【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519112231.html
他人の失敗を許すコツ

他人の失敗を許すコツ | LADYCO

LADYCO
他人の失敗を許すコツ

他人の失敗を許せない頑固な自分に悩む時はありませんか?

許すべきではない場面と許してあげるべき場面があります。

しっかり分けて対応しましょう。

  • 誰にだって失敗はあると思うこと
  • 正直に話してくれたことを喜ぶこと
  • 失敗から本人も自分も学ぶことがある
  • 失敗からもっといいものが生まれることもある
  • 自分以上に落ち込んでいる相手を責めるのは酷である
  • 評価を下げた。
  • やり方が違うだけで失敗とは言えない
  • 失敗した原因を探ると仕方なかったこともある
  • 失敗を生かして次に繋げる
  • ひとつ失敗すれば似たような時に参考になる
  • 許せるかどうかは自分の器の大きさが試される
  • 相手は許して欲しいと思っているのか考える
  • まとめ

1. 誰にだって失敗はあると思うこと

誰にだって失敗はあると思うこと

他人の失敗を許そうとする時に最も大切な考え方は「誰にだって失敗はあると思うこと」ではないでしょうか。

相手をどんなに罵ったって同じ失敗を自分もやるかもしれません。

その時同じように罵られたら辛くはないですか?

失敗のない人間はいません。

むしろ失敗が目に見える人はごまかしたりせずに堂々としている素直な人とも言えます。

そう思えば許してあげようという優しさも生まれそうな気がします。

2. 正直に話してくれたことを喜ぶこと

正直に話してくれたことを喜ぶこと

失敗をしてもばれないように取り繕ったり隠し続けたり誰かのせいにする人もいます。

しかし、正直に話してくれたならそれだけ自分に心を開き、信頼しているからこそではないでしょうか。

そんな関係性でいられたことをまずは喜んでみましょう。

親しくしていたと思っていた友達や同僚、何でも話してくれていると思っていた家族から隠し事をされるよりずっとマシです。

3. 失敗から本人も自分も学ぶことがある

失敗から本人も自分も学ぶことがある

失敗をしたおかげで本人も聞いたこちらも学ぶことがあるものです。

やる順序がまずかったのか、人手が足りなかったのか、準備が不足していたのか、失敗がなければそれがベストだと思い込んでいたものが失敗のおかげでベストではなかったと気づき、正しい道を探ることができますね。

勉強代を払ったと思ってみてください。

取り返しのつかないことでないのなら、回り道をして勉強して前に進んだと思えば収穫は大きいはずです。

4. 失敗からもっといいものが生まれることもある

失敗からもっといいものが生まれることもある

失敗したおかげでもっといいものが生まれることもあります。

例えば茶碗を作るのを失敗しても見たことのない芸術的なお皿ができたり、失敗をカバーすべくみんなで助け合ったおかげで熱い友情が生まれたりといったことだってあるでしょう。

目の前の失敗は本当に失敗だったのでしょうか。

工程でつまずいても結果的にいいものが生まれたならOKとしましょう。

5. 自分以上に落ち込んでいる相手を責めるのは酷である

自分以上に落ち込んでいる相手を責めるのは酷である

失敗した本人をよく見てみてください。

相手の失敗にイラついたり困りかけている自分以上に本人は落ち込んでいるはずです。

あっけらかんとしているなら当然許されるべきではありませんが、青ざめた顔でぐったり肩を落とし、事の重大さを噛み締めて悔いている人間を責めるなんてあまりにも酷だと思いませんか?

