【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521111041.html
優柔不断な性格を改善するコツ

優柔不断な性格を改善するコツ | LADYCO

LADYCO
優柔不断な性格を改善するコツ

決めなければいけないことがあるのに中々決めることが出来ないという人は結構世の中にいるのです。

でもそんな優柔不断な性格を改善してみたいと思いませんか?

改善への道のコツをご紹介致します。

  • 買い物は短時間で
  • 完璧じゃなくても良いと思う
  • 一番好きな物リストを作る
  • 直感に頼って選ぶ
  • 出来るだけ自分で決めるようにする
  • すぐ選べる物はすぐに選ぶ
  • 第三者目線で選ぶ
  • 時間を無駄にしていることを自覚する
  • まとめ

1. 買い物は短時間で

買い物は短時間で

優柔不断な人は特に買う物を決めて来ていない場合は買い物が長くなってしまう傾向が強いです。

一人で買い物をしているならば良いですが、誰かと一緒に来ている場合は中々買う物が決まらないと相手に迷惑を掛けてしまうことになります。

なので普段の買い物をする時は出来るだけ短時間で済むように心掛けて下さい。

制限時間を設けることをお勧めです。

買い物は絶対10分以内に終わらせると決めておきます。

仮に時限爆弾が仕掛けられていたとしたらどんなに優柔不断な人でも短時間で決めることが出来ますよね。

時限爆弾みたいな感じで10分以内に買い物を終わらせないと地球が滅亡するくらいの気持ちでゲーム感覚で楽しんで取り組みましょう。

2. 完璧じゃなくても良いと思う

完璧じゃなくても良いと思う

優柔不断という言葉はマイナスな言葉で使われることが殆どですが、このような方たちは完璧主義の方が多かったりします。

絶対に後悔したくないし絶対に得をしたいからこそ慎重に選ばなくてはならないと思っているのです。

しかし普段の買い物くらいではそこまで完璧に考える必要はありません。

人生のパートナーを選ぶわけでも在るまいし、そこは完璧主義をやめてたまには適当に選んでみると良いでしょう。

なんならあみだくじでも作ってそれで結果を決めるというのもありです。

3. 一番好きな物リストを作る

一番好きな物リストを作る

優柔不断で選べないことが多いという方は時間がある時に一番好きな物をリストとして書き出してみてください。

一番好きな色、食べ物、テレビ番組、歌などなど色々なジャンルで一番好きな物を書いていくのです。

絶対に優柔不断なタイプの方は一番なんて決められないと思って中々書くことは出来ないと思います。

ですがこれは優柔不断な性格を変える為の特訓でもあります。

リストにまとめることにより、本当に自分の好きなことややりたいことなどがはっきりと見えて来ます。

4. 直感に頼って選ぶ

直感に頼って選ぶ

人間には顕在意識と潜在意識という物が備わっているのですが、優柔不断な人は顕在意識はフル活用をしていますが潜在意識を活用することが出来ていません。

顕在意識というのは頭でよく考えている部分なのですが、潜在意識は直感のことです。

どちらにしていいのか選ぶことが出来ないと思った時は、自分の直感で決めてみてください。

適当に決めることと似ているように思うかも知れませんが、適当ではなくてピンと来た方を選ぶということです。

5. 出来るだけ自分で決めるようにする

出来るだけ自分で決めるようにする

友達と遊びに行こうという話になった時に何処に行くか決めるのはあなたですか?

それとも友達ですか?

もしいつも友達に行き先に決めて貰っているのであれば、暫くの間自分から行きたい場所を提案してみましょう。

勿論あまりにも自分の行きたい所を優先して友達の意見を無視することはよくないことですが、自分で遊びに行くプランを考えることは優柔不断を脱出する為には役に立ちます。

勿論ご飯を食べる時も「どうする?」という話になった時は自分で食べたい物をはっきり言うようにしましょう。

6. すぐ選べる物はすぐに選ぶ

すぐ選べる物はすぐに選ぶ

何かを選択しなければいけない時にすぐに決断出来ない物もあればすぐに決断しても良い物もあります。

例えば大きな仕事を任された時にやると言うべきか断るべきかは慎重になって決断した方が良いことですが、自動販売機でジュースを買うならばすぐに選ばなければならないことです。

このように大きなことは優柔不断になってしまっても仕方がないことですが、自販機でジュースを買うような小さなことはすぐに選ぶ癖を付けるようにしましょう。

7. 第三者目線で選ぶ

第三者目線で選ぶ

自分で決めることが出来ないのであれば、敢えて第三者目線で選んでみるというのは如何でしょうか?

自分のことだからこそ迷ってしまうので、「もし友達の○○ちゃんだったらこっちを選ぶだろうな」「○○さんならこれを選ぶだろうな」と第三者目線で考えてみるのです。

そんなことを繰り返しているうちに自分のことも客観的に考えられるようになっていき迷いにくくなります。

8. 時間を無駄にしていることを自覚する

時間を無駄にしていることを自覚する

優柔不断の方は迷っている時間がとにかく長いのですが、時間を無駄にしていることに気付いていないことがあります。

もっと時間を無駄にしているということを自覚するようにしてみて下さい。

人間はいつか死にます。

限られた人生を迷っている時間に沢山費やしてしまっては勿体無いことです。

選んでいる時間を短縮させて、もっと自分の好きなことをする為の時間に使ってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

治すのはそう簡単なことではありませんが優柔不断な性格は変えることが出来ます。

いつでもすぐに決断出来るのは旗から見ても格好良く見えますし、この性格を改善することで時間をより大切に使うことが出来ます。

決めなければいけないことがあるのに中々決めることが出来ないという人は結構世の中にいるのです。

でもそんな優柔不断な性格を改善してみたいと思いませんか?

