【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517164009.html
腹筋ダイエットの効果やメリット、デメリット5選

腹筋ダイエットの効果やメリット、デメリット5選 | LADYCO

LADYCO
腹筋ダイエットの効果やメリット、デメリット5選

腹周りがぽっこり. どうにかしたいこのお腹。

そうといった時に、誰でも簡単にできるダイエットとして有効なのが「腹筋ダイエット」です。

腹筋をするだけでダイエット効果が望めるこの方法ですが、実はメリットだけでなくデメリットもあるのです。

そこで、腹筋ダイエットの効果や、メリット、デメリットを紹介していきますね。

  • 腹筋ダイエットの効果
  • 腹筋ダイエットの正しいやり方
  • 腹筋ダイエットのメリット
  • 腹筋ダイエットのデメリット
  • 腹筋ダイエットについてまとめ

1. 腹筋ダイエットの効果

腹筋ダイエットの効果

そもそも腹筋ダイエットに臨める効果というのは、具体的にどんなものかご存知ですか?

お腹とは日常生活であまり使わない部分である為、どうしても脂肪が貯まりやすいのです。

そのお腹を腹筋ダイエットで集中的に動かすことにより、内臓脂肪や皮下脂肪を減らしやすい体にし、痩せやすい体を作ることができます。

いわば、腹筋ダイエットは土台作りと脂肪を減らすための手段なのです。

そしてそのダイエット法には有効的なやり方が決まっているのです。

間違えてしまうと効果が薄れてしまうこともありますので、正しいやり方でしっかり腹筋を行っていきましょう。

2. 腹筋ダイエットの正しいやり方

腹筋ダイエットの正しいやり方

それでは正しい腹筋ダイエットのやり方とは何なのでしょうか。

実は、腹筋ダイエットの方法は様々あります。

代表的なものとしておへそから上を鍛える「クランチ」という方法、下腹を鍛える「リバースクランチ」といった方法があります。

  • おへそから上の、基本型と呼ばれる「クランチ」。
  • 下腹を鍛えてすっきりさせる「リバースクランチ」。
  • やりすぎは禁物

2-1. おへそから上の、基本型と呼ばれる「クランチ」。

仰向けになり、胸元で手を交差させ、ふくらはぎが床と平行になるまで持ち上げ、膝を90度曲げます。

そして腹筋を使って、お腹を軽く曲げ、頭と肩を床から少しだけ離すように上げます。

この時おへそを見るようにしてくださいね。

腹筋の上の方を意識しながら力を入れて、息をゆっくり吐きながら、膝に頭を持っていくように丸まります。

この時膝は動かさないようにしましょう。

そしてまたゆっくりと息を吸いながら元の姿勢に戻ります。

これを10~15回繰り返します。

2-2. 下腹を鍛えてすっきりさせる「リバースクランチ」。

これも仰向けに寝転がり、頭を付けたまま、膝をゆるく曲げて脚をあげます。

この時両手は気をつけの形で、床につけて伸ばしてください。

お尻も床につけておいてくださいね。

そしてゆっくりと呼吸しながら、膝を頭に近づけるように腰からお尻を床から離して行きます。

あとは腹筋の力でゆっくりと姿勢を戻して、また近づけてを繰り返します。

これも10~15回繰り返しましょう。

2-3. やりすぎは禁物

よく腹筋をやっていて、もっとやった方が効果があると思ってやってしまうという人が多いのですが、やりすぎは良くありません。

筋肉を作るというのは、元あった筋肉を刺激して傷つけ、修復させることによってさらに強力にしていくという事なのです。

やりすぎてしまえば修復するために身体は消耗してしまい、疲れやすくなってしまいます。

同じような理由で、毎日やるのもおすすめできません。

ずっと続けていくことが大切なのですが、身体をしっかり休ませる日も必要なのです。

3. 腹筋ダイエットのメリット

腹筋ダイエットのメリット

腹筋ダイエットによって得られるメリットは、内臓脂肪の減少による効果です。

腹筋ダイエットはいわば体つくりだということは前述しましたが、体にとってこの体作りは大変重要なのです。

この腹筋ダイエットにより基礎代謝量が上がり、筋肉が付くことで姿勢が改善されたり、内臓脂肪を減らすことによって生活習慣病予防なども期待できます。

お腹を集中的に動かすことによって、腸の動きも活発になりますので、お通じが良くなるという効果もあるようですね。

本気でやれば1か月でウエスト10cmマイナスできたという例もあり、ウエストを細くする効果もあるようです!

4. 腹筋ダイエットのデメリット

腹筋ダイエットのデメリット

良い事ばかりのような腹筋ダイエットですが、やり方次第でデメリットが生まれます。

それは、腹筋ダイエットをする時間に関係します。

実は、腹筋ダイエットを控えた方が良い時間があるのです。

それは「寝る前」です。

寝る前に運動すると、人の体は交感神経が働いて、日中と同じように覚醒してしまいます。

日中眠い時に身体を動かしたりすると目が覚めることはありませんか?

