【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190601085026.html
チャクラを開くコツ

チャクラを開くコツ | LADYCO

LADYCO
チャクラを開くコツ

チャクラとはヒンドゥー教のタントラや仏教の密教、アーユルヴェーダ、ハタ・ヨーガで人体にあるとされる「エネルギー中枢(プラーナの出入り口)」のことで、人間の潜在能力の開発・発揮と深く関わっています。

この記事ではチャクラの開き方について紹介します。

  • チャクラの位置と種類を知る
  • チャクラの色を知る
  • 3 チャクラに対応する感覚を知る
  • 第一チャクラを整えるには?
  • 第二チャクラを整えるには?
  • 第三チャクラを整えるには?
  • 第四チャクラを整えるには?
  • 第五チャクラを整えるには?
  • 第六チャクラを整えるには?
  • 第七チャクラを整えるには?
  • まとめ

1. チャクラの位置と種類を知る

チャクラの位置と種類を知る

チャクラは7つの要素で構成されています。

第一チャクラは尾骨、第二チャクラは仙骨、第三チャクラは丹田、第四チャクラは心臓、第五チャクラは喉、第六チャクラは眉間の上、第七チャクラは頭頂部です。

第四チャクラはハートチャクラ、第六チャクラはサードアイ、第七チャクラはクラウンチャクラとも呼ばれています。

各々に役割や、司る感覚があり、全てのチャクラのバランスを整えることで、心身の調節を図ることができるのです。

2. チャクラの色を知る

チャクラの色を知る

チャクラにはそれぞれ色がついています。

目には見えませんがチャクラはそれぞれ周波数が異なり、その周波数によって色が変化するのです。

第一チャクラは赤、第二チャクラは橙、第三チャクラは黄、第四チャクラは緑、第五チャクラは青、第六チャクラは藍、第七チャクラは紫です。

チャクラのバランスが整うことで全体が美しく虹色に輝きますが、バランスが崩れることで濁りや歪みが生じてしまうのです。

色を美しく整えることを意識して、チャクラのバランスを保つことが大切です。

3 チャクラに対応する感覚を知る

3 チャクラに対応する感覚を知る

チャクラには、それぞれ対応する感覚があります。

第一チャクラは嗅覚、第二チャクラは味覚、第三チャクラは視覚、第四チャクラは触覚、第五チャクラは聴覚、第六チャクラは第六感、第七チャクラは全ての感覚の統合を司ります。

それぞれの感覚に不調を感じていたり、逆に過敏になりすぎている時は、チャクラに不具合が生じている場合があります。

その不具合を取り除いたり、チャクラを調整することによって、心身の正常な感覚を取り戻し、健康に繋がるのです。

4. 第一チャクラを整えるには?

第一チャクラを整えるには?

チャクラを適切な状態へと開くには、それぞれのチャクラ上手く調整することが大切です。

ここからは、日々の行動における、第一から第七までのチャクラの調整方法や、状態確認の方法について紹介します。

第一チャクラを整えるには、大地との連関を高める必要があります。

ふわふわと落ち着かない気持ちが続いていたり、不安感が続く場合は、第一のチャクラが乱れている証拠です。

ですから、自分自身の感情を整理し、理性的に行動できるように心がけていきましょう。

地に足のついた行動をし、大地と一体化した力強く穏やかなイメージを持って取り組むことが大切です。

5. 第二チャクラを整えるには?

第二チャクラを整えるには?

第二チャクラが乱れている時は、性的な欲求が枯渇していたり、逆に過剰になっている場合が多いです。

また性欲に限らず、全ての喜びにおいて過不足が感じすぎ、上手く受容できていない状態が続きます。

ですから、第二チャクラを整えるには、自分の欲求や願望を見つめ直し、自分に正直なることが大切です。

先入観やごまかしをせずに、真正面からやりたいことに挑戦するように心がけましょう。

パートナーとの愛の交歓も大切な方法のひとつです。

6. 第三チャクラを整えるには?

第三チャクラを整えるには?

第三チャクラが乱れている場合は、胃腸に不調が生じしていたり、自分の行動における主導権を失っている場合が多いです。

また、相手を意のままにコントロールしようとしたり、束縛しようと横柄で傲慢な態度に陥ることも多いです。

ですから、第三チャクラを整えるには、自身の立場を理解し、対等に接しようとする強い意思と覚悟が必要になります。

相手に操られないためも、断る強さや、自分のために生きる強さを培う必要があります。

また、胃腸傷めないような、生活態度を送ることも大切です。

7. 第四チャクラを整えるには?

第四チャクラを整えるには?