精神的に追い詰めてもただ可哀相なだけで自分の味方を失うことにもなります。

6. 評価を下げた。

評価を下げた。

恥もかいた。

もういいと思ってあげよう 失敗した本人はこの失敗で周りから評価を下げ、十分恥をかいたでしょう。

それなら責めたり喧嘩をする必要ももうないではないですか。

社会的制裁を受けた人にさらなる制裁を下せるような神のような存在ではないのです。

同じ人間同士、フォローし合って次に進もうとするのが懸命ではないでしょうか。

本人が失ったものを考えてあげてくださいね。

7. やり方が違うだけで失敗とは言えない

やり方が違うだけで失敗とは言えない

自分が指示したやり方を間違えたと聞けばイライラしますが、やり方が違うだけで最終的にはできたのであれば失敗とまでは言えないのではないでしょうか。

もちろん話をちゃんと聞いていなかったことや忠告を守ろうとしないのは腹が立ちます。

しかし、起きたことは起きたこととして受け止めなくてはいけません。

また繰り返されるのが嫌なら手放しで評価するべきではないですが、少しくらい認めることで自分の気持ちは軽くなります。

8. 失敗した原因を探ると仕方なかったこともある

失敗した原因を探ると仕方なかったこともある

失敗した原因を探ってみましょう。

そうすれば急遽起きたトラブルが原因だったりと仕方なかったことだってあり得ます。

それを言い訳せずに失敗したと言える本人はむしろ真面目で責めるべきではないと思ってみてください。

失敗を叱る前になぜ起きたかを聞くようにすると勘違いをして叱り過ぎてお互いに気分を悪くすることも減ります。

9. 失敗を生かして次に繋げる

失敗を生かして次に繋げる

失敗を生かそうとする心も大切です。

何事も次があることばかりではないですが、失敗したやり方や状況を知ることで次はこうしようという作戦が見えてくることもあります。

相手とよく話し合ってこの失敗をお互いのためのものにしましょう。

話し合う機会ができたと思うことでも相手とコミュニケーションを図ることができたと言えます。

さらに絆が深まったと考えてみてください。

10. ひとつ失敗すれば似たような時に参考になる

ひとつ失敗すれば似たような時に参考になる

全く同じことではなくてもこの失敗が似たようなことへの参考材料となったりもします。

「あの時ああやって失敗したからこれはこうしてみるか」と選択肢が増え、問題提起をしたりして感謝されることだってあるでしょう。

その場の感情だけで揉めたりせずに「こんな時使えそうだな」などとちゃっかり考えるくらいの余裕があるといいですね。

そんな人は周りにも尊敬されるはずです。

11. 許せるかどうかは自分の器の大きさが試される

許せるかどうかは自分の器の大きさが試される

失敗を許せるかどうかは聞いた本人の器次第というところもあります。

大らかな自分に見られたいなら大げさに叱りつけるよりもぐっと飲み込んでみましょう。

何でも我慢するのは相手のためにも自分のためにもよくありません。

最低限言うべきことは言い、叱ることは叱ってOKです。

しかしそれがいつまでもしつこかったり違う話を交えたりしてしまうと「小さい人間だな」と思われます。

12. 相手は許して欲しいと思っているのか考える

相手は許して欲しいと思っているのか考える

相手は失敗を許して欲しいのでしょうか。

むしろみんなに「大丈夫だよ」「いいよいいよ」と慰められて悶々としているかもしれません。

自分で失敗を深く悔いている時、人はしっかり叱ってほしいと思うことがあります。

その方がむしろ気を遣われるより気が楽ということです。

何でもかんでも許そうとするのがいいことだと勘違いはせず、叱るべき立場と場面では叱ってあげてその後は引きずらないようにするのが優しさにもなります。

まとめ

他人の失敗を叱り過ぎるといつか自分が失敗した時に返ってくるでしょう。

しかし、時には叱ってあげた方が言い場面もあります。

叱るが「怒る」になって感情任せにならないように注意し、相手と自分にとってその失敗を無駄に終わらせないように努めるのが大切です。

他人の失敗を許せない頑固な自分に悩む時はありませんか?

許すべきではない場面と許してあげるべき場面があります。

しっかり分けて対応しましょう。


誰にだって失敗はあると思うこと

他人の失敗を許そうとする時に最も大切な考え方は「誰にだって失敗はあると思うこと」ではないでしょうか。

相手をどんなに罵ったって同じ失敗を自分もやるかもしれません。

その時同じように罵られたら辛くはないですか?

失敗のない人間はいません。

むしろ失敗が目に見える人はごまかしたりせずに堂々としている素直な人とも言えます。

そう思えば許してあげようという優しさも生まれそうな気がします。

正直に話してくれたことを喜ぶこと

失敗をしてもばれないように取り繕ったり隠し続けたり誰かのせいにする人もいます。

しかし、正直に話してくれたならそれだけ自分に心を開き、信頼しているからこそではないでしょうか。

そんな関係性でいられたことをまずは喜んでみましょう。

親しくしていたと思っていた友達や同僚、何でも話してくれていると思っていた家族から隠し事をされるよりずっとマシです。

失敗から本人も自分も学ぶことがある

失敗をしたおかげで本人も聞いたこちらも学ぶことがあるものです。

やる順序がまずかったのか、人手が足りなかったのか、準備が不足していたのか、失敗がなければそれがベストだと思い込んでいたものが失敗のおかげでベストではなかったと気づき、正しい道を探ることができますね。

