【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190607143436.html
家事に疲れたときに心を前向きにするコツ

家事に疲れたときに心を前向きにするコツ | LADYCO

LADYCO
家事に疲れたときに心を前向きにするコツ

家事を頑張る主婦にも心が疲れてしまう瞬間があります。

そんな時にどのようにすれば前向きな心でいられるのかコツをまとめました。

  • 家事を終えた後の自分へのご褒美を楽しみにする
  • 今頑張ればしばらく家事をさぼれると考える
  • 夫や子供が喜んでくれる姿を想像する
  • 運動不足解消に役立っていると思い込む
  • 仕事でストレスを抱えるよりずっとマシだと考える
  • 部屋を綺麗にして運が良くなったと信じる
  • 信頼されているからこそ家事を任されているという誇りを持つ
  • 家事代行サービスに依頼する費用を節約できたと思い込む
  • 適度に動いて夜はぐっすり眠れると信じる
  • 頑張ったからこそここらへんで夫に甘えてみる
  • 自分も何かしなきゃと子供を感化させている自分に気づく
  • 家事をじっくりしていられるなんて平和だなと考える
  • どうせいつかやるのだから同じだと開き直る
  • 次に家事をやる時のための前段階だと考える
  • 健康体だからこそ家事もできるので幸せである
  • まとめ

1. 家事を終えた後の自分へのご褒美を楽しみにする

家事を終えた後の自分へのご褒美を楽しみにする

家事に疲れを感じ始めたら、「これが終わったらコーヒーを飲もう」とか「○時に始まるテレビに間に合わせよう!」というように家事を終えた後の自分へのご褒美を楽しみにしてみてください。

