【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517135337.html
縄跳びダイエットの効果やメリット、デメリット10選

縄跳びダイエットの効果やメリット、デメリット10選 | LADYCO

LADYCO
縄跳びダイエットの効果やメリット、デメリット10選

カロリーの消費は期待できるが、体に負担がかかりやすいなど、縄跳びダイエットにはメリットもあれば、デメリットもあります。

それらについてまとめてみました。

  • 多くのカロリー消費が見込める
  • 縄跳びのポーズでジャンプするだけでも効果がある
  • 膝に負担がかかりやすい
  • 筋肉痛になりやすい
  • 太っている人はすぐに疲れて諦めてしまう
  • 縄跳びが当たると痛い
  • ある程度のスペースが必要である
  • 持久力や瞬発力が養われる
  • ただ痩せるだけではなく、筋肉がつく
  • さまざまな飛び方で飽きずに楽しめる

1. 多くのカロリー消費が見込める

多くのカロリー消費が見込める

縄跳びは、ジョギングやウォーキングなどと同じ有酸素運動に属します。

1分間に60回程度飛ぶ計算で、10分間で80kcalほどカロリーを消費することができます。

対して、同じ10分間で、ウォーキングであれば40kcal、軽いジョギングで60kcal程度なので、縄跳びの方がより、ダイエットに効果的であるということが言えます。

2. 縄跳びのポーズでジャンプするだけでも効果がある

縄跳びのポーズでジャンプするだけでも効果がある

縄跳びで大切なのは、縄を回すことではなく、垂直にジャンプするということにあります。

ジャンプし続けることで、全身の脂肪が揺れ、燃焼しやすくなります。

脚やせだけではなく、全身運動になることが魅力的であると言えます。

ですから、縄跳びそのものがなくても、縄跳びの姿勢を保ち、縄跳びの形を取りながらジャンプするだけでも効果があるのです。

3. 膝に負担がかかりやすい

膝に負担がかかりやすい

縄跳びダイエットは膝や脚に負担がかかりやすいのが欠点です。

クッション性のある靴を履き、ダメージを減らして継続しましょう。

また、縄跳びをする前にストレッチをして、ケガの予防をすることが大切です。

太っていると余計にケガのリスクが高まるので、準備運動はしっかり行いましょう。

4. 筋肉痛になりやすい

筋肉痛になりやすい

縄跳びをすると筋肉痛になりやすいです。

どの運動でも言えることですが、ジャンプをし続けるという動きは、普段の生活にはないアクションなので、いつもは使っていない筋肉にも負荷がかかり、筋肉痛になりやすいのです。

