【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517164000.html
部下に指示を出せない上司の特徴

部下に指示を出せない上司の特徴 | LADYCO

LADYCO
部下に指示を出せない上司の特徴

部下に指示を出せない上司の特徴を10選でまとめました。

どうして指示を出せないのか。

気を遣っているから?仕事ができないから?考えてみましょう。

  • 自分で何でもやってしまいたい完ぺき主義者
  • 相手の顔色を伺いすぎ&気を遣いすぎ
  • 能力が低いせいで仕事の流れが掴めていない
  • 好き嫌いが強いせいで特定の部下を甘やかしてしまう
  • 上司の器じゃないと思っているのでえばれない
  • 口下手で的確な指示を出せそうにない
  • 自分より学歴が高い人へのコンプレックスがある
  • 仕事の手を抜いていると思われたくない
  • 自分で気づいてこそ出来る人間だと思ってそうしている
  • 指示を回して仕事を円滑にと思えるほど仕事に熱心さがない

1. 自分で何でもやってしまいたい完ぺき主義者

自分で何でもやってしまいたい完ぺき主義者

上司と言えども仕事をバリバリやりたいという働き者の人も多いので、部下に指示を出さずに自分で何でも受け持ってしまうということがあります。

仕事が大好きな人、教えるくらいなら自分でやった方が早いと思っている人、忙しくないとどう過ごしたらいいかわからないような上司の場合です。

そして仕事が多くてパンクし、残業が増えたりやつれていってしまいます。

でも周りは好きでやっているからということでなかなか手助けがしにくくて困ります。

2. 相手の顔色を伺いすぎ&気を遣いすぎ

相手の顔色を伺いすぎ&気を遣いすぎ

すぐ仕事を辞めてしまう社員が多い職場では部下の顔色を伺いながら「今日は機嫌が良さそうだから頼んでみようかな」「今日はだめそうだから自分でやるか」などと気を遣いすぎ、なかなか指示を出せないというパターンもあるでしょう。

人手不足の職場ではそのように気を遣うのも理解できます。

根気がない若者が増えたのも要因のひとつでしょう。

しかし、指示を出さないとますますがんばってくれない部下もいるのでそれではいけません。

3. 能力が低いせいで仕事の流れが掴めていない

能力が低いせいで仕事の流れが掴めていない

上司自体の能力が低いと仕事の流れや内容がよく理解できておらず、部下にどう指示を出したらいいかわからなくて出せないということもあります。

情けないことですが、上司だからと言って何でもできるわけではないですし、得意分野ではないこともあるでしょう。

うまく伝わらなくても頼みたい気持ちを汲んで仕事を受け持てる器がある部下がいると上司も助かるはずです。

4. 好き嫌いが強いせいで特定の部下を甘やかしてしまう

好き嫌いが強いせいで特定の部下を甘やかしてしまう

部下に対して好き嫌いを作ってしまい、特定の可愛がっている部下には指示を出せずに甘やかしてしまうというダメ上司もいるのではないでしょうか。

いてくれるだけでいいような美人の女性部下もそうですが、自分が助かる仕事をこないしてくれているやり手の部下においては他の仕事を指示してしまうと今の仕事に影響が出てしまい、上司が困るハメになってしまいます。

仕事をさせたいから仕事を回せない、そんな状況もあるのです。

5. 上司の器じゃないと思っているのでえばれない

上司の器じゃないと思っているのでえばれない

最近上司になったばかりの人や自分は上司と呼ばれるような器じゃないと思っている人はなかなか部下に指示を出すことができません。

照れがあったりえばっていると思われるのが辛いからです。

性格が穏やかで控えめな人によくいそうなケースですね。

でも上司になったからには指示を出さなければいけないですし、周りはどんどん指示を仰ぐようにして慣れさせてあげましょう。

6. 口下手で的確な指示を出せそうにない

口下手で的確な指示を出せそうにない

口下手な上司は的確な指示を部下に出せそうにないとはなから諦め、指示を出さずに終わってしまうこともあるのではないでしょうか?

コンプレックスに感じているほどなら人前で話すことにも抵抗があるはずです。

また、相手がキレモノの部下ならますます馬鹿にされそうな気がして勇気が出ません。

上司のスキルとして「要点をまとめて指示を出す」という点も大切になってきます。

7. 自分より学歴が高い人へのコンプレックスがある

自分より学歴が高い人へのコンプレックスがある

自分より学歴が高い部下に対してコンプレックスがあり、指示を出すなんておかしいかな?申し訳ないかな?「わかっています」なんて言われないかな?などとびくびくしている情けない上司もいるのではないでしょうか。

他の社員にも頼られて一目置かれているような部下には気軽に指示を出しにくいもので、逆にちょっとくらい学歴がなくても気軽に指示を出せてしまうキャラの部下もいます。

区別をするのはおかしいですが人間なのでそんな思いがあっても仕方がないのかもしれません。

8. 仕事の手を抜いていると思われたくない

仕事の手を抜いていると思われたくない

部下に指示を出すと「自分でやらずに部下に仕事をやらせている」と見る人も中にはいます。

周りに見られるならまだしも、実際に指示を出した部下からも「わたしがやるんですか?

