【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114325.html
女性に対しデリカシーのない上司のセリフ10選

女性に対しデリカシーのない上司のセリフ10選 | LADYCO

LADYCO
女性に対しデリカシーのない上司のセリフ10選

女性に対してデリカシーのない上司はどんなシチュエーションでどんなセリフを言うのでしょうか?

10選を見てみましょう。

  • しっかりメイクしているのに「化粧してたの?」
  • 彼氏と別れたことを知っていて「新しい彼氏できた?」
  • バストの大きな女性に対して「胸が苦しそうだね」
  • 新婚の女性に対して「子作り頑張らないと!」
  • 新人と比較しながら「君もあんな可愛い頃があったんだよ」
  • 体格のいい女性に対して「これ持って」
  • 華奢な女性の前で「あの子手伝ってあげて」
  • 社内恋愛の彼が他の女性と仲良く…「楽しそうだね」
  • 彼氏ができたと聞いて「何人目?」
  • 寿退社した同僚がいるのを知っていて「君もがんばらなきゃ」

1. しっかりメイクしているのに「化粧してたの?」

しっかりメイクしているのに「化粧してたの?」

女性の中にはしっかりメイクをしてもすっぴんとそれほど変わらないような化粧栄えしない人もいます。

だから上司に「化粧してたの?」とか「すっぴんだと思った」などと言われると「ナチュラルメイクでステキだね」という解釈よりも「よっぽど私は薄い顔なんだな」「化粧しても可愛くなれないの?」などと落ち込むこともあります。

女性は化粧に対して案外神経質なことが多いのであまり触れるべきではないですね。

2. 彼氏と別れたことを知っていて「新しい彼氏できた?」

彼氏と別れたことを知っていて「新しい彼氏できた?」

彼氏と別れたことを知っている上司にそれほど日が経っていないのにもう「新しい彼氏できた?」と言われるとグサッと胸に刺さってしまいます。

すぐに失恋から立ち直れるわけでもなく、すぐに次の出会いがあるわけでもないのに…気にしているのにそれを言われるとなんてデリカシーがないんだろうと思います。

面倒になってあいまいな返事をしたらそれはそれで「早いなぁ」とからかわれそうですね。

3. バストの大きな女性に対して「胸が苦しそうだね」

バストの大きな女性に対して「胸が苦しそうだね」

「胸が苦しそう」とか「制服がきつそう」と言われると少し気持ちが悪いですね。

そこばかり見られているようで不快な思いをし、セクハラに感じてしまいます。

また、苦しそうきつそうという言葉はデブだと言われているような気もするので胸が大きくなくても聞きたくない言葉です。

たとえ「バストがでいいね」と褒めたつもりでも喜ばれることはないでしょう。

4. 新婚の女性に対して「子作り頑張らないと!」

新婚の女性に対して「子作り頑張らないと!」

結婚してまもなく「子供はまだ?」と聞いてくる人は多いですが、そんな質問にうんざりしているのに職場の上司にまで言われてしまうのは悲しくなります。

さらに「頑張らないと」と言われるのは妻として子供を産んでこそ価値があると言われている様でプレッシャーにもなります。

子作りのことまで上司には言われたくないですね。

ほしくてもなかなかできずに悩んでいる夫婦も多いのです。

気軽に聞くのはやめてほしいものです。

5. 新人と比較しながら「君もあんな可愛い頃があったんだよ」

新人と比較しながら「君もあんな可愛い頃があったんだよ」

若くて可愛い新人が入社してくると、「君もあんな可愛い頃があったんだよ」などと懐かしむ上司もいます。

そこにはいやみな気持ちはなく、純粋に「初々しい頃があったよね」と思い出に浸っているだけかもしれませんが、言われた方からすると今はもうすっかり可愛くなくなったと言われている様で悲しくなったりすることもあるでしょう。

ましてや女性は若さをうらやましく思うことも多いので、他の人に可愛いと言われている新人がうとましく思ってしまう可能性もあります。

6. 体格のいい女性に対して「これ持って」

体格のいい女性に対して「これ持って」

太っているとか背が大きい、ごつい女性に対して男性から「これ持って」とお願いされると、男性よりも力がありそうでたくましいなどと思われているのではないかと傷つきます。

