【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172555.html
パワハラ上司になる人に共通する11の特徴

パワハラ上司になる人に共通する11の特徴 | LADYCO

LADYCO
パワハラ上司になる人に共通する11の特徴

会社にいたら最悪な存在が「パワハラ上司」です。 パワハラ上司になる人の特徴を知って、早めに距離を取るようにしましょう。

  • 感情的な人
  • 暴力を振るうことに抵抗がない人
  • 体育会系の人
  • 威嚇行為をする人
  • 虐待を受けて育った人
  • 実力がない人
  • コンプレックスが強い人
  • 脅すことで立場を保った経験がある人
  • 口汚い人
  • パワハラ被害を受けた経験がある人
  • ノルマが厳しい立場の人
  • まとめ

1. 感情的な人

感情的な人

パワハラ上司の予備軍になるのは、感情的な人です。 感情豊かなことは悪い事ではありませんが、感情に振り回されて理性的な態度が取れない上司は、部下として困ってしまいます。

新卒から若手社員時代にかけて「感情的すぎる言動」が多い人は、自分が上の立場になった時に、部下に対してパワハラ行為をする可能性があります。 立場が上になるまでに、感情のコントロールをできるようにならないと危険です。 すでに感情的なまま管理職に就いている人は、何かがきっかけでパワハラ上司に変身するかもしれません。

2. 暴力を振るうことに抵抗がない人

暴力を振るうことに抵抗がない人

パワハラ上司の最大の武器は「暴力」です。 部下を平気で殴れるような、暴力を振るうことに抵抗がない人は普通の人ではありません。 小さな頃から暴力を振るうことに抵抗がなく、学生時代や社会人になっても、他人とケンカをするとすぐに手が出ます。

このようなタイプの人は、上司になるとパワハラ上司になる可能性が高いです。 立場が弱い部下が暴力を振るわれる恐怖は大変なものです。 暴力好きな人を上司にしないようにしたいものです。

3. 体育会系の人

体育会系の人

体育会系のノリの人は、暴力をすることに抵抗が薄いことがあります。 特に中年以降の人は、体育会系で指導の一環として暴力を日常的に受けて育った経験があるからです。 野球部でエラーをしたらビンタをされる、そのようなことが日常的な環境で育った人は、暴力に対する抵抗感がありません。

悪気なく、部下を説教する上で、ビンタなどの暴力を振るうことが考えられます。 体育会系以外の環境の部下からすれば、恐怖でしかありません。 体育会系のノリは、体育会以外では通用しないことを知らなければなりません。

4. 威嚇行為をする人

威嚇行為をする人

机を一定リズムでたたくなど、威嚇行為をする人がいます。 ゴミ箱を思い切りけとばしたり、メモや資料を思い切り破るのも同じような威嚇行為です。

いつも暴力を振るっている人の下にいる部下は、威嚇行為も、本物の暴力同様に恐怖を感じてしまいます。 威嚇行為をする人は、威嚇行為の効力を知っています。 悪意を持って威嚇行為をする人は、いつ本当の暴力を振るってもおかしくありません。

5. 虐待を受けて育った人

虐待を受けて育った人

虐待をする両親の下で育った人の中には、恐怖で家族を統治する環境で育っています。 そのため自分が上司になった時に、両親と同じ方法で、職場を統治しようとします。

それは恐怖の統治なのですが、その方法しか知らない人にとって、それは普通の行為になります。 虐待を受けた過去は悲しくて同情せざるを得ませんが、それをいつまでも引き摺ってはいけません。 大人になる前に、虐待をされた過去とさよならするようにしましょう。

6. 実力がない人

実力がない人

仕事の実力がない人が、たまたま運良く上司になると、パワハラ上司になることがあります。 自分が仕事ができないことを知っているので、部下に背中を見せて指導をすることはできません。 叱咤激励をして、部下を引っ張るしか方法がないのです。

しかし上司の意見に反対する部下が出てくると、どう扱っていいのか分からなくなります。 そこで恫喝をしたり、時には暴力を振るって強引に部下を自分の意見に従わせようとします。 実力がない人ほど、パワハラ上司になりやすいのはそのためです。

