【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521111050.html
笑いを堪えるコツ

笑いを堪えるコツ | LADYCO

LADYCO
笑いを堪えるコツ

笑いたくて仕方が無い時と言うのはありますよね。 どうしても笑いを堪えなければいけないときの対処法をご紹介します。

  • 辛い事を思い出す
  • マスクをする
  • その人を見ないようにする
  • 他の事を考えるようにする
  • 本で顔を隠す
  • 険悪感を考える
  • 罪悪感を持たない
  • 常に笑っている
  • まとめ

1. 辛い事を思い出す

辛い事を思い出す

笑いが堪えられない時にはその時自分の人生の中で一番辛かったときの事を思い出してみましょう。 いじめられた事や受験に失敗してしまったときの事など人にはそれぞれ忘れられないような辛い心の痛みがあります。 その心の痛みを思い出す事によって切ないときの事を考えるようにしてみましょう。

自然とマイナス思考になっていきます。 自分の人生の中で大きな心の痛みが無いと言う方は大切な人が亡くなってしまったときの事を考えるようにしてみましょう。 優しかったおじいちゃんやおばあちゃんあるいは自分に関係の深い人などの事を考えると自然と涙が出てきます。 どうしても笑いが堪えられない時には使ってみましょう。

2. マスクをする

マスクをする

普段からよくマスクをする人も多いと思います。 マスクをすれば顔のだいたいの部分が隠れます。 しかし、目が笑っているのは分かってしまいますので注意しましょう。

常にマスクを持ち歩いている人には有効ですが、あまりマスクをしない人が笑いを堪えるときのみするのは不自然ですのでよく使う人のみが使える技となります。 笑いを堪える事が人生で多かった人などは常にマスクを持ち歩いてどこでも使えるようにしていきましょう。

3. その人を見ないようにする

その人を見ないようにする

笑いを堪える標的が人だったときはなるべくその人を見ないようにしましょう。 特に怒られてる時の真剣な表情などで笑ってしまう人もいますので、怒られているときで笑いを堪えなければいけないときはその人を見ないようにしましょう。

下を向いたりすると余計怒られる事もあります。 そんな状況でヘラヘラ笑っていると余計怒られてしまう事もあります。 怒られるのとその人の前で笑ってしまうのかどちらが良いのか判断して状況をわきまえていきましょう。 笑いを堪えると言うのは忍耐です。

4. 他の事を考えるようにする

他の事を考えるようにする

笑ってはいけない時に笑いたくなってしまうものですので、そんなときは他の事を考えるようにしてみましょう。 笑ってはいけない場面で今日の夕飯の献立を考えたり、今後の計画について考えたりなど色々な想像を膨らませていきましょう。

人間の頭の中で真剣に考えている時間を作ることによって笑いは自然とふき飛んでいきます。 真剣な勉強をしてもスポーツでも笑いながら集中できる人はいません。 真剣な事や悩みを一つでも事前に作って置く事で笑いを堪える事ができます。

5. 本で顔を隠す

本で顔を隠す

職場や本がある環境などでしか使えませんが、その状況を視界に入らないように本で顔を隠してみましょう。 職場内では資料などでも構いません。

顔を隠し文字が頭に入れば自然と消えてなくなります。 但しその笑いの状況に本の中にキーワードが含まれていた場合は更に大きな笑いを呼ぶ事となりますので念のため注意しましょう。 顔に出てもなるべく声には出さないように注意していきましょう。

6. 険悪感を考える

険悪感を考える

友人との関係や上司との関係に溝が生まれてしまったらどうしようなどと険悪的な事を考える事によって今後どうなってしまうなどと考えて行くと自然と心の中の笑いが消えていきます。

大切な親友やいつも可愛がってくれた上司などその人と疎遠になってしまったときの事なども想像してみるととても寂しい気持ちになります。 そのような気持ちを笑いが堪えるときに一つでも想像してみましょう。 そうする事で何で笑っていたのかすら思い出せない状況を作り出せます。

7. 罪悪感を持たない

罪悪感を持たない

笑った事に対して笑っては失礼と言う罪悪感を持ってしまうと、余計笑ってしまう事となります。 そのためには笑うときは笑ってしまって良いと開き直ってみましょう。

思い出さないようにしても思い出す事があり、早く寝ないと、っと考えてもなかなか寝付けなかったり逆のパターンも人間の行動では多く目立ちます。 ですので完全に開き直るような気持ちを持ち、罪悪感を持たないように意識しましょう。 そうする事で辛い状況が少しは楽になっていきます。

8. 常に笑っている

常に笑っている

常にヘラヘラしている人はちょっとした事でもすぐ笑ってしまいます。 そのようなタイプの人は当然笑いを堪えると言う認識が欠けていると勘違いされる事が多いです。

しかし、そういうタイプの人はものすごく得をしていますので見習ってみてはどうでしょうか。 常に笑っていればもはや、堪える必要性も無く我慢もしないような開放感に満たされていきます。 堪える事がもはや、無理と言うタイプの人は常に笑っていましょう。

まとめ

笑いをどうしても堪えなければいけないときは誰にでも遭遇します。 どうしてもしょうがないと言う時は思いっきり笑うのも一つの手かもしれません。 そうする事で今までに無かった環境が増えていける可能性もあります。 どのような状況であっても適正にあった対策を一つ考えてみましょう。

笑いたくて仕方が無い時と言うのはありますよね。 どうしても笑いを堪えなければいけないときの対処法をご紹介します。


辛い事を思い出す

笑いが堪えられない時にはその時自分の人生の中で一番辛かったときの事を思い出してみましょう。 いじめられた事や受験に失敗してしまったときの事など人にはそれぞれ忘れられないような辛い心の痛みがあります。 その心の痛みを思い出す事によって切ないときの事を考えるようにしてみましょう。

自然とマイナス思考になっていきます。 自分の人生の中で大きな心の痛みが無いと言う方は大切な人が亡くなってしまったときの事を考えるようにしてみましょう。 優しかったおじいちゃんやおばあちゃんあるいは自分に関係の深い人などの事を考えると自然と涙が出てきます。 どうしても笑いが堪えられない時には使ってみましょう。

マスクをする

普段からよくマスクをする人も多いと思います。 マスクをすれば顔のだいたいの部分が隠れます。 しかし、目が笑っているのは分かってしまいますので注意しましょう。

常にマスクを持ち歩いている人には有効ですが、あまりマスクをしない人が笑いを堪えるときのみするのは不自然ですのでよく使う人のみが使える技となります。 笑いを堪える事が人生で多かった人などは常にマスクを持ち歩いてどこでも使えるようにしていきましょう。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-