【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105311.html
縄跳びダイエットのコツ

縄跳びダイエットのコツ | LADYCO

LADYCO
縄跳びダイエットのコツ

縄跳びダイエットのコツを7選まとめました。

  • 自分にあった縄跳びを選ぶ
  • 足への負荷が少ない跳び方をする
  • 音楽に合わせて楽しく跳ぶ
  • 快適な環境で行う
  • はじめは1分間に60回を目安に行う
  • バストを固定する
  • ウォーミングアップしてから行う

1. 自分にあった縄跳びを選ぶ

自分にあった縄跳びを選ぶ

縄跳びで痩せるためには、長時間運動を継続することが大切です。

そのため、なるべく自分にあった縄跳びを選んで、長時間継続できるようにすることが大切です。

もちろん、高価な縄跳びではなくても問題はありません。

重要なのは、両足で縄を踏み、両手でそれぞれの縄の端をもったときに、臍の高さくらいになるのがちょうど良い長さとなりますが、重要なことは自分が飛びやすいかどうかが一番重要となりますから、跳びやすい長さに調節することが大切です。

2. 足への負荷が少ない跳び方をする

足への負荷が少ない跳び方をする

長時間縄跳びと跳ぶためには、できるだけ足への負荷が少ない跳び方をすることが大切です。

ポイントとしては、

  • リズムを変えながら跳ぶ
  • 片足ずつ跳ぶ
  • 小さく跳ぶ
  • 脇を閉めない
  • 手をあまり動かさずに、手首で縄を回す

このように、一定のリズムで飛んでいると、同じ箇所に同じ負荷がかかってしまいますから、リズムを変えながら跳ぶことが大切です。

また、脇を閉めてしまうと、疲れやすくなってしまいますから、脇を少し開いて、肩や腕を楽にして跳ぶことも大切です。

3. 音楽に合わせて楽しく跳ぶ

音楽に合わせて楽しく跳ぶ

どんなダイエットでも、つらい運動は継続が難しいため、楽しみを見いだすことが大切です。

音楽に合わせて縄跳びをすることで、楽しく運動を続けることができます。

黙々と縄跳びをしていても楽しくはありませんから、長くは続けることができません。

また、音楽に合わせて跳ぶことで、リズム感を養うことができ、気持ちを盛り上げることもできますから、おすすめです。

4. 快適な環境で行う

快適な環境で行う

長時間縄跳びを跳び続けるためには、環境も重要です。

床は平坦で、涼しい場所というのが、縄跳びを跳ぶためには快適な環境といえます。

よく、サウナスーツを着てボクサーのように縄跳びをしている人がいますが、ボクサーは減量のためにサウナスーツを着て、汗をかくことだけを目的としていますから、間違ってもサウナスーツを着て縄跳びをしないようにしましょう。

無駄に汗をかいてしまうと、塩分が排出されてしまい、足がつりやすくなりますし、脱水症状を引き起こす場合もありますから、運動に適した服装で行うことが大切です。

5. はじめは1分間に60回を目安に行う

はじめは1分間に60回を目安に行う

縄跳びに慣れれば20~30分程度は跳び続けることで、ダイエット効果を得ることができますが、最初から無理をしてしまうと、途中で疲れて挫折してしまいます。

そのため、はじめの頃は、1分間に60回を目安に、3分間続けて、これを休憩を挟みながら3セットくらい行うことから始めるとよいでしょう。

慣れると、回数やセット数を上げていくと、体に負担をかけずに、無理なく続けることができ、ダイエット効果も得ることができます。

6. バストを固定する

バストを固定する

女性の場合、バストをある程度固定しないと、跳んだ時にバストの部分の上下の動きが大きくなってしまい、バストラインが崩れてしまったり、バストの下垂といったトラブルが起こる可能性がありますから、スポーツブラを着けるなどして、バストを固定してから行うことがポイントです。

