【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521105945.html
行き当たりばったりを治すコツ

行き当たりばったりを治すコツ | LADYCO

LADYCO
行き当たりばったりを治すコツ

行き当たりばったりというのは楽天的でワクワクする半面、大きな失敗をし取返しのつかないことをしでかしてしまうことも多くなります。

より多くの事を成し遂げるために行き当たりばったりを直す方法を学ぶことで、少しでも時間を賢くそして有効に用いることができるようになります。

これから取り上げる8つの項目はその点で助けになるに違いありません。

  • 行動する前に考える習慣
  • 行き当たりばったりを直すことのメリットを考える
  • 行き当たりばったりではない人から学ぶ
  • スケジュール帳を購入する
  • 大きな失敗をする
  • 相手のことを考える
  • 早起きをする
  • 優先順位をつける
  • まとめ

1. 行動する前に考える習慣

行動する前に考える習慣

行き当たりばったりというのは計画性がないということで、それは後先を考えることをしない、あるいはしたくないということでもあります。

行動する前に考える習慣、つまりどんなことが起きる可能性があるのかということを予測すれば危険を回避できるし、計画できれば時間を無駄にすることもありません。

それで一歩立ち止まり、なにかをするときには少し考えるようにする習慣を身に着けることは大切です。

2. 行き当たりばったりを直すことのメリットを考える

行き当たりばったりを直すことのメリットを考える

どんなことでもそれをすることのメリットをはっきりと自覚していないと、長続きすることはありません。

行き当たりばったりを直すことでどのようなメリットがあるのかをノートなどに書き出してみるとよいでしょう。

書くことで考えをまとめることができるし、それを5つほど書くことができれば、それがあなたのモチベーションになって、行き当たりばったりを改善する力になります。

3. 行き当たりばったりではない人から学ぶ

行き当たりばったりではない人から学ぶ

身近に計画性のある人や友人がいれば、そうした人たちのプランの立て方や考え方から学んでいくことができます。

一緒にその人と行動することができれば多くの経験を得る事ができるでしょう。

それは仕事を一緒にしたり、どこかに旅行に行くことでもかまいません。

行き当たりばったりではない行動を間近で見ることで、「こんなにも精神的に余裕のある行動ができる」ということがわかり、大きな教訓を得る機会になることは間違いありません。

4. スケジュール帳を購入する

スケジュール帳を購入する

手帳を購入して自分がいつどこでなにをしなくてはならないのかということを書き出し、自分の予定を管理することです。

そうすることで時間に流されるのではなく、自分が時間を支配し、管理するようにしていくことができます。

スケジュール帳はその点で助けになり、その予定表を見れば次どのように動くのがいいのか、先を考えた的確な動きをすることができるのです。

5. 大きな失敗をする

大きな失敗をする

痛い目に遭わないと人はなかなか学ばないと言うことがありますが、行き当たりばったりが治らない人は大きな失敗を経験した事がなく、それなりになんとかなってしまったため、それを改めようという気持ちになりません。

最悪の、そしてこれまでにないような大きな失敗を計画性がないために起こしてしまったという失敗をすることで「こんなことではいかん」という動機付けになり、二度と失敗したくないという覚悟から教訓を学ぶことができます。

6. 相手のことを考える

相手のことを考える

行き当たりばったりをしている人というのは、どちらかというと自分勝手で相手のことを考えていないことがほとんどです。

自分中心になっているので相手を待たせるとか、何が起きても構わないという思考になっています。

もっと根本的なところから、つまり自分がよければそれでよしというのではなく、相手の身になって考えることをしないと、なかなか行き当たりばったりの習慣を直すことはできないかもしれません。

7. 早起きをする

早起きをする

行き当たりばったりの人は朝の時間をルーズにしていることが少なくありません。

実は早起きをする人というのは、出かける前に多くの事を成し遂げて自分の1日を有効に使うことから始めているのです。

朝にいろいろなことができると、時間に追われることも少なくありません。

すべての点で気持ちに余裕を持つことができることで、行き当たりばったりということもほとんどなくなります。

いつもより1時間早く起きるようにしてみるのはどうでしょうか。

8. 優先順位をつける

優先順位をつける

行き当たりばったりの人は目の前のあることしかやらないところがあります。

人は1日に24時間、平等に時間を与えられていますがその中でできることは限られていますので、優先順位をつけて最もしなければならないのはなにかということを見極めねばなりません。

そこに時間を使うようにすれば、大して重要ではない、後回しにしてもよいものに時間をかけることがなくなり、やるべきことを先にするので、それが計画性のある動きに繋がり失敗が少なくなります。