といううんざりした表情をされるとますます周りは上司の圧力で仕事をさせているように見ますね。

実際にそうやって仕事を手抜きして楽している上司もいます。

それを知っていると自分もそう思われるのがいやでなかなか部下に仕事を回せなくなります。

9. 自分で気づいてこそ出来る人間だと思ってそうしている

自分で気づいてこそ出来る人間だと思ってそうしている

「仕事は自分で探すもの」そう考えたりそう教わってきた上司にとっては部下に指示を出すことはよけいなことだという考えがあります。

せっかく自分で仕事に気づこうとしているのに邪魔してはいけないという考え方です。

その考え方も場合によっては間違いではありません。

全ての仕事を上司から指示されてやるようではだめですからね。

10. 指示を回して仕事を円滑にと思えるほど仕事に熱心さがない

部下に指示を出してうまく使い、仕事を円滑に回すことは上司にとって欠かせない役割です。

しかし上司が無責任であったりそこまで仕事に情熱がないとどうでもよくなり、他の人にまかせるか放っておいてしまうでしょう。

職場は頑張りやさんだけの負担が重くなるようなバランスのとれない状況になっていきます。

部下に指示を出せない上司の特徴を10選でまとめました。

どうして指示を出せないのか。

気を遣っているから?仕事ができないから?考えてみましょう。


自分で何でもやってしまいたい完ぺき主義者

上司と言えども仕事をバリバリやりたいという働き者の人も多いので、部下に指示を出さずに自分で何でも受け持ってしまうということがあります。

仕事が大好きな人、教えるくらいなら自分でやった方が早いと思っている人、忙しくないとどう過ごしたらいいかわからないような上司の場合です。

そして仕事が多くてパンクし、残業が増えたりやつれていってしまいます。

でも周りは好きでやっているからということでなかなか手助けがしにくくて困ります。

相手の顔色を伺いすぎ&気を遣いすぎ

すぐ仕事を辞めてしまう社員が多い職場では部下の顔色を伺いながら「今日は機嫌が良さそうだから頼んでみようかな」「今日はだめそうだから自分でやるか」などと気を遣いすぎ、なかなか指示を出せないというパターンもあるでしょう。

人手不足の職場ではそのように気を遣うのも理解できます。

根気がない若者が増えたのも要因のひとつでしょう。

しかし、指示を出さないとますますがんばってくれない部下もいるのでそれではいけません。

能力が低いせいで仕事の流れが掴めていない

上司自体の能力が低いと仕事の流れや内容がよく理解できておらず、部下にどう指示を出したらいいかわからなくて出せないということもあります。

情けないことですが、上司だからと言って何でもできるわけではないですし、得意分野ではないこともあるでしょう。

うまく伝わらなくても頼みたい気持ちを汲んで仕事を受け持てる器がある部下がいると上司も助かるはずです。

好き嫌いが強いせいで特定の部下を甘やかしてしまう

部下に対して好き嫌いを作ってしまい、特定の可愛がっている部下には指示を出せずに甘やかしてしまうというダメ上司もいるのではないでしょうか。

いてくれるだけでいいような美人の女性部下もそうですが、自分が助かる仕事をこないしてくれているやり手の部下においては他の仕事を指示してしまうと今の仕事に影響が出てしまい、上司が困るハメになってしまいます。

仕事をさせたいから仕事を回せない、そんな状況もあるのです。

上司の器じゃないと思っているのでえばれない

最近上司になったばかりの人や自分は上司と呼ばれるような器じゃないと思っている人はなかなか部下に指示を出すことができません。

照れがあったりえばっていると思われるのが辛いからです。

性格が穏やかで控えめな人によくいそうなケースですね。

でも上司になったからには指示を出さなければいけないですし、周りはどんどん指示を仰ぐようにして慣れさせてあげましょう。

口下手で的確な指示を出せそうにない

口下手な上司は的確な指示を部下に出せそうにないとはなから諦め、指示を出さずに終わってしまうこともあるのではないでしょうか?

コンプレックスに感じているほどなら人前で話すことにも抵抗があるはずです。

また、相手がキレモノの部下ならますます馬鹿にされそうな気がして勇気が出ません。

上司のスキルとして「要点をまとめて指示を出す」という点も大切になってきます。

自分より学歴が高い人へのコンプレックスがある

自分より学歴が高い部下に対してコンプレックスがあり、指示を出すなんておかしいかな?申し訳ないかな?「わかっています」なんて言われないかな?などとびくびくしている情けない上司もいるのではないでしょうか。

他の社員にも頼られて一目置かれているような部下には気軽に指示を出しにくいもので、逆にちょっとくらい学歴がなくても気軽に指示を出せてしまうキャラの部下もいます。

区別をするのはおかしいですが人間なのでそんな思いがあっても仕方がないのかもしれません。

仕事の手を抜いていると思われたくない

部下に指示を出すと「自分でやらずに部下に仕事をやらせている」と見る人も中にはいます。

周りに見られるならまだしも、実際に指示を出した部下からも「わたしがやるんですか?

といううんざりした表情をされるとますます周りは上司の圧力で仕事をさせているように見ますね。

実際にそうやって仕事を手抜きして楽している上司もいます。

それを知っていると自分もそう思われるのがいやでなかなか部下に仕事を回せなくなります。

自分で気づいてこそ出来る人間だと思ってそうしている

「仕事は自分で探すもの」そう考えたりそう教わってきた上司にとっては部下に指示を出すことはよけいなことだという考えがあります。

せっかく自分で仕事に気づこうとしているのに邪魔してはいけないという考え方です。

その考え方も場合によっては間違いではありません。

全ての仕事を上司から指示されてやるようではだめですからね。

部下に指示を出してうまく使い、仕事を円滑に回すことは上司にとって欠かせない役割です。

しかし上司が無責任であったりそこまで仕事に情熱がないとどうでもよくなり、他の人にまかせるか放っておいてしまうでしょう。

職場は頑張りやさんだけの負担が重くなるようなバランスのとれない状況になっていきます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-