【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521111035.html
アルコールを我慢するコツ

アルコールを我慢するコツ | LADYCO

LADYCO
アルコールを我慢するコツ

アルコールと言うのは少量でしたら体に良い物ですが、多量に飲むと肝臓にもよくありませんので十分注意してください。

アルコールを我慢するするためにはどうすれば良いかご紹介致します。

  • お金を持たない
  • 代用できる物を探す
  • 売っている店になるべく行かない
  • 交通手段でバスを使ってみる
  • つもり購入を繰り返す
  • もしもを考える
  • 何か特別な時だけの楽しみにする
  • 健康診断の結果を見直す
  • まとめ

1. お金を持たない

お金を持たない

アルコールの誘惑はとても強いものです。

まず、お酒を買うためには必ずお金が必要となります。

タダで気前よくお酒をくれる店などありませんので、仕事に行くときなどでもお財布の中には最低限の金額のみ入れておきましょう。

例えば一日1000円のみお財布に入れて置くなどを繰り返しそれ以上はお金を入れて置かないようにしてみてはどうでしょうか。

そうすることによって飲み会に誘われても行けないと財布の中を見せるなど堂々とするような行為を取る事ができます。

もちろん、クレジットカードやキャッシュカードなども入れて置かないようにしましょう。

そうすると、お酒を購入するのがとても高く感じてしまいます。

まずは金銭感覚の見直しからしてみましょう。

2. 代用できる物を探す

代用できる物を探す

お金はやっぱり最低限は無くては困ると言う方は代用できる物を探しましょう。

1日の疲れを癒すためにコンビニでちょっと高めのデザートを購入したり好きなお菓子などでも構いません。

一日のけじめをつけるための購入を続ける事によってアルコールが頭から離れて行くのを待ちます。

本来、自分はお酒よりもお菓子が好きだったり、甘い物が好きだったりしていたときの事を思い出してみてはいかがでしょうか。

お酒よりも美味しい物を探す事にまた別の癒しの存在ができてきます。

代用できる物が見つかればお酒も自然と購入しなくなっていきます。

3. 売っている店になるべく行かない

売っている店になるべく行かない

結局はお店に入ってしまうから購入したくなってしまいます。

会社帰りなどはなるべく真っ直ぐ帰るように心掛けたり、寄り道をしないで帰る事によって購入の機会と言うのは自然と少なくなっていきます。

途中自販機でお酒が売っているのを見てもスーパーとの値段を比較する事を心掛けましょう。

やっぱり、スーパーの方が安いんだったらそっちで買うべきだったと言う気持ちを作っていきましょう。

今から戻って買いに行くのが大変だからまた明日にしよう。

一日を先送りにする事によってお酒から離れていくような心がけて行きましょう。

4. 交通手段でバスを使ってみる

交通手段でバスを使ってみる

最寄り駅から徒歩10分の自宅であったとしてもその距離でバスを使ってみてはいかがでしょうか。

普段は徒歩10分の道のりを歩いていてもバスだとこんなに楽だと感じる部分がでてきます。

一日一本のお酒を飲むのを我慢すればバスで通勤もする事ができるなどの気持ちが出ます。

特に駅からバスが出ていたりすると、とても乗りやすく寄り道の回数も自然と減っていきます。

しかし、この方法は運動不足の人にはあまりオススメできません。

バス代の方がお酒よりも高くついてしまう可能性も十分ありますので試してみるときは注意して下さい。

5. つもり購入を繰り返す

つもり購入を繰り返す

思い切って高いブランド物などを購入してみてはどうでしょうか。

この前、高い物を購入してしまったからお金が使いづらい。

自分のために良い物を購入したから頑張らなくちゃと言う先に購入してしまいましょう。

生活の循環をわざと悪くする事でお酒の買い方を改善する方法です。

この方法はあくまで現金での購入をオススメします。

ローンや消費者金融などでお金を借りてまでする方法ではありません。

あくまで自分の目安で手元にあるお金を用いて購入する方法をオススメします。

6. もしもを考える

もしもを考える

もしもお酒を買わなければ、一年続ければ、いくら貯まるだろうなどと想像してみましょう。

逆にもしも、お酒を買ってしまい一年続ければどれぐらいの金額使ってしまうだろうなどを常にifを持つ精神を持ってみましょう。

もしもと言うのはとても都合が悪い時の事を想定しやすいですが、プラス思考に考える事によって楽しみで想像が膨らんで行きます。

もしもの精神を持ち続ける事はお酒を我慢するコツとも言えます。

お酒の購入を考えたらifの気持ちを少しでも持っていくようにしましょう。

7. 何か特別な時だけの楽しみにする

何か特別な時だけの楽しみにする

全く飲まないと言うのはかなりのストレスが溜まって行く事は間違いありません。

あくまでお酒と言うのは生活習慣ですので急に今日辞めますだなんて言うのは難しいかもしれません。

ですので、何か特別な時にだけ一本飲むなどで対策をしてみましょう。

今日は友人の誕生日だから1缶だけ飲もうとかの気持ちを少しだけ飲むようにしましょう。

次の行事はなんだろう。

自分の中で少しずつコントロールする事によって気がつけば飲まなくなってしまう事もあります。

決まった日だけ飲むのも意思を強くさせていきます。

8. 健康診断の結果を見直す

健康診断の結果を見直す

前回やった健康診断の数値を見直しみてはいかがでしょうか。

前回は結構悪かったのでこれ以上悪くなってしまう可能性を考えたりしてみましょう。

身近な人で体を壊して命が亡くなってしまった人の事も思い出してみてはいかがでしょうか。

せっかく自分に生まれてきたのであれば自分の体が自分で守っていくものだと言う気持ちを強く持ち先祖の神様に手を合わせてみてはどうでしょう。

たまにや感謝する気持ちも大切であり自分と言う物をもう少し見つめる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

