【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521101305.html
元彼の結婚式に行くときに注意したい事10選

元彼の結婚式に行くときに注意したい事10選 | LADYCO

LADYCO
元彼の結婚式に行くときに注意したい事10選

元彼の結婚式に行くときに注意したい事を10選まとめました。

  • 彼女に元カノだと知られないように
  • 贈り物に気を付けましょう
  • 元カレに気を使わせないように
  • 目立つ行動はしないように
  • 元カノだと言いふらさないように
  • きちんと祝えるようにしましょう
  • 元彼への思いは断ち切っておきましょう
  • 余計なことは言わないように
  • 体調管理に気を付けましょう
  • 元彼とはあまりしゃべらないように
  • まとめ

1. 彼女に元カノだと知られないように

彼女に元カノだと知られないように

結婚式当日に元カノだと知られないようにしましょう。

女性は嫉妬深い生き物なため、そういうことを知ってしまうとその後の結婚式にあまりいい気分であくれなくなってしまう可能性が非常に高いです。

なので、きちんとそういうことを踏まえたうえで結婚式に行くようにしましょう。

また、結婚式前に知られてしまったという場合は、現彼女さんにいいイメージを持たれている場合は行ってもいいでしょう。

ただし、あまりいい印象を持たれていないのであれば、はっきり言って結婚式にはいかないほうがいいでしょう。

あくまで結婚式は結婚する人が主役です。

その主役に嫌われているのでしたら正直いかないのが吉です。

それでも生きたいというのであれば、絶対に目立たないようにしましょう。

新郎新婦に不快な思いをさせないように十分気を付けるように心がけておきましょう。

2. 贈り物に気を付けましょう

贈り物に気を付けましょう

贈り物には気を付けるようにしましょう。

元カレの好きなものを送ればいい屋ではなく、今後二人の役に立つものを送ってあげるといい印象を持ってもらえるでしょう。

というのも元カレの好きなものを送ってしまうと、まだ気があるのではと新婦に勘違いされてしまう可能性があるからです。

先ほど上記でも言ったように女性は嫉妬深い生き物です。

あなたが送ったもので二人の生活に亀裂を入れてしまう可能性があります。

元カレのためにではなく、二人のために何を送ったらいいのかきちんと考えるようにしましょう。

そうすれば、自然と新郎新婦に何を送ってあげればいいのかわかってくるはずです。

あとは、きちんと心から祝ってあげましょう。

3. 元カレに気を使わせないように

元カレに気を使わせないように

結婚式に行ったときに元カレ、つまり新郎に気を使わせないようにしましょう。

特に新郎に慰めてもらうような行動は絶対にしないようにしてください。

問うのももう結婚したということはあなたの彼氏ではないということになります。

彼はもう新婦の旦那になったのです。

そこで、あなたが泣いて新郎がなく冷めでもしてしまったら新婦はいい気持ちをしません。

なので、結婚式に行ったのなら絶対に元カレ(新郎)に気を使わせないように十分気を付けるようにしておきましょう。

もし絶対に泣いてしまうという人はなるべく新郎に見つからないようにしましょう。

4. 目立つ行動はしないように

目立つ行動はしないように

目立つ行動はしないようにしましょう。

あくまで結婚式に主役は新郎新婦です。

それなのに新郎新婦よりも目立ったしまうと結婚式を台無しにしてしまう可能性があります。

その人との結婚式は人生で一度しかありません。

なので、誰もがいい思い出にしたいと考えているはずです。

そんな中結婚式を台無しにされてしまったら新郎新婦もその家族の方々もいい気分をするはずがありません。

なので、結婚式では目立たないように十分気を付けるようにしましょう。

間違っても結婚式を台無しにするような行動や服装は絶対に控えるようにしましょう。

5. 元カノだと言いふらさないように

元カノだと言いふらさないように

元カノだと言いふらさないようにしましょう。

