいくつか同時に発症している状態の事を指します。

見た目には太って見えなくても、内蔵脂肪がつく事によってメタボリックシンドロームの危険性が高くなり、現代人に多い成人病の罹患率が上がってしまうのです。

運動不足は、内蔵に脂肪が蓄積されやすくなり、メタボを発症する危険因子のひとつとなります。

逆に運動を習慣にしていると、内蔵脂肪が蓄積されるのを防ぐ事が出来るのです。

2. 血行不良を引き起こす

血行不良を引き起こす

運動不足になると全身の血行が滞り、血行不良を引き起こしてしまいます。

血行不良になると、冷え性になってしまったり、肌荒れの原因となるなどの悪影響が出てきてしまうのです。

血行不良はすぐに目に見えたトラブルが起きる訳ではないかもしれません。

しかし、血行不良が色々なトラブルの元凶となっている事もあるのです。

3. 疲労しやすくなる

疲労しやすくなる

運動をすると疲れると思っていませんか?

でも、実はその考えは逆なのです。

運動不足に陥ると疲労しやすい身体になってしまうんですよ。

あまりにも負荷が掛かりすぎる激しい運動は別ですが、中度~軽度の運動を継続して行うと疲労感が回復するというデータがあります。

運動不足になるとエネルギーの総量が減少してしまうと共に、酸素を十分に体内に取り込む機会がないため、疲労を覚えてしまうのです。

酸素不足=疲労感ですから、酸素を十分に取り入れられる有酸素運動は、特に疲労回復にお勧めです。

4. ストレスが溜まりやすくなる

ストレスが溜まりやすくなる

運動が足りなくなってしまうと、運動量に反比例するようにしてストレスが蓄積されていきます。

運動不足になると、脳内物質であるセロトニンやエンドルフィンの分泌が減少して、精神的なストレスを感じやすくなってしまうんですね。

逆に適度な運動は、ストレス解消方法としては最適です。

最近ストレスを感じやすいという場合は、運動が不足しているのかも知れませんよ。

5. ネガティブになりやすい

ネガティブになりやすい

ストレスの項目でも登場したセロトニンやエンドルフィン。

これらの物質は、別名幸せホルモンとも言われています。

このホルモンが十分に分泌されると、人は物事を前向きにポジティブに捉える事が出来るようになります。

しかし、その一方で分泌が減少すれば物事を前向きに考えられなくなり、マイナス思考が発達してネガティブになってしまうのです。

セロトニンなどの幸せホルモンは、運動をする事で分泌が促進それますから、運動不足になると分泌が減少しネガティブな面が大きくなってしまう事があります。

6. 太りやすくなる

太りやすくなる

運動不足になるという事は、筋肉が衰える事を意味します。

筋肉がなくなると、代謝が落ち痩せにくく太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝は年齢と共に低下しますが、運動不足で筋肉量が少ないと若くても代謝の衰えが目立ちます。

そのため、同じ食生活であっても代謝が良い人はスタイルをキープしやすく、そうでない人は太りやすくなってしまうのです。

7. 病気になりやすくなる

病気になりやすくなる

運動不足は、免疫力を低下する事で知られています。

その理由として、運動不足による血行不良が冷えを引き起こす事やストレスの蓄積を上げる事が出来るでしょう。

冷えやストレスは、免疫力を下げる事が各方面の研究からも明らかになっています。

  病気から身体を守ってくれる免疫力が低下すれば、風邪などの疾患はもちろん、癌などにもなりやすくなってしまうのです。

8. 不眠症を招く

不眠症を招く

運動不足により、体力が余ってしまうと夜になっても眠気を感じなくなる事があります。

しかし、運動不足による不眠への影響はそれだけではありません。

運動により分泌が促進されるセロトニンは、夜になると睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンへと変化します。

