【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519131025.html
過去を振り返らないコツ

過去を振り返らないコツ | LADYCO

LADYCO
過去を振り返らないコツ

過去を振り返らないためにできることがいくつかありますが、ここではそのうちの10選について述べています。

  • 現在に集中する
  • 先のことを考えるようにする
  • 体を動かす
  • 余計なものは排除する
  • 毎日を楽しく笑う
  • 新たなことに挑戦する
  • 誰かに話してすっきりする
  • 思い切り泣く
  • 遊んだり思いっきり騒ぐ
  • 一人にならない
  • まとめ

1. 現在に集中する

現在に集中する

過去を振り返らないようにするためには今自分が置かれている状況に集中することが必要です。

誰でも幸せになったり、一つのことにおいて成功したいという気持ちを抱いているものです。

そのような希望を実現させるために一生懸命になるなら、過去の思い出や辛い経験について思い返す時間が無くなります。

2. 先のことを考えるようにする

先のことを考えるようにする

今の状況に集中することに加え、このまま努力を続けていけば得られるであろう成果について考えることも重要です。

このようなことを考え続けることができれば今現在行うべきことに集中できることに加え、「将来こんないいことがある」という希望がモチベーションとなり、やる気を起こさせてくれます。

とりあえずネガティブな感情は抱かないようにすることが大切ですので、こうしたポジティブな感情を抱けるように心がけるべきです。

3. 体を動かす

体を動かす

過去について考えそうになったとき、気分転換を行ったり何かに集中したりすることが一番です。

この点で簡単に行えることが体を動かすことです。

スポーツに集中すれば心身ともにリフレッシュすることができます。

また運動後も爽やかさを維持することができますし、体が疲れているので帰宅後はぐっすりと眠ることができます。

このような状況も余計なことを考える時間を与えてくれませんので、運動は効果があります。

4. 余計なものは排除する

余計なものは排除する

どうしても過去を振り返ってしまい、悲しい思いがよみがえるという人は、過去について考えさせるものを全て排除することができます。

たとえば写真や過去を思い出す局のCD、そして着用していた服などを処分することができます。

これらを見たり聞いたりすると過去を思い出してしまう可能性が高いために、こうしたものを自分の身の回りに置かないようにするのです。

5. 毎日を楽しく笑う

毎日を楽しく笑う

体を動かすこと同様、動作によって気分を変えることのできる方法の一つが笑うことです。

もちろん面白いことがなければ笑うことはできません。

そのためお笑いのテレビ番組を見たり、コメディー映画を見るなどして状況を整えることができます。

しかしその逆の状況も可能です。

つまり無理にでも笑顔を作るようにしていれば心が晴れることがあるのです。

そのため笑顔を作るなら、過去の辛い状況を忘れることができるのです。

6. 新たなことに挑戦する

新たなことに挑戦する

先にも触れたように、何かに集中することで過去を振り返る時間を無くすことができます。

もしそのようなものが存在しない場合、新たなことに挑戦してみることができます。

もちろん初めて始めることですから最初から上手に行えるわけではないかもしれません。

しかしそのような状況が集中力を高めてくれます。

またそれができたときには大きな喜びに満たされるために、過去をいちいち振り返る理由は亡くなります。

このように新しいことにチャレンジするのもお勧めです。

7. 誰かに話してすっきりする

誰かに話してすっきりする

過去の辛い状況がどうしても頭から離れないという人がいます。

このような人はその悲しみを誰かに話してしまうとすっきりすることがあります。

そのため信頼できる友人に過去の話を聞いてもらうというのも一つの手段です。

このようにして話を聞いてもらうと意外とすっきりするもので、過去について考えることがなくなるという人も大勢います。

8. 思い切り泣く

思い切り泣く

上記で述べた状況と同様、過去の辛い経験が頭から離れず、ことあるごとに思い返してしまうという人がいます。

このような人はいわゆる過去の思い出によるストレスが常に頭の中に残っている状態です。

そのためこのストレスを発散させてあげることで過去を忘れることができます。

その方法の一つが泣くことです。

実は泣くという動作はストレスを発散させることと大きく関わっているのです。

9. 遊んだり思いっきり騒ぐ

遊んだり思いっきり騒ぐ

仲の良い友人とパーッと騒ぐことも過去を忘れる手段として挙げることができます。

騒ぐと言っても周りの人に迷惑をかけるような仕方で行われるべきではありません。

自宅で一緒にお酒を飲んで本音を語り合ったり、今後の希望について晴れやかな気持ちで述べ合ったりするのです。

このように気持ちをオープンにすることでストレスが一気に解消されます。

そしてこのような状況で、「何で自分はこんな小さなことで悩んでいるのだろう」と思えることができればこっちのものです。

10. 一人にならない

一人にならない

一人になると様々なことを考えてしまいます。

そのため過去について考えたくないという人はなるべく一人にならないようにするべきです。