第四チャクラが乱れている時は、思いやりや愛情に欠け、浅薄で冷たい態度をとっている場合が多いです。

また、疑心暗鬼になり、誰も信じられない状態に陥っていることも多いです。

第四のチャクラはハートチャクラというように、心臓、そして心を司るチャクラです。

相手を信じるためには、自分が強くならなければなりません。

そして強くなるには、真に優しくあることが大切なのです。

真の優しさとは、公平かつ平等であることや、見返りを求めないことが大切です。

また、肉体的に心臓を強くすることも大切です。

心臓を強くするには、ある程度の負荷をかけながら有酸素運動をすることが大切です。

8. 第五チャクラを整えるには?

第五チャクラを整えるには?

第五チャクラが乱れている時は、口やのど周辺に違和感があったり、コミュニケーションが上手くとれていない場合が多いです。

相手とのやり取りが不足していたり、言葉や心遣いが足りないために誤解が生じていることがあります。

ですから、第五チャクラを整えるには、言葉を通じたコミュニケーションと誠意ある対応をすることが大切です。

また、口やのどを冷やさずに労わることも重要です。

熱すぎるものや冷たすぎるものを摂り過ぎず、刺激物の少ない生活を送るようにしましょう。

一杯の白湯を取ることもおすすめです。

9. 第六チャクラを整えるには?

第六チャクラを整えるには?

第六チャクラが乱れている時は、いつも不運が続いたり、集中力や注意力が低下している場合が多いです。

第六のチャクラはサードアイとも呼ばれ、第六感を司るチャクラです。

第六感を研ぎ澄ませるためには、過剰な刺激を避ける必要があります。

特に情報というのは、自身が思っている以上にストレスになるものです。

スマホやPCやTVの時間を決め、情報に曝されすぎないことが、チャクラを整える上でとても重要なことになるのです。

また、時間がある時は積極的に自然に触れ、心身をリラックスさせることも大切です。

10. 第七チャクラを整えるには?

第七チャクラを整えるには?

第七チャクラが乱れている時は、全てが上手くいかなかったり、全体的に不調が続いている場合が多いです。

第七のチャクラは全ての感覚を統合する役目を担っています。

ですから、第七のチャクラ整えるには、全てのチャクラを良い方向に働きかけることが大切です。

そして、第七のチャクラは天や宇宙と通じ、一体化をはかるチャクラでもあります。

自分の体や心にとどまらず、この世界の万物と繋がる意識を持つことによって、第七のチャクラを調整することができるのです。

天から頭頂部に向かって、全てが流れ込むイメージを持ちましょう。

まとめ

チャクラを開くためには、チャクラを知り、調整していくことが大切です。

自分の心身の不調やバランスを理解し、自分に合ったチャクラの開き方を身につけていきましょう。

チャクラとはヒンドゥー教のタントラや仏教の密教、アーユルヴェーダ、ハタ・ヨーガで人体にあるとされる「エネルギー中枢(プラーナの出入り口)」のことで、人間の潜在能力の開発・発揮と深く関わっています。

この記事ではチャクラの開き方について紹介します。


チャクラの位置と種類を知る

チャクラは7つの要素で構成されています。

第一チャクラは尾骨、第二チャクラは仙骨、第三チャクラは丹田、第四チャクラは心臓、第五チャクラは喉、第六チャクラは眉間の上、第七チャクラは頭頂部です。

第四チャクラはハートチャクラ、第六チャクラはサードアイ、第七チャクラはクラウンチャクラとも呼ばれています。

各々に役割や、司る感覚があり、全てのチャクラのバランスを整えることで、心身の調節を図ることができるのです。

チャクラの色を知る

チャクラにはそれぞれ色がついています。

目には見えませんがチャクラはそれぞれ周波数が異なり、その周波数によって色が変化するのです。

第一チャクラは赤、第二チャクラは橙、第三チャクラは黄、第四チャクラは緑、第五チャクラは青、第六チャクラは藍、第七チャクラは紫です。

チャクラのバランスが整うことで全体が美しく虹色に輝きますが、バランスが崩れることで濁りや歪みが生じてしまうのです。

色を美しく整えることを意識して、チャクラのバランスを保つことが大切です。

3 チャクラに対応する感覚を知る

チャクラには、それぞれ対応する感覚があります。

第一チャクラは嗅覚、第二チャクラは味覚、第三チャクラは視覚、第四チャクラは触覚、第五チャクラは聴覚、第六チャクラは第六感、第七チャクラは全ての感覚の統合を司ります。

それぞれの感覚に不調を感じていたり、逆に過敏になりすぎている時は、チャクラに不具合が生じている場合があります。

その不具合を取り除いたり、チャクラを調整することによって、心身の正常な感覚を取り戻し、健康に繋がるのです。

第一チャクラを整えるには?