しかしながら、筋肉痛はただの痛みではなく、より筋肉を作るための大切なステップ。

縄跳びをした次の日は休んで、その次の日に再会するなどのインターバルを挟むと、筋肉の回復が促され、以前よりも筋肉が増えるようになるのです。

また、運動後に糖質と乳製品を一緒に取ることで、より筋肉が作られやすい状態になるのでオススメです。

5. 太っている人はすぐに疲れて諦めてしまう

太っている人はすぐに疲れて諦めてしまう

縄跳びは思っている以上にキツイ運動です。

10分間飛び続けることは、普段運動していない肥満の人にはかなり無理のある動きなのです。

3分程度飛び続けて1分休み、また3分行うといったインターバルを組み、合計で10分間飛び続けるのが最適な方法です。

慣れてきたら20分、30分と時間を延ばして見ましょう。

膝や腰に違和感がある場合は、縄跳びダイエットをすることは控えましょう。

6. 縄跳びが当たると痛い

縄跳びが当たると痛い

縄跳びが体に当たると結構痛いです。

上手く飛べずに何度もぶつかって、嫌になってやめてしまうということもよくあります。

太っている人ほど、そんなトラブルもあります。

縄跳びを使わず、縄跳びのポーズでジャンプするだけでも効果があるので、縄跳びがぶつかるのが嫌な人は、その方法を試してみましょう。

7. ある程度のスペースが必要である

ある程度のスペースが必要である

縄跳びは場所や時間を選びます。

マンションやアパートではジャンプしている音が響きやすく、近隣に迷惑をかけてしまうので控えた方がベストです。

また、ある程度スペースがないと縄がぶつかってしまうので、広い場所で行うことが大切です。

他にも、コンクリートの場所で飛びと、脚や膝に負担がかかりやすいので気をつけなければなりません。

8. 持久力や瞬発力が養われる

持久力や瞬発力が養われる

縄跳びは、マラソンと同じくらいキツイスポーツです。

継続することで、呼吸器や血管が鍛えられ、持久力や養われるでしょう。

また、ジャンプするというこうとは瞬発力を養うことにも繋がります。

陸上系に限らず、さまざまなスポーツのトレーニングの一環として、縄跳びが採用されていることは多いのです。

9. ただ痩せるだけではなく、筋肉がつく

ただ痩せるだけではなく、筋肉がつく

縄跳びは、ただ脂肪が燃焼されるのではなく、筋肉がつくことが魅力です。

下半身を引き締めつつ、筋肉をつけることで、太りにくく健康な体にすることができるのです。

リバウンド防止にも縄跳びは役に立つでしょう。

10. さまざまな飛び方で飽きずに楽しめる

縄跳びには様々な飛び方があります。

片足跳びや、綾跳び、駆け足飛び、二重跳びなど、いろいろな飛び方にチャレンジし、楽しむことができるスポーツです。

効率的に痩せるには、一定のリズムで長い時間飛び続けることが大切ですが、飽きてきたら、そうした飛び方を織り込んで、楽しんでダイエットを継続するようにしましょう。

縄跳びダイエットは体に負担がかかりますが、その分脂肪燃焼効果が高いスポーツです。

自分の無理のない範囲で行い、跳ぶ前と跳んだ後の体のケアを忘れずに、縄跳びダイエットを楽しみましょう。

カロリーの消費は期待できるが、体に負担がかかりやすいなど、縄跳びダイエットにはメリットもあれば、デメリットもあります。

それらについてまとめてみました。


多くのカロリー消費が見込める

縄跳びは、ジョギングやウォーキングなどと同じ有酸素運動に属します。

1分間に60回程度飛ぶ計算で、10分間で80kcalほどカロリーを消費することができます。

対して、同じ10分間で、ウォーキングであれば40kcal、軽いジョギングで60kcal程度なので、縄跳びの方がより、ダイエットに効果的であるということが言えます。

縄跳びのポーズでジャンプするだけでも効果がある

縄跳びで大切なのは、縄を回すことではなく、垂直にジャンプするということにあります。

ジャンプし続けることで、全身の脂肪が揺れ、燃焼しやすくなります。

脚やせだけではなく、全身運動になることが魅力的であると言えます。

ですから、縄跳びそのものがなくても、縄跳びの姿勢を保ち、縄跳びの形を取りながらジャンプするだけでも効果があるのです。

膝に負担がかかりやすい

縄跳びダイエットは膝や脚に負担がかかりやすいのが欠点です。

クッション性のある靴を履き、ダメージを減らして継続しましょう。

また、縄跳びをする前にストレッチをして、ケガの予防をすることが大切です。

太っていると余計にケガのリスクが高まるので、準備運動はしっかり行いましょう。

筋肉痛になりやすい

縄跳びをすると筋肉痛になりやすいです。

どの運動でも言えることですが、ジャンプをし続けるという動きは、普段の生活にはないアクションなので、いつもは使っていない筋肉にも負荷がかかり、筋肉痛になりやすいのです。

しかしながら、筋肉痛はただの痛みではなく、より筋肉を作るための大切なステップ。

縄跳びをした次の日は休んで、その次の日に再会するなどのインターバルを挟むと、筋肉の回復が促され、以前よりも筋肉が増えるようになるのです。

また、運動後に糖質と乳製品を一緒に取ることで、より筋肉が作られやすい状態になるのでオススメです。

太っている人はすぐに疲れて諦めてしまう

縄跳びは思っている以上にキツイ運動です。

10分間飛び続けることは、普段運動していない肥満の人にはかなり無理のある動きなのです。

3分程度飛び続けて1分休み、また3分行うといったインターバルを組み、合計で10分間飛び続けるのが最適な方法です。

慣れてきたら20分、30分と時間を延ばして見ましょう。

膝や腰に違和感がある場合は、縄跳びダイエットをすることは控えましょう。

縄跳びが当たると痛い

縄跳びが体に当たると結構痛いです。

上手く飛べずに何度もぶつかって、嫌になってやめてしまうということもよくあります。

太っている人ほど、そんなトラブルもあります。

縄跳びを使わず、縄跳びのポーズでジャンプするだけでも効果があるので、縄跳びがぶつかるのが嫌な人は、その方法を試してみましょう。

ある程度のスペースが必要である

縄跳びは場所や時間を選びます。

マンションやアパートではジャンプしている音が響きやすく、近隣に迷惑をかけてしまうので控えた方がベストです。

また、ある程度スペースがないと縄がぶつかってしまうので、広い場所で行うことが大切です。

他にも、コンクリートの場所で飛びと、脚や膝に負担がかかりやすいので気をつけなければなりません。

持久力や瞬発力が養われる

縄跳びは、マラソンと同じくらいキツイスポーツです。

継続することで、呼吸器や血管が鍛えられ、持久力や養われるでしょう。

また、ジャンプするというこうとは瞬発力を養うことにも繋がります。

陸上系に限らず、さまざまなスポーツのトレーニングの一環として、縄跳びが採用されていることは多いのです。

ただ痩せるだけではなく、筋肉がつく

縄跳びは、ただ脂肪が燃焼されるのではなく、筋肉がつくことが魅力です。

下半身を引き締めつつ、筋肉をつけることで、太りにくく健康な体にすることができるのです。

リバウンド防止にも縄跳びは役に立つでしょう。

縄跳びには様々な飛び方があります。

片足跳びや、綾跳び、駆け足飛び、二重跳びなど、いろいろな飛び方にチャレンジし、楽しむことができるスポーツです。

効率的に痩せるには、一定のリズムで長い時間飛び続けることが大切ですが、飽きてきたら、そうした飛び方を織り込んで、楽しんでダイエットを継続するようにしましょう。

縄跳びダイエットは体に負担がかかりますが、その分脂肪燃焼効果が高いスポーツです。

自分の無理のない範囲で行い、跳ぶ前と跳んだ後の体のケアを忘れずに、縄跳びダイエットを楽しみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-