【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521093743.html
彼氏と話し合いする時のコツ

彼氏と話し合いする時のコツ | LADYCO

LADYCO
彼氏と話し合いする時のコツ

好意があって付き合っている彼氏がいるとしても、ちょっとした言動に不満を抱いているという人も多いのではないでしょうか。

不満を抱えたまま付き合うのは互いのためにはならないため、話し合いの場を設けることが大切となります。

そこで、彼氏に不満があり、話し合いをするときのコツをご紹介します。

  • 彼への不満をまとめる
  • 話し合いのタイミングを図る
  • 喧嘩中には言わない
  • 冷静に話す
  • 過去について述べない
  • 他人を引き合いに出さない
  • 良いところも述べる
  • 好きな気持ちは伝える
  • 自分の悪いところも述べる
  • 思いを聞く
  • まとめ

1. 彼への不満をまとめる

彼への不満をまとめる

彼への不満を話し合おうと考えたとき、まとめもせずに挑むのは大変危険です。

なぜなら、話が脱線してしまう可能性もありますし、何を言いたいのか分からずに悪口だけを聞かされてしまう恐れもあるからです。

彼への不満を話し合おうと思われるのであれば、まずは彼への不満に対して簡潔にまとめておき、伝えるときもストレートに、まわりくどい話し方をしないことが、話し合いを円滑にすすめるためのコツだと言えます。

2. 話し合いのタイミングを図る

話し合いのタイミングを図る

なんに対しても、タイミングというのは大切です。

そのため、彼への不満を話し合うと考えるのであれば、話し合いのタイミングをしっかりと図ることが大切となります。

例えば、彼が機嫌が悪そうな時や、何かに落ち込んで元気がないときに不満をぶつけられたら追い討ちをかけたようにもなります。

かといって、うれしい出来事があり喜んでいる時を選んでも、彼の気持ちが一気にダークな気持ちになり、幸せな気持ちを奪われたと感じてしまう傾向にありますので、避けておいた方が無難です。

タイミングはとても難しいのですが、平常心である時を見計らうというのがポイントとなります。

3. 喧嘩中には言わない

喧嘩中には言わない

喧嘩をしてしまうと、ついつい気が大きくなってしまって、普段は言えないことを言えるようになってしまいます。

そのため、喧嘩中に彼への不満をぶつけて話し合いに持っていこうとする方も多いのですが、喧嘩中に彼への不満を話し合おうとするのは最も避けるべきだと言えます。

喧嘩中に言われたことは皮肉や批判にしか捉えられませんので、喧嘩がヒートアップしたから次いでにというように彼への不満を話し合いを始めようとするのは絶対に避けるべきです。

4. 冷静に話す

冷静に話す

彼への不満を話し合おうとするときは、冷静に告げることが大切です。

女性はすぐに感情的になってしまう傾向にあり、男性はヒステリックになっているだけだとしかとらえることが出来ず、不満を述べても彼の耳には入っていかない可能性もあります。

不満を述べているうちに感情が高まることもあるかも知れませんが、冷静に話さないと彼には伝わりません。

怒りなどの感情は抑えて、冷静を念頭に話し合いをすすめることが話し合いをまとめるコツです。

5. 過去について述べない

過去について述べない

彼への不満が過去のものである場合は、話し合いを設けても意味がありません。

過去に不満に思うことをされたからと言って、改めて話し合うということは、男性にとっては無意味なことであり、八つ当たりをされているとしか考えられない場合もありますので、不満は現在のことだけに留めておくことが大切です。

6. 他人を引き合いに出さない

他人を引き合いに出さない

不満を述べるとき、前の彼氏や友人の彼氏などを引き合いに出される方も多いのですが、誰かと比べたりするのは男性のプライドを傷つけることになりますので、絶対に避けるべきです。

他人を引き合いに出すことで、男性は不満内容よりも引き合いに出されたことに腹をたてます。

そのため、話し合いは上手く行かないケースが多いと言えます。

彼への不満を話し合おうときは、彼以外の人の名前などを出すのは厳禁であると意識しておくことが大切となります。

7. 良いところも述べる

良いところも述べる

彼への不満ばかりを述べると、じゃなんで付き合っているんだよという風にとらえられてしまいますので、必ず彼のよいところも述べるようにするのが、話し合いを円滑にするコツです。