お酒は意思の面が強いと思います。

アルコールじゃなければダメだと言う理由を少しでも考えてみると実際はそうではないかもしれません。

依存症になってからでは遅いので自分の体を少し見つめ直してみてはいかがでしょうか。

アルコールと言うのは少量でしたら体に良い物ですが、多量に飲むと肝臓にもよくありませんので十分注意してください。

アルコールを我慢するするためにはどうすれば良いかご紹介致します。


お金を持たない

アルコールの誘惑はとても強いものです。

まず、お酒を買うためには必ずお金が必要となります。

タダで気前よくお酒をくれる店などありませんので、仕事に行くときなどでもお財布の中には最低限の金額のみ入れておきましょう。

例えば一日1000円のみお財布に入れて置くなどを繰り返しそれ以上はお金を入れて置かないようにしてみてはどうでしょうか。

そうすることによって飲み会に誘われても行けないと財布の中を見せるなど堂々とするような行為を取る事ができます。

もちろん、クレジットカードやキャッシュカードなども入れて置かないようにしましょう。

そうすると、お酒を購入するのがとても高く感じてしまいます。

まずは金銭感覚の見直しからしてみましょう。

代用できる物を探す

お金はやっぱり最低限は無くては困ると言う方は代用できる物を探しましょう。

1日の疲れを癒すためにコンビニでちょっと高めのデザートを購入したり好きなお菓子などでも構いません。

一日のけじめをつけるための購入を続ける事によってアルコールが頭から離れて行くのを待ちます。

本来、自分はお酒よりもお菓子が好きだったり、甘い物が好きだったりしていたときの事を思い出してみてはいかがでしょうか。

お酒よりも美味しい物を探す事にまた別の癒しの存在ができてきます。

代用できる物が見つかればお酒も自然と購入しなくなっていきます。

売っている店になるべく行かない

結局はお店に入ってしまうから購入したくなってしまいます。

会社帰りなどはなるべく真っ直ぐ帰るように心掛けたり、寄り道をしないで帰る事によって購入の機会と言うのは自然と少なくなっていきます。

途中自販機でお酒が売っているのを見てもスーパーとの値段を比較する事を心掛けましょう。

やっぱり、スーパーの方が安いんだったらそっちで買うべきだったと言う気持ちを作っていきましょう。

今から戻って買いに行くのが大変だからまた明日にしよう。

一日を先送りにする事によってお酒から離れていくような心がけて行きましょう。

交通手段でバスを使ってみる

最寄り駅から徒歩10分の自宅であったとしてもその距離でバスを使ってみてはいかがでしょうか。

普段は徒歩10分の道のりを歩いていてもバスだとこんなに楽だと感じる部分がでてきます。

一日一本のお酒を飲むのを我慢すればバスで通勤もする事ができるなどの気持ちが出ます。

特に駅からバスが出ていたりすると、とても乗りやすく寄り道の回数も自然と減っていきます。

しかし、この方法は運動不足の人にはあまりオススメできません。

バス代の方がお酒よりも高くついてしまう可能性も十分ありますので試してみるときは注意して下さい。

つもり購入を繰り返す

思い切って高いブランド物などを購入してみてはどうでしょうか。

この前、高い物を購入してしまったからお金が使いづらい。

自分のために良い物を購入したから頑張らなくちゃと言う先に購入してしまいましょう。

生活の循環をわざと悪くする事でお酒の買い方を改善する方法です。

この方法はあくまで現金での購入をオススメします。

ローンや消費者金融などでお金を借りてまでする方法ではありません。

あくまで自分の目安で手元にあるお金を用いて購入する方法をオススメします。

もしもを考える

もしもお酒を買わなければ、一年続ければ、いくら貯まるだろうなどと想像してみましょう。

逆にもしも、お酒を買ってしまい一年続ければどれぐらいの金額使ってしまうだろうなどを常にifを持つ精神を持ってみましょう。

もしもと言うのはとても都合が悪い時の事を想定しやすいですが、プラス思考に考える事によって楽しみで想像が膨らんで行きます。

もしもの精神を持ち続ける事はお酒を我慢するコツとも言えます。

お酒の購入を考えたらifの気持ちを少しでも持っていくようにしましょう。

何か特別な時だけの楽しみにする

全く飲まないと言うのはかなりのストレスが溜まって行く事は間違いありません。

あくまでお酒と言うのは生活習慣ですので急に今日辞めますだなんて言うのは難しいかもしれません。

ですので、何か特別な時にだけ一本飲むなどで対策をしてみましょう。

今日は友人の誕生日だから1缶だけ飲もうとかの気持ちを少しだけ飲むようにしましょう。

次の行事はなんだろう。

自分の中で少しずつコントロールする事によって気がつけば飲まなくなってしまう事もあります。

決まった日だけ飲むのも意思を強くさせていきます。

健康診断の結果を見直す

前回やった健康診断の数値を見直しみてはいかがでしょうか。

前回は結構悪かったのでこれ以上悪くなってしまう可能性を考えたりしてみましょう。

身近な人で体を壊して命が亡くなってしまった人の事も思い出してみてはいかがでしょうか。

せっかく自分に生まれてきたのであれば自分の体が自分で守っていくものだと言う気持ちを強く持ち先祖の神様に手を合わせてみてはどうでしょう。

たまにや感謝する気持ちも大切であり自分と言う物をもう少し見つめる時間を作ってみてはいかがでしょうか。

お酒は意思の面が強いと思います。

アルコールじゃなければダメだと言う理由を少しでも考えてみると実際はそうではないかもしれません。

依存症になってからでは遅いので自分の体を少し見つめ直してみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-