【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112959.html
焼肉食べ放題で元を取るコツ

焼肉食べ放題で元を取るコツ | LADYCO

LADYCO
焼肉食べ放題で元を取るコツ

今回は焼肉食べ放題で元を取るコツについてお伝えします。 おなかがすいている時に焼肉たべ放題にいこう、となれば、できれば元をとってたくさん食べたいはずです。 今回はその焼肉食べ放題でどうやったら元をとれるのかお伝えします。

  • 野菜を極力食べない
  • ごはんを極力食べない
  • 肉の種類を可能な限りたくさん注文する
  • 炭酸系飲料を頼まない
  • 可能な限り時間制限いっぱいまで焼いて食べ続ける
  • ランチタイムやディナータイムを外す
  • 食べ放題コースの一番安いコースを注文する
  • まとめ

1. 野菜を極力食べない

野菜を極力食べない

焼肉食べ放題の場合、最初に野菜が出てくるケースが多いです。 レタスやしいたけ、玉ねぎなどです。 もちろん最初に出てくるだけあって、おなかもすいている状況の場合、とりあえずということで 焼いて食べるケースも多々ありますが、これは元をとれない一つの要因です。

野菜を最初に食べることでおなかがふくらんでしまうことは各種ダイエットなどでも証明されています。 なので、もとをとりたければ最初に出てくる野菜は極力食べずに次に出てくる肉に集中するともとをとりやすいです。

2. ごはんを極力食べない

ごはんを極力食べない

焼肉にくると、肉がおいしいとあって、それにあわせてごはんも食べたくなります。 焼肉屋には概ね、ごはん大中小とあって、これも食べ放題に組み込まれているケースがほとんどです。 しかし、焼肉の食べ放題でもとをとろうとするならば、可能ならごはんは最小限にしておくべきです。

ごはんでおなかがふくらんでしまい、肝心の肉を食べる量が減ってしまうからです。 これはもちろんビビンバやクッパ、各種スープもこれに含まれます。 どの食品も、おなかを膨らませてしまうことは同義で、できれば避けて注文することで、肉を食べる量が必然的に多くなり、食べ放題のもとをとりやすくなります。

3. 肉の種類を可能な限りたくさん注文する

肉の種類を可能な限りたくさん注文する

食べ放題で元をとるには可能な限り、たくさんの種類を注文しましょう。 言わずもがな、食べ放題でない焼肉屋さんの場合、一般的に種類をたくさん頼めば頼むほど、値段はあがっていきます。 食べ放題でしっかり元を取るためには、違う種類の肉を少量ずつ頼むと元をとりやすくなります。

4. 炭酸系飲料を頼まない

炭酸系飲料を頼まない

焼肉食べ放題でもとをとりたい場合、可能な限り炭酸飲料を頼まないことを推奨します。 例えば、ビールだったり、コーラ、メロンソーダなど、焼肉にはぴったりですし、肉の味の濃さとあいまってすごくおいしいと感じますが、一方でおなかをふくらませてしまう大きな要因の一つでもあったりします。

なるだけ、肉をたべることに集中し、水分をとりたい時は単に水やお茶を飲むようにすれば、比較的元をとりやすくなります。

5. 可能な限り時間制限いっぱいまで焼いて食べ続ける

可能な限り時間制限いっぱいまで焼いて食べ続ける

一般的に上記であげたような炭酸飲料やごはんを注文して焼肉食べ放題にいった場合、約40分ほどあればおなかがいっぱいになります。 焼肉食べ放題であれば、約90分から120分ほどを時間制限にしている場合が多いので、炭酸飲料やごはんを注文せず、少量の肉をできる限り多く注文して、可能な限り長い時間楽しみましょう。

制限時間いっぱいまで楽しむことで、肉を食べる量が多くなり、もとはとれやすくなります。

6. ランチタイムやディナータイムを外す

ランチタイムやディナータイムを外す

せっかく焼肉食べ放題にきたものの、ランチタイムやディナータイムにかぶってしまい、注文をしたものの、なかなか手元に届かないケースがあります。

こうなると、時間制限において食べ放題のもとを取る観点からは不利になってしまいます。 そこで、あえてランチタイムやディナータイムを外すといいです。 注文も即時反映され、手元に届きやすく、必然と肉を楽しむ時間が増えます。

7. 食べ放題コースの一番安いコースを注文する

食べ放題コースの一番安いコースを注文する

通常焼肉食べ放題において数種類コースがあることが多いです。 廉価コース、中級コース、高級コースのような内容です。 心理的に中級コース以上を選びたくなりますが、食べ放題のもとをとる、という観点からでいうと一番廉価コースがいいです。

廉価コースは肉の質もそれなりで、満足度がさがってしまう懸念をされる場合もありますが、一般的に廉価コースと中級コースにおいて、値段の差にもよりますが、廉価コースを選ぶことにより、大幅な満足度低下を起こす場合は極めてまれです。 それどころか、食べ放題を満喫するという意味においては一番廉価コースが、スタンダードな焼肉食べ放題を楽しむという点においては、十分満足できる場合が多く、一般的に食べ放題のもとをとりやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 今回は焼肉食べ放題で元をとるコツについてお伝えしました。 毎日や毎週くるような場所ではないですし、比較的一人あたりの食事の値段も張るため、可能ならば、しっかり食べ放題の元を取れるくらい食べることができると、満足感も数段あがります。

それにはしっかり肉を食べることが重要とお伝えしました。 また食べ放題のもとをとるには、肉を食べることのみならず、種類をたくさん頼むことや、時間制限いっぱいまで楽しむことは、肉をたくさん食べることと同じくらい大切なことです。 次回焼肉食べ放題にいく際は、ぜひ肉の量と種類、時間を意識して楽しみたいものです。

今回は焼肉食べ放題で元を取るコツについてお伝えします。 おなかがすいている時に焼肉たべ放題にいこう、となれば、できれば元をとってたくさん食べたいはずです。 今回はその焼肉食べ放題でどうやったら元をとれるのかお伝えします。


野菜を極力食べない

焼肉食べ放題の場合、最初に野菜が出てくるケースが多いです。 レタスやしいたけ、玉ねぎなどです。 もちろん最初に出てくるだけあって、おなかもすいている状況の場合、とりあえずということで 焼いて食べるケースも多々ありますが、これは元をとれない一つの要因です。

野菜を最初に食べることでおなかがふくらんでしまうことは各種ダイエットなどでも証明されています。 なので、もとをとりたければ最初に出てくる野菜は極力食べずに次に出てくる肉に集中するともとをとりやすいです。

ごはんを極力食べない

焼肉にくると、肉がおいしいとあって、それにあわせてごはんも食べたくなります。 焼肉屋には概ね、ごはん大中小とあって、これも食べ放題に組み込まれているケースがほとんどです。 しかし、焼肉の食べ放題でもとをとろうとするならば、可能ならごはんは最小限にしておくべきです。

ごはんでおなかがふくらんでしまい、肝心の肉を食べる量が減ってしまうからです。 これはもちろんビビンバやクッパ、各種スープもこれに含まれます。 どの食品も、おなかを膨らませてしまうことは同義で、できれば避けて注文することで、肉を食べる量が必然的に多くなり、食べ放題のもとをとりやすくなります。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-