【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521102345.html
残業の少ない企業・会社の特徴

残業の少ない企業・会社の特徴 | LADYCO

LADYCO
残業の少ない企業・会社の特徴

今や日本の企業のほとんどは残業が当たり前。

かなり長い時間会社に拘束され、心身ともにボロボロという方も少なくないのです。

では、残業が比較的少ない会社はあるのでしょうか?

そんな会社には、一体どのような特徴があるのでしょうか?

  • 離職率が低い会社
  • 具体的なモデル年収・給与
  • 強い労働組合がある
  • 転職・就職のプロの力も借りて
  • 「みなし残業」記載がない会社を選択
  • 女性が多く働いている企業も狙い目
  • 働いている社員の平均年齢に注目
  • 遅い時間に会社の電気が点いているか
  • まとめ

1. 離職率が低い会社

離職率が低い会社

社員の離職率が低い会社は、それだけ社員が会社の方針に満足して働いているということです。

特に注目なのは、「女性の離職率」

結婚し、出産もしている女性の離職率が低い会社は、それだけ残業が少なく、兼業主婦である女性も働きやすいという傾向にあります。

女性が働きやすい職場は、残業が少ない特徴のひとつです。

2. 具体的なモデル年収・給与

具体的なモデル年収・給与

企業に応募するときのひとつの目安として、求人欄のモデル年収・給与に注目する方が多いです。

ここでのポイントは、明確・具体的に求人欄にモデル年収・給与が記載されていること。

具体的なモデル年収・給与を求人に記載できるということは、それだけ残業が少なく労働時間が安定していると考えられます。

年収の幅が広かったり、記載があいまいな場合は気を付けなければいけません。

3. 強い労働組合がある

強い労働組合がある

残業や労災などの「会社でのトラブル」に対応してくれる労働組合が強ければ強いほど、残業時間も短い企業が多いです。

企業の知名度ばかりに囚われず、求人の際にはその企業の労働組合についても調べておくと安心です。

特に伝統的な歴史ある労働組合・インフラ系企業の労働組合は力が強い傾向にあると言われています。

そのため、その企業にも働きやすい環境が備わっている場合が多いのです。

4. 転職・就職のプロの力も借りて

転職・就職のプロの力も借りて

自分で求人を探すとなると、どうしても求人広告の「ワナ」にはまってしまい、結果残業が多い会社に就職が決まってしまったという方も実は少なくありません。

自分ひとりで就職先を探すのではなく、転職・就職エージェントを利用し、プロの意見を聞くことも大事です。

「残業が少ない会社を希望」と伝えると、プロの目線から就職・転職活動についてアドバイスをしてくれます。

5. 「みなし残業」記載がない会社を選択

「みなし残業」記載がない会社を選択

求人広告を見るときに、やはりチェックするところは「給与欄」

他の同業の求人広告と比べ、明らかに高収入な求人を見たことはありませんか。

同じ仕事をするなら高い収入がいい!と思うのは当たり前。

ですがその求人は「みなし残業」のため、結果長時間残業の企業かもしれないのです。

みなし残業とは、「これくらいは当たり前に残業がある」と、始めから残業代をベース給与に追加している給与形態です。

そのため自然とベース給与は高額になります。

6. 女性が多く働いている企業も狙い目

女性が多く働いている企業も狙い目

やはり女性に人気の企業・女性が多く活躍している企業は残業が少ない傾向にあります。

家庭を持ち兼業主婦ができる、プライベートを充実させられる、育児と両立ができるなど、男性に比べ実は女性が企業を選ぶポイントはその企業の知名度・給与だけではありません。

働きやすさを重視して企業選びを行う女性が多いので、自然と女性が多い会社は働きやすく、残業も少ない傾向になるのです。

7. 働いている社員の平均年齢に注目

働いている社員の平均年齢に注目

企業の社員の平均年齢も、実は残業が多いかを知る情報のひとつです。

企業の社員全体の平均年齢が若い場合、「若いから残業が多くても大丈夫」「まだ家庭を持っていないから残業できる」と 年齢・体力面を理由に残業を増やす企業もなかにはあるのです。

そのような企業は「残業は当たり前」と考えている社員ばかりになってしまっている可能性も。

社風や職場環境も確認したいところです。

8. 遅い時間に会社の電気が点いているか

遅い時間に会社の電気が点いているか

求人に応募したい企業が決まれば、遅い時間に実際に会社のビルの近くに行ってみる方法もあります。

遅い時間にその会社の電気が点いていれば、人が残っている証拠。

残業をしている可能性があります。

もちろん警備のために人がいなくても電気を点けていたり、部署によってかなり勤務時間が違うなどその会社に入ってみなければわからないことも多いです。

しかし、残業時間を知るひとつの方法と頭に入れておきたいものです。

まとめ

現代の日本は「残業するのが当たり前」という風潮になってきてしまっていますが、もちろん残業は「当たり前」ではありません。

自分の心身の健康を守るため・人生を充実させるためには自分で残業の少ない会社をしっかりと見極め自分を守ることが必要な時代なのです。

転職・就職を考えるときには、給与面・企業の知名度以外にもさまざまな角度から企業を調べてみましょう。

今や日本の企業のほとんどは残業が当たり前。

かなり長い時間会社に拘束され、心身ともにボロボロという方も少なくないのです。

では、残業が比較的少ない会社はあるのでしょうか?

