【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518095050.html
歩くダイエットを成功させるコツ

歩くダイエットを成功させるコツ | LADYCO

LADYCO
歩くダイエットを成功させるコツ

手軽でお金もかからないウォーキングはダイエットに最適です。

それでは歩くダイエットを成功させるコツをお伝えしていきます。

  • リズム良く歩く
  • 毎日歩く時間を作る
  • 消費カロリーの計算をする
  • 食べる量を増やさないこと
  • こまめに水を飲む
  • 結果が出るまでは時間がかかると理解する
  • 歩きやすいシューズを使うこと
  • 筋トレも並行して行うとスタイルが良くなる

1. リズム良く歩く

リズム良く歩く

歩くだけのダイエットは簡単です。

でもただ歩いているだけでは効果が出ません。

歩くスピードはちょっと早歩きを意識しましょう。

のんびり、楽なペースでは単なるお散歩。

リラックス効果はあるかもしれませんが運動としての効果は期待できにくくなります。

ダイエット目的で歩くのであれば多少息が上がるような速さでリズム良く歩くのがコツです。

2. 毎日歩く時間を作る

毎日歩く時間を作る

歩くダイエットは毎日ある程度時間をとるのがおすすめです。

夕食後に1時間ほど歩くだけでも数カ月続ければ効果を実感できると思います。

何でもそうなのですが継続することが大事です。

今日は暑いから、寒いから、雨が降ってきたからでお休みしていてはだんだんサボり癖がついていつのまにかしなくなってしまうものです。

毎日歩く時間を確保して、小雨程度ならば傘をさして歩くというぐらいの気合も必要でしょう。

3. 消費カロリーの計算をする

消費カロリーの計算をする

実はウォーキングそのものの消費カロリーは大してないのです。

ジョギング、スイミングなどの方が消費カロリーは大きいのです。

が、走ったり泳いだりというのは体力や設備の問題もあってなかなかできにくかったりもしますよね。

歩くだけのダイエットは手軽に始めることができますし、難しくもありません。

そこがいいところです。

毎日歩くことでどれだけのカロリーを消費しているのかをしっかり計算しておきましょう。

それによって食べる量を調整してダイエットを成功させるのです。

4. 食べる量を増やさないこと

食べる量を増やさないこと

歩くダイエットを始めましたら、運動効果でお腹がすいてくることでしょう。

激しい運動をしますと胃腸の回復に時間がかかるものですが、ウォーキング程度の運動でしたらほど良い疲労感ですし返って食欲が増進するものです。

歩いているからという安心感からつい食べ過ぎてしまう人が多いのです。

消費したカロリーに対して摂取カロリーが上回るという可能性も高くなり、ダイエットをしているのに太るという皮肉な結果を招いてしまうことにも繋がります。

食べる量はこれまで通りで、歩くことで消費カロリーを増やすことを意識しましょう。

5. こまめに水を飲む

こまめに水を飲む

歩いている時はこまめに水分補給をしましょう。

のどが渇いたと自覚した時はかなり水分不足になっていると心得ましょう。

熱中症対策だけではなく、こまめに水を飲んで良く歩いて汗を出すことです。

毛穴の汚れ、体内の老廃物を体外に排出することで肌もきれいになりますし、むくみの解消も期待できます。

6. 結果が出るまでは時間がかかると理解する

結果が出るまでは時間がかかると理解する

歩くダイエットを成功させるコツとして、焦らないことが大事です。

極端な食事制限、激しい運動などは確かにダイエット効果が高いかもしれませんが、体に負担をかけてしまいます。

健康的にキレイに痩せるのであれば少々時間がかかっても確実な方法を取った方が賢明です。

歩くだけのダイエットは効果が実感できるまで1カ月、遅い人は3カ月ほどかかるかもしれません。

最初から長期的ダイエットとして取り組むことです。

7. 歩きやすいシューズを使うこと

歩きやすいシューズを使うこと

歩くダイエットは、気持ちいいものです。

そのうち歩くだけでは物足りずランニングに移行していく人も多いです。

楽しく歩くためにも、シューズにはこだわった方がいいでしょう。

そこまで高価なものでなくてもいいのですが、歩きやすいシューズを使うことをおすすめします。

足にあっていないシューズや、歩きにくいデザインの靴ではマメができたり足が痛くなって歩くのが嫌になります。

フィットしたシューズだと足に羽が生えたように感じるくらい軽くて、楽に歩けます。