勉強代を払ったと思ってみてください。

取り返しのつかないことでないのなら、回り道をして勉強して前に進んだと思えば収穫は大きいはずです。

失敗からもっといいものが生まれることもある

失敗したおかげでもっといいものが生まれることもあります。

例えば茶碗を作るのを失敗しても見たことのない芸術的なお皿ができたり、失敗をカバーすべくみんなで助け合ったおかげで熱い友情が生まれたりといったことだってあるでしょう。

目の前の失敗は本当に失敗だったのでしょうか。

工程でつまずいても結果的にいいものが生まれたならOKとしましょう。

自分以上に落ち込んでいる相手を責めるのは酷である

失敗した本人をよく見てみてください。

相手の失敗にイラついたり困りかけている自分以上に本人は落ち込んでいるはずです。

あっけらかんとしているなら当然許されるべきではありませんが、青ざめた顔でぐったり肩を落とし、事の重大さを噛み締めて悔いている人間を責めるなんてあまりにも酷だと思いませんか?

精神的に追い詰めてもただ可哀相なだけで自分の味方を失うことにもなります。

評価を下げた。

恥もかいた。

もういいと思ってあげよう 失敗した本人はこの失敗で周りから評価を下げ、十分恥をかいたでしょう。

それなら責めたり喧嘩をする必要ももうないではないですか。

社会的制裁を受けた人にさらなる制裁を下せるような神のような存在ではないのです。

同じ人間同士、フォローし合って次に進もうとするのが懸命ではないでしょうか。

本人が失ったものを考えてあげてくださいね。

やり方が違うだけで失敗とは言えない

自分が指示したやり方を間違えたと聞けばイライラしますが、やり方が違うだけで最終的にはできたのであれば失敗とまでは言えないのではないでしょうか。

もちろん話をちゃんと聞いていなかったことや忠告を守ろうとしないのは腹が立ちます。

しかし、起きたことは起きたこととして受け止めなくてはいけません。

また繰り返されるのが嫌なら手放しで評価するべきではないですが、少しくらい認めることで自分の気持ちは軽くなります。

失敗した原因を探ると仕方なかったこともある

失敗した原因を探ってみましょう。

そうすれば急遽起きたトラブルが原因だったりと仕方なかったことだってあり得ます。

それを言い訳せずに失敗したと言える本人はむしろ真面目で責めるべきではないと思ってみてください。

失敗を叱る前になぜ起きたかを聞くようにすると勘違いをして叱り過ぎてお互いに気分を悪くすることも減ります。

失敗を生かして次に繋げる

失敗を生かそうとする心も大切です。

何事も次があることばかりではないですが、失敗したやり方や状況を知ることで次はこうしようという作戦が見えてくることもあります。

相手とよく話し合ってこの失敗をお互いのためのものにしましょう。

話し合う機会ができたと思うことでも相手とコミュニケーションを図ることができたと言えます。

さらに絆が深まったと考えてみてください。

ひとつ失敗すれば似たような時に参考になる

全く同じことではなくてもこの失敗が似たようなことへの参考材料となったりもします。

「あの時ああやって失敗したからこれはこうしてみるか」と選択肢が増え、問題提起をしたりして感謝されることだってあるでしょう。

その場の感情だけで揉めたりせずに「こんな時使えそうだな」などとちゃっかり考えるくらいの余裕があるといいですね。

そんな人は周りにも尊敬されるはずです。

許せるかどうかは自分の器の大きさが試される

失敗を許せるかどうかは聞いた本人の器次第というところもあります。

大らかな自分に見られたいなら大げさに叱りつけるよりもぐっと飲み込んでみましょう。

何でも我慢するのは相手のためにも自分のためにもよくありません。

最低限言うべきことは言い、叱ることは叱ってOKです。

しかしそれがいつまでもしつこかったり違う話を交えたりしてしまうと「小さい人間だな」と思われます。

相手は許して欲しいと思っているのか考える

相手は失敗を許して欲しいのでしょうか。

むしろみんなに「大丈夫だよ」「いいよいいよ」と慰められて悶々としているかもしれません。

自分で失敗を深く悔いている時、人はしっかり叱ってほしいと思うことがあります。

その方がむしろ気を遣われるより気が楽ということです。

何でもかんでも許そうとするのがいいことだと勘違いはせず、叱るべき立場と場面では叱ってあげてその後は引きずらないようにするのが優しさにもなります。

他人の失敗を叱り過ぎるといつか自分が失敗した時に返ってくるでしょう。

しかし、時には叱ってあげた方が言い場面もあります。

叱るが「怒る」になって感情任せにならないように注意し、相手と自分にとってその失敗を無駄に終わらせないように努めるのが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-