ごつい女性でも心の中は女性です。

見た目で判断して力仕事ばかり任せて女心を傷つけないであげましょう。

たとえそんな女性でも「大丈夫?」と手を貸してくれる上司は高感度がアップするはずですよ。

7. 華奢な女性の前で「あの子手伝ってあげて」

華奢な女性の前で「あの子手伝ってあげて」

華奢な女性を指しながら「あの子手伝ってあげて」と言われるとこちらも同じ女性なのによっぽどたくましい?平気そう?と思われているようで悔しくなりますね。

可愛くないとか、こきつかっても気にしない人などとも思われているように感じます。

華奢な女性や繊細そうな女性をつい守りたくなることも多いですが、見た目ではわからなくても思い悩みながら頑張っている女性もいることを忘れずにいてほしいものです。

8. 社内恋愛の彼が他の女性と仲良く…「楽しそうだね」

社内恋愛の彼が他の女性と仲良く…「楽しそうだね」

こちらが社内恋愛をしているのを知っていて、その彼が他の女性と仲良くしているのを見かけた上司から「あそこ、楽しそうだね」などとけしかけられると頭にきます。

「あれ、いいの?」とやきもちやカップル内の喧嘩をもたらす発言をしてくるのも困りものですね。

そこは気を利かせて「彼人気あるからね」と言って気持ちを軽くしてくれたりあえて触れずにいてくれる方が助かります。

9. 彼氏ができたと聞いて「何人目?」

彼氏ができたと聞いて「何人目?」

彼氏ができたことを話した時に「何人目?」と聞かれると過去に何人も彼氏がいたような遊び人に思われているような気がしてイラっとします。

少ない人数を伝えたら「思ったより少なくてびっくりした」とか。

年齢もそうです。

「思ったより若かった」なども嫌ですね。

どんな風に思っていたの?!と頭にきます。

10. 寿退社した同僚がいるのを知っていて「君もがんばらなきゃ」

寿退社した同僚がいると「次は君かな」とか「君もがんばらなきゃ」と言うデリカシーのない上司もいます。

会社にとって必要とされていないの?または、からかわれているの?などと感じて落ち込んでしまいそうです。

女性に対してデリカシーのない上司はどんなシチュエーションでどんなセリフを言うのでしょうか?

10選を見てみましょう。


しっかりメイクしているのに「化粧してたの?」

女性の中にはしっかりメイクをしてもすっぴんとそれほど変わらないような化粧栄えしない人もいます。

だから上司に「化粧してたの?」とか「すっぴんだと思った」などと言われると「ナチュラルメイクでステキだね」という解釈よりも「よっぽど私は薄い顔なんだな」「化粧しても可愛くなれないの?」などと落ち込むこともあります。

女性は化粧に対して案外神経質なことが多いのであまり触れるべきではないですね。

彼氏と別れたことを知っていて「新しい彼氏できた?」

彼氏と別れたことを知っている上司にそれほど日が経っていないのにもう「新しい彼氏できた?」と言われるとグサッと胸に刺さってしまいます。

すぐに失恋から立ち直れるわけでもなく、すぐに次の出会いがあるわけでもないのに…気にしているのにそれを言われるとなんてデリカシーがないんだろうと思います。

面倒になってあいまいな返事をしたらそれはそれで「早いなぁ」とからかわれそうですね。

バストの大きな女性に対して「胸が苦しそうだね」

「胸が苦しそう」とか「制服がきつそう」と言われると少し気持ちが悪いですね。

そこばかり見られているようで不快な思いをし、セクハラに感じてしまいます。

また、苦しそうきつそうという言葉はデブだと言われているような気もするので胸が大きくなくても聞きたくない言葉です。

たとえ「バストがでいいね」と褒めたつもりでも喜ばれることはないでしょう。

新婚の女性に対して「子作り頑張らないと!」

結婚してまもなく「子供はまだ?」と聞いてくる人は多いですが、そんな質問にうんざりしているのに職場の上司にまで言われてしまうのは悲しくなります。

さらに「頑張らないと」と言われるのは妻として子供を産んでこそ価値があると言われている様でプレッシャーにもなります。

子作りのことまで上司には言われたくないですね。

ほしくてもなかなかできずに悩んでいる夫婦も多いのです。

気軽に聞くのはやめてほしいものです。

新人と比較しながら「君もあんな可愛い頃があったんだよ」

若くて可愛い新人が入社してくると、「君もあんな可愛い頃があったんだよ」などと懐かしむ上司もいます。

そこにはいやみな気持ちはなく、純粋に「初々しい頃があったよね」と思い出に浸っているだけかもしれませんが、言われた方からすると今はもうすっかり可愛くなくなったと言われている様で悲しくなったりすることもあるでしょう。

ましてや女性は若さをうらやましく思うことも多いので、他の人に可愛いと言われている新人がうとましく思ってしまう可能性もあります。

体格のいい女性に対して「これ持って」

太っているとか背が大きい、ごつい女性に対して男性から「これ持って」とお願いされると、男性よりも力がありそうでたくましいなどと思われているのではないかと傷つきます。

ごつい女性でも心の中は女性です。

見た目で判断して力仕事ばかり任せて女心を傷つけないであげましょう。

たとえそんな女性でも「大丈夫?」と手を貸してくれる上司は高感度がアップするはずですよ。

華奢な女性の前で「あの子手伝ってあげて」

華奢な女性を指しながら「あの子手伝ってあげて」と言われるとこちらも同じ女性なのによっぽどたくましい?平気そう?と思われているようで悔しくなりますね。

可愛くないとか、こきつかっても気にしない人などとも思われているように感じます。

華奢な女性や繊細そうな女性をつい守りたくなることも多いですが、見た目ではわからなくても思い悩みながら頑張っている女性もいることを忘れずにいてほしいものです。

社内恋愛の彼が他の女性と仲良く…「楽しそうだね」

こちらが社内恋愛をしているのを知っていて、その彼が他の女性と仲良くしているのを見かけた上司から「あそこ、楽しそうだね」などとけしかけられると頭にきます。

「あれ、いいの?」とやきもちやカップル内の喧嘩をもたらす発言をしてくるのも困りものですね。

そこは気を利かせて「彼人気あるからね」と言って気持ちを軽くしてくれたりあえて触れずにいてくれる方が助かります。

彼氏ができたと聞いて「何人目?」

彼氏ができたことを話した時に「何人目?」と聞かれると過去に何人も彼氏がいたような遊び人に思われているような気がしてイラっとします。

少ない人数を伝えたら「思ったより少なくてびっくりした」とか。

年齢もそうです。

「思ったより若かった」なども嫌ですね。

どんな風に思っていたの?!と頭にきます。

寿退社した同僚がいると「次は君かな」とか「君もがんばらなきゃ」と言うデリカシーのない上司もいます。

会社にとって必要とされていないの?または、からかわれているの?などと感じて落ち込んでしまいそうです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-