【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521102357.html
旦那を謝らせるコツ

旦那を謝らせるコツ | LADYCO

LADYCO
旦那を謝らせるコツ

夫婦喧嘩をした時に「旦那を謝らせたい!」と思うこともありますね。

そのため役立つコツをご紹介したいと思います

  • まずは自分の非を認める
  • 泣いて訴える
  • 怒ってキレている様子を見せる
  • 旦那が頭が上がらない人に相談すると言う
  • ペナルティーをちらつかせて脅す
  • 家を出て本気度を感じてもらう
  • 怒らずに悲しかったと言ってみる
  • 子供を巻き込んで四面楚歌状態を作る
  • 「謝って」とストレートに言う
  • 言い訳ができない状況を作る
  • まとめ

1. まずは自分の非を認める

まずは自分の非を認める

旦那に限ったことではありませんが、相手に謝らせたい時はまずこちらが自分の非を認めてしまうのが効果的です。

誤解されるような自分の言動を悔やんだり、旦那がこう思っているのではと考えた様子を見せて反省を表します。

それほど悪いと思っていなくてもとりあえず先に謝ってしまえば案外怒りが早くひいて向こうも「こっちこそごめん」と言ってくれたりします。

辛抱が必要な方法ですが、仲直りをスムーズに行うにもいい方法です。

2. 泣いて訴える

泣いて訴える

女性の涙に弱い男性も多いので、ちょっと卑怯ではありますが泣いて訴えてみましょう。

泣かれると罪悪感でいっぱいになったりどうしたらいいかわからずについ「ごめんね」と言ってしまう旦那もいるのではないでしょうか。

人によっては「泣けば済むことか!」とか「女はずるい」などと余計罵ってくることもあるので、優しい性格の旦那ではないならうまくいかない可能性もあります。

また、普段からすぐ泣くのではなくここぞという時のために温存しておきましょう。

3. 怒ってキレている様子を見せる

怒ってキレている様子を見せる

気の弱い旦那なら温厚な妻が怒ってキレだすとビビって「ごめんごめん」と言ってしまうこともあります。

勢いで言っているだけなので気持ちのいい謝罪の言葉ではないですが、とりあえず謝らせることができて気持ちがすっきりします。

こちらも泣いて訴える場合と同じく、ここぞという時用にとっておきましょう。

うまくいくコツは「あの妻がキレた!」と思わせるくらい、いつもとのギャップを見せることです。

4. 旦那が頭が上がらない人に相談すると言う

旦那が頭が上がらない人に相談すると言う

旦那にとって頭が上がらない人の存在を思い浮かべます。

例えば親や上司などです。

その人に相談すると言ってみましょう。

一対一ですら面倒なのに頭の上がらない相手からもさらに説教をされると思えば余計にそれを避けたくなります。

そして、さっさと謝って今のうちに妻の怒りをしずめようと思うのではないでしょうか。

5. ペナルティーをちらつかせて脅す

ペナルティーをちらつかせて脅す

旦那を謝らせるにはペナルティーを与えることです。

例えば「お小遣い減らすよ!」と脅したり、今以上の厳しいルールを課して苦しめようとしてみてください。

それはたまらないと感じ、謝って事なきを得ようとする旦那もいるのではないでしょうか。

普段から尻に敷かれている旦那や自分が悪いとよくわかっている旦那には効果がありそうな気がします。

6. 家を出て本気度を感じてもらう

家を出て本気度を感じてもらう

今回ばかりは本気で怒っているとか心の底から傷ついたと感じてもらうために家を出て様子を見るという方法もあります。

妻に生活を任せきりな旦那なら物理的にも困るので謝って迎えに来てくれるでしょうし、一人になって落ち着いて考える時間ができたことで素直に謝る気分になれる旦那もいます。

