【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521101326.html
残業の多い会社の特徴

残業の多い会社の特徴 | LADYCO

LADYCO
残業の多い会社の特徴

残業が多い会社はどの様な特徴を持ち、どんな不のスパイラルに陥りがちなのでしょう。

これらをきちんと把握しておけば、今の状況の改善や転職等にも役立てる事が可能です。

  • 理由の分からない残業が多い
  • 時間にルーズな社員が多い
  • 上司の不在やマネジメント不足
  • 社内の自動販売機に品切れが多い
  • 不必要に会議やミーティングが長い
  • 社員やバイトがすぐに辞める
  • 長時間残業する事が美徳の様に扱われる
  • ノーと言えない人が多く、よって生産性も低い
  • まとめ

1. 理由の分からない残業が多い

理由の分からない残業が多い

どんな企業にも残業をしなければならない時はあります。

それは誰かが大きなミスをしてしまった場合や、クライアントの意向によりスケジュールが大幅に変更になった場合などです。

それらの事が無ければ、少なくとも19時には帰れたというケースです。

ただ残業がやたらと多い会社の特徴は、なぜこんなに残業しなければならないのか原因が不明なまま皆で何となく残業している事が多いのです。

単に人手が足りていないというケースもありますが、これだけ人数がいるのになぜだろうという疑問を持たずにはいられないケースもあります。

2. 時間にルーズな社員が多い

時間にルーズな社員が多い

過酷な残業時間に耐え切れず体調不良になったり、単に朝起きる事が難しくなったりする理由から昼頃に出勤してくる社員が多いのが特徴です。

当然他の人より働きすぎている訳ですから、その様な社員が出てきてもおかしくありません。

ただこうなってくると、全体的に皆が時間にルーズになってきます。

よって出社時間や退社時間も人によってバラバラで、実質誰がどれだけの時間勤務したのかを把握しにくい状況が生じます。

3. 上司の不在やマネジメント不足

上司の不在やマネジメント不足

時間に余裕のない部署は、余裕がある所より部下のケアやマネジメントを怠りがちです。

上司が部下の抱えている業務内容を全て把握していない、また忙しくてそうする暇がないなどの場合がそうです。

中にはきちんとマネジメントされていない事の不安から、転職を考える人も出て来ます。

そうなるとまた募集をかけなければならないので、悪循環に陥ります。

また入社2年目の社員に任せる様な仕事を、入って3ヶ月も経たない部下に任せるなどの事が当たり前の様に行われる場合もあります。

この様に社員の能力やキャリアに応じた業務が与えられていないと、当然トラブルが発生しやすくなります。

4. 社内の自動販売機に品切れが多い

社内の自動販売機に品切れが多い

夜間に仕事をするとビルのセキュリティ上の問題や、深夜出歩くのが怖いなどの理由から、その建物の中の自動販売機を利用する人が増えます。

また時間にゆとりがある状態なら百何十円も出してペットボトルのお茶を買うより、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどを利用しようと考える人でも、時間にゆとりがない場合自動販売機を利用しがちです。

よってビル内の自販機のお茶などが、売り切れになっている事が頻繁にあります。

5. 不必要に会議やミーティングが長い

不必要に会議やミーティングが長い

例えば6時間や8時間などの長い会議が週3回も行われた場合、当然社員は通常の業務に割く時間がなくなります。

また会議の回数が増えるとその度に、業務の変更が追加される事もあります。

3日かけてした仕事も、会議で方向性ががらりと変わり無駄になるという残念な事態も発生します。

効率の悪い仕事をしていると内心分かっていても、会社の方針なので状況を変える事が出来ない場合もあります。

6. 社員やバイトがすぐに辞める

社員やバイトがすぐに辞める

過酷な残業時間に耐える事が出来なくなった人がバタバタと辞めていく事で、残された社員は更に抱える仕事が増えていきます。

また以前の人員を確保しようと新しく人を入れた所で、今度は教育する事に時間が掛かります。

業務量が過多な企業の場合、2人一気に人が辞めたからと言って人員を2人増やしても問題が解決するとは限りません。

よって以前の様な状態すら、キープするのが難しくなってきます。

7. 長時間残業する事が美徳の様に扱われる

長時間残業する事が美徳の様に扱われる

残業時間がどんどん増え続けている事に対して、危機感を感じている人物が少ないのも残業が多い会社の特徴です。

どうせ残業になるのだからと諦めて、だらだら仕事をする社員と前向きに1時間でも残業を減らそうと考える社員が混合している状態なので、人間関係も何処かしらギクシャクしてきます。

仮に生産性を高める努力をする社員が新しいアイデアを出しても、却下される場合が多いのも特徴です。

また長時間残業する事を全面肯定する優等生社員がいた場合、他の社員は自分達には根性がないのかと肩身が狭くなります。

8. ノーと言えない人が多く、よって生産性も低い

ノーと言えない人が多く、よって生産性も低い

勤勉に働く社員ばかりの会社でもタイムマネジメントに対しての意識が低い場合、毎晩の様に残業を強いられる場合があります。

何かあると常にやる気や根性などの言葉が飛び交い、その一点で乗り越えようとする光景があちこちで見受けられます。

その反面、効率や具体的な業務指示を出す事に対しての配慮はなられておらず、誰もその事を指摘出来ない場合があります。

また自分の部署に時間的な余裕が全く無いにもかかわらず、他部署の仕事をむやみに引き受けるなどノーと言えない人が多いのも特徴です。

まとめ

残念な事にタイムマネジメントに対して理解がある社員に限って、残業の多い企業からは「仕事に対しての意識が低い」「やる気がない」などのマイナスの評価を受けてしまうケースも多々見受けられます。

