【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094459.html
つけまつげがお勧めできないデメリット

つけまつげがお勧めできないデメリット | LADYCO

LADYCO
つけまつげがお勧めできないデメリット

つけまつげがお勧めできないデメリット10選をまとめました。

  • 耐久性が弱くとれやすい
  • 不器用な人には向いていない
  • サイズが合わないと不自然に見える
  • メイクが濃くなりがち
  • まぶたがかぶれることがある
  • はずすときにまつげも一緒に抜けてしまう
  • 毎日付けるのが面倒
  • 水に弱い
  • 時間による劣化
  • ナチュラルメイクには不向き

1. 耐久性が弱くとれやすい

耐久性が弱くとれやすい

朝しっかりと付けていたとしても、汗や皮脂、湿気によって端からはがれてしまう場合もあります。

特に、夏は汗をかきやすく皮脂も多く分泌されてしまいますから、とれやすい時期といえます。

2. 不器用な人には向いていない

不器用な人には向いていない

つけまつげは、両面テープやグルーを付けて目の際に貼り付けていきますが、人によっては、まぶたについてしまったり、つけまつげがずれてしまう場合もあります。

きれいにつけまつげを付けようと思ったら、時間もかかってしまいますから、不器用な人は朝の忙しい時間に付けるのは難しいかもしれません。

3. サイズが合わないと不自然に見える

サイズが合わないと不自然に見える

つけまつげは、自分の目にあったものを付けないと、仕上がりが不自然になってしまいます。

市販で売られているものも、そのまま使うと大きすぎる場合があるので、自分の目の大きさにあうようにカットしたりして、調節することが大切です。

つけまつげはさまざまな種類が販売されていますが、カーブが自分の目のカーブとあっていないと不自然に仕上がってしまいますから、何種類か試してみて、自分にあったものを見つけることが大切です。

4. メイクが濃くなりがち

メイクが濃くなりがち

きれいにつけまつげを付けることができれば、自然に目の印象を大きくすることができますが、付け方がうまくいかなかった場合には、その不自然さをかくすためにアイシャドウなどのアイメイクを濃くしてしまいがちです。

ナチュラルメイクをしたい場合には、つけまつげをきれいに自然になるように練習する必要があります。

5. まぶたがかぶれることがある

まぶたがかぶれることがある

つけまつげを付けるときには、両面テープやグルーを使用しますが、これがあわなくてまぶたがかぶれてしまうことがあります。

特に、普段問題なく使用できていたものでも、花粉症の時期など、肌が敏感になっている時には、かぶれる場合がありますから、注意する必要があります。

つけまつげを付けるときには、まぶたに直接両面テープやグルーを付着していく必要があります。

グルーに使用されている成分は、安全な成分が使用されていますが、肌質やその日の体調によっては、腫れやかゆみなどが現れてしまう可能性もあります。

特に、化粧品でかぶれが出やすい人や、敏感肌の人は、まぶたがかぶれる可能性もありますから、グルーを使用する場合には、パッチテストを行い、炎症などが起きていないかを確認してから付けることが大切です。

6. はずすときにまつげも一緒に抜けてしまう

はずすときにまつげも一緒に抜けてしまう

お湯やアイメイク用のクレンジングを使用すれば、きれいにつけまつげをとることができますが、強引にとったり、引っ張りすぎると、自分のまつげも抜けてしまいますから、注意が必要です。

つけまつげを実際に利用している人のほとんどは、手でつけまつげを引っ張って、まぶたからはずしているという人が多く、物理的に負担をかけています。

こういった物理的な負担を繰り返すと、まぶたのたるみやしわといった問題を引き起こすこともありますから、取り外すときには、面倒だと思っても、クレンジングやお湯などを使って正しく取り外すことが大切です。

7. 毎日付けるのが面倒

毎日付けるのが面倒

基本的につけまつげは毎日はずさないといけませんから、毎日付けるのが面倒だと思う人もいます。

特に、朝時間がない場合や、つけまつげを付けるのに時間がかかってしまうような場合には、面倒に感じてしまいます。

つけまつげをきれいに付けるためには、きちんとしたプロセスを守らないと、不自然になってしまいます。

そのため、アイラインやビューラー、マスカラなどの工程が必要となります。

すべての工程を行うと、どうしてもメイクにかかる時間も長くなってしまいますから、時短メイクをするには、つけまつげはあまりおすすめできません。

8. 水に弱い

水に弱い

つけまつげは、汗や涙などの人体からでる水分に弱く、夏場などは特にはがれやすくなってしまいます。

9. 時間による劣化

時間による劣化

メイクは、時間が経つと崩れてしまい、メイク直しが必要になりますが、つけまつげも付け方が悪いと、ずれたり端がはがれてしまう場合がありますから、付け直しが必要になるケースもあります。

10. ナチュラルメイクには不向き

つけまつげの軸を、完全に目の際に沿わせて装着するというのは、かなり高度な技術が必要となります。

そのため、どうしても自分のまつげとのなじみが悪い部分があったり、目のラインとずれてしまい、不自然な見た目になってしまうことがあります。

そのずれを目立たなくするために、アイライナーやアイシャドーなどを塗ってしまうと、すっぴんやナチュラルメイクにはならず、いかにも盛ったメイクになってしまいます。

目元にボリュームを出したいという場合には、多少ずれてもアイメイクで誤魔化すことができますが、できるだけナチュラルメイクにしたいという場合には、つけまつげはあまりおすすめできません。