8. 筋トレも並行して行うとスタイルが良くなる

歩くダイエットは有酸素運動ですから、体脂肪を燃やして効果的にダイエットできます。

ただ、体脂肪が落ちる時に筋肉まで落ちてしまうことがあります。

スタイルを良く見せるには適度な筋肉は必要です。

メリハリのある体型を目指すためにも、並行して筋トレを入れることをおすすめします。

筋肉を減らさないためにもぜひ取り入れていきましょう。

手軽でお金もかからないウォーキングはダイエットに最適です。

それでは歩くダイエットを成功させるコツをお伝えしていきます。


リズム良く歩く

歩くだけのダイエットは簡単です。

でもただ歩いているだけでは効果が出ません。

歩くスピードはちょっと早歩きを意識しましょう。

のんびり、楽なペースでは単なるお散歩。

リラックス効果はあるかもしれませんが運動としての効果は期待できにくくなります。

ダイエット目的で歩くのであれば多少息が上がるような速さでリズム良く歩くのがコツです。

毎日歩く時間を作る

歩くダイエットは毎日ある程度時間をとるのがおすすめです。

夕食後に1時間ほど歩くだけでも数カ月続ければ効果を実感できると思います。

何でもそうなのですが継続することが大事です。

今日は暑いから、寒いから、雨が降ってきたからでお休みしていてはだんだんサボり癖がついていつのまにかしなくなってしまうものです。

毎日歩く時間を確保して、小雨程度ならば傘をさして歩くというぐらいの気合も必要でしょう。

消費カロリーの計算をする

実はウォーキングそのものの消費カロリーは大してないのです。

ジョギング、スイミングなどの方が消費カロリーは大きいのです。

が、走ったり泳いだりというのは体力や設備の問題もあってなかなかできにくかったりもしますよね。

歩くだけのダイエットは手軽に始めることができますし、難しくもありません。

そこがいいところです。

毎日歩くことでどれだけのカロリーを消費しているのかをしっかり計算しておきましょう。

それによって食べる量を調整してダイエットを成功させるのです。

食べる量を増やさないこと

歩くダイエットを始めましたら、運動効果でお腹がすいてくることでしょう。

激しい運動をしますと胃腸の回復に時間がかかるものですが、ウォーキング程度の運動でしたらほど良い疲労感ですし返って食欲が増進するものです。

歩いているからという安心感からつい食べ過ぎてしまう人が多いのです。

消費したカロリーに対して摂取カロリーが上回るという可能性も高くなり、ダイエットをしているのに太るという皮肉な結果を招いてしまうことにも繋がります。

食べる量はこれまで通りで、歩くことで消費カロリーを増やすことを意識しましょう。

こまめに水を飲む

歩いている時はこまめに水分補給をしましょう。

のどが渇いたと自覚した時はかなり水分不足になっていると心得ましょう。

熱中症対策だけではなく、こまめに水を飲んで良く歩いて汗を出すことです。

毛穴の汚れ、体内の老廃物を体外に排出することで肌もきれいになりますし、むくみの解消も期待できます。

結果が出るまでは時間がかかると理解する

歩くダイエットを成功させるコツとして、焦らないことが大事です。

極端な食事制限、激しい運動などは確かにダイエット効果が高いかもしれませんが、体に負担をかけてしまいます。

健康的にキレイに痩せるのであれば少々時間がかかっても確実な方法を取った方が賢明です。

歩くだけのダイエットは効果が実感できるまで1カ月、遅い人は3カ月ほどかかるかもしれません。

最初から長期的ダイエットとして取り組むことです。

歩きやすいシューズを使うこと

歩くダイエットは、気持ちいいものです。

そのうち歩くだけでは物足りずランニングに移行していく人も多いです。

楽しく歩くためにも、シューズにはこだわった方がいいでしょう。

そこまで高価なものでなくてもいいのですが、歩きやすいシューズを使うことをおすすめします。

足にあっていないシューズや、歩きにくいデザインの靴ではマメができたり足が痛くなって歩くのが嫌になります。

フィットしたシューズだと足に羽が生えたように感じるくらい軽くて、楽に歩けます。

歩くダイエットは有酸素運動ですから、体脂肪を燃やして効果的にダイエットできます。

ただ、体脂肪が落ちる時に筋肉まで落ちてしまうことがあります。

スタイルを良く見せるには適度な筋肉は必要です。

メリハリのある体型を目指すためにも、並行して筋トレを入れることをおすすめします。

筋肉を減らさないためにもぜひ取り入れていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-