信頼できる仲の良い友人とときを過ごすならポジティブな感情が湧き起っていきます。

そのためなるべくそのような人と一緒にいるように心がけるなら、過去の辛い思い出に浸ることはなくなります。

まとめ

過去を振り返るとネガティブな感情が湧き起ってくることが多々あります。

そのためそうしたことがないように様々なことを行えるわけですが、ここで取り上げた10個のコツはその点で役立ちます。

過去を振り返らないためにできることがいくつかありますが、ここではそのうちの10選について述べています。


現在に集中する

過去を振り返らないようにするためには今自分が置かれている状況に集中することが必要です。

誰でも幸せになったり、一つのことにおいて成功したいという気持ちを抱いているものです。

そのような希望を実現させるために一生懸命になるなら、過去の思い出や辛い経験について思い返す時間が無くなります。

先のことを考えるようにする

今の状況に集中することに加え、このまま努力を続けていけば得られるであろう成果について考えることも重要です。

このようなことを考え続けることができれば今現在行うべきことに集中できることに加え、「将来こんないいことがある」という希望がモチベーションとなり、やる気を起こさせてくれます。

とりあえずネガティブな感情は抱かないようにすることが大切ですので、こうしたポジティブな感情を抱けるように心がけるべきです。

体を動かす

過去について考えそうになったとき、気分転換を行ったり何かに集中したりすることが一番です。

この点で簡単に行えることが体を動かすことです。

スポーツに集中すれば心身ともにリフレッシュすることができます。

また運動後も爽やかさを維持することができますし、体が疲れているので帰宅後はぐっすりと眠ることができます。

このような状況も余計なことを考える時間を与えてくれませんので、運動は効果があります。

余計なものは排除する

どうしても過去を振り返ってしまい、悲しい思いがよみがえるという人は、過去について考えさせるものを全て排除することができます。

たとえば写真や過去を思い出す局のCD、そして着用していた服などを処分することができます。

これらを見たり聞いたりすると過去を思い出してしまう可能性が高いために、こうしたものを自分の身の回りに置かないようにするのです。

毎日を楽しく笑う

体を動かすこと同様、動作によって気分を変えることのできる方法の一つが笑うことです。

もちろん面白いことがなければ笑うことはできません。

そのためお笑いのテレビ番組を見たり、コメディー映画を見るなどして状況を整えることができます。

しかしその逆の状況も可能です。

つまり無理にでも笑顔を作るようにしていれば心が晴れることがあるのです。

そのため笑顔を作るなら、過去の辛い状況を忘れることができるのです。

新たなことに挑戦する

先にも触れたように、何かに集中することで過去を振り返る時間を無くすことができます。

もしそのようなものが存在しない場合、新たなことに挑戦してみることができます。

もちろん初めて始めることですから最初から上手に行えるわけではないかもしれません。

しかしそのような状況が集中力を高めてくれます。

またそれができたときには大きな喜びに満たされるために、過去をいちいち振り返る理由は亡くなります。

このように新しいことにチャレンジするのもお勧めです。

誰かに話してすっきりする

過去の辛い状況がどうしても頭から離れないという人がいます。

このような人はその悲しみを誰かに話してしまうとすっきりすることがあります。

そのため信頼できる友人に過去の話を聞いてもらうというのも一つの手段です。

このようにして話を聞いてもらうと意外とすっきりするもので、過去について考えることがなくなるという人も大勢います。

思い切り泣く

上記で述べた状況と同様、過去の辛い経験が頭から離れず、ことあるごとに思い返してしまうという人がいます。

このような人はいわゆる過去の思い出によるストレスが常に頭の中に残っている状態です。

そのためこのストレスを発散させてあげることで過去を忘れることができます。

その方法の一つが泣くことです。

実は泣くという動作はストレスを発散させることと大きく関わっているのです。

遊んだり思いっきり騒ぐ

仲の良い友人とパーッと騒ぐことも過去を忘れる手段として挙げることができます。

騒ぐと言っても周りの人に迷惑をかけるような仕方で行われるべきではありません。

自宅で一緒にお酒を飲んで本音を語り合ったり、今後の希望について晴れやかな気持ちで述べ合ったりするのです。

このように気持ちをオープンにすることでストレスが一気に解消されます。

そしてこのような状況で、「何で自分はこんな小さなことで悩んでいるのだろう」と思えることができればこっちのものです。

一人にならない

一人になると様々なことを考えてしまいます。

そのため過去について考えたくないという人はなるべく一人にならないようにするべきです。

信頼できる仲の良い友人とときを過ごすならポジティブな感情が湧き起っていきます。

そのためなるべくそのような人と一緒にいるように心がけるなら、過去の辛い思い出に浸ることはなくなります。

過去を振り返るとネガティブな感情が湧き起ってくることが多々あります。

そのためそうしたことがないように様々なことを行えるわけですが、ここで取り上げた10個のコツはその点で役立ちます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-