【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521111047.html
オフィスカジュアルの服装で女性が気をつけるポイント

オフィスカジュアルの服装で女性が気をつけるポイント

LADYCO
オフィスカジュアルの服装で女性が気をつけるポイント

オフィスカジュアルでの通勤が認められている職場である場合、どんな服を選べばよいか、男性以上に頭を悩ます女性は、意外と多いと聞きます。 そこで、どんな点に気をつけて服を選べばよいか、今回は、デスクワーク中心の内勤女性を想定してNGアイテムを挙げながら、考えてみました。

  • ノースリーブ
  • 胸元が大きくあいた服
  • ミニスカート
  • ボディラインが強調される服
  • ヒラヒラした袖
  • カジュアルすぎる服
  • 汚れた服・ヨレヨレの服
  • まとめ
ノースリーブ

職場のカラーにもよるかとは思いますが、肌の露出の多いノースリーブは、とりあえず避けた方が無難です。 最近では、ノースリーブでも問題ない職場も多いとは聞きますが、男性女性にかかわらず、年齢が高めの上司世代のうけは芳しくないといえます。

また、やはり男性からすると目のやり場に困るという声はよく耳にします。 夏場は涼しく健康的なアイテムで「クールビズ」と言えそうですが、袖ぐりからインナーや下着がチラチラ見えてしまう場合もあり、本人は気づかない、気にしない場合でも、周囲は少し困ってしまうこともあります。 ノースリーブはとりあえずオフィスでは避けるのが無難です。 どうしても袖がスッキリした服が着たい場合、フレンチスリーブを選ぶのはいかがでしょうか。

胸元が大きくあいた服

これも、ノースリーブ同様、男性は目のやり場に困ってしまいます。 女性の同僚にしても、胸の谷間などが見えて気になっても、なんと注意して良いものか、結構気を遣ってしまうものです。

真っ直ぐ正面を向いていれば大丈夫でも、少しかがんだり、手を伸ばして書類をとったり、などのちょっとした動きで、胸元が浮いてしまうことは、よくあります。 胸元が浮いてしまわないか、体を動かして確認してみると良いでしょう。 胸元だけでなく、背中が浮いてしまうのも、意外と気になります。 注意してみましょう。

ミニスカート

これも、上に挙げた二つのアイテム同様の注意が必要です。 特にタイトスカートの場合立っているときはそれほど短くなくても、椅子に座ると裾のラインが上がってしまうことがあります。

こうなると、周囲はやはり目のやり場に困ってしまいます。 また、立ったりしゃがんだりする動きもぎこちなくなってしまい、本人としても作業がやりにくくなってしまうというデメリットがあります。 職場はあくまでも仕事をする場所です。 業務の効率を下げるアイテムはふさわしくないといえます。

ボディラインが強調される服

例えばリブニットなど、体の線がはっきり出てしまうアイテムは、やはり職場では難しいといえるでしょう。 特に、メリハリのある体型の女性がこのようなアイテムを着用すると、職場では少しセクシーすぎてしまいます。

スタイルがスッキリ見えるからこのようなアイテムを選ぶ女性も多いとは思いますが、自身が考えている以上に周囲は気になるものです。 ピタピタニットやカットソーは選ばない方が良いでしょう。

ヒラヒラした袖

最近は、ベルスリーブなど、袖のデザインが凝ったトップスが流行しています。 それ自体はとてもおしゃれではありますが、デスクワークをするには、少し邪魔になってしまうこともあります。

キーボードを打ったり、書類を作成したりするには、手元はスッキリさせておいた方が、仕事ははかどるはずです。 そのような袖のアイテムを着てきた場合は、カーディガンなどで、袖のヒラヒラを押さえてしまうと、作業の邪魔にならないでしょう。

カジュアルすぎる服

これは言わずもがなですが、ジャージなどスポーティー過ぎるアイテムや、「それ部屋着?」と思われてしまうユルすぎるアイテムは、基本的にオフィスにはふさわしくありません。

もちろん、会社のカラーや雰囲気によっては問題ない場合もありますが、ごくごく一般的な職場であれば、選ばないようにしましょう。 社外の人が目にした場合、会社の信用にも関わりかねません。

汚れた服・ヨレヨレの服

これは絶対にやめましょう。 どんなに高価であっても、また、お気に入りであっても、周囲の人たちを不快にさせること、必至です。 とにかく、清潔感があるということは、オフィスカジュアルの基本中の基本、最低条件といえます。 これは、オフィスカジュアルに限ったことではなく、フアッション全般に当てはまる大切なポイントです。

女性であれば、オフィスでもおしゃれを楽しみたいと思うのは、当然です。 しかし、職場はあくまでも他のメンバーとともに、業務を円滑に効率よく行う場です。 その目的にふさわしく、周囲の人に不快な思いや余計な気遣いをさせない範囲でおしゃれを楽しみましょう。 アフターファイブにデートなど女性らしいファッションを楽しみたい予定がある場合は、カーディガンやジャケットなどをうまく活用して、就業中は肌見せの分量を調節するなどすると良いでしょう。

男性の場合なら、シャツをチノパンなどにインして、カジュアルなジャケットなりカーディガンなりを羽織っておけばとりあえず無難な「オフィスカジュアル」スタイルが完成するので、あれこれ悩むことはないかもしれません。 一方女性の場合、男性と比べてファッションアイテムの種類が多いため、逆に頭を悩ませてしまう人もいるでしょう。

難しく考えずに、オフィスカジュアルにおいては、シンプルで機能的、清潔感のあるフアッションを心がけましょう。 ここでいう清潔感とは、単に汚れがない、ということだけではなく、セクシーすぎないという点も含まれます。 好感度の高いオフィスカジュアルで仕事に取り組めば、仕事への意欲もさりげなくアピールでき、実際、仕事の効率も上がるはずなので、周囲の評価もきっと上がることでしょう。

オフィスカジュアルでの通勤が認められている職場である場合、どんな服を選べばよいか、男性以上に頭を悩ます女性は、意外と多いと聞きます。 そこで、どんな点に気をつけて服を選べばよいか、今回は、デスクワーク中心の内勤女性を想定してNGアイテムを挙げながら、考えてみました。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-