【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112953.html
普段から早く歩くコツ

普段から早く歩くコツ | LADYCO

LADYCO
普段から早く歩くコツ

普通に歩いているだけなのに気づけば周りに追い越されてしまっている時ってありませんか?なんだか悔しいですし時間を無駄にしているような気もします。 今回はそんな人のために普段から早く歩くコツをお教えします。

  • 歩きやすい靴を履く
  • 足元を見ず進行方向の先を見て歩く
  • 周りの人に歩調を合わせて慣れる
  • いつもよりちょっと早く着くように意識する
  • 楽しいことを考えて歩く
  • 障害物に当たるかなり前から避けておく
  • 近道に詳しくなっておく
  • バッグは邪魔にならないものをチョイスする
  • 人に見られる印象を意識してみる
  • まとめ

1. 歩きやすい靴を履く

歩きやすい靴を履く

普段から早く歩くには歩きやすい靴を選んで履くようにすることが大切です。 どんなに急いで歩いても歩きにくい靴では限界がありますし、無理に急いで歩くと怪我をしてますます遅くなってしまうこともあります。

早く歩くにはスニーカーなどがベストです。 靴を履き慣らし、歩くペースも早いペースに慣れる意識を持ちましょう。 そうすれば自然と早いテンポになっていきます。

2. 足元を見ず進行方向の先を見て歩く

足元を見ず進行方向の先を見て歩く

足元を見て歩くと歩幅が小さくなってしまうので、進行方向の先を見ながら向こうへ行こうというイメージで歩き進めましょう。 たどり着きたい場所は一歩先ではなくもっとずっと先です。

遠くの景色に引っ張られるイメージで進むようにするといいですね。 かといってあまり遠くを見すぎると信号を見逃したり足元の障害物に気づかずつまずいてしまいます。 ほどほどにするようにしましょう。

3. 周りの人に歩調を合わせて慣れる

周りの人に歩調を合わせて慣れる

なぜ自分の歩く早さがみんなより遅いのかよくわからないならとりあえず周りの人に歩調を合わせて歩くようにしてみてください。 最初は早歩きのようで疲れますが、やっていくうちに楽しくなったり自然とからだが慣れてきます。 早いペースで歩くトレーニングをしているとシェイプアップにもなり、体重が軽くなればさらに早く歩くことも可能になります。

4. いつもよりちょっと早く着くように意識する

いつもよりちょっと早く着くように意識する

いつもの目的地までにかかる時間を把握しておき、それより1分でもいいので早く着くように意識してみてください。 まずは早く歩こうという気持ちがなくては始まりません。

そのためには何となく急ぐよりも時間を把握しておく方がイメージしやすくなります。 この信号までに何分以内で、という感じで目標を定めて楽しんでみてください。 そうすれば自然とコース取りも上手くなっていくことでしょう。

5. 楽しいことを考えて歩く

楽しいことを考えて歩く

普段から早く歩くには深刻な考え事をしながら歩くよりも楽しいことを考えて歩くようにします。 その方が心もからだも軽くなる気がしませんか?難しいことを考えて歩くと気分が沈んで歩くペースも落ちてしまいます。

さらに悩み事を深く考え込んでしまうと急いで歩くことがイヤになることもあります。 この先の予定があるならそこで待ち受ける楽しいことをイメージしたり、さっきあった嬉しいことを思い出しながら歩くと弾むように歩けるはずです。

6. 障害物に当たるかなり前から避けておく

障害物に当たるかなり前から避けておく

無意識に歩いていると向こうから人が来てもギリギリ近くに来るまでそのまま歩いてしまい、ぶつかりそうになってから右に避けるか左に避けるかと無駄な時間がかかってしまいます。

そうならないように遠目から人や障害物が確認できたら早めに避けておきましょう。 すると向こうから来る人ともスムーズにすれ違うことができますし、カーレースのように車線変更する自分がちょっと楽しくなってきて気分もノってきます。

7. 近道に詳しくなっておく

近道に詳しくなっておく

普段歩くルートの近道を知っておくことも早く歩くために必要なことです。 信号につかまったらこっちから行けば少し待ち時間を短縮できるとか、外を歩くより地下歩道を歩く方が空いていて早く歩けるとか、最短ルートを知っておきましょう。

距離の長さだけではなく歩きやすさも考慮して時間を計っておくとベストです。 極力そのルートを使って歩けばおのずと早く歩けることになります。

8. バッグは邪魔にならないものをチョイスする

バッグは邪魔にならないものをチョイスする

早く歩くにはバッグ選びもポイントになってきます。 ショルダーバッグは肩からずり下がってきて歩きにくいですが、たすきがけにできるほど長いショルダーならからだに密着させてかけることができるので問題ありません。

リュックは手が空くのでバランスが取りやすく一見歩きやすそうに見えます。 しかし、荷物を入れすぎると後ろに重心がかかって前のめりになれなくなります。 バッグのタイプと入れる荷物の軽さを意識して持ち歩くようにしてください。

9. 人に見られる印象を意識してみる

人に見られる印象を意識してみる

早く歩く方が若々しく仕事人間のように見えたりします。 逆にゆっくり歩いていると暇そうに見え、からだが重苦しい印象を受けます。 そんな風に人に見られる印象を意識することで早く歩こうという意識も高まることでしょう。

若々しく見られたい、やることがたくさんあって充実しているように見られたい、仕事を頑張るビジネスマンのように感じてもらいたい、こんな人は早く歩こうと努めてください。 そんな人を見ながら歩く速度を真似るところから始めるのもいいですね。

まとめ

普段から早く歩くにはまずは靴選びが大切になってきます。 どんなに意識を高く持っても歩きにくい靴ではその努力も長持ちしません。 最初にしっかり準備をしてからトレーニングしていきましょう。 ただ早く歩くというだけではなく、痩せるためとか他のことをするための時間稼ぎなどと考えながら前向きに取り組むと楽しくなります。

普通に歩いているだけなのに気づけば周りに追い越されてしまっている時ってありませんか?なんだか悔しいですし時間を無駄にしているような気もします。 今回はそんな人のために普段から早く歩くコツをお教えします。


歩きやすい靴を履く

普段から早く歩くには歩きやすい靴を選んで履くようにすることが大切です。 どんなに急いで歩いても歩きにくい靴では限界がありますし、無理に急いで歩くと怪我をしてますます遅くなってしまうこともあります。

早く歩くにはスニーカーなどがベストです。 靴を履き慣らし、歩くペースも早いペースに慣れる意識を持ちましょう。 そうすれば自然と早いテンポになっていきます。

足元を見ず進行方向の先を見て歩く

足元を見て歩くと歩幅が小さくなってしまうので、進行方向の先を見ながら向こうへ行こうというイメージで歩き進めましょう。 たどり着きたい場所は一歩先ではなくもっとずっと先です。

遠くの景色に引っ張られるイメージで進むようにするといいですね。 かといってあまり遠くを見すぎると信号を見逃したり足元の障害物に気づかずつまずいてしまいます。 ほどほどにするようにしましょう。

1 / 5
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-