【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190609185639.html
トラウマを解消するコツ

トラウマを解消するコツ | LADYCO

LADYCO
トラウマを解消するコツ

そもそもトラウマは過去のある出来事が心的外傷になってしまい、現在に至るまで繰り返した結果だということです。

解消するには過去の出来事に対しての恐怖を取り除く事が必要になってきます。

克服方法をいくつか紹介するので、ヒントにしてみて下さい。

  • トラウマは解釈が原因
  • 原因は考えなくて良い
  • 我慢をやめる
  • 良い方向にイメージする
  • 過去の出来事であることを認識する
  • 許す事
  • 仲の良い人に置き換えてみる
  • トラウマからどんな良い事を得られたか考える
  • まとめ

1. トラウマは解釈が原因

トラウマは解釈が原因

トラウマになってしまった出来事をどのように解釈するかで結果は全然違うのだということは言えます。

トラウマとはその出来事が原因ではなく、その時にとった解釈が原因なのです。

自分が幸せになれる解釈だけを選び取れば、必ず幸せな結果がついてきます。

このことに気付けるかどうかがとても重要になります。

2. 原因は考えなくて良い

原因は考えなくて良い

トラウマの原因を考える事はプラスになる事は何もありません。

原因を考え続けると過去の辛い体験が頭の中で繰り返され、トラウマが強化されていくだけです。

もう終わったこと、過ぎたことなのです。

どうしてこうなってしまったのかではなく、どうしたらこれから幸せになれるか考えましょう。

トラウマになってしまうほど辛い思いをされたのでしょうが、その分これから幸せになって良いのです。

3. 我慢をやめる

我慢をやめる

過去のトラウマが現在の自分を苦しめてしまう事もあるでしょう。

どういても辛い時は我慢することをやめましょう。

苦しいという感情は抑圧すればするほどストレスになってしまいます。

苦しいという感情から逃げず、今苦しいんだと受け入れて、外に開放しましょう。

たくさん泣いて良いです。

たくさん苦しんで良いです。

その感情を受け入れてあげることで必ず徐々に対処できるようになります。

トラウマになってしまった出来事はわざわざ自分で思い出す必要はありません。

ですが、どうしても思い出してしまう場合はまず自分の気持ちを受け入れてあげて下さい。

4. 良い方向にイメージする

良い方向にイメージする

もし過去の出来事が起こった時に今の自分ならどういった行動を取るかイメージしてみて下さい。

出来るだけリラックスした状態の時にイメージしてみて、どうしても辛い場合はすぐにイメージをやめて下さい。

少しずつで良いので、過去の出来事を頭の中で良い方向へと変えていきましょう。

この頭の中でリハーサルを繰り返すということを繰り返し行っていれば、同じようなことが起こった時に対処できるようになります。

注意しなければならないのは、急がないことです。

辛くなったらすぐにイメージをやめて、落ち着いた時にほんの少しずつイメージしていきましょう。

この行動はトラウマを抱えている人にとって大変辛いことですが、トラウマを解消するためには一歩ずつ向き合うことが大切なのです。

5. 過去の出来事であることを認識する

過去の出来事であることを認識する

トラウマを主観で繰り返し思い出していると、心的外傷はますます強くなっていきます。

その出来事は過去に起こった事です。

過去に戻る事はほぼ100%ないと言い切れますよね。

今の自分には関係のない事なのです。

忘れて良いのです。

明るい未来を描いて、幸せになろうとするだけでトラウマは解消できます。

苦しみを感じ続けるよりも、幸せを感じましょう。

過去に辛い思いを味わったとしても、今現在も辛い思いをする必要はないのです。

6. 許す事

許す事

トラウマとは過去の記憶を手放さないから起こる事です。

全ての出来事・人・自分を許しましょう。

これは簡単なことではありません。

簡単ではないからこそ、他人の許せない部分、自分の許せない部分を許すことでトラウマから解放されることは間違いありません。

自分が苦しむことで周りの大切な人が苦しみます。

自分が笑うことで周りの大切な人が笑います。

幸せになりたいのであれば、周りの人を大切にしましょう。

必ず大切にした分、大切にしてくれる人はいます。

全てを許す事ができた時、誰の目から見ても素晴らしい人になっているでしょう。

7. 仲の良い人に置き換えてみる

仲の良い人に置き換えてみる

もしトラウマになってしまった出来事を、同じ経験を仲の良い友人がしてしまった時、どういった言葉をかけるか考えてみて下さい。

仲の良い友人が苦しみ、話を聞かせてくれた時に自分はどんなことを思うか想像してみて下さい。

それが客観的に見るということです。

辛いという感情にとらわれている時、客観的に見ることはなかなか難しいものです。

ですが、誰か自分でない人に置き換えることで客観的に見ることが容易になります。

それができるとトラウマを解消することへの近道になるでしょう。

8. トラウマからどんな良い事を得られたか考える

トラウマからどんな良い事を得られたか考える

これは最終ステップだと思って下さい。

これができたらトラウマは解消できたといえるでしょう。

トラウマになってしまった出来事からどんな良い事を得られたか考えてみて下さい。

何もないということはありません。

少なくとも、同じような経験をした人の気持ちを理解することができるはずです。

