【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190609185203.html
話上手になる為のコツ

話上手になる為のコツ | LADYCO

LADYCO
話上手になる為のコツ

話上手な人の話には聞き入ってしまいますよね。

では、話上手になる為のコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 5W1Hを意識する
  • 相手をしっかり見て話す
  • 相手に合わせる
  • 表情を豊かにする
  • 聞き上手になる
  • 内容によって話し方を変える
  • 話のネタを用意しておく
  • ダタダラ長話をしない
  • 会話の内容はきちんと覚えておく
  • その場の空気を読みながら話す
  • 名前をいれながら話す
  • 相手に質問する
  • 相手の話を遮らない
  • 相手を否定しない
  • オウム返しをする
  • まとめ

1. 5W1Hを意識する

5W1Hを意識する

頭に思いついたことをただ話していたのでは、相手には正確な情報は伝わりません。

どんな話をする時でも、5W1Hを意識して話をすることが重要です。

いつ・どこで・誰が・何を・なぜという要素が含まれていれば、相手にはきちんと内容が伝わるものです。

当然のことのようですが、自分の頭の中で分かっているだけで伝えきれていない場合が多いものです。

意識して話をすることで、相手がより理解しやすい話をすることができるでしょう。

2. 相手をしっかり見て話す

相手をしっかり見て話す

話をする際に、相手の顔はきちんと見ているでしょうか。

恥ずかしいからか何なのか、あまり目を合わさずに会話をするという人も多いようですが、これでは話上手とは言えません。

相手の顔をしっかり見ながら話をすることで、より自分の伝えたいことが伝わるのです。

また、相手の表情を観察しながら話すことも重要です。

分かりにくそうにしていたらより分かりやすく話すなど、その都度適切な対応ができるでしょう。

3. 相手に合わせる

相手に合わせる

話をする相手を見て、話し方や言い回しを使い分けることが大事です。

例えば、小さな子供と大人に対する話し方や言葉遣いが同じだったらどうでしょうか。

大人は理解できても、子供には全く意味が分からない話になっているかもしれません。

自分が話をする相手のレベルに合わせて、適切な話し方で分かりやすく伝えるように意識しましょう。

4. 表情を豊かにする

表情を豊かにする

話上手になる為には、話をしている時の表情もかなり大事です。

無表情で淡々と話をしているだけでは、自分の思いや伝えたい内容は相手の頭に入りません。

表情が一切変わらない人の話はあまり聞きたくないですよね。

相手に少しでも興味を持ってもらえるように、顔の表情を豊かにして話すことを意識しましょう。

そうすることで、相手を自分の話に惹きつけることができるはずです。

5. 聞き上手になる

聞き上手になる

話上手と言っても、ただ単にたくさん話をするということではありません。

話上手な人は、聞き上手でもあるともいわれています。

ただ単に一方的に自分の話をするのではなく、相手の話や意見をしっかりと聞いたうえで、それに応えるような形で自分の話をしていきます。

そうすることで、相手はより関心を持って話に耳を傾けてくれるのです。

聞き上手になる為には、まずはきちんと相手の話を聞くことを意識してみましょう。

6. 内容によって話し方を変える

内容によって話し方を変える

話上手な人は、いつも同じ話し方というわけではありません。

その時の話の内容によって、話すスピードや声のトーンを使い分けているのです。

楽しい話題や明るい話題の時は声を弾ませ、暗い話題の時は声のトーンを下げるなどの強弱があるのです。

ずっと同じテンションで話をされるよりも、聞いている方からすると飽きずに話に惹きこまれるでしょう。

7. 話のネタを用意しておく

話のネタを用意しておく

話上手になるには、話のネタを常にいくつか用意しておくことも大事です。

いざ話をすることになって、何も頭に思い浮かばないということでは困りますよね。

誰と話をするシチュエーションになっても困らないように、色々な話題を幅広く収集しておきましょう。

自分が興味のない話題でも、世間で話題になっていることには目を通しておくことも重要です。

ある程度話のネタを用意しておくことで、スムーズに会話ができるでしょう。

8. ダタダラ長話をしない

ダタダラ長話をしない

自分の好きな話題などは、つい夢中になってダラダラ話をしてしまいがちですよね。

自分は思いっきり話ができて満足かもしれませんが、永遠聞かされている方は疲れてしまいます。

その話に興味があればまだしも、全く関心のない話題であれば退屈で仕方ありません。

あまり長々と話をするのではなく、聞いている相手がいることを一番に考え、シンプルに伝えるようにしましょう。

9. 会話の内容はきちんと覚えておく

会話の内容はきちんと覚えておく

相手と話をした内容は、次にその人と会う時の貴重な話のネタになるものです。

いい加減に聞いてすぐに忘れてしまうのではなく、きちんと覚えておきましょう。

そうすることで、次回の会話はより弾むはずです。

また、自分の話をしっかり聞いてくれているのだと思って気分良くしてくれるでしょう。