この場合理解のある仲間を求め、転職を考えても良いでしょう。

またこれらの状況を前向きに捉え状況を改善していく事出来れば、尚良いかも知れません。

残業が多い会社はどの様な特徴を持ち、どんな不のスパイラルに陥りがちなのでしょう。

これらをきちんと把握しておけば、今の状況の改善や転職等にも役立てる事が可能です。


理由の分からない残業が多い

どんな企業にも残業をしなければならない時はあります。

それは誰かが大きなミスをしてしまった場合や、クライアントの意向によりスケジュールが大幅に変更になった場合などです。

それらの事が無ければ、少なくとも19時には帰れたというケースです。

ただ残業がやたらと多い会社の特徴は、なぜこんなに残業しなければならないのか原因が不明なまま皆で何となく残業している事が多いのです。

単に人手が足りていないというケースもありますが、これだけ人数がいるのになぜだろうという疑問を持たずにはいられないケースもあります。

時間にルーズな社員が多い

過酷な残業時間に耐え切れず体調不良になったり、単に朝起きる事が難しくなったりする理由から昼頃に出勤してくる社員が多いのが特徴です。

当然他の人より働きすぎている訳ですから、その様な社員が出てきてもおかしくありません。

ただこうなってくると、全体的に皆が時間にルーズになってきます。

よって出社時間や退社時間も人によってバラバラで、実質誰がどれだけの時間勤務したのかを把握しにくい状況が生じます。

上司の不在やマネジメント不足

時間に余裕のない部署は、余裕がある所より部下のケアやマネジメントを怠りがちです。

上司が部下の抱えている業務内容を全て把握していない、また忙しくてそうする暇がないなどの場合がそうです。

中にはきちんとマネジメントされていない事の不安から、転職を考える人も出て来ます。

そうなるとまた募集をかけなければならないので、悪循環に陥ります。

また入社2年目の社員に任せる様な仕事を、入って3ヶ月も経たない部下に任せるなどの事が当たり前の様に行われる場合もあります。

この様に社員の能力やキャリアに応じた業務が与えられていないと、当然トラブルが発生しやすくなります。

社内の自動販売機に品切れが多い

夜間に仕事をするとビルのセキュリティ上の問題や、深夜出歩くのが怖いなどの理由から、その建物の中の自動販売機を利用する人が増えます。

また時間にゆとりがある状態なら百何十円も出してペットボトルのお茶を買うより、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどを利用しようと考える人でも、時間にゆとりがない場合自動販売機を利用しがちです。

よってビル内の自販機のお茶などが、売り切れになっている事が頻繁にあります。

不必要に会議やミーティングが長い

例えば6時間や8時間などの長い会議が週3回も行われた場合、当然社員は通常の業務に割く時間がなくなります。

また会議の回数が増えるとその度に、業務の変更が追加される事もあります。

3日かけてした仕事も、会議で方向性ががらりと変わり無駄になるという残念な事態も発生します。

効率の悪い仕事をしていると内心分かっていても、会社の方針なので状況を変える事が出来ない場合もあります。

社員やバイトがすぐに辞める

過酷な残業時間に耐える事が出来なくなった人がバタバタと辞めていく事で、残された社員は更に抱える仕事が増えていきます。

また以前の人員を確保しようと新しく人を入れた所で、今度は教育する事に時間が掛かります。

業務量が過多な企業の場合、2人一気に人が辞めたからと言って人員を2人増やしても問題が解決するとは限りません。

よって以前の様な状態すら、キープするのが難しくなってきます。

長時間残業する事が美徳の様に扱われる

残業時間がどんどん増え続けている事に対して、危機感を感じている人物が少ないのも残業が多い会社の特徴です。

どうせ残業になるのだからと諦めて、だらだら仕事をする社員と前向きに1時間でも残業を減らそうと考える社員が混合している状態なので、人間関係も何処かしらギクシャクしてきます。

仮に生産性を高める努力をする社員が新しいアイデアを出しても、却下される場合が多いのも特徴です。

また長時間残業する事を全面肯定する優等生社員がいた場合、他の社員は自分達には根性がないのかと肩身が狭くなります。

ノーと言えない人が多く、よって生産性も低い

勤勉に働く社員ばかりの会社でもタイムマネジメントに対しての意識が低い場合、毎晩の様に残業を強いられる場合があります。

何かあると常にやる気や根性などの言葉が飛び交い、その一点で乗り越えようとする光景があちこちで見受けられます。

その反面、効率や具体的な業務指示を出す事に対しての配慮はなられておらず、誰もその事を指摘出来ない場合があります。

また自分の部署に時間的な余裕が全く無いにもかかわらず、他部署の仕事をむやみに引き受けるなどノーと言えない人が多いのも特徴です。

残念な事にタイムマネジメントに対して理解がある社員に限って、残業の多い企業からは「仕事に対しての意識が低い」「やる気がない」などのマイナスの評価を受けてしまうケースも多々見受けられます。

この場合理解のある仲間を求め、転職を考えても良いでしょう。

またこれらの状況を前向きに捉え状況を改善していく事出来れば、尚良いかも知れません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-