7. ウォーミングアップしてから行う

縄跳びダイエットを行う前には、軽くジョギングなどをして体を温かくしてから行うことで、脂肪燃焼効果を期待することができます。

ジョギング以外にも、ストレッチやスクワット、腹筋、脚上げなどでも体を温めることができますから、こういった運動を行ってから縄跳びをすることがコツとなります。

また、縄跳びが終了した後には、脚をマッサージしたり、ストレッチを行うことで、美脚効果もアップさせることができます。

縄跳びダイエットは、景色がずっと同じですから、音楽を聴きながら気分よく跳び続けることも、大切です。

縄跳びダイエットのコツを7選まとめました。


自分にあった縄跳びを選ぶ

縄跳びで痩せるためには、長時間運動を継続することが大切です。

そのため、なるべく自分にあった縄跳びを選んで、長時間継続できるようにすることが大切です。

もちろん、高価な縄跳びではなくても問題はありません。

重要なのは、両足で縄を踏み、両手でそれぞれの縄の端をもったときに、臍の高さくらいになるのがちょうど良い長さとなりますが、重要なことは自分が飛びやすいかどうかが一番重要となりますから、跳びやすい長さに調節することが大切です。

足への負荷が少ない跳び方をする

長時間縄跳びと跳ぶためには、できるだけ足への負荷が少ない跳び方をすることが大切です。

ポイントとしては、

  • リズムを変えながら跳ぶ
  • 片足ずつ跳ぶ
  • 小さく跳ぶ
  • 脇を閉めない
  • 手をあまり動かさずに、手首で縄を回す

このように、一定のリズムで飛んでいると、同じ箇所に同じ負荷がかかってしまいますから、リズムを変えながら跳ぶことが大切です。

また、脇を閉めてしまうと、疲れやすくなってしまいますから、脇を少し開いて、肩や腕を楽にして跳ぶことも大切です。

音楽に合わせて楽しく跳ぶ

どんなダイエットでも、つらい運動は継続が難しいため、楽しみを見いだすことが大切です。

音楽に合わせて縄跳びをすることで、楽しく運動を続けることができます。

黙々と縄跳びをしていても楽しくはありませんから、長くは続けることができません。

また、音楽に合わせて跳ぶことで、リズム感を養うことができ、気持ちを盛り上げることもできますから、おすすめです。

快適な環境で行う

長時間縄跳びを跳び続けるためには、環境も重要です。

床は平坦で、涼しい場所というのが、縄跳びを跳ぶためには快適な環境といえます。

よく、サウナスーツを着てボクサーのように縄跳びをしている人がいますが、ボクサーは減量のためにサウナスーツを着て、汗をかくことだけを目的としていますから、間違ってもサウナスーツを着て縄跳びをしないようにしましょう。

無駄に汗をかいてしまうと、塩分が排出されてしまい、足がつりやすくなりますし、脱水症状を引き起こす場合もありますから、運動に適した服装で行うことが大切です。

はじめは1分間に60回を目安に行う

縄跳びに慣れれば20~30分程度は跳び続けることで、ダイエット効果を得ることができますが、最初から無理をしてしまうと、途中で疲れて挫折してしまいます。

そのため、はじめの頃は、1分間に60回を目安に、3分間続けて、これを休憩を挟みながら3セットくらい行うことから始めるとよいでしょう。

慣れると、回数やセット数を上げていくと、体に負担をかけずに、無理なく続けることができ、ダイエット効果も得ることができます。

バストを固定する

女性の場合、バストをある程度固定しないと、跳んだ時にバストの部分の上下の動きが大きくなってしまい、バストラインが崩れてしまったり、バストの下垂といったトラブルが起こる可能性がありますから、スポーツブラを着けるなどして、バストを固定してから行うことがポイントです。

縄跳びダイエットを行う前には、軽くジョギングなどをして体を温かくしてから行うことで、脂肪燃焼効果を期待することができます。

ジョギング以外にも、ストレッチやスクワット、腹筋、脚上げなどでも体を温めることができますから、こういった運動を行ってから縄跳びをすることがコツとなります。

また、縄跳びが終了した後には、脚をマッサージしたり、ストレッチを行うことで、美脚効果もアップさせることができます。

縄跳びダイエットは、景色がずっと同じですから、音楽を聴きながら気分よく跳び続けることも、大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-