このメラトニンはスムーズに眠りにつく為に必要なものです。

運動不足によりセロトニンが不足をすると、結果的にメラトニンも不足し寝つきが悪く不眠を招く事に繋がってしまいます。

9. 集中力の低下

集中力の低下

集中力が低下するのは、脳の疲労が一番の大きな原因です。

また、血行や酸素不足も脳を疲労させ集中力を低下させます。

これら全てに運動不足が影響しているのです。

ですから、集中力がきれたなと思った時に、軽く運動をする事によって集中力を取り戻す事が出来ます。

10. ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

運動不足に陥ると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経はホルモンの分泌を左右するので、女性なら女性ホルモンが乱れたり男性なら男性ホルモンのバランスがおかしくなってしまう事があります。

実際に運動を定期的に行っている人と、運動が不足している人では前者の方がホルモンバランスが安定している事が分かりました。

11. 精神疾患のリスク上昇

精神疾患のリスク上昇

運動不足は鬱病やパニック障害、自律神経失調症などの精神疾患にかかるリスクを上昇させます。

運動不足によって自律神経の乱れや、セロトニンやドーパミンの神経伝達物質が減少する事により、上記の様な精神的疾患を引き起こすことがあるのです。

12. 胃腸トラブルを増やす

胃腸トラブルを増やす

精神的な影響や胃腸の動きが悪くなる事で、消化不良や便秘などの胃腸トラブルを引き起こす事があります。

運動不足により、精神的に不安定になってしまったり、筋肉が低下する事で上記のようか症状が引き起こされてしまうのです。

一見、運動不足と胃腸トラブルは全く関係がないように思えますが、食べ過ぎなど以外にこうした運動不足も影響を及ぼしているんですね。

13. 老化を招く

老化を招く

運動不足が引き起こす筋力の低下、代謝の衰え、血行不良などの様々な症状は、全身の老化にも繋がっています。

体力の低下や腰が曲がったり、関節が弱くなったりという身体に現れる老化はもちろんのこと、シワやたるみの発生といった顔の老化にも運動不足は影響するのです。

また物忘れや認知症など、目に見えない脳内の老化にも運動不足は影響をしています。

まとめ

運動不足は、驚くほど多くの悪影響を及ぼす可能性があります。

これは逆にいうと、運動が心身共に健やかに生活をする上で欠かせないという事です。

ですから、運動を上手く毎日のライフスタイルに取り入れる事をお勧めします。

日常的に運動不足の状態に陥いるのは、良くないとされ身体を動かす習慣をつける事がお勧めされています。

一体運動不足の何が良くないのでしょうか?


メタボリックシンドロームの要因に

メタボリックシンドロームとは、見た目では分からない内蔵に脂肪がつく事で高血糖や高血圧、高脂血症などの症状がいくつか同時に発症している状態の事を指します。

見た目には太って見えなくても、内蔵脂肪がつく事によってメタボリックシンドロームの危険性が高くなり、現代人に多い成人病の罹患率が上がってしまうのです。

運動不足は、内蔵に脂肪が蓄積されやすくなり、メタボを発症する危険因子のひとつとなります。

逆に運動を習慣にしていると、内蔵脂肪が蓄積されるのを防ぐ事が出来るのです。

血行不良を引き起こす

運動不足になると全身の血行が滞り、血行不良を引き起こしてしまいます。

血行不良になると、冷え性になってしまったり、肌荒れの原因となるなどの悪影響が出てきてしまうのです。

血行不良はすぐに目に見えたトラブルが起きる訳ではないかもしれません。

しかし、血行不良が色々なトラブルの元凶となっている事もあるのです。

疲労しやすくなる

運動をすると疲れると思っていませんか?