すると、ただ淡々とこなしていた家事が楽しみに向けた道のりだと思えるようになります。

そして、気持ちが明るくなってからだも軽くなり、家事の効率もアップします。

2. 今頑張ればしばらく家事をさぼれると考える

今頑張ればしばらく家事をさぼれると考える

今頑張って掃除などを済ませておくと明日あさってはやるべき家事が減るものです。

しばらく家事をさぼれると考え、その時のためにも今はしっかりと家事をこなしてください。

家事を頑張る人と聞くと几帳面な印象を持ってしまいがちですが、さぼりたいからこそ余裕がある時にまとめて家事を済ませてしまうというタイプの人もいます。

一度にやる量が多いという大変さはありますが、何もしなくていい日があるのは楽しみとなります。

3. 夫や子供が喜んでくれる姿を想像する

夫や子供が喜んでくれる姿を想像する

家事に疲れ始めたらこれを終えた後に夫や子供が喜んでくれる姿を想像してみましょう。

綺麗になった部屋、おひさまの香りがする洗濯物、ぴかぴかの食器など、家事を頑張ったおかげで家族を幸せにしてあげることもできます。

その姿を見ることで自分自身も幸せになれますし、また後日家事をした際に疲れてしまっても家事をやろうという意欲に繋がります。

4. 運動不足解消に役立っていると思い込む

運動不足解消に役立っていると思い込む

運動不足解消に役立っていると思い込むことでも前向きになれます。

ジムに通うとなるとお金がかかってしまいますが、家事をこなすだけなら当然そんな心配もありません。

お金がかからずに適度な運動ができて健康や体重維持に繋がるならお得なくらいです。

運動不足が解消されると心地良い睡眠や食事が美味しく感じられるという喜びも付いてきます。

5. 仕事でストレスを抱えるよりずっとマシだと考える

仕事でストレスを抱えるよりずっとマシだと考える

家事を頑張っているということはその日は仕事が休みか専業主婦かではないでしょうか。

では、家事の疲れを仕事の疲れと置き換えて考えてみてください。

人間関係に悩まされることもなく、時間制限があるわけでもない家事の方がはるかにマシだと思えるはずです。

そのように家事ができない状況の自分と比べてみると家事をしている時間がいかにありがたいかわかってきます。

6. 部屋を綺麗にして運が良くなったと信じる

部屋を綺麗にして運が良くなったと信じる

世の中には運を良くするために部屋やトイレ掃除を怠らないという人もいますから、家事をすることd絵運河良くなったと信じてみるのはどうでしょうか。

運が良くなったと思い込めるようになると人と関わりを持とうと思えたり新しいことに挑戦してみようという気にもなります。

そのおかげで本当に運が良くなったように嬉しいできごとに繋がっていったりもします。

7. 信頼されているからこそ家事を任されているという誇りを持つ

信頼されているからこそ家事を任されているという誇りを持つ

疲れるほど家事ができるなんて、家族に信頼されている証拠だとは言えないでしょうか。

いい加減な性格の人には家事を頼むなんてことはしたくありません。

家事を任されているということは、相手から信頼されて期待されているからです。

そう信じて自分に誇りを持つようにしてみてください。

そうすればちょっとくらい疲れても人に任せて手を抜こうなどとはしません。

8. 家事代行サービスに依頼する費用を節約できたと思い込む

家事代行サービスに依頼する費用を節約できたと思い込む

家事に疲れきってしまったのであれば家事代行サービスを利用するという方法もあります。

しかし、家事代行サービスは有料のものでお金がかかります。

自分で家事を頑張ることができればその費用が節約できるのでお得です。

家事をしながら「この仕事は○円くらい」などと想像しながら進めてみましょう。

そうするととても意義のあることをしている気分になれます。

9. 適度に動いて夜はぐっすり眠れると信じる

適度に動いて夜はぐっすり眠れると信じる

家事は適度に動くので夜はぐっすり眠れることでしょう。

家事に疲れたらこんなことも思い出してみてください。

適度な疲れのおかげで不眠症気味の人にとっては期待が持てますし、寝ることが好きな人にとってもぐっすり眠れる夜を想像するのはわくわくしてきます。

良く眠るための手段と思って今よりもからだを動かしてみることをおすすめします。

10. 頑張ったからこそここらへんで夫に甘えてみる

頑張ったからこそここらへんで夫に甘えてみる

ある程度頑張ったという自信があるならここらへんで夫や子供に甘えてみるのはどうでしょうか。

これはここまでしっかり頑張った人でなければ言い出しにくいことです。

相手が交替を受け入れてくれたときはは無言の評価を得られたと考えましょう。

夫婦平等に家事をこなすためにも家事の辛さを理解してもらうためにも家事の分担は欠かせません。

そのための機会としてみてください。

11. 自分も何かしなきゃと子供を感化させている自分に気づく

自分も何かしなきゃと子供を感化させている自分に気づく

家事が辛くなってきても自分にはそれをそばで見ている子供がいるのだということを忘れないでいてください。

子供は頑張る親の姿を見て感化され、自主的に掃除を手伝ったり親を尊敬するようにもなります。

そのためには頑張る姿を見せなくてはいけません。

家事に疲れても子供のためにという気持ちで踏ん張っていい親を目指してみてください。

12. 家事をじっくりしていられるなんて平和だなと考える

家事をじっくりしていられるなんて平和だなと考える

家事に疲れたということは立て続けにこなしたからではないでしょうか。

それなら家事をじっくりしていられるなんてどれほど平和なんだろうと酔いしれてみてください。

戦時中の人は落ち着いて家事などしていられなかったでしょうし、仕事の休みが少ないなら家事をしたくても疲れてからだがついてこなかったり時間が足りなかったりします。

今の自分は家事に専念できて幸せなのです。

13. どうせいつかやるのだから同じだと開き直る

どうせいつかやるのだから同じだと開き直る どうせいつかやるのだから同じだと開き直る 今どんなに家事に疲れを感じてもどうせいつかはやることなので気にしないようにしましょう。

今やめたとしても後からやらなくてはいけませんし、誰かに頼むにしてもその人が疲れるだけです。

結局は放っておけないからこそこうやって忙しく動いているわけで、自分の性格的にもいつかはやってしまうに違いありません。

ですから開き直ってしまうのがいいのです。

14. 次に家事をやる時のための前段階だと考える

次に家事をやる時のための前段階だと考える

今やっている家事は次に自分が家事をやる時のための前段階だと考えてみましょう。

洗濯物を干しやすくするために干し場に向かうまでの道のりを掃除するとか、ゴミ出しの際の手間を省くためにゴミの分別をしておくなどと考えると今の頑張りは自分の手助けになっています。

