【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105317.html
断食ダイエットはおすすめできない理由7選

断食ダイエットはおすすめできない理由7選 | LADYCO

LADYCO
断食ダイエットはおすすめできない理由7選

断食ダイエットはおすすめできない理由を7選まとめました。

  • 肌荒れを起こしやすい
  • 便秘になりやすい
  • リバウンドをしやすい
  • イライラしやすい
  • 体が冷えやすい
  • 脱水の恐れがある
  • 低血糖になりやすい

断食ダイエットをすれば、短期間でやせることが期待できます。 すぐにでもやせたいですよね。 でも、断食ダイエットはおすすめできません。 おすすめできない理由は7つあります。

1. 肌荒れを起こしやすい

肌荒れを起こしやすい

断食とは何も食べないことです。 水分摂取をしたり、ジュースを飲む断食もありますが、固形物は一切口にしません。 食事を摂らないと体に必要な栄養素が不足をします。 肌をきれいに保つためには、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を整えることが大切です。 ターンオーバーが滞ると、古い細胞が肌にたまって、乾燥肌、くすみ、シワなどを招きます。

ターンオーバーを行うためには、タンパク質、亜鉛、葉酸、ビタミンAなど、さまざまな栄養素が必要です。 断食をするとこれらの栄養素が不足をして、ターンオーバーが滞り、肌荒れを引き起こします。 ダイエットの目的は人それぞれですが、やせてきれいになりたいという方は多いのではないでしょうか。 しかし、肌荒れを起こしてしまったらきれいとは程遠くなります。

2. 便秘になりやすい

便秘になりやすい

便通をよくするために必要なものが食物繊維です。 食物繊維は水分を吸ってかさを増やし、便の形を整え、腸を刺激して働きを活発にします。 食物繊維は、野菜、果物、海藻、きのこ、豆類などに多く含まれています。

断食中にはこのようなものを食べないので、食物繊維の摂取量が少なくなります。 食物繊維が足りなければ便秘になることがあります。 便秘は肌荒れの原因になったり、肥満は腸内環境の悪化が関係しているといわれています。

3. リバウンドをしやすい

リバウンドをしやすい

断食をすると体重が減りますが、減っているのは脂肪ではなく筋肉です。 筋肉はエネルギーの消費が大きい部位ですが、筋肉が減るとエネルギー消費量が少なくなり、代謝が悪い体になります。

代謝が悪い状態で断食前の食事に戻すと、食べた分をしっかりとエネルギーとして消費できず、余ったエネルギーが脂肪として蓄えられます。 断食をすると筋肉が減って代謝が落ち、リバウンドをする可能性が高いのです。 見た目は細くても、体脂肪率が高い隠れ肥満になります。

4. イライラしやすい

イライラしやすい

断食中は固形物を口にできないので空腹を感じます。 空腹がつらくてイライラした経験がありませんか。 イライラはダイエットの大敵です。

イライラしてドカ食いをしてしまった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。 イライラがたまって断食中に食べてしまったり、なんとか断食を終えることができても、その後にドカ食いをすることもあります。 食べすぎれば肥満につながります。

5. 体が冷えやすい

体が冷えやすい

体温を維持するためには、食べものからカロリーを摂取して体内で燃やす必要があります。 断食中はカロリーをほとんど摂取しないので、体の熱となるものが足りなくて体が冷えます。 特に冬場はつらいです。

手先足先がキンキンに冷える方もいます。 断食がきっかけで、その後も体の冷えが続く可能性もあります。

6. 脱水の恐れがある

脱水の恐れがある

1日に必要に排泄される水分量は2.3Lほどです。 だからといって2.3Lも水分を摂取する必要はありません。 食事からの水分摂取量が0.6L、代謝の際にできる水分が0.2Lほどなので、1日に1.5Lほどの水分を摂取することが目安です。

しかし、断食中は食事からの水分摂取がないので、普段よりも多く水分を摂取する必要があります。 水分摂取量が足りなくて脱水になると、だるさ、めまい、頭痛などの不調が現れます。

7. 低血糖になりやすい

体には血糖値を一定に保つ働きが備わっています。 食事からの糖分の摂取がなくても、肝臓に蓄えられているグリコーゲンを使ったり、筋肉や脂肪を分解して糖新生をすることができます。

