【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112935.html
工夫するだけで印象が変わる!写真映えするメイクアップのコツ

工夫するだけで印象が変わる!写真映えするメイクアップのコツ | LADYCO

LADYCO
工夫するだけで印象が変わる!写真映えするメイクアップのコツ

写真に写った時の印象をグンとアップさせる、写真映えするメイクアップのテクニックをご紹介します。

  • 光の強さにあわせてメイクもチェンジ
  • ファンデーションの色は顔の肌色に合わせて
  • パール系コスメの使用は限定的に
  • シェーディングで小顔効果
  • 撮影前の化粧直しはクッションファンデーションを
  • リップは輪郭をとり、グロスの使用は控えめに
  • アイメイクは派手過ぎず、でもしっかりと
  • のっぺり顔はチークで解消
  • まとめ

1. 光の強さにあわせてメイクもチェンジ

光の強さにあわせてメイクもチェンジ

写真映えするメイクは実は一種類ではありません。 夏の海やリゾートアイランドのように太陽の日差しがたっぷりある場所と、室内の蛍光灯下では写真映えするメイクのテクニックも違ってくるのです。

スマホやデジカメなど、現行の撮影機器には「オート」と呼ばれる各種自動調節機能がついていますが、写真映えするメイクの方は、それに応じて変えていく必要があるのです。 太陽光の加減やフラッシュ有無、屋外か室内か等を判断しながら、写真映えのためのメイクを実践していきましょう。

2. ファンデーションの色は顔の肌色に合わせて

ファンデーションの色は顔の肌色に合わせて

できあがった写真の中で最も見られる部分は、言うまでもなく顔です。 その顔の中で最も面積をとっているのは肌であり、第一印象はファンデーションでかなり変わります。 特にファンデの色が浮くと、悪目立ちしがちなので、ファンデの色は慎重に選びましょう。

写真向きのファンデの色は、顔の肌色や首、デコルテの色にあわせて選ぶのが基本です。 太陽光の下では、SPF値の高い日焼け止めなどは、確実に顔が白く浮きます。 強い光を避けて、木陰で撮るとよいでしょう。 写真を撮る前に、皮脂や汗を拭きとってテカりを抑える等の工夫も大事です。

3. パール系コスメの使用は限定的に

パール系コスメの使用は限定的に

写真映えのするメイクは、マットであることを基本にします。 パールやラメなどキラキラと反射する成分が入っているコスメを顔全体に使うと、白浮きして見える原因につながります。 また普通のメイクでハイライトを入れる部分(目の下や鼻筋、あご)への使用もあえて避けます。

尚、室内などでの写真撮影は、白浮きしにくいのでパールも使えますが、フラッシュが反射して異常に白く映ることもあります。 色々な時刻や場面で撮ることが予想される、旅行やパーティ等では、どの場面でも写真映えするよう、パール系コスメの使用は控えめにしましょう。

4. シェーディングで小顔効果

シェーディングで小顔効果

写真映えするファンデとして、ベースとは別にシェーディング用ファンデの利用もお勧めです。 普通のメイクでも、えら、こめかみ、髪の生え際等にシェーディングを入れて、小顔にするテクニックがありますが、この部分に2トーン暗いファンデを入れ、小顔効果を出すことが写真上でも可能です。

この時大事なのが、左右対称であることを意識することです。 特に証明写真などの無表情な顔を撮影する際は、左右対象にメイクが入っていないと、アンバランスで悪印象につながりますので、この点に気をつけつつ丁寧にメイクするよう心掛けましょう。

5. 撮影前の化粧直しはクッションファンデーションを

撮影前の化粧直しはクッションファンデーションを

写真を撮る前にサッとファンデを直したい、時間が経つにつれてベタついた肌が気になる、といったお悩みもあると思います。 外出や旅行先等、沢山のコスメを持っていけない場面や、お化粧を直す時間が限られていることも多いです。