自分がしっかりとやることで家族もそれを見て真似てくれるようになるので重要なことだと考えましょう。

15. 健康体だからこそ家事もできるので幸せである

健康体だからこそ家事もできるので幸せである

疲れるくらい家事ができるなんて健康体だからこそできることです。

それは幸せなことであり、からだが動かなくなると家事をしたくたってできません。

どんどん散らかっていく部屋を見ながら悶々とし、山積みになっていく洗い物に悲しくなってしまいます。

幸せを実感できないのであれば、そんな最悪を想像して今の幸せに気づけるようになりましょう。

まとめ

家事に疲れた時はこれらのコツを思い出して心を前向きにしてみてください。

前後の過ごし方を工夫したり考え方を変えてみるだけでも家事は負担ではなくなってきます。

毎日のようにやらなければいけないことなので、どうせなら幸せを感じながら楽しくこなしていきましょう。

家事を頑張る主婦にも心が疲れてしまう瞬間があります。

そんな時にどのようにすれば前向きな心でいられるのかコツをまとめました。


家事を終えた後の自分へのご褒美を楽しみにする

家事に疲れを感じ始めたら、「これが終わったらコーヒーを飲もう」とか「○時に始まるテレビに間に合わせよう!」というように家事を終えた後の自分へのご褒美を楽しみにしてみてください。