家を出て実家に帰った場合は妻の親の手前もあり謝らないと形にならない、と考えることもあります。

7. 怒らずに悲しかったと言ってみる

怒らずに悲しかったと言ってみる

夫婦喧嘩においては怒ることで向こうもさらに怒るということも多いでしょうから、あえて悲しかったと言ってみるという手もあります。

怒っている人に謝るのは何だか悔しい気もしますが、悲しかったと言われると傷つけた罪悪感で謝る気にもなるのです。

急に女性らしく思え、弱い相手にひどいことをしたという気分にさせます。

8. 子供を巻き込んで四面楚歌状態を作る

子供を巻き込んで四面楚歌状態を作る

子供がいる家庭なら子供を巻き込んで旦那を四面楚歌状態にしてしまいましょう。

味方だと思っていた子供にまでそっけなくされ、居心地の悪い家庭の雰囲気に耐えられなくなって謝る旦那もいます。

残酷な方法ですが、妻にいろいろ言われることにすっかり慣れてしまっていることもあるため、ここは子供に協力してもらうというのも致し方ありません。

9. 「謝って」とストレートに言う

「謝って」とストレートに言う

最も単純な方法ですが、旦那に「謝って!」とストレートに言ってしまったっていいのです。

言われるまで謝るほどのことなのかいまいちわからない鈍感な旦那もいますし、謝っても効果がないと諦めている旦那ならほっとするでしょう。

単純な旦那ならはっきり言ってもらうことで「あ、ごめん」と簡単に片付く結末が見えます。

10. 言い訳ができない状況を作る

言い訳ができない状況を作る

言い訳ができないような状況を作り、何を言っても証拠や論理で相手を打ち負かします。

そして「もう無理だ…」と観念させ、自然と謝罪の言葉が出るのを待ってみてください。

この方法は怒りや悲しみを抑えつつ自分が有利な状況を作らなければならず、こちらもしんどい思いをします。

しかし、本心で悪いと思ってもらうには効果があるのではないでしょうか。

まとめ

旦那を謝らせるベストな方法は相手の性格や日頃の夫婦のノリによっても違ってきます。

今挙げたコツの中から自分の旦那に効果がありそうなことから試してみてください。

きっとどれか当てはまると信じています。

夫婦喧嘩をした時に「旦那を謝らせたい!」と思うこともありますね。

そのため役立つコツをご紹介したいと思います


まずは自分の非を認める

旦那に限ったことではありませんが、相手に謝らせたい時はまずこちらが自分の非を認めてしまうのが効果的です。

誤解されるような自分の言動を悔やんだり、旦那がこう思っているのではと考えた様子を見せて反省を表します。

それほど悪いと思っていなくてもとりあえず先に謝ってしまえば案外怒りが早くひいて向こうも「こっちこそごめん」と言ってくれたりします。

辛抱が必要な方法ですが、仲直りをスムーズに行うにもいい方法です。

泣いて訴える

女性の涙に弱い男性も多いので、ちょっと卑怯ではありますが泣いて訴えてみましょう。

泣かれると罪悪感でいっぱいになったりどうしたらいいかわからずについ「ごめんね」と言ってしまう旦那もいるのではないでしょうか。

人によっては「泣けば済むことか!」とか「女はずるい」などと余計罵ってくることもあるので、優しい性格の旦那ではないならうまくいかない可能性もあります。

また、普段からすぐ泣くのではなくここぞという時のために温存しておきましょう。

怒ってキレている様子を見せる

気の弱い旦那なら温厚な妻が怒ってキレだすとビビって「ごめんごめん」と言ってしまうこともあります。

勢いで言っているだけなので気持ちのいい謝罪の言葉ではないですが、とりあえず謝らせることができて気持ちがすっきりします。

こちらも泣いて訴える場合と同じく、ここぞという時用にとっておきましょう。

うまくいくコツは「あの妻がキレた!」と思わせるくらい、いつもとのギャップを見せることです。

旦那が頭が上がらない人に相談すると言う

旦那にとって頭が上がらない人の存在を思い浮かべます。

例えば親や上司などです。

その人に相談すると言ってみましょう。

一対一ですら面倒なのに頭の上がらない相手からもさらに説教をされると思えば余計にそれを避けたくなります。

そして、さっさと謝って今のうちに妻の怒りをしずめようと思うのではないでしょうか。

ペナルティーをちらつかせて脅す

旦那を謝らせるにはペナルティーを与えることです。

例えば「お小遣い減らすよ!」と脅したり、今以上の厳しいルールを課して苦しめようとしてみてください。

それはたまらないと感じ、謝って事なきを得ようとする旦那もいるのではないでしょうか。

普段から尻に敷かれている旦那や自分が悪いとよくわかっている旦那には効果がありそうな気がします。

家を出て本気度を感じてもらう

今回ばかりは本気で怒っているとか心の底から傷ついたと感じてもらうために家を出て様子を見るという方法もあります。

妻に生活を任せきりな旦那なら物理的にも困るので謝って迎えに来てくれるでしょうし、一人になって落ち着いて考える時間ができたことで素直に謝る気分になれる旦那もいます。

家を出て実家に帰った場合は妻の親の手前もあり謝らないと形にならない、と考えることもあります。

怒らずに悲しかったと言ってみる

夫婦喧嘩においては怒ることで向こうもさらに怒るということも多いでしょうから、あえて悲しかったと言ってみるという手もあります。

怒っている人に謝るのは何だか悔しい気もしますが、悲しかったと言われると傷つけた罪悪感で謝る気にもなるのです。

急に女性らしく思え、弱い相手にひどいことをしたという気分にさせます。

子供を巻き込んで四面楚歌状態を作る

子供がいる家庭なら子供を巻き込んで旦那を四面楚歌状態にしてしまいましょう。

味方だと思っていた子供にまでそっけなくされ、居心地の悪い家庭の雰囲気に耐えられなくなって謝る旦那もいます。

残酷な方法ですが、妻にいろいろ言われることにすっかり慣れてしまっていることもあるため、ここは子供に協力してもらうというのも致し方ありません。

「謝って」とストレートに言う

最も単純な方法ですが、旦那に「謝って!」とストレートに言ってしまったっていいのです。

言われるまで謝るほどのことなのかいまいちわからない鈍感な旦那もいますし、謝っても効果がないと諦めている旦那ならほっとするでしょう。

単純な旦那ならはっきり言ってもらうことで「あ、ごめん」と簡単に片付く結末が見えます。

言い訳ができない状況を作る

言い訳ができないような状況を作り、何を言っても証拠や論理で相手を打ち負かします。

そして「もう無理だ…」と観念させ、自然と謝罪の言葉が出るのを待ってみてください。

この方法は怒りや悲しみを抑えつつ自分が有利な状況を作らなければならず、こちらもしんどい思いをします。

しかし、本心で悪いと思ってもらうには効果があるのではないでしょうか。

旦那を謝らせるベストな方法は相手の性格や日頃の夫婦のノリによっても違ってきます。

今挙げたコツの中から自分の旦那に効果がありそうなことから試してみてください。

きっとどれか当てはまると信じています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-