辛い思いをしている人に寄り添う事ができるはずです。

それは誰にでも出来る事ではありません。

トラウマから得られたことは自分の強みであると、自信を持ってください。

まとめ

トラウマを解消するということは本当に難しい事です。

ですがトラウマの解消は不可能ではありません。

苦しみ続ける必要はないのです。

幸せに生きるためのヒントにして頂ければ幸いです。

そもそもトラウマは過去のある出来事が心的外傷になってしまい、現在に至るまで繰り返した結果だということです。

解消するには過去の出来事に対しての恐怖を取り除く事が必要になってきます。

克服方法をいくつか紹介するので、ヒントにしてみて下さい。


トラウマは解釈が原因

トラウマになってしまった出来事をどのように解釈するかで結果は全然違うのだということは言えます。

トラウマとはその出来事が原因ではなく、その時にとった解釈が原因なのです。

自分が幸せになれる解釈だけを選び取れば、必ず幸せな結果がついてきます。

このことに気付けるかどうかがとても重要になります。

原因は考えなくて良い

トラウマの原因を考える事はプラスになる事は何もありません。

原因を考え続けると過去の辛い体験が頭の中で繰り返され、トラウマが強化されていくだけです。

もう終わったこと、過ぎたことなのです。

どうしてこうなってしまったのかではなく、どうしたらこれから幸せになれるか考えましょう。

トラウマになってしまうほど辛い思いをされたのでしょうが、その分これから幸せになって良いのです。

我慢をやめる

過去のトラウマが現在の自分を苦しめてしまう事もあるでしょう。

どういても辛い時は我慢することをやめましょう。

苦しいという感情は抑圧すればするほどストレスになってしまいます。

苦しいという感情から逃げず、今苦しいんだと受け入れて、外に開放しましょう。

たくさん泣いて良いです。

たくさん苦しんで良いです。

その感情を受け入れてあげることで必ず徐々に対処できるようになります。

トラウマになってしまった出来事はわざわざ自分で思い出す必要はありません。

ですが、どうしても思い出してしまう場合はまず自分の気持ちを受け入れてあげて下さい。

良い方向にイメージする

もし過去の出来事が起こった時に今の自分ならどういった行動を取るかイメージしてみて下さい。

出来るだけリラックスした状態の時にイメージしてみて、どうしても辛い場合はすぐにイメージをやめて下さい。

少しずつで良いので、過去の出来事を頭の中で良い方向へと変えていきましょう。

この頭の中でリハーサルを繰り返すということを繰り返し行っていれば、同じようなことが起こった時に対処できるようになります。

注意しなければならないのは、急がないことです。

辛くなったらすぐにイメージをやめて、落ち着いた時にほんの少しずつイメージしていきましょう。

この行動はトラウマを抱えている人にとって大変辛いことですが、トラウマを解消するためには一歩ずつ向き合うことが大切なのです。

過去の出来事であることを認識する

トラウマを主観で繰り返し思い出していると、心的外傷はますます強くなっていきます。

その出来事は過去に起こった事です。

過去に戻る事はほぼ100%ないと言い切れますよね。

今の自分には関係のない事なのです。

忘れて良いのです。

明るい未来を描いて、幸せになろうとするだけでトラウマは解消できます。

苦しみを感じ続けるよりも、幸せを感じましょう。

過去に辛い思いを味わったとしても、今現在も辛い思いをする必要はないのです。

許す事

トラウマとは過去の記憶を手放さないから起こる事です。

全ての出来事・人・自分を許しましょう。

これは簡単なことではありません。

簡単ではないからこそ、他人の許せない部分、自分の許せない部分を許すことでトラウマから解放されることは間違いありません。

自分が苦しむことで周りの大切な人が苦しみます。

自分が笑うことで周りの大切な人が笑います。

幸せになりたいのであれば、周りの人を大切にしましょう。

必ず大切にした分、大切にしてくれる人はいます。

全てを許す事ができた時、誰の目から見ても素晴らしい人になっているでしょう。

仲の良い人に置き換えてみる

もしトラウマになってしまった出来事を、同じ経験を仲の良い友人がしてしまった時、どういった言葉をかけるか考えてみて下さい。

仲の良い友人が苦しみ、話を聞かせてくれた時に自分はどんなことを思うか想像してみて下さい。

それが客観的に見るということです。

辛いという感情にとらわれている時、客観的に見ることはなかなか難しいものです。

ですが、誰か自分でない人に置き換えることで客観的に見ることが容易になります。

それができるとトラウマを解消することへの近道になるでしょう。

トラウマからどんな良い事を得られたか考える

これは最終ステップだと思って下さい。

これができたらトラウマは解消できたといえるでしょう。

トラウマになってしまった出来事からどんな良い事を得られたか考えてみて下さい。

何もないということはありません。

少なくとも、同じような経験をした人の気持ちを理解することができるはずです。

辛い思いをしている人に寄り添う事ができるはずです。

それは誰にでも出来る事ではありません。

トラウマから得られたことは自分の強みであると、自信を持ってください。

トラウマを解消するということは本当に難しい事です。

ですがトラウマの解消は不可能ではありません。

苦しみ続ける必要はないのです。

幸せに生きるためのヒントにして頂ければ幸いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-