あなたの話にもより興味を示してくれるはずです。

10. その場の空気を読みながら話す

その場の空気を読みながら話す

話上手になる為には、その場の空気を読みながら話をすることが大事です。

話をする相手や集まったメンバーによって、タブーとされるような話題がきっとあるはず。

妊活で苦労している人の前で出産の話をするなど、配慮に欠けますよね。

そういったことを的確に見極めなければ、誰かが気分を害すようなことになりかねません。

また、土足で相手のプライバシーに踏み込むような話題も避けましょう。

空気を読んで話をすれば、みんなが気持ちよく時間を過ごすことができるはずです。

11. 名前をいれながら話す

名前をいれながら話す

自分の話に少しでも興味を持ってもらう為には、話の中に相手の名前を織り交ぜながら話すことが大事です。

自分の名前を言われると、人は親近感を覚え嬉しくなるものです。

また、他の誰でもない自分に対して話をしているのだという気持ちが強まり、より真剣に話を聞いてくれることでしょう。

適度に話の中に名前を入れることを意識し、相手の注意を惹きつけましょう。

12. 相手に質問する

相手に質問する

話上手は聞き上手ですが、聞き上手になる為には相手に質問をすることが重要です。

相手が話したことをそのまま受け入れるのではなく、それに関連した質問をするのです。

5W1Hのどれかが抜けていたとしたら、その部分を質問するのもいいでしょう。

そうすることで話はどんどん広がり、相手も気持ちよく会話を楽しんでくれるでしょう。

13. 相手の話を遮らない

相手の話を遮らない

話上手になる為には、決して相手の話を遮るようなことをしてはいけません。

いくら自分に伝えたいことがあるからと、相手が話をしている最中に邪魔をしてしまったらどうでしょうか。

その相手もあなたの話に耳を傾けるのが嫌になってしまいますよね。

しっかり自分の話を聞いてもらう為にも、相手の話を最後まできちんと聞くようにしましょう。

14. 相手を否定しない

相手を否定しない

会話をしている中で、相手と自分の意見が違っているということもあるでしょう。

だからと言って、相手の意見を全否定するようなことを言ってはいけません。

相手にもそれなりの考えがあってのことです。

しっかり相手の意見を尊重したうえで、自分の意見を言うようにしましょう。

そうすることで、相手とのわだかまりもなく会話を続けることができるはずです。

15. オウム返しをする

オウム返しをする

話上手になるには、相手が話した内容をそのまま自分もオウム返しするというのもポイントです。

オウム返しをすることで、相手は自分の意見を全て受け入れてくれたと感じます。

共感をしてもらえたことで相手に安心感を覚え、より話しやすいと思ってもらえるものです。

ただ単に相槌を打つよりも、ずっと相手との距離が縮まるでしょう。

まとめ

話上手な人は、状況判断や相手への思いやりなど、広い視野で物事を捉えることができます。

自分本位で何も考えずにただ話をしていたのでは、きちんと内容が伝わらないだけではなく、相手の興味を引くこともできません。

話上手になる為には、まずは相手に興味を持ち、しっかり話を聞くことから始めてみましょう。

そうすることで、どんどん話上手になっていくはずです。

話上手な人の話には聞き入ってしまいますよね。

では、話上手になる為のコツにはどのようなものがあるのでしょうか。


5W1Hを意識する

頭に思いついたことをただ話していたのでは、相手には正確な情報は伝わりません。

どんな話をする時でも、5W1Hを意識して話をすることが重要です。

いつ・どこで・誰が・何を・なぜという要素が含まれていれば、相手にはきちんと内容が伝わるものです。

当然のことのようですが、自分の頭の中で分かっているだけで伝えきれていない場合が多いものです。

意識して話をすることで、相手がより理解しやすい話をすることができるでしょう。

相手をしっかり見て話す

話をする際に、相手の顔はきちんと見ているでしょうか。

恥ずかしいからか何なのか、あまり目を合わさずに会話をするという人も多いようですが、これでは話上手とは言えません。

相手の顔をしっかり見ながら話をすることで、より自分の伝えたいことが伝わるのです。

また、相手の表情を観察しながら話すことも重要です。

分かりにくそうにしていたらより分かりやすく話すなど、その都度適切な対応ができるでしょう。

相手に合わせる

話をする相手を見て、話し方や言い回しを使い分けることが大事です。

例えば、小さな子供と大人に対する話し方や言葉遣いが同じだったらどうでしょうか。

大人は理解できても、子供には全く意味が分からない話になっているかもしれません。

自分が話をする相手のレベルに合わせて、適切な話し方で分かりやすく伝えるように意識しましょう。

表情を豊かにする

話上手になる為には、話をしている時の表情もかなり大事です。

無表情で淡々と話をしているだけでは、自分の思いや伝えたい内容は相手の頭に入りません。

表情が一切変わらない人の話はあまり聞きたくないですよね。

相手に少しでも興味を持ってもらえるように、顔の表情を豊かにして話すことを意識しましょう。

そうすることで、相手を自分の話に惹きつけることができるはずです。

聞き上手になる