しかし、肝臓に蓄えられているグリコーゲンは数時間分しかないので、糖分不足で低血糖を起こす心配があります。 低血糖になると、ふるえ、冷え、頭痛、だるさなど、さまざまな不調が現れます。 筋肉を分解して糖を作ることもできますが、筋肉が減って代謝が悪くなります。

断食ダイエットはおすすめできない理由を7選まとめました。


断食ダイエットをすれば、短期間でやせることが期待できます。 すぐにでもやせたいですよね。 でも、断食ダイエットはおすすめできません。 おすすめできない理由は7つあります。

肌荒れを起こしやすい

断食とは何も食べないことです。 水分摂取をしたり、ジュースを飲む断食もありますが、固形物は一切口にしません。 食事を摂らないと体に必要な栄養素が不足をします。 肌をきれいに保つためには、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を整えることが大切です。 ターンオーバーが滞ると、古い細胞が肌にたまって、乾燥肌、くすみ、シワなどを招きます。

ターンオーバーを行うためには、タンパク質、亜鉛、葉酸、ビタミンAなど、さまざまな栄養素が必要です。 断食をするとこれらの栄養素が不足をして、ターンオーバーが滞り、肌荒れを引き起こします。 ダイエットの目的は人それぞれですが、やせてきれいになりたいという方は多いのではないでしょうか。 しかし、肌荒れを起こしてしまったらきれいとは程遠くなります。

便秘になりやすい

便通をよくするために必要なものが食物繊維です。 食物繊維は水分を吸ってかさを増やし、便の形を整え、腸を刺激して働きを活発にします。 食物繊維は、野菜、果物、海藻、きのこ、豆類などに多く含まれています。

断食中にはこのようなものを食べないので、食物繊維の摂取量が少なくなります。 食物繊維が足りなければ便秘になることがあります。 便秘は肌荒れの原因になったり、肥満は腸内環境の悪化が関係しているといわれています。

リバウンドをしやすい

断食をすると体重が減りますが、減っているのは脂肪ではなく筋肉です。 筋肉はエネルギーの消費が大きい部位ですが、筋肉が減るとエネルギー消費量が少なくなり、代謝が悪い体になります。

代謝が悪い状態で断食前の食事に戻すと、食べた分をしっかりとエネルギーとして消費できず、余ったエネルギーが脂肪として蓄えられます。 断食をすると筋肉が減って代謝が落ち、リバウンドをする可能性が高いのです。 見た目は細くても、体脂肪率が高い隠れ肥満になります。

イライラしやすい

断食中は固形物を口にできないので空腹を感じます。 空腹がつらくてイライラした経験がありませんか。 イライラはダイエットの大敵です。

イライラしてドカ食いをしてしまった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。 イライラがたまって断食中に食べてしまったり、なんとか断食を終えることができても、その後にドカ食いをすることもあります。 食べすぎれば肥満につながります。

体が冷えやすい

体温を維持するためには、食べものからカロリーを摂取して体内で燃やす必要があります。 断食中はカロリーをほとんど摂取しないので、体の熱となるものが足りなくて体が冷えます。 特に冬場はつらいです。

手先足先がキンキンに冷える方もいます。 断食がきっかけで、その後も体の冷えが続く可能性もあります。

脱水の恐れがある

1日に必要に排泄される水分量は2.3Lほどです。 だからといって2.3Lも水分を摂取する必要はありません。 食事からの水分摂取量が0.6L、代謝の際にできる水分が0.2Lほどなので、1日に1.5Lほどの水分を摂取することが目安です。

しかし、断食中は食事からの水分摂取がないので、普段よりも多く水分を摂取する必要があります。 水分摂取量が足りなくて脱水になると、だるさ、めまい、頭痛などの不調が現れます。

体には血糖値を一定に保つ働きが備わっています。 食事からの糖分の摂取がなくても、肝臓に蓄えられているグリコーゲンを使ったり、筋肉や脂肪を分解して糖新生をすることができます。

しかし、肝臓に蓄えられているグリコーゲンは数時間分しかないので、糖分不足で低血糖を起こす心配があります。 低血糖になると、ふるえ、冷え、頭痛、だるさなど、さまざまな不調が現れます。 筋肉を分解して糖を作ることもできますが、筋肉が減って代謝が悪くなります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-