【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519143724.html
キャバ嬢向け・同伴で絶対避けるべきこと10選

キャバ嬢向け・同伴で絶対避けるべきこと10選 | LADYCO

LADYCO
キャバ嬢向け・同伴で絶対避けるべきこと10選

お給料アップやに直結してくる同伴は出来るならしておきたいですが、同伴には絶対避けなければならない注意点があります

  • 個室で二人きりにならない
  • お客さんの車に乗らない
  • お店選びをお客さんに任せない
  • お客さんと行くお店は近場にする
  • 同伴時間を長くしない
  • お客さんより高いものを食べない
  • いつも通りの応対をしない
  • お店のメイクと一緒は避ける
  • 同伴のお客さんをきちんと選ぶ
  • 楽しめない同伴はしない
  • まとめ

1. 個室で二人きりにならない

個室で二人きりにならない

同伴のお店を選ぶ時、お客さんは個室の飲食店やカラオケなどを提案してくることがありますが、これは絶対に避けてください。

店では害のなさそうな人に見えても、個室に入ったとたん豹変する事は十分にあり得ます。

カラオケは流石に…でも飲食店くらい良いんじゃない?と思いがちですが、実際に飲食店の個室でセクハラされたり、店という騒ぎにくい雰囲気を利用して襲われることもあります。

個室で二人きりは絶対に避けましょう。

2. お客さんの車に乗らない

お客さんの車に乗らない

車は必然的に二人きりになってしまいますし、店に向かってくれると思いきや全く別の場所、ホテルなどに連れ込まれてしまう可能性も高いですし、車は走り出したら降りられません。

お客さんの車に乗るというのは、個室で二人きりになるよりも危険な行為です。

実際にお客さんの車に乗ったらホテルに連れ込まれた、という人もいますし、連れ込まれなくても延々ドライブに付き合わされて店に遅刻してしまい罰金対象になったという例もあります。

お客さんの車に乗るのは絶対に避けましょう。

3. お店選びをお客さんに任せない

お店選びをお客さんに任せない

まずお店選びをお客さん任せにしないようにしましょう。

お店選びのイニシアチブを渡さないよう、自分の要求もきちんと取り入れられるように話を持っていくことが大切です。

強引にお店を決められてしまったら、同伴前に一度その店を下見しておきましょう。

少しでも危ないなと思ったら、理由を付けて断るようにすることが大切です。

同伴中は黒服の人たちは当然いないので、自分の身を守るのは自分しかいないと言う事を考えつつ慎重に行動しましょう。

4. お客さんと行くお店は近場にする

お客さんと行くお店は近場にする

これもお店選びの鉄則です。

お客さんと行くお店は、勤務店と近い場所を選びましょう。

どんなに素敵で行ってみたい場所であっても、遠い場所は避けるようにしてください。

徒歩で行ける範囲が理想的です。

どうしても徒歩圏内で良いお店が無かった場合は、黒服の人たちや店長に相談してみるのも手段の1つです。

5. 同伴時間を長くしない

同伴時間を長くしない

同伴中お客さんは、もっと独占したいという思いから同伴の時間を長めにしがちです。

しかしあまり長引かせてしまうと店に遅刻してしまいますし、遅刻で罰金を取られてしまうというところもあるでしょう。

お客さんの想いに応えるのは大切ですが、自分のスケジュールを崩さない程度にしておきましょう。

長引いたら遅刻してしまうとどうなるのかという罰則を交えて話し、分かってもらいましょう。

6. お客さんより高いものを食べない

お客さんより高いものを食べない

同伴中のお客さんは気が大きくなっているし、嬢のためにと見栄を張っている場合が多いです。

しかし同伴中にお金を使わせすぎてしまうと、お店で使うお金が減ってしまう可能性が大です。

お客さんより高いもの、高くてもお客さんが食べているものと同等のものを選ぶようにしましょう。

相手がどれだけお金持ちか知っていたとしても、謙虚にふるまっていた方が好印象を与える事が出来ます。

7. いつも通りの応対をしない

いつも通りの応対をしない

同伴中はお店と違う雰囲気を求めているというお客さんもいます。

また同伴をしてもらうためにも、いつも通りの応対をしないように心がけましょう。

店との接客法と同伴での接客法を変えるだけで、こういう素の部分を見せてくれるのは自分だけなんだと思わせる事ができてリピート率がアップします。

少し違う雰囲気を魅せながらしっかりマナーを守った応対を心がけましょう。

8. お店のメイクと一緒は避ける

お店のメイクと一緒は避ける

同伴中は雰囲気を少し変えて、お店のメイクと違うようなメイクをしましょう。

お店できっちりメイクしているのなら、少しナチュラルを意識したメイクにしましょう。

同伴中は嬢の普段とは違う一面を求めているお客さんが多いです。

店と同伴中のメリハリをしっかりつけて、メイクから変えていきましょう。

メイクに自信がないという人は髪型をいつもと変えるだけでも効果はあります。

9. 同伴のお客さんをきちんと選ぶ

同伴のお客さんをきちんと選ぶ

各店には同伴目標達成値などのノルマが課せられているところがほとんどです。

同伴を得るためにどんな人でも誘われたらオッケーしてしまいがちですが、きちんと相手を見ることも大切だということを絶対に忘れないでください。

普段セクハラが多いお客さんや、女性を軽んじているようなお客さんは、同伴と言う店から離れた場所だとさらにその態度が悪化する傾向にあります。

自分の身を守るためにもきっちりと相手を選びましょう。

10. 楽しめない同伴はしない

楽しめない同伴はしない

同伴中は自分も楽しめてお客さんも楽しんでいるという関係が理想的です。

お客さんの機嫌をとるばかりの応対だとどうしても自分が我慢しているという状態になりがちです。

両者が楽しめて両者とも満足した状態でお店に足を運べるようにすることを心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