そんな会社には、一体どのような特徴があるのでしょうか?


離職率が低い会社

社員の離職率が低い会社は、それだけ社員が会社の方針に満足して働いているということです。

特に注目なのは、「女性の離職率」

結婚し、出産もしている女性の離職率が低い会社は、それだけ残業が少なく、兼業主婦である女性も働きやすいという傾向にあります。

女性が働きやすい職場は、残業が少ない特徴のひとつです。

具体的なモデル年収・給与

企業に応募するときのひとつの目安として、求人欄のモデル年収・給与に注目する方が多いです。

ここでのポイントは、明確・具体的に求人欄にモデル年収・給与が記載されていること。

具体的なモデル年収・給与を求人に記載できるということは、それだけ残業が少なく労働時間が安定していると考えられます。

年収の幅が広かったり、記載があいまいな場合は気を付けなければいけません。

強い労働組合がある

残業や労災などの「会社でのトラブル」に対応してくれる労働組合が強ければ強いほど、残業時間も短い企業が多いです。

企業の知名度ばかりに囚われず、求人の際にはその企業の労働組合についても調べておくと安心です。

特に伝統的な歴史ある労働組合・インフラ系企業の労働組合は力が強い傾向にあると言われています。

そのため、その企業にも働きやすい環境が備わっている場合が多いのです。

転職・就職のプロの力も借りて

自分で求人を探すとなると、どうしても求人広告の「ワナ」にはまってしまい、結果残業が多い会社に就職が決まってしまったという方も実は少なくありません。

自分ひとりで就職先を探すのではなく、転職・就職エージェントを利用し、プロの意見を聞くことも大事です。

「残業が少ない会社を希望」と伝えると、プロの目線から就職・転職活動についてアドバイスをしてくれます。

「みなし残業」記載がない会社を選択

求人広告を見るときに、やはりチェックするところは「給与欄」

他の同業の求人広告と比べ、明らかに高収入な求人を見たことはありませんか。

同じ仕事をするなら高い収入がいい!と思うのは当たり前。

ですがその求人は「みなし残業」のため、結果長時間残業の企業かもしれないのです。

みなし残業とは、「これくらいは当たり前に残業がある」と、始めから残業代をベース給与に追加している給与形態です。

そのため自然とベース給与は高額になります。

女性が多く働いている企業も狙い目

やはり女性に人気の企業・女性が多く活躍している企業は残業が少ない傾向にあります。

家庭を持ち兼業主婦ができる、プライベートを充実させられる、育児と両立ができるなど、男性に比べ実は女性が企業を選ぶポイントはその企業の知名度・給与だけではありません。

働きやすさを重視して企業選びを行う女性が多いので、自然と女性が多い会社は働きやすく、残業も少ない傾向になるのです。

働いている社員の平均年齢に注目

企業の社員の平均年齢も、実は残業が多いかを知る情報のひとつです。

企業の社員全体の平均年齢が若い場合、「若いから残業が多くても大丈夫」「まだ家庭を持っていないから残業できる」と 年齢・体力面を理由に残業を増やす企業もなかにはあるのです。

そのような企業は「残業は当たり前」と考えている社員ばかりになってしまっている可能性も。

社風や職場環境も確認したいところです。

遅い時間に会社の電気が点いているか

求人に応募したい企業が決まれば、遅い時間に実際に会社のビルの近くに行ってみる方法もあります。

遅い時間にその会社の電気が点いていれば、人が残っている証拠。

残業をしている可能性があります。

もちろん警備のために人がいなくても電気を点けていたり、部署によってかなり勤務時間が違うなどその会社に入ってみなければわからないことも多いです。

しかし、残業時間を知るひとつの方法と頭に入れておきたいものです。

現代の日本は「残業するのが当たり前」という風潮になってきてしまっていますが、もちろん残業は「当たり前」ではありません。

自分の心身の健康を守るため・人生を充実させるためには自分で残業の少ない会社をしっかりと見極め自分を守ることが必要な時代なのです。

転職・就職を考えるときには、給与面・企業の知名度以外にもさまざまな角度から企業を調べてみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-