【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105241.html
きれいな女性が寝る前にストレッチする理由7選

きれいな女性が寝る前にストレッチする理由7選 | LADYCO

LADYCO
きれいな女性が寝る前にストレッチする理由7選

きれいな女性が寝る前にストレッチする理由を7選まとめました。

  • 熟睡できる
  • 腰痛の改善が可能
  • 肩こりの改善が可能
  • 痩せやすい体質になる
  • 寝付きがよくなる
  • 眠りの質が高まる
  • 自律神経を正常化することができる

1. 熟睡できる

熟睡できる

なかなか寝付くことができず、不眠で悩んでいる人も多いかもしれませんが、寝る前にストレッチを行うことで、快眠を手に入れることができます。

寝る前にストレッチを行うと、血流が改善されて、体を温めることができます。 また、副交感神経が優位になり、リラックス状態となりますから、心地よく眠りに落ちることができます。

2. 腰痛の改善が可能

腰痛の改善が可能

腰痛というのは、寝返りが少ない人に発症することが多く、寝ている間に同じ姿勢で寝ていると、血流が悪化してしまい、腰痛となってしまうことがあります。

寝る前にストレッチを行うと、凝り固まった筋肉をほぐすことができ、血流も改善しますから、体も柔らかくなり、寝返りを増やすことができるため、腰痛も改善させることができます。

3. 肩こりの改善が可能

肩こりの改善が可能

寝る前にストレッチを行うことで、体のこりをほぐすことができ、スムーズに眠る準備に入ることができます。 また、血流も改善され、老廃物の排出も促進されることから、肩こりや腰痛の改善効果も期待できます。

4. 痩せやすい体質になる

痩せやすい体質になる

痩せやすい体質にするためには、寝る前のストレッチが効果的です。 女性の場合、骨盤がゆがむことで、太りやすく痩せにくい体質になってしまうという場合が少なくありません。

こういった場合には、ストレッチを行うことで、骨盤のゆがみを矯正し、新陳代謝をよくすることで、痩せやすい体質へと変えていくことができます。

5. 寝付きがよくなる

寝付きがよくなる

寝る前にストレッチを行うと、副交感神経が優位になってリラックスすることができます。 毎日仕事や私生活で不安や心配事を抱えていると、ストレスがたまってしまい、体や心をリラックスすることができません。

また、寝る前にテレビやスマホの画面を見てしまうと、交感神経が刺激されてしまい、脳が興奮状態になってしまうため、眠れなくなってしまうこともあります。 そのため、質の高い睡眠をとるためには、寝る前に体と心をリラックスさせることが大切です。 寝る前にストレッチを行うことで、筋肉の緊張をほぐして、体をリラックスさせることができ、精神的にもリラックスすることができます。

また、寝る前のストレッチは、筋肉をほぐす以外にも、肩こりや疲労回復効果、腰痛の予防、冷え性防止効果などさまざまな効果が期待できますし、目覚めをよくするためにも効果的です。

6. 眠りの質が高まる

眠りの質が高まる

毎晩、仕事から疲れてかえって、シャワーを浴びてすぐに寝てしまうという女性も多いかもしれませんが、前日の疲れが残ったままの状態が続くと、不眠になったり、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。 そんな時には、寝る前のストレッチが効果的です。 寝る前に簡単なストレッチを行うだけで、その日の疲れをその日のうちに取り除いて、次の日にはすっきりと目覚めることができます。

7. 自律神経を正常化することができる

不眠で悩んでいる場合には、寝る前にストレッチを行うことで、解消することができます。 さまざまな不眠対策を行っても、なかなか良くならないという場合には、自律神経の乱れが原因の可能性があります。 多くの女性が便秘で悩んでいますが、実は、睡眠の前半に途中覚醒があると、便秘になる確率が高くなってしまうと考えられています。

寝る前にストレッチを行って自律神経を整えることで、副交感神経を刺激して、夜の眠りを確実に向上させていくことができます。 また、寝る前のストレッチだけではなく、夏場でも湯船につかることで、副交感神経をしっかりと優位にしていくことができます。