こういうところは尊敬するけれど、こういうところは止めてくれたらいいなと思っているということをきちんと述べるということが大切です。

8. 好きな気持ちは伝える

好きな気持ちは伝える

彼への不満を述べた後はきちんと彼への愛情があることを告げることが大切です。

好きだからこそ嫌だと思うところを直してほしいと思っていると、愛情があることを告げるだけで、男性は不満内容を重く受け止めることが出来ると言えます。

不満を伝えて、愛情があることを伝えてから、その不満を解消するための今後のことを話し合おうことが必要となります。

9. 自分の悪いところも述べる

自分の悪いところも述べる

彼への不満ばかりを述べて満足していたら、話し合いとは言えません。

自分の悪いところも見つめ直して、私もこんなところを直さなくてはならないと思っているということを告げ、一緒に直していこうと伝えることも大切です。

また、自分への不満があるかを彼氏に聞くというのも、勇気がいることですが彼氏にとっては意見を求められることで話し合いの場なんだという意識が芽生えてきます。

10. 思いを聞く

思いを聞く

彼への不満を述べたなら、彼の思いをしっかりと聞くことが大切です。

不満を述べられてどう感じたか、どうしていこうと思っているのか、彼の気持ちを聞いてから、今後のことを考えることが大切となります。

まとめ

彼氏になんの不満もないという人は少ないはずです。

しかし、なかなか直接は不満を伝えられずに別れを切り出したという人も実は多く、話し合いをすることは大切です。

話し合いのコツとしては、きちんと彼への不満をまとめて、冷静に話をするということです。

不満を述べる際に、彼の長所を褒めてあげるのも効果的です。

女性は過去についての出来事を掘り起こす人が多いとされていますが、彼への不満が過去のものである場合は、話し合いを設けることは避けるべきです。

なぜなら男性は過去のことは他人のことのように感じているからです。

彼へ不満があり、話し合いをするときのコツは、今の不満を簡潔にのべることにつきます。

話し合いには他の人を引き合いに出さないこと、更には不満があるけれど愛情があることを伝えるというのも、彼への不満を話し合うときのコツだと言えます。

冷静な態度で、話し合いのタイミングを見計らって、決して喧嘩がしたいのではないという姿勢を見せるということも、彼への不満を話し合おうときのコツです。

好意があって付き合っている彼氏がいるとしても、ちょっとした言動に不満を抱いているという人も多いのではないでしょうか。

不満を抱えたまま付き合うのは互いのためにはならないため、話し合いの場を設けることが大切となります。

そこで、彼氏に不満があり、話し合いをするときのコツをご紹介します。


彼への不満をまとめる

彼への不満を話し合おうと考えたとき、まとめもせずに挑むのは大変危険です。

なぜなら、話が脱線してしまう可能性もありますし、何を言いたいのか分からずに悪口だけを聞かされてしまう恐れもあるからです。

彼への不満を話し合おうと思われるのであれば、まずは彼への不満に対して簡潔にまとめておき、伝えるときもストレートに、まわりくどい話し方をしないことが、話し合いを円滑にすすめるためのコツだと言えます。

話し合いのタイミングを図る

なんに対しても、タイミングというのは大切です。

そのため、彼への不満を話し合うと考えるのであれば、話し合いのタイミングをしっかりと図ることが大切となります。

例えば、彼が機嫌が悪そうな時や、何かに落ち込んで元気がないときに不満をぶつけられたら追い討ちをかけたようにもなります。

かといって、うれしい出来事があり喜んでいる時を選んでも、彼の気持ちが一気にダークな気持ちになり、幸せな気持ちを奪われたと感じてしまう傾向にありますので、避けておいた方が無難です。