同伴は給料アップやノルマ達成ボーナスといった、給料に直結してくる大切なものですが、きちんと考えるべきことを考えていないと、大惨事になってしまうこともあります。

ノルマも大切ですが、自分の身を一番に考えて同伴するように心がけてみてください。

お給料アップやに直結してくる同伴は出来るならしておきたいですが、同伴には絶対避けなければならない注意点があります


個室で二人きりにならない

同伴のお店を選ぶ時、お客さんは個室の飲食店やカラオケなどを提案してくることがありますが、これは絶対に避けてください。

店では害のなさそうな人に見えても、個室に入ったとたん豹変する事は十分にあり得ます。

カラオケは流石に…でも飲食店くらい良いんじゃない?と思いがちですが、実際に飲食店の個室でセクハラされたり、店という騒ぎにくい雰囲気を利用して襲われることもあります。

個室で二人きりは絶対に避けましょう。

お客さんの車に乗らない

車は必然的に二人きりになってしまいますし、店に向かってくれると思いきや全く別の場所、ホテルなどに連れ込まれてしまう可能性も高いですし、車は走り出したら降りられません。

お客さんの車に乗るというのは、個室で二人きりになるよりも危険な行為です。

実際にお客さんの車に乗ったらホテルに連れ込まれた、という人もいますし、連れ込まれなくても延々ドライブに付き合わされて店に遅刻してしまい罰金対象になったという例もあります。

お客さんの車に乗るのは絶対に避けましょう。

お店選びをお客さんに任せない

まずお店選びをお客さん任せにしないようにしましょう。

お店選びのイニシアチブを渡さないよう、自分の要求もきちんと取り入れられるように話を持っていくことが大切です。

強引にお店を決められてしまったら、同伴前に一度その店を下見しておきましょう。

少しでも危ないなと思ったら、理由を付けて断るようにすることが大切です。

同伴中は黒服の人たちは当然いないので、自分の身を守るのは自分しかいないと言う事を考えつつ慎重に行動しましょう。

お客さんと行くお店は近場にする

これもお店選びの鉄則です。

お客さんと行くお店は、勤務店と近い場所を選びましょう。

どんなに素敵で行ってみたい場所であっても、遠い場所は避けるようにしてください。

徒歩で行ける範囲が理想的です。

どうしても徒歩圏内で良いお店が無かった場合は、黒服の人たちや店長に相談してみるのも手段の1つです。

同伴時間を長くしない

同伴中お客さんは、もっと独占したいという思いから同伴の時間を長めにしがちです。

しかしあまり長引かせてしまうと店に遅刻してしまいますし、遅刻で罰金を取られてしまうというところもあるでしょう。

お客さんの想いに応えるのは大切ですが、自分のスケジュールを崩さない程度にしておきましょう。

長引いたら遅刻してしまうとどうなるのかという罰則を交えて話し、分かってもらいましょう。

お客さんより高いものを食べない

同伴中のお客さんは気が大きくなっているし、嬢のためにと見栄を張っている場合が多いです。

しかし同伴中にお金を使わせすぎてしまうと、お店で使うお金が減ってしまう可能性が大です。

お客さんより高いもの、高くてもお客さんが食べているものと同等のものを選ぶようにしましょう。

相手がどれだけお金持ちか知っていたとしても、謙虚にふるまっていた方が好印象を与える事が出来ます。

いつも通りの応対をしない

同伴中はお店と違う雰囲気を求めているというお客さんもいます。

また同伴をしてもらうためにも、いつも通りの応対をしないように心がけましょう。

店との接客法と同伴での接客法を変えるだけで、こういう素の部分を見せてくれるのは自分だけなんだと思わせる事ができてリピート率がアップします。

少し違う雰囲気を魅せながらしっかりマナーを守った応対を心がけましょう。

お店のメイクと一緒は避ける

同伴中は雰囲気を少し変えて、お店のメイクと違うようなメイクをしましょう。

お店できっちりメイクしているのなら、少しナチュラルを意識したメイクにしましょう。

同伴中は嬢の普段とは違う一面を求めているお客さんが多いです。

店と同伴中のメリハリをしっかりつけて、メイクから変えていきましょう。

メイクに自信がないという人は髪型をいつもと変えるだけでも効果はあります。

同伴のお客さんをきちんと選ぶ

各店には同伴目標達成値などのノルマが課せられているところがほとんどです。

同伴を得るためにどんな人でも誘われたらオッケーしてしまいがちですが、きちんと相手を見ることも大切だということを絶対に忘れないでください。

普段セクハラが多いお客さんや、女性を軽んじているようなお客さんは、同伴と言う店から離れた場所だとさらにその態度が悪化する傾向にあります。

自分の身を守るためにもきっちりと相手を選びましょう。

楽しめない同伴はしない

同伴中は自分も楽しめてお客さんも楽しんでいるという関係が理想的です。

お客さんの機嫌をとるばかりの応対だとどうしても自分が我慢しているという状態になりがちです。

両者が楽しめて両者とも満足した状態でお店に足を運べるようにすることを心がけましょう。

いかがでしたか?

同伴は給料アップやノルマ達成ボーナスといった、給料に直結してくる大切なものですが、きちんと考えるべきことを考えていないと、大惨事になってしまうこともあります。

ノルマも大切ですが、自分の身を一番に考えて同伴するように心がけてみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-