改善への道のコツをご紹介致します。


買い物は短時間で

優柔不断な人は特に買う物を決めて来ていない場合は買い物が長くなってしまう傾向が強いです。

一人で買い物をしているならば良いですが、誰かと一緒に来ている場合は中々買う物が決まらないと相手に迷惑を掛けてしまうことになります。

なので普段の買い物をする時は出来るだけ短時間で済むように心掛けて下さい。

制限時間を設けることをお勧めです。

買い物は絶対10分以内に終わらせると決めておきます。

仮に時限爆弾が仕掛けられていたとしたらどんなに優柔不断な人でも短時間で決めることが出来ますよね。

時限爆弾みたいな感じで10分以内に買い物を終わらせないと地球が滅亡するくらいの気持ちでゲーム感覚で楽しんで取り組みましょう。

完璧じゃなくても良いと思う

優柔不断という言葉はマイナスな言葉で使われることが殆どですが、このような方たちは完璧主義の方が多かったりします。

絶対に後悔したくないし絶対に得をしたいからこそ慎重に選ばなくてはならないと思っているのです。

しかし普段の買い物くらいではそこまで完璧に考える必要はありません。

人生のパートナーを選ぶわけでも在るまいし、そこは完璧主義をやめてたまには適当に選んでみると良いでしょう。

なんならあみだくじでも作ってそれで結果を決めるというのもありです。

一番好きな物リストを作る

優柔不断で選べないことが多いという方は時間がある時に一番好きな物をリストとして書き出してみてください。

一番好きな色、食べ物、テレビ番組、歌などなど色々なジャンルで一番好きな物を書いていくのです。

絶対に優柔不断なタイプの方は一番なんて決められないと思って中々書くことは出来ないと思います。

ですがこれは優柔不断な性格を変える為の特訓でもあります。

リストにまとめることにより、本当に自分の好きなことややりたいことなどがはっきりと見えて来ます。

直感に頼って選ぶ

人間には顕在意識と潜在意識という物が備わっているのですが、優柔不断な人は顕在意識はフル活用をしていますが潜在意識を活用することが出来ていません。

顕在意識というのは頭でよく考えている部分なのですが、潜在意識は直感のことです。

どちらにしていいのか選ぶことが出来ないと思った時は、自分の直感で決めてみてください。

適当に決めることと似ているように思うかも知れませんが、適当ではなくてピンと来た方を選ぶということです。

出来るだけ自分で決めるようにする

友達と遊びに行こうという話になった時に何処に行くか決めるのはあなたですか?

それとも友達ですか?

もしいつも友達に行き先に決めて貰っているのであれば、暫くの間自分から行きたい場所を提案してみましょう。

勿論あまりにも自分の行きたい所を優先して友達の意見を無視することはよくないことですが、自分で遊びに行くプランを考えることは優柔不断を脱出する為には役に立ちます。

勿論ご飯を食べる時も「どうする?」という話になった時は自分で食べたい物をはっきり言うようにしましょう。

すぐ選べる物はすぐに選ぶ

何かを選択しなければいけない時にすぐに決断出来ない物もあればすぐに決断しても良い物もあります。

例えば大きな仕事を任された時にやると言うべきか断るべきかは慎重になって決断した方が良いことですが、自動販売機でジュースを買うならばすぐに選ばなければならないことです。

このように大きなことは優柔不断になってしまっても仕方がないことですが、自販機でジュースを買うような小さなことはすぐに選ぶ癖を付けるようにしましょう。

第三者目線で選ぶ

自分で決めることが出来ないのであれば、敢えて第三者目線で選んでみるというのは如何でしょうか?

自分のことだからこそ迷ってしまうので、「もし友達の○○ちゃんだったらこっちを選ぶだろうな」「○○さんならこれを選ぶだろうな」と第三者目線で考えてみるのです。

そんなことを繰り返しているうちに自分のことも客観的に考えられるようになっていき迷いにくくなります。

時間を無駄にしていることを自覚する

優柔不断の方は迷っている時間がとにかく長いのですが、時間を無駄にしていることに気付いていないことがあります。

もっと時間を無駄にしているということを自覚するようにしてみて下さい。

人間はいつか死にます。

限られた人生を迷っている時間に沢山費やしてしまっては勿体無いことです。

選んでいる時間を短縮させて、もっと自分の好きなことをする為の時間に使ってください。

いかがでしたでしょうか。

治すのはそう簡単なことではありませんが優柔不断な性格は変えることが出来ます。

いつでもすぐに決断出来るのは旗から見ても格好良く見えますし、この性格を改善することで時間をより大切に使うことが出来ます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-