最近は、ナチュラルメイク向けの、軸が細いタイプのつけまつげもありますが、接着部分が細くなってしまうため、耐久性が弱くなる場合があります。

つけまつげがお勧めできないデメリット10選をまとめました。


耐久性が弱くとれやすい

朝しっかりと付けていたとしても、汗や皮脂、湿気によって端からはがれてしまう場合もあります。

特に、夏は汗をかきやすく皮脂も多く分泌されてしまいますから、とれやすい時期といえます。

不器用な人には向いていない

つけまつげは、両面テープやグルーを付けて目の際に貼り付けていきますが、人によっては、まぶたについてしまったり、つけまつげがずれてしまう場合もあります。

きれいにつけまつげを付けようと思ったら、時間もかかってしまいますから、不器用な人は朝の忙しい時間に付けるのは難しいかもしれません。

サイズが合わないと不自然に見える

つけまつげは、自分の目にあったものを付けないと、仕上がりが不自然になってしまいます。

市販で売られているものも、そのまま使うと大きすぎる場合があるので、自分の目の大きさにあうようにカットしたりして、調節することが大切です。

つけまつげはさまざまな種類が販売されていますが、カーブが自分の目のカーブとあっていないと不自然に仕上がってしまいますから、何種類か試してみて、自分にあったものを見つけることが大切です。

メイクが濃くなりがち

きれいにつけまつげを付けることができれば、自然に目の印象を大きくすることができますが、付け方がうまくいかなかった場合には、その不自然さをかくすためにアイシャドウなどのアイメイクを濃くしてしまいがちです。

ナチュラルメイクをしたい場合には、つけまつげをきれいに自然になるように練習する必要があります。

まぶたがかぶれることがある

つけまつげを付けるときには、両面テープやグルーを使用しますが、これがあわなくてまぶたがかぶれてしまうことがあります。

特に、普段問題なく使用できていたものでも、花粉症の時期など、肌が敏感になっている時には、かぶれる場合がありますから、注意する必要があります。

つけまつげを付けるときには、まぶたに直接両面テープやグルーを付着していく必要があります。

グルーに使用されている成分は、安全な成分が使用されていますが、肌質やその日の体調によっては、腫れやかゆみなどが現れてしまう可能性もあります。

特に、化粧品でかぶれが出やすい人や、敏感肌の人は、まぶたがかぶれる可能性もありますから、グルーを使用する場合には、パッチテストを行い、炎症などが起きていないかを確認してから付けることが大切です。

はずすときにまつげも一緒に抜けてしまう

お湯やアイメイク用のクレンジングを使用すれば、きれいにつけまつげをとることができますが、強引にとったり、引っ張りすぎると、自分のまつげも抜けてしまいますから、注意が必要です。

つけまつげを実際に利用している人のほとんどは、手でつけまつげを引っ張って、まぶたからはずしているという人が多く、物理的に負担をかけています。

こういった物理的な負担を繰り返すと、まぶたのたるみやしわといった問題を引き起こすこともありますから、取り外すときには、面倒だと思っても、クレンジングやお湯などを使って正しく取り外すことが大切です。

毎日付けるのが面倒

基本的につけまつげは毎日はずさないといけませんから、毎日付けるのが面倒だと思う人もいます。

特に、朝時間がない場合や、つけまつげを付けるのに時間がかかってしまうような場合には、面倒に感じてしまいます。

つけまつげをきれいに付けるためには、きちんとしたプロセスを守らないと、不自然になってしまいます。

そのため、アイラインやビューラー、マスカラなどの工程が必要となります。

すべての工程を行うと、どうしてもメイクにかかる時間も長くなってしまいますから、時短メイクをするには、つけまつげはあまりおすすめできません。

水に弱い

つけまつげは、汗や涙などの人体からでる水分に弱く、夏場などは特にはがれやすくなってしまいます。

時間による劣化

メイクは、時間が経つと崩れてしまい、メイク直しが必要になりますが、つけまつげも付け方が悪いと、ずれたり端がはがれてしまう場合がありますから、付け直しが必要になるケースもあります。

つけまつげの軸を、完全に目の際に沿わせて装着するというのは、かなり高度な技術が必要となります。

そのため、どうしても自分のまつげとのなじみが悪い部分があったり、目のラインとずれてしまい、不自然な見た目になってしまうことがあります。

そのずれを目立たなくするために、アイライナーやアイシャドーなどを塗ってしまうと、すっぴんやナチュラルメイクにはならず、いかにも盛ったメイクになってしまいます。

目元にボリュームを出したいという場合には、多少ずれてもアイメイクで誤魔化すことができますが、できるだけナチュラルメイクにしたいという場合には、つけまつげはあまりおすすめできません。

最近は、ナチュラルメイク向けの、軸が細いタイプのつけまつげもありますが、接着部分が細くなってしまうため、耐久性が弱くなる場合があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-