そんな時、写真映えする肌をサッと実現するのには、クッションファンデの利用がお勧めです。 リキッドとパウダーのいいとこどりともいえるファンデで、様々な化粧品ブランドから発売されています。 テカりや肌のくすみを修正し、短時間で簡単にお直しできるので、写真撮影前の時短メイクにぴったりです。

6. リップは輪郭をとり、グロスの使用は控えめに

リップは輪郭をとり、グロスの使用は控えめに

写真映えするリップメイクは、リップライナーできっちり唇の輪郭を取るのが基本です。 リップの色は肌や洋服の色にあわせて好みのものを選んでもいいのですが、日光の下では、ベージュやピンクは色が飛んでしまって、のっぺりした顔の印象になりますので注意が必要です。

また唇の輪郭がぼやけた写真は、だらしない印象が出てくるため、ラインをはっきりと取ることが大事です。 リップグロスはツヤ感があって、肉眼で見ると濡れたようなセクシーさを感じさせますが、写真では色がギラつきがちなので、控えめの使用がベターです。

7. アイメイクは派手過ぎず、でもしっかりと

アイメイクは派手過ぎず、でもしっかりと

一般的なメイク同様、写真映えするメイクでも「目」は重要なポイントです。 屋外では、マスカラやアイラインやシャドウ等は、いつも以上にハッキリと描いたり塗ったりしても、写真でちょうどいいぐらいの出来栄えになりますが、登山やキャンプやバーベキューといったアウトドアのイベントでは、フルメイクが過ぎると現地で浮きかねませんので、バランスを見てメイクしましょう。

尚、眉下全体に、べったりとパールのシャドウを入れるのはフラッシュでキラつくのでNGですが、まぶたのくぼみに薄く入れると、逆に目力が強調できます。

8. のっぺり顔はチークで解消

のっぺり顔はチークで解消

写真映えするメイクの中では、チークも重要な役割を担っています。 基本的にマット感のあるファンデーションをつけているので、のっぺりとした印象になりがちなところを、チークが救ってくれるのです。 ここでもパール成分が多い物は避けた方が無難で、自然な血色感を出すように広めに淡く入れ、しっかりと丁寧にボカして肌になじませておくことが大切です。

まとめ

写真に写った顔が綺麗に見えるコツは、顔に当たった光がどういう作用を及ぼし、写真の中にどのように残るのかを見極めることにあります。 太陽光の下では、白はより白くなり、蛍光灯ではやや青白くなる等の違いを知り、肉眼で見えていた色が、そのまま写真になるわけではないことを理解して、足りない要素をメイクで補っていくことが成功につながります。 これを参考に、ぜひ写真映えするメイクを実践してみてください。

写真に写った時の印象をグンとアップさせる、写真映えするメイクアップのテクニックをご紹介します。


光の強さにあわせてメイクもチェンジ

写真映えするメイクは実は一種類ではありません。 夏の海やリゾートアイランドのように太陽の日差しがたっぷりある場所と、室内の蛍光灯下では写真映えするメイクのテクニックも違ってくるのです。

スマホやデジカメなど、現行の撮影機器には「オート」と呼ばれる各種自動調節機能がついていますが、写真映えするメイクの方は、それに応じて変えていく必要があるのです。 太陽光の加減やフラッシュ有無、屋外か室内か等を判断しながら、写真映えのためのメイクを実践していきましょう。

ファンデーションの色は顔の肌色に合わせて

できあがった写真の中で最も見られる部分は、言うまでもなく顔です。 その顔の中で最も面積をとっているのは肌であり、第一印象はファンデーションでかなり変わります。 特にファンデの色が浮くと、悪目立ちしがちなので、ファンデの色は慎重に選びましょう。

写真向きのファンデの色は、顔の肌色や首、デコルテの色にあわせて選ぶのが基本です。 太陽光の下では、SPF値の高い日焼け止めなどは、確実に顔が白く浮きます。 強い光を避けて、木陰で撮るとよいでしょう。 写真を撮る前に、皮脂や汗を拭きとってテカりを抑える等の工夫も大事です。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-