話上手と言っても、ただ単にたくさん話をするということではありません。

話上手な人は、聞き上手でもあるともいわれています。

ただ単に一方的に自分の話をするのではなく、相手の話や意見をしっかりと聞いたうえで、それに応えるような形で自分の話をしていきます。

そうすることで、相手はより関心を持って話に耳を傾けてくれるのです。

聞き上手になる為には、まずはきちんと相手の話を聞くことを意識してみましょう。

内容によって話し方を変える

話上手な人は、いつも同じ話し方というわけではありません。

その時の話の内容によって、話すスピードや声のトーンを使い分けているのです。

楽しい話題や明るい話題の時は声を弾ませ、暗い話題の時は声のトーンを下げるなどの強弱があるのです。

ずっと同じテンションで話をされるよりも、聞いている方からすると飽きずに話に惹きこまれるでしょう。

話のネタを用意しておく

話上手になるには、話のネタを常にいくつか用意しておくことも大事です。

いざ話をすることになって、何も頭に思い浮かばないということでは困りますよね。

誰と話をするシチュエーションになっても困らないように、色々な話題を幅広く収集しておきましょう。

自分が興味のない話題でも、世間で話題になっていることには目を通しておくことも重要です。

ある程度話のネタを用意しておくことで、スムーズに会話ができるでしょう。

ダタダラ長話をしない

自分の好きな話題などは、つい夢中になってダラダラ話をしてしまいがちですよね。

自分は思いっきり話ができて満足かもしれませんが、永遠聞かされている方は疲れてしまいます。

その話に興味があればまだしも、全く関心のない話題であれば退屈で仕方ありません。

あまり長々と話をするのではなく、聞いている相手がいることを一番に考え、シンプルに伝えるようにしましょう。

会話の内容はきちんと覚えておく

相手と話をした内容は、次にその人と会う時の貴重な話のネタになるものです。

いい加減に聞いてすぐに忘れてしまうのではなく、きちんと覚えておきましょう。

そうすることで、次回の会話はより弾むはずです。

また、自分の話をしっかり聞いてくれているのだと思って気分良くしてくれるでしょう。

あなたの話にもより興味を示してくれるはずです。

その場の空気を読みながら話す

話上手になる為には、その場の空気を読みながら話をすることが大事です。

話をする相手や集まったメンバーによって、タブーとされるような話題がきっとあるはず。

妊活で苦労している人の前で出産の話をするなど、配慮に欠けますよね。

そういったことを的確に見極めなければ、誰かが気分を害すようなことになりかねません。

また、土足で相手のプライバシーに踏み込むような話題も避けましょう。

空気を読んで話をすれば、みんなが気持ちよく時間を過ごすことができるはずです。

名前をいれながら話す

自分の話に少しでも興味を持ってもらう為には、話の中に相手の名前を織り交ぜながら話すことが大事です。

自分の名前を言われると、人は親近感を覚え嬉しくなるものです。

また、他の誰でもない自分に対して話をしているのだという気持ちが強まり、より真剣に話を聞いてくれることでしょう。

適度に話の中に名前を入れることを意識し、相手の注意を惹きつけましょう。

相手に質問する

話上手は聞き上手ですが、聞き上手になる為には相手に質問をすることが重要です。

相手が話したことをそのまま受け入れるのではなく、それに関連した質問をするのです。

5W1Hのどれかが抜けていたとしたら、その部分を質問するのもいいでしょう。

そうすることで話はどんどん広がり、相手も気持ちよく会話を楽しんでくれるでしょう。

相手の話を遮らない

話上手になる為には、決して相手の話を遮るようなことをしてはいけません。

いくら自分に伝えたいことがあるからと、相手が話をしている最中に邪魔をしてしまったらどうでしょうか。

その相手もあなたの話に耳を傾けるのが嫌になってしまいますよね。

しっかり自分の話を聞いてもらう為にも、相手の話を最後まできちんと聞くようにしましょう。

相手を否定しない

会話をしている中で、相手と自分の意見が違っているということもあるでしょう。

だからと言って、相手の意見を全否定するようなことを言ってはいけません。

相手にもそれなりの考えがあってのことです。

しっかり相手の意見を尊重したうえで、自分の意見を言うようにしましょう。

そうすることで、相手とのわだかまりもなく会話を続けることができるはずです。

オウム返しをする

話上手になるには、相手が話した内容をそのまま自分もオウム返しするというのもポイントです。

オウム返しをすることで、相手は自分の意見を全て受け入れてくれたと感じます。

共感をしてもらえたことで相手に安心感を覚え、より話しやすいと思ってもらえるものです。

ただ単に相槌を打つよりも、ずっと相手との距離が縮まるでしょう。

話上手な人は、状況判断や相手への思いやりなど、広い視野で物事を捉えることができます。

自分本位で何も考えずにただ話をしていたのでは、きちんと内容が伝わらないだけではなく、相手の興味を引くこともできません。

話上手になる為には、まずは相手に興味を持ち、しっかり話を聞くことから始めてみましょう。

そうすることで、どんどん話上手になっていくはずです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-