まとめ

行き当たりばったりというのは、計画性がなく旅行などでもその時に考えれば良いというスタイルです。

ですがそれは多少のスリルを得るとともに残念な結果を生むことは少なくありません。

自分だけではなく、一緒に行動する人たちすべてが楽しく仕事をし、楽しく遊ぶためには情報を共有したり、コミュニケーションは欠かせません。

そして前もって計画して行動することができれば、たとえそれが上手くいかなくても、やるべきことをやっているので後悔するような気持ちにはならないでしょう。

行き当たりばったりというのは楽天的でワクワクする半面、大きな失敗をし取返しのつかないことをしでかしてしまうことも多くなります。

より多くの事を成し遂げるために行き当たりばったりを直す方法を学ぶことで、少しでも時間を賢くそして有効に用いることができるようになります。

これから取り上げる8つの項目はその点で助けになるに違いありません。


行動する前に考える習慣

行き当たりばったりというのは計画性がないということで、それは後先を考えることをしない、あるいはしたくないということでもあります。

行動する前に考える習慣、つまりどんなことが起きる可能性があるのかということを予測すれば危険を回避できるし、計画できれば時間を無駄にすることもありません。

それで一歩立ち止まり、なにかをするときには少し考えるようにする習慣を身に着けることは大切です。

行き当たりばったりを直すことのメリットを考える

どんなことでもそれをすることのメリットをはっきりと自覚していないと、長続きすることはありません。

行き当たりばったりを直すことでどのようなメリットがあるのかをノートなどに書き出してみるとよいでしょう。

書くことで考えをまとめることができるし、それを5つほど書くことができれば、それがあなたのモチベーションになって、行き当たりばったりを改善する力になります。

行き当たりばったりではない人から学ぶ

身近に計画性のある人や友人がいれば、そうした人たちのプランの立て方や考え方から学んでいくことができます。

一緒にその人と行動することができれば多くの経験を得る事ができるでしょう。

それは仕事を一緒にしたり、どこかに旅行に行くことでもかまいません。

行き当たりばったりではない行動を間近で見ることで、「こんなにも精神的に余裕のある行動ができる」ということがわかり、大きな教訓を得る機会になることは間違いありません。

スケジュール帳を購入する

手帳を購入して自分がいつどこでなにをしなくてはならないのかということを書き出し、自分の予定を管理することです。

そうすることで時間に流されるのではなく、自分が時間を支配し、管理するようにしていくことができます。

スケジュール帳はその点で助けになり、その予定表を見れば次どのように動くのがいいのか、先を考えた的確な動きをすることができるのです。

大きな失敗をする

痛い目に遭わないと人はなかなか学ばないと言うことがありますが、行き当たりばったりが治らない人は大きな失敗を経験した事がなく、それなりになんとかなってしまったため、それを改めようという気持ちになりません。

最悪の、そしてこれまでにないような大きな失敗を計画性がないために起こしてしまったという失敗をすることで「こんなことではいかん」という動機付けになり、二度と失敗したくないという覚悟から教訓を学ぶことができます。

相手のことを考える

行き当たりばったりをしている人というのは、どちらかというと自分勝手で相手のことを考えていないことがほとんどです。

自分中心になっているので相手を待たせるとか、何が起きても構わないという思考になっています。

もっと根本的なところから、つまり自分がよければそれでよしというのではなく、相手の身になって考えることをしないと、なかなか行き当たりばったりの習慣を直すことはできないかもしれません。

早起きをする

行き当たりばったりの人は朝の時間をルーズにしていることが少なくありません。

実は早起きをする人というのは、出かける前に多くの事を成し遂げて自分の1日を有効に使うことから始めているのです。

朝にいろいろなことができると、時間に追われることも少なくありません。

すべての点で気持ちに余裕を持つことができることで、行き当たりばったりということもほとんどなくなります。

いつもより1時間早く起きるようにしてみるのはどうでしょうか。

優先順位をつける

行き当たりばったりの人は目の前のあることしかやらないところがあります。

人は1日に24時間、平等に時間を与えられていますがその中でできることは限られていますので、優先順位をつけて最もしなければならないのはなにかということを見極めねばなりません。

そこに時間を使うようにすれば、大して重要ではない、後回しにしてもよいものに時間をかけることがなくなり、やるべきことを先にするので、それが計画性のある動きに繋がり失敗が少なくなります。

行き当たりばったりというのは、計画性がなく旅行などでもその時に考えれば良いというスタイルです。

ですがそれは多少のスリルを得るとともに残念な結果を生むことは少なくありません。

自分だけではなく、一緒に行動する人たちすべてが楽しく仕事をし、楽しく遊ぶためには情報を共有したり、コミュニケーションは欠かせません。

そして前もって計画して行動することができれば、たとえそれが上手くいかなくても、やるべきことをやっているので後悔するような気持ちにはならないでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-