タイミングはとても難しいのですが、平常心である時を見計らうというのがポイントとなります。

喧嘩中には言わない

喧嘩をしてしまうと、ついつい気が大きくなってしまって、普段は言えないことを言えるようになってしまいます。

そのため、喧嘩中に彼への不満をぶつけて話し合いに持っていこうとする方も多いのですが、喧嘩中に彼への不満を話し合おうとするのは最も避けるべきだと言えます。

喧嘩中に言われたことは皮肉や批判にしか捉えられませんので、喧嘩がヒートアップしたから次いでにというように彼への不満を話し合いを始めようとするのは絶対に避けるべきです。

冷静に話す

彼への不満を話し合おうとするときは、冷静に告げることが大切です。

女性はすぐに感情的になってしまう傾向にあり、男性はヒステリックになっているだけだとしかとらえることが出来ず、不満を述べても彼の耳には入っていかない可能性もあります。

不満を述べているうちに感情が高まることもあるかも知れませんが、冷静に話さないと彼には伝わりません。

怒りなどの感情は抑えて、冷静を念頭に話し合いをすすめることが話し合いをまとめるコツです。

過去について述べない

彼への不満が過去のものである場合は、話し合いを設けても意味がありません。

過去に不満に思うことをされたからと言って、改めて話し合うということは、男性にとっては無意味なことであり、八つ当たりをされているとしか考えられない場合もありますので、不満は現在のことだけに留めておくことが大切です。

他人を引き合いに出さない

不満を述べるとき、前の彼氏や友人の彼氏などを引き合いに出される方も多いのですが、誰かと比べたりするのは男性のプライドを傷つけることになりますので、絶対に避けるべきです。

他人を引き合いに出すことで、男性は不満内容よりも引き合いに出されたことに腹をたてます。

そのため、話し合いは上手く行かないケースが多いと言えます。

彼への不満を話し合おうときは、彼以外の人の名前などを出すのは厳禁であると意識しておくことが大切となります。

良いところも述べる

彼への不満ばかりを述べると、じゃなんで付き合っているんだよという風にとらえられてしまいますので、必ず彼のよいところも述べるようにするのが、話し合いを円滑にするコツです。

こういうところは尊敬するけれど、こういうところは止めてくれたらいいなと思っているということをきちんと述べるということが大切です。

好きな気持ちは伝える

彼への不満を述べた後はきちんと彼への愛情があることを告げることが大切です。

好きだからこそ嫌だと思うところを直してほしいと思っていると、愛情があることを告げるだけで、男性は不満内容を重く受け止めることが出来ると言えます。

不満を伝えて、愛情があることを伝えてから、その不満を解消するための今後のことを話し合おうことが必要となります。

自分の悪いところも述べる

彼への不満ばかりを述べて満足していたら、話し合いとは言えません。

自分の悪いところも見つめ直して、私もこんなところを直さなくてはならないと思っているということを告げ、一緒に直していこうと伝えることも大切です。

また、自分への不満があるかを彼氏に聞くというのも、勇気がいることですが彼氏にとっては意見を求められることで話し合いの場なんだという意識が芽生えてきます。

思いを聞く

彼への不満を述べたなら、彼の思いをしっかりと聞くことが大切です。

不満を述べられてどう感じたか、どうしていこうと思っているのか、彼の気持ちを聞いてから、今後のことを考えることが大切となります。

彼氏になんの不満もないという人は少ないはずです。

しかし、なかなか直接は不満を伝えられずに別れを切り出したという人も実は多く、話し合いをすることは大切です。

話し合いのコツとしては、きちんと彼への不満をまとめて、冷静に話をするということです。

不満を述べる際に、彼の長所を褒めてあげるのも効果的です。

女性は過去についての出来事を掘り起こす人が多いとされていますが、彼への不満が過去のものである場合は、話し合いを設けることは避けるべきです。

なぜなら男性は過去のことは他人のことのように感じているからです。

彼へ不満があり、話し合いをするときのコツは、今の不満を簡潔にのべることにつきます。

話し合いには他の人を引き合いに出さないこと、更には不満があるけれど愛情があることを伝えるというのも、彼への不満を話し合うときのコツだと言えます。

冷静な態度で、話し合いのタイミングを見計らって、決して喧嘩がしたいのではないという姿勢を見せるということも、彼への不満を話し合おうときのコツです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-