ただ、その時には、38~40度程度のぬるめのお湯につかることが大切です。 42度以上になると、交感神経が刺激されてしまい、血管が収縮して血圧が上昇してしまい、鼓動が速くなってしまいますから、注意しましょう。

きれいな女性が寝る前にストレッチする理由を7選まとめました。


熟睡できる

なかなか寝付くことができず、不眠で悩んでいる人も多いかもしれませんが、寝る前にストレッチを行うことで、快眠を手に入れることができます。

寝る前にストレッチを行うと、血流が改善されて、体を温めることができます。 また、副交感神経が優位になり、リラックス状態となりますから、心地よく眠りに落ちることができます。

腰痛の改善が可能

腰痛というのは、寝返りが少ない人に発症することが多く、寝ている間に同じ姿勢で寝ていると、血流が悪化してしまい、腰痛となってしまうことがあります。

寝る前にストレッチを行うと、凝り固まった筋肉をほぐすことができ、血流も改善しますから、体も柔らかくなり、寝返りを増やすことができるため、腰痛も改善させることができます。

肩こりの改善が可能

寝る前にストレッチを行うことで、体のこりをほぐすことができ、スムーズに眠る準備に入ることができます。 また、血流も改善され、老廃物の排出も促進されることから、肩こりや腰痛の改善効果も期待できます。

痩せやすい体質になる

痩せやすい体質にするためには、寝る前のストレッチが効果的です。 女性の場合、骨盤がゆがむことで、太りやすく痩せにくい体質になってしまうという場合が少なくありません。

こういった場合には、ストレッチを行うことで、骨盤のゆがみを矯正し、新陳代謝をよくすることで、痩せやすい体質へと変えていくことができます。

寝付きがよくなる

寝る前にストレッチを行うと、副交感神経が優位になってリラックスすることができます。 毎日仕事や私生活で不安や心配事を抱えていると、ストレスがたまってしまい、体や心をリラックスすることができません。

また、寝る前にテレビやスマホの画面を見てしまうと、交感神経が刺激されてしまい、脳が興奮状態になってしまうため、眠れなくなってしまうこともあります。 そのため、質の高い睡眠をとるためには、寝る前に体と心をリラックスさせることが大切です。 寝る前にストレッチを行うことで、筋肉の緊張をほぐして、体をリラックスさせることができ、精神的にもリラックスすることができます。

また、寝る前のストレッチは、筋肉をほぐす以外にも、肩こりや疲労回復効果、腰痛の予防、冷え性防止効果などさまざまな効果が期待できますし、目覚めをよくするためにも効果的です。

眠りの質が高まる

毎晩、仕事から疲れてかえって、シャワーを浴びてすぐに寝てしまうという女性も多いかもしれませんが、前日の疲れが残ったままの状態が続くと、不眠になったり、さまざまなトラブルが起こる可能性があります。 そんな時には、寝る前のストレッチが効果的です。 寝る前に簡単なストレッチを行うだけで、その日の疲れをその日のうちに取り除いて、次の日にはすっきりと目覚めることができます。

不眠で悩んでいる場合には、寝る前にストレッチを行うことで、解消することができます。 さまざまな不眠対策を行っても、なかなか良くならないという場合には、自律神経の乱れが原因の可能性があります。 多くの女性が便秘で悩んでいますが、実は、睡眠の前半に途中覚醒があると、便秘になる確率が高くなってしまうと考えられています。

寝る前にストレッチを行って自律神経を整えることで、副交感神経を刺激して、夜の眠りを確実に向上させていくことができます。 また、寝る前のストレッチだけではなく、夏場でも湯船につかることで、副交感神経をしっかりと優位にしていくことができます。

ただ、その時には、38~40度程度のぬるめのお湯につかることが大切です。 42度以上になると、交感神経が刺激されてしまい、血管が収縮して血圧が上昇してしまい、鼓動が速くなってしまいますから、注意しましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-