7. コンプレックスが強い人

コンプレックスが強い人

仕事以外にも、見た目にコンプレックスがある人や、学歴にコンプレックスがある人は、パワハラ上司になりやすいです。

必要以上にコンプレックスを気にしているため、そこを攻撃されると過激に反応してしまうからです。 自分よりも学歴が高い部下に対しては、初めから戦闘態勢になっています。 少しでも逆らうような態度を取ると、暴力行為を取ってしまいます。

8. 脅すことで立場を保った経験がある人

脅すことで立場を保った経験がある人

過去に脅すことで、高い地位を保ったことがある人はパワハラ予備軍です。 子ども時代や、恋愛中に、相手を脅すことで金品を得たり、高い地位を得たことがある、屈折した体験の持ち主です。 会社員になり上司になっても、同じ手口で優位な立場に立とうとします。

9. 口汚い人

口汚い人

口が汚い人は、強い口調で部下を指導しただけで、パワハラ行為になります。 パワハラを感じるかどうかは、行動次第というよりも、部下の受け取り方次第です。 口調が激しく、口汚い人は、何を言ってもパワハラのように取られてしまうことがあります。

10. パワハラ被害を受けた経験がある人

パワハラ被害を受けた経験がある人

以前パワハラ上司の元で仕事をした経験がある人が、自分も上司と同じように部下を指導してしまうことがあります。 新卒で働き始めた職場にパワハラ上司ばかりいる場合、参考にする上司がパワハラ上司以外にいません。

パワハラ上司の行動が「普通」だと勘違いしてしまい、パワハラ行為を行ってしまいます。 パワハラ被害を受けた被害者が、次のパワハラ上司になってしまうという、ゾンビ映画のような顛末です。 パワハラの被害に遭った人は、ひどいことをされたことを自覚して、自分が上司になった時は同じことを繰り返さないようにしましょう。

11. ノルマが厳しい立場の人

ノルマが厳しい立場の人

とてもノルマが厳しい立場に立っている上司は、部下に対しての叱咤激励が度を越してしまうことがあります。 普通に仕事をしたらノルマにたどり着かない場合、部下を異常なくらい働かせる必要があります。 そのために暴力を用いたり、恫喝をしたり、脅したりするような行動を取る上司がいます。

上司もブラック企業の被害者とも言えますが、パワハラ行為は社会的に許されない事です。 自分がブラック企業で働いていると気付いたら、その企業からの転職を目指すべきでしょう。 そうしないと近いうちに自分がパワハラ上司になってしまう可能性が高いです。 部下にうったえられて会社の責任を背負い、仕事を失ってしまってからでは遅いでしょう。

まとめ

将来、パワハラ上司になりそうな人の特徴を集めてみました。 会社の同僚や先輩、すでに上司になっている人の中に、同じような特徴を持っている人がいたら要注意です。 自分の中にパワハラ上司になりそうな要因をみつけたら、早い段階でなくなるよう、努力しましょう。

会社にいたら最悪な存在が「パワハラ上司」です。 パワハラ上司になる人の特徴を知って、早めに距離を取るようにしましょう。


感情的な人

パワハラ上司の予備軍になるのは、感情的な人です。 感情豊かなことは悪い事ではありませんが、感情に振り回されて理性的な態度が取れない上司は、部下として困ってしまいます。

新卒から若手社員時代にかけて「感情的すぎる言動」が多い人は、自分が上の立場になった時に、部下に対してパワハラ行為をする可能性があります。 立場が上になるまでに、感情のコントロールをできるようにならないと危険です。 すでに感情的なまま管理職に就いている人は、何かがきっかけでパワハラ上司に変身するかもしれません。

暴力を振るうことに抵抗がない人

パワハラ上司の最大の武器は「暴力」です。 部下を平気で殴れるような、暴力を振るうことに抵抗がない人は普通の人ではありません。 小さな頃から暴力を振るうことに抵抗がなく、学生時代や社会人になっても、他人とケンカをするとすぐに手が出ます。

このようなタイプの人は、上司になるとパワハラ上司になる可能性が高いです。 立場が弱い部下が暴力を振るわれる恐怖は大変なものです。 暴力好きな人を上司にしないようにしたいものです。

1 / 5
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-