【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521111044.html
語彙力をつけるためのコツ

語彙力をつけるためのコツ

LADYCO
語彙力をつけるためのコツ

「もっとボキャブラリーを増やしたい」と思っている方は少なくないでしょう。 そんな方のために、語彙力をつけるためのコツを紹介することにしましょう。

  • できるだけ幅ひろいジャンルの本を読む
  • 知らない言葉はすぐにメモして調べる
  • 語彙ノートを作る
  • 類似語を調べる
  • 「言葉」「語彙」に関する本を読む
  • 覚えた言葉は実際に使ってみる
  • まとめ
できるだけ幅ひろいジャンルの本を読む

語彙を増やすためには、「知らない言葉」と出会わなければなりません。 人と会話をしていても、テレビを見ていても、知らない言葉を耳目にすることはあるでしょうが、もっとも効果的なのは、やはり読書です。 いうまでもなく、本は言葉で成り立っていますから、読書には新しい言葉と出会うチャンスが山ほどあると考えていいでしょう。

ポイントは、できるだけ幅ひろいジャンルの本を読むようにすること。 自分の興味のあるジャンルに限定してしまうと、出会える言葉もそれだけ幅が狭くなってしまいます。 ですから、あまり興味のないジャンルの本も積極的に読むようにしてください。

また、小説を読む場合でも、できるだけ多くの作家の小説を選ぶのがコツです。 現役の人気作家だけでなく、明治、大正、昭和の「文豪」と呼ばれるような作家の小説を読めば、知らない言葉とたくさん出会えるにちがいありません。 少しずつ時代をさかのぼって読んでいくというのも、良い方法です。

知らない言葉はすぐにメモして調べる

読書をしていて、知らない言葉、聞いたことはあるけれど、意味が今一つあいまいというような言葉が出てきたら、すぐに調べましょう。 ただし、小説などで感情移入して、物語に入り込んでいるときなどは、調べることで読書の流れが中断されてしまうこともあります。

そういう場合は、知らない言葉をメモしておいて、区切りの良いタイミングで調べるといいでしょう。 これは、読書をしているときだけではありません。 テレビを見ていたり、インターネットのサイトをチェックしている時でも、知らない言葉、あいまいな言葉が出てきたら、必ずその意味を調べましょう。

人と話をしているときに、相手が知らない言葉を口にしたら、相手に言葉の意味を聞いてみることをお勧めします。 その場では聞けないようなシーンなら、記憶しておいて、あとで調べるといいでしょう。

語彙ノートを作る

知らない言葉、あいまいな言葉を調べたら、必ずそれを記録するようにしましょう。 つまり、自分オリジナルの「語彙ノート」を作るのです。 五十音順に整理すると使いやすいはずです。 その言葉の意味だけでなく、成り立ちや由来なども調べて記録すると、より理解が深まりますから、覚えやすくなるにちがいありません。

ポイントは、用例も必ず記録すること。 たとえば、本を読んでいて出てきた知らない言葉なら、その本ではどんなふうに使われているか、文章を抜粋して記録します。 ほかの用例も調べていくつか記録するようにするといいでしょう。 語彙を増やすには、ただその言葉の意味を覚えるだけでなく、使い方を理解しなければなりません。 そのために用例を覚える必要があるのです。

類似語を調べる

知らない言葉を調べる際、その言葉に関する類義語も調べてみるといいでしょう。 似たような言葉、同じ意味を持つ別の言い方を調べてみるのです。 たとえば、一つのことわざを調べると、同じような意味のことわざが出てくるでしょう。

そのような別のことわざも記録していけば、語彙がさらに増えていくにちがいありません。 一つの言葉、一つのことわざから、さらに知らない言葉との出会いを求めていくこと、これも語彙力をつけるためのコツと言っていいでしょう。

「言葉」「語彙」に関する本を読む

最初の項目で、語彙を増やすには、読書がもっとも有効な方法だというお話をしました。 「できるだけ手っ取り早く語彙を増やしたい」と思うなら、言葉そのものをテーマにした本を選ぶといいでしょう。

「日本語」「言葉」「語彙」に関する本がたくさん出ています。 そうした本には、知らない言葉がたくさん紹介されているに違いありません。 そうした言葉に関する解説もされているはずですから、手っ取り早く言葉を覚え、語彙を増やしていけることでしょう。 それを自分の「語彙ノート」に書き写すことで、新しい言葉を覚えられるというわけです。

覚えた言葉は実際に使ってみる

頭で言葉を覚えたとしても、それを実際に使いこなすことができなければ、語彙力が向上したことにはなりません。 ですから、上記のような方法で言葉を覚えたら、必ず実際に使ってみることにしましょう。 その言葉を使って文章を書いてみたり、人と会話する際に、その言葉を意図的に使ってみるのです。

語彙ノートをチェックして、「今日は友達との会話の中で、この言葉を使ってみよう」と意識するのもいいでしょう。 その意識があれば、友達と会話している際に、その言葉を使うチャンスが訪れるかもしれません。 実際に使ってみて初めて、その言葉を自分のものにすることができるのです。 覚えた言葉を実際に使うこと、これも語彙力をつけるためのコツです。

語彙力をつけるための6つのコツを紹介しました。 知らない言葉と出会う機会を作ること、用例を含めてその言葉を覚えること、そして実際にその言葉を使ってみること、これが語彙を増やすためのポイントということになります。

「もっとボキャブラリーを増やしたい」と思っている方は少なくないでしょう。 そんな方のために、語彙力をつけるためのコツを紹介することにしましょう。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-