そのような状況が、寝る前にすると起きてしまうんですね。

そして、筋肉は寝ている時に作られていますので、痩せるために必要な眠りを妨げてしまうのです。

そうすると、痩せるために始めた腹筋ダイエットが原因で不眠を招き、意味のないものになってしまうだけでなく、不眠によって様々な弊害を引き起こしてしまうのです。

適度に正しく腹筋ダイエットすることで、デメリットはなくなります。

腹筋ダイエットをするときは、気をつけるべきところに気をつけて、無理のない程度に留めましょう。

5. 腹筋ダイエットについてまとめ

腹筋ダイエットはメリットがたくさんあり、お腹周りが気になっている人はぜひやるべきダイエットだと言えます。

腹筋ダイエットは、続けていくことで痩せやすい体になっていき、リバウンド防止にもなります。

やり方や時間に気をつけて、しっかり運動する事で、綺麗なスッキリお腹にすることができますので、気になっている人は是非やってみてくださいね。

腹周りがぽっこり. どうにかしたいこのお腹。

そうといった時に、誰でも簡単にできるダイエットとして有効なのが「腹筋ダイエット」です。

腹筋をするだけでダイエット効果が望めるこの方法ですが、実はメリットだけでなくデメリットもあるのです。

そこで、腹筋ダイエットの効果や、メリット、デメリットを紹介していきますね。


腹筋ダイエットの効果

そもそも腹筋ダイエットに臨める効果というのは、具体的にどんなものかご存知ですか?

お腹とは日常生活であまり使わない部分である為、どうしても脂肪が貯まりやすいのです。

そのお腹を腹筋ダイエットで集中的に動かすことにより、内臓脂肪や皮下脂肪を減らしやすい体にし、痩せやすい体を作ることができます。

いわば、腹筋ダイエットは土台作りと脂肪を減らすための手段なのです。

そしてそのダイエット法には有効的なやり方が決まっているのです。

間違えてしまうと効果が薄れてしまうこともありますので、正しいやり方でしっかり腹筋を行っていきましょう。

腹筋ダイエットの正しいやり方

それでは正しい腹筋ダイエットのやり方とは何なのでしょうか。

実は、腹筋ダイエットの方法は様々あります。

代表的なものとしておへそから上を鍛える「クランチ」という方法、下腹を鍛える「リバースクランチ」といった方法があります。

  • おへそから上の、基本型と呼ばれる「クランチ」。
  • 下腹を鍛えてすっきりさせる「リバースクランチ」。
  • やりすぎは禁物

2-1. おへそから上の、基本型と呼ばれる「クランチ」。

仰向けになり、胸元で手を交差させ、ふくらはぎが床と平行になるまで持ち上げ、膝を90度曲げます。

そして腹筋を使って、お腹を軽く曲げ、頭と肩を床から少しだけ離すように上げます。

この時おへそを見るようにしてくださいね。

腹筋の上の方を意識しながら力を入れて、息をゆっくり吐きながら、膝に頭を持っていくように丸まります。

この時膝は動かさないようにしましょう。

そしてまたゆっくりと息を吸いながら元の姿勢に戻ります。

これを10~15回繰り返します。

2-2. 下腹を鍛えてすっきりさせる「リバースクランチ」。

これも仰向けに寝転がり、頭を付けたまま、膝をゆるく曲げて脚をあげます。

この時両手は気をつけの形で、床につけて伸ばしてください。

お尻も床につけておいてくださいね。

そしてゆっくりと呼吸しながら、膝を頭に近づけるように腰からお尻を床から離して行きます。

あとは腹筋の力でゆっくりと姿勢を戻して、また近づけてを繰り返します。

これも10~15回繰り返しましょう。

2-3. やりすぎは禁物

よく腹筋をやっていて、もっとやった方が効果があると思ってやってしまうという人が多いのですが、やりすぎは良くありません。

筋肉を作るというのは、元あった筋肉を刺激して傷つけ、修復させることによってさらに強力にしていくという事なのです。

やりすぎてしまえば修復するために身体は消耗してしまい、疲れやすくなってしまいます。

同じような理由で、毎日やるのもおすすめできません。

ずっと続けていくことが大切なのですが、身体をしっかり休ませる日も必要なのです。

腹筋ダイエットのメリット

腹筋ダイエットによって得られるメリットは、内臓脂肪の減少による効果です。

腹筋ダイエットはいわば体つくりだということは前述しましたが、体にとってこの体作りは大変重要なのです。

この腹筋ダイエットにより基礎代謝量が上がり、筋肉が付くことで姿勢が改善されたり、内臓脂肪を減らすことによって生活習慣病予防なども期待できます。

お腹を集中的に動かすことによって、腸の動きも活発になりますので、お通じが良くなるという効果もあるようですね。

本気でやれば1か月でウエスト10cmマイナスできたという例もあり、ウエストを細くする効果もあるようです!

腹筋ダイエットのデメリット

良い事ばかりのような腹筋ダイエットですが、やり方次第でデメリットが生まれます。

それは、腹筋ダイエットをする時間に関係します。

実は、腹筋ダイエットを控えた方が良い時間があるのです。

それは「寝る前」です。

寝る前に運動すると、人の体は交感神経が働いて、日中と同じように覚醒してしまいます。

日中眠い時に身体を動かしたりすると目が覚めることはありませんか?

そのような状況が、寝る前にすると起きてしまうんですね。

そして、筋肉は寝ている時に作られていますので、痩せるために必要な眠りを妨げてしまうのです。

そうすると、痩せるために始めた腹筋ダイエットが原因で不眠を招き、意味のないものになってしまうだけでなく、不眠によって様々な弊害を引き起こしてしまうのです。

適度に正しく腹筋ダイエットすることで、デメリットはなくなります。

腹筋ダイエットをするときは、気をつけるべきところに気をつけて、無理のない程度に留めましょう。

腹筋ダイエットはメリットがたくさんあり、お腹周りが気になっている人はぜひやるべきダイエットだと言えます。

腹筋ダイエットは、続けていくことで痩せやすい体になっていき、リバウンド防止にもなります。

やり方や時間に気をつけて、しっかり運動する事で、綺麗なスッキリお腹にすることができますので、気になっている人は是非やってみてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-