【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112927.html
早とちりをしない8つのコツ

早とちりをしない8つのコツ | LADYCO

LADYCO
早とちりをしない8つのコツ

どうしていつもこうして早とちりばかりしてしまうのだろう、そんな悩みを持つことは少なくありません。 自信を失くしてしまうことになりかねませんので、ここで早とちりをしないコツを8つ取り上げてみます。

  • 良く聞くこと
  • 慌てないこと
  • メモを取る習慣をつけること
  • 一度に多くの事をしない
  • 別の事を考えない
  • 深呼吸をする
  • 他の人に尋ねる
  • 自分に関係のないことに手出ししない
  • まとめ

1. 良く聞くこと

良く聞くこと

早とちりしてしまうというのは、情報が不足しているために起きてしまうことが少なくありません。 あるいはすぐに結論を出すくせがついてしまっていることもあるでしょう。

それで早とちりしないためには、良く聞いてその状況を把握するように意識的に努力してみることです。 情報を詳しく得ることで、全体の理解が深まるので、早とちりをしないようになります。

2. 慌てないこと

慌てないこと

忙しいときには慌ててしまう事は誰にもでもあるものですが、この慌てるという行為は失敗しがちであるのも確かです。 時間がないので仕方がないという割り切りも必要かもしれませんが、早とちりしやすくするのは、冷静に考えることができない環境にあることが原因の場合があります。

できるならば忙しくならないように、早起きすることや、やるべきことを組織して計画的に動くならば、決めるべき大切なことにしっかりと時間をかけることができるようになり、早とちりは少なくなっていくことでしょう。

3. メモを取る習慣をつけること

メモを取る習慣をつけること

早とちりして後悔することが多いのであれば、得た情報をメモする習慣をつける事が対策になります。 頭の中だけで整理をすると大事な部分を落としてしまうことは少なくなく、わかっているつもりでも失敗してしまいます。

ですがメモで整理をしておくと、それを見ながら考えることができるために失敗が少なくなります。 早とちりしてしまう傾向が強い人にはメモを取り冷静に考えることが必要でしょう。

4. 一度に多くの事をしない

一度に多くの事をしない

やりかけのものがあるのに、別のことをしようとすると考えることがどんどん増えていき、情報を頭の中でうまく処理できていないような状況になることがあります。

聞いたと思っていることも実は上の空ということになりかねません。 一度に多くの事をするのではなく、1つのことをまずある程度区切りまで終わらせるようにすることができます。 そうすれば別の事に思いを切り替えることができるので、勘違いや早とちりが少なくなります。

5. 別の事を考えない

別の事を考えない

人の話を聞くときに、別の事を考えるようなことをしないことです。 聞いている話が退屈なものとなったり、わかりにくくなったときに、意識が別の事に向いて他のことを考えるようなことがあると、聞き損じてしまうことが多くなります。

そのような時には丁寧に相手に尋ねて話を少しストップしてもらい改めて確認したり、これはこういう意味ですかということを繰り返してはっきりと確かめることで早とちりや思い込みという落とし穴を避けることができるでしょう。

6. 深呼吸をする

深呼吸をする

早とちりする傾向のある人は深呼吸をして一息入れてから決定することができるかもしれません。 文字通り深呼吸することも良いですし、あるいは少し休憩して、この考えでよいのだろうか、この決定は正しいのか、そんなことを自問してみることです。 少し間を置くことで冷静になることができ、早とちりになることを避けられることが多くあります。

7. 他の人に尋ねる

他の人に尋ねる

早とちりをしてしまうかもしれないという不安を持っているのであれば、他の人にこれをどう思うかということを尋ねみることです。 もちろんその人はある程度信頼できる友人や上司でないといけないのですが、相談することでその人がどう考えるのか、客観的な見方を知ることになり、それはとても参考になることでしょう。

そうした他の人からの意見は自分が早とちりをしないために効果的であり、問題を複雑にしないで済みます。

8. 自分に関係のないことに手出ししない

自分に関係のないことに手出ししない

仕事に多いことかもしれませんが、基本自分の責任ではない分野に関してはなにか気がつくことがあったとしてもそれをあえてしないように意識できるかもしれません。 あくまで自分の仕事に専念し、余計なことに思い込みでしてしまうことで他の人に迷惑をかけてしまうことを避けることです。

中途半端に関わることで早とちりを起こすことは多く、自分にそれをする必要があるのか、それが自分の責任なのかどうかをはっきりと区別しておき、できるだけ自分に関係がないと思えるものについては関わり合いを持たないことです。

まとめ

早とちりというのはそう簡単に治るものではなく、習慣化してしまうものです。 すぐに慌てるとか感情的になってしまう、動揺しやすい、そんな人たちは早とちりをしてしまいやすい傾向にあります。

早とちりは時に無駄な動きをしてしまったり、余計なことをしてしまう可能性を高めるし、他の人の仕事を増やしてしまうことにもなりかねません。 情報をきちんと正しく把握し、冷静に物事を見るように意識することが大切であり、不安になる気持ちがあれば、その不安を消すために、他の人に尋ねることやメモを取る習慣を持つことができるでしょう。

どうしていつもこうして早とちりばかりしてしまうのだろう、そんな悩みを持つことは少なくありません。 自信を失くしてしまうことになりかねませんので、ここで早とちりをしないコツを8つ取り上げてみます。


良く聞くこと

早とちりしてしまうというのは、情報が不足しているために起きてしまうことが少なくありません。 あるいはすぐに結論を出すくせがついてしまっていることもあるでしょう。

それで早とちりしないためには、良く聞いてその状況を把握するように意識的に努力してみることです。 情報を詳しく得ることで、全体の理解が深まるので、早とちりをしないようになります。

慌てないこと

忙しいときには慌ててしまう事は誰にもでもあるものですが、この慌てるという行為は失敗しがちであるのも確かです。 時間がないので仕方がないという割り切りも必要かもしれませんが、早とちりしやすくするのは、冷静に考えることができない環境にあることが原因の場合があります。

できるならば忙しくならないように、早起きすることや、やるべきことを組織して計画的に動くならば、決めるべき大切なことにしっかりと時間をかけることができるようになり、早とちりは少なくなっていくことでしょう。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-