チャクラを適切な状態へと開くには、それぞれのチャクラ上手く調整することが大切です。

ここからは、日々の行動における、第一から第七までのチャクラの調整方法や、状態確認の方法について紹介します。

第一チャクラを整えるには、大地との連関を高める必要があります。

ふわふわと落ち着かない気持ちが続いていたり、不安感が続く場合は、第一のチャクラが乱れている証拠です。

ですから、自分自身の感情を整理し、理性的に行動できるように心がけていきましょう。

地に足のついた行動をし、大地と一体化した力強く穏やかなイメージを持って取り組むことが大切です。

第二チャクラを整えるには?

第二チャクラが乱れている時は、性的な欲求が枯渇していたり、逆に過剰になっている場合が多いです。

また性欲に限らず、全ての喜びにおいて過不足が感じすぎ、上手く受容できていない状態が続きます。

ですから、第二チャクラを整えるには、自分の欲求や願望を見つめ直し、自分に正直なることが大切です。

先入観やごまかしをせずに、真正面からやりたいことに挑戦するように心がけましょう。

パートナーとの愛の交歓も大切な方法のひとつです。

第三チャクラを整えるには?

第三チャクラが乱れている場合は、胃腸に不調が生じしていたり、自分の行動における主導権を失っている場合が多いです。

また、相手を意のままにコントロールしようとしたり、束縛しようと横柄で傲慢な態度に陥ることも多いです。

ですから、第三チャクラを整えるには、自身の立場を理解し、対等に接しようとする強い意思と覚悟が必要になります。

相手に操られないためも、断る強さや、自分のために生きる強さを培う必要があります。

また、胃腸傷めないような、生活態度を送ることも大切です。

第四チャクラを整えるには?

第四チャクラが乱れている時は、思いやりや愛情に欠け、浅薄で冷たい態度をとっている場合が多いです。

また、疑心暗鬼になり、誰も信じられない状態に陥っていることも多いです。

第四のチャクラはハートチャクラというように、心臓、そして心を司るチャクラです。

相手を信じるためには、自分が強くならなければなりません。

そして強くなるには、真に優しくあることが大切なのです。

真の優しさとは、公平かつ平等であることや、見返りを求めないことが大切です。

また、肉体的に心臓を強くすることも大切です。

心臓を強くするには、ある程度の負荷をかけながら有酸素運動をすることが大切です。

第五チャクラを整えるには?

第五チャクラが乱れている時は、口やのど周辺に違和感があったり、コミュニケーションが上手くとれていない場合が多いです。

相手とのやり取りが不足していたり、言葉や心遣いが足りないために誤解が生じていることがあります。

ですから、第五チャクラを整えるには、言葉を通じたコミュニケーションと誠意ある対応をすることが大切です。

また、口やのどを冷やさずに労わることも重要です。

熱すぎるものや冷たすぎるものを摂り過ぎず、刺激物の少ない生活を送るようにしましょう。

一杯の白湯を取ることもおすすめです。

第六チャクラを整えるには?

第六チャクラが乱れている時は、いつも不運が続いたり、集中力や注意力が低下している場合が多いです。

第六のチャクラはサードアイとも呼ばれ、第六感を司るチャクラです。

第六感を研ぎ澄ませるためには、過剰な刺激を避ける必要があります。

特に情報というのは、自身が思っている以上にストレスになるものです。

スマホやPCやTVの時間を決め、情報に曝されすぎないことが、チャクラを整える上でとても重要なことになるのです。

また、時間がある時は積極的に自然に触れ、心身をリラックスさせることも大切です。

第七チャクラを整えるには?

第七チャクラが乱れている時は、全てが上手くいかなかったり、全体的に不調が続いている場合が多いです。

第七のチャクラは全ての感覚を統合する役目を担っています。

ですから、第七のチャクラ整えるには、全てのチャクラを良い方向に働きかけることが大切です。

そして、第七のチャクラは天や宇宙と通じ、一体化をはかるチャクラでもあります。

自分の体や心にとどまらず、この世界の万物と繋がる意識を持つことによって、第七のチャクラを調整することができるのです。

天から頭頂部に向かって、全てが流れ込むイメージを持ちましょう。

チャクラを開くためには、チャクラを知り、調整していくことが大切です。

自分の心身の不調やバランスを理解し、自分に合ったチャクラの開き方を身につけていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-