でも、実はその考えは逆なのです。

運動不足に陥ると疲労しやすい身体になってしまうんですよ。

あまりにも負荷が掛かりすぎる激しい運動は別ですが、中度~軽度の運動を継続して行うと疲労感が回復するというデータがあります。

運動不足になるとエネルギーの総量が減少してしまうと共に、酸素を十分に体内に取り込む機会がないため、疲労を覚えてしまうのです。

酸素不足=疲労感ですから、酸素を十分に取り入れられる有酸素運動は、特に疲労回復にお勧めです。

ストレスが溜まりやすくなる

運動が足りなくなってしまうと、運動量に反比例するようにしてストレスが蓄積されていきます。

運動不足になると、脳内物質であるセロトニンやエンドルフィンの分泌が減少して、精神的なストレスを感じやすくなってしまうんですね。

逆に適度な運動は、ストレス解消方法としては最適です。

最近ストレスを感じやすいという場合は、運動が不足しているのかも知れませんよ。

ネガティブになりやすい

ストレスの項目でも登場したセロトニンやエンドルフィン。

これらの物質は、別名幸せホルモンとも言われています。

このホルモンが十分に分泌されると、人は物事を前向きにポジティブに捉える事が出来るようになります。

しかし、その一方で分泌が減少すれば物事を前向きに考えられなくなり、マイナス思考が発達してネガティブになってしまうのです。

セロトニンなどの幸せホルモンは、運動をする事で分泌が促進それますから、運動不足になると分泌が減少しネガティブな面が大きくなってしまう事があります。

太りやすくなる

運動不足になるという事は、筋肉が衰える事を意味します。

筋肉がなくなると、代謝が落ち痩せにくく太りやすくなってしまうのです。

基礎代謝は年齢と共に低下しますが、運動不足で筋肉量が少ないと若くても代謝の衰えが目立ちます。

そのため、同じ食生活であっても代謝が良い人はスタイルをキープしやすく、そうでない人は太りやすくなってしまうのです。

病気になりやすくなる

運動不足は、免疫力を低下する事で知られています。

その理由として、運動不足による血行不良が冷えを引き起こす事やストレスの蓄積を上げる事が出来るでしょう。

冷えやストレスは、免疫力を下げる事が各方面の研究からも明らかになっています。

  病気から身体を守ってくれる免疫力が低下すれば、風邪などの疾患はもちろん、癌などにもなりやすくなってしまうのです。

不眠症を招く

運動不足により、体力が余ってしまうと夜になっても眠気を感じなくなる事があります。

しかし、運動不足による不眠への影響はそれだけではありません。

運動により分泌が促進されるセロトニンは、夜になると睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンへと変化します。

このメラトニンはスムーズに眠りにつく為に必要なものです。

運動不足によりセロトニンが不足をすると、結果的にメラトニンも不足し寝つきが悪く不眠を招く事に繋がってしまいます。

集中力の低下

集中力が低下するのは、脳の疲労が一番の大きな原因です。

また、血行や酸素不足も脳を疲労させ集中力を低下させます。

これら全てに運動不足が影響しているのです。

ですから、集中力がきれたなと思った時に、軽く運動をする事によって集中力を取り戻す事が出来ます。

ホルモンバランスの乱れ

運動不足に陥ると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経はホルモンの分泌を左右するので、女性なら女性ホルモンが乱れたり男性なら男性ホルモンのバランスがおかしくなってしまう事があります。

実際に運動を定期的に行っている人と、運動が不足している人では前者の方がホルモンバランスが安定している事が分かりました。

精神疾患のリスク上昇

運動不足は鬱病やパニック障害、自律神経失調症などの精神疾患にかかるリスクを上昇させます。

運動不足によって自律神経の乱れや、セロトニンやドーパミンの神経伝達物質が減少する事により、上記の様な精神的疾患を引き起こすことがあるのです。

胃腸トラブルを増やす

精神的な影響や胃腸の動きが悪くなる事で、消化不良や便秘などの胃腸トラブルを引き起こす事があります。

運動不足により、精神的に不安定になってしまったり、筋肉が低下する事で上記のようか症状が引き起こされてしまうのです。

一見、運動不足と胃腸トラブルは全く関係がないように思えますが、食べ過ぎなど以外にこうした運動不足も影響を及ぼしているんですね。

老化を招く

運動不足が引き起こす筋力の低下、代謝の衰え、血行不良などの様々な症状は、全身の老化にも繋がっています。

体力の低下や腰が曲がったり、関節が弱くなったりという身体に現れる老化はもちろんのこと、シワやたるみの発生といった顔の老化にも運動不足は影響するのです。

また物忘れや認知症など、目に見えない脳内の老化にも運動不足は影響をしています。

運動不足は、驚くほど多くの悪影響を及ぼす可能性があります。

これは逆にいうと、運動が心身共に健やかに生活をする上で欠かせないという事です。

ですから、運動を上手く毎日のライフスタイルに取り入れる事をお勧めします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-