すると、ただ淡々とこなしていた家事が楽しみに向けた道のりだと思えるようになります。

そして、気持ちが明るくなってからだも軽くなり、家事の効率もアップします。

今頑張ればしばらく家事をさぼれると考える

今頑張って掃除などを済ませておくと明日あさってはやるべき家事が減るものです。

しばらく家事をさぼれると考え、その時のためにも今はしっかりと家事をこなしてください。

家事を頑張る人と聞くと几帳面な印象を持ってしまいがちですが、さぼりたいからこそ余裕がある時にまとめて家事を済ませてしまうというタイプの人もいます。

一度にやる量が多いという大変さはありますが、何もしなくていい日があるのは楽しみとなります。

夫や子供が喜んでくれる姿を想像する

家事に疲れ始めたらこれを終えた後に夫や子供が喜んでくれる姿を想像してみましょう。

綺麗になった部屋、おひさまの香りがする洗濯物、ぴかぴかの食器など、家事を頑張ったおかげで家族を幸せにしてあげることもできます。

その姿を見ることで自分自身も幸せになれますし、また後日家事をした際に疲れてしまっても家事をやろうという意欲に繋がります。

運動不足解消に役立っていると思い込む

運動不足解消に役立っていると思い込むことでも前向きになれます。

ジムに通うとなるとお金がかかってしまいますが、家事をこなすだけなら当然そんな心配もありません。

お金がかからずに適度な運動ができて健康や体重維持に繋がるならお得なくらいです。

運動不足が解消されると心地良い睡眠や食事が美味しく感じられるという喜びも付いてきます。

仕事でストレスを抱えるよりずっとマシだと考える

家事を頑張っているということはその日は仕事が休みか専業主婦かではないでしょうか。

では、家事の疲れを仕事の疲れと置き換えて考えてみてください。

人間関係に悩まされることもなく、時間制限があるわけでもない家事の方がはるかにマシだと思えるはずです。

そのように家事ができない状況の自分と比べてみると家事をしている時間がいかにありがたいかわかってきます。

部屋を綺麗にして運が良くなったと信じる

世の中には運を良くするために部屋やトイレ掃除を怠らないという人もいますから、家事をすることd絵運河良くなったと信じてみるのはどうでしょうか。

運が良くなったと思い込めるようになると人と関わりを持とうと思えたり新しいことに挑戦してみようという気にもなります。

そのおかげで本当に運が良くなったように嬉しいできごとに繋がっていったりもします。

信頼されているからこそ家事を任されているという誇りを持つ

疲れるほど家事ができるなんて、家族に信頼されている証拠だとは言えないでしょうか。

いい加減な性格の人には家事を頼むなんてことはしたくありません。

家事を任されているということは、相手から信頼されて期待されているからです。

そう信じて自分に誇りを持つようにしてみてください。

そうすればちょっとくらい疲れても人に任せて手を抜こうなどとはしません。

家事代行サービスに依頼する費用を節約できたと思い込む

家事に疲れきってしまったのであれば家事代行サービスを利用するという方法もあります。

しかし、家事代行サービスは有料のものでお金がかかります。

自分で家事を頑張ることができればその費用が節約できるのでお得です。

家事をしながら「この仕事は○円くらい」などと想像しながら進めてみましょう。

そうするととても意義のあることをしている気分になれます。

適度に動いて夜はぐっすり眠れると信じる

家事は適度に動くので夜はぐっすり眠れることでしょう。

家事に疲れたらこんなことも思い出してみてください。

適度な疲れのおかげで不眠症気味の人にとっては期待が持てますし、寝ることが好きな人にとってもぐっすり眠れる夜を想像するのはわくわくしてきます。

良く眠るための手段と思って今よりもからだを動かしてみることをおすすめします。

頑張ったからこそここらへんで夫に甘えてみる

ある程度頑張ったという自信があるならここらへんで夫や子供に甘えてみるのはどうでしょうか。

これはここまでしっかり頑張った人でなければ言い出しにくいことです。

相手が交替を受け入れてくれたときはは無言の評価を得られたと考えましょう。

夫婦平等に家事をこなすためにも家事の辛さを理解してもらうためにも家事の分担は欠かせません。

そのための機会としてみてください。

自分も何かしなきゃと子供を感化させている自分に気づく

家事が辛くなってきても自分にはそれをそばで見ている子供がいるのだということを忘れないでいてください。

子供は頑張る親の姿を見て感化され、自主的に掃除を手伝ったり親を尊敬するようにもなります。

そのためには頑張る姿を見せなくてはいけません。

家事に疲れても子供のためにという気持ちで踏ん張っていい親を目指してみてください。

家事をじっくりしていられるなんて平和だなと考える

家事に疲れたということは立て続けにこなしたからではないでしょうか。

それなら家事をじっくりしていられるなんてどれほど平和なんだろうと酔いしれてみてください。

戦時中の人は落ち着いて家事などしていられなかったでしょうし、仕事の休みが少ないなら家事をしたくても疲れてからだがついてこなかったり時間が足りなかったりします。

今の自分は家事に専念できて幸せなのです。

どうせいつかやるのだから同じだと開き直る どうせいつかやるのだから同じだと開き直る 今どんなに家事に疲れを感じてもどうせいつかはやることなので気にしないようにしましょう。

今やめたとしても後からやらなくてはいけませんし、誰かに頼むにしてもその人が疲れるだけです。

結局は放っておけないからこそこうやって忙しく動いているわけで、自分の性格的にもいつかはやってしまうに違いありません。

ですから開き直ってしまうのがいいのです。

次に家事をやる時のための前段階だと考える

今やっている家事は次に自分が家事をやる時のための前段階だと考えてみましょう。

洗濯物を干しやすくするために干し場に向かうまでの道のりを掃除するとか、ゴミ出しの際の手間を省くためにゴミの分別をしておくなどと考えると今の頑張りは自分の手助けになっています。

自分がしっかりとやることで家族もそれを見て真似てくれるようになるので重要なことだと考えましょう。

健康体だからこそ家事もできるので幸せである

疲れるくらい家事ができるなんて健康体だからこそできることです。

それは幸せなことであり、からだが動かなくなると家事をしたくたってできません。

どんどん散らかっていく部屋を見ながら悶々とし、山積みになっていく洗い物に悲しくなってしまいます。

幸せを実感できないのであれば、そんな最悪を想像して今の幸せに気づけるようになりましょう。

家事に疲れた時はこれらのコツを思い出して心を前向きにしてみてください。

前後の過ごし方を工夫したり考え方を変えてみるだけでも家事は負担ではなくなってきます。

毎日のようにやらなければいけないことなので、どうせなら幸せを感じながら楽しくこなしていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-