ごくまれに結婚式で「私あの人と付き合っていたんだ」と誰も聞いていないことを言いふらす人がいます。

結婚式に来ている人は新郎新婦を心の底から祝いたいと考えている人が多いです。

そんな中でそんなことを言われてしまうと相手はあまりいい気分をしません。

なので、結婚式では余計な事をしゃべらないようにするようにしましょう。

簡単に言えば、空気を読めるようにしましょう。

そうすれば、結婚式でほかの人に迷惑をかけることもないでしょうし、何より相手を不快にさせるような思いをさせることはないでしょう。

6. きちんと祝えるようにしましょう

きちんと祝えるようにしましょう

たまに元カレのことをまだあきらめきれないで結婚式に行ってしまう人や、元カレが幸せになることをよく思っていない人が結婚式に行ってしまう人がいますが、はっきり言って、これは相手からしたら迷惑行為です。

結婚式に来る人は新郎新婦を心の底から祝おうと考えている人たちが集まる場所です。

そんな中に元カレのことを狙っているような女性や結婚式をよく思っていない人が来られても相手が不愉快になるだけです。

もしこういう人がいましたら、結婚式に参加すること自体間違っていますので、結婚式に出席するのはやめましょう。

心の底から祝えるようになりましょう。

7. 元彼への思いは断ち切っておきましょう

元彼への思いは断ち切っておきましょう

上記でも言いましたが、元カレへの思いはきちんと断ち切っておきましょう。

断ち切っておかなければ、新婦に迷惑をかけてしまう可能性が非常に高いです。

十分気を付けるようにしましょう。

もし、元カレへの思いを断ち切れないというのでしたら、結婚式に出席するのはあきらめたほうがいいでしょう。

どうしても結婚式に出席したいというのであれば、絶対に迷惑にならないようにしましょう。

8. 余計なことは言わないように

余計なことは言わないように

結婚式で空気を読むことができずに失礼なことを言ってしまう人が時々います。

主役に対して失礼なことをいうのは控えるようにしておきましょう。

昔付き合っていたから何をしてもいいという考えだけは絶対に捨てるようにしておきましょう。

あなたと元カレだけなら別に問題はないでしょうが、結婚式では新郎新婦の親戚や友人が大勢来ます。

その人たちにも不快な思いをさせないためにも余計なことを言わないように十分気を付けるようにしましょう。

9. 体調管理に気を付けましょう

体調管理に気を付けましょう

結婚式前日に元カレとの今までのことを思い出して泣いてしまう人も中にはいるでしょう。

泣いてそのまま寝てしまうと次の日体調が悪くなってしまい結婚式に出席できなくなってしまったという最悪の事態にならないためにもきちんと体調管理だけは気を付けるようにしておきましょう。

楽しい結婚式にできるように、結婚式があると分かった日から気を付けておくといいでしょう。

10. 元彼とはあまりしゃべらないように

元彼とはあまりしゃべらないように

これは、主に元カレのことをあきらめきれていない人や新婦に元カノだと知られていない人に気を付けてもらいたいです。

上記でも言いましたが、元カレのことをあきらめきれていないで結婚式に出席してしまうと自分がつらい思いをしてしまいますし、相手に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

そして、元カノだと知られていないで新郎としゃべってしまうと新婦が嫉妬してしまい、結婚式の空気が悪くなってしまう可能性も考えられます。

なので、もしこういう人がいましたら、あまりしゃべらないようにしたほうがいいでしょう。

まとめ

はっきり言って結婚式に行くこと自体あまりお勧めできませんが、やはりどうしても行きたいという人も多いでしょう。

そこで、十分気を付けてもらいたいのはきちんと元カレへの気持ちを断ち切っておくようにしましょう。

そうしなければ、元カレや新婦にも迷惑をかけてしまいますし、何より自分自身がつらい思いをしてしまうでしょう。

なので、きちんと元カレへの思いは断ち切るようにしておきましょう。

そして、結婚式ではあまり目立つような行動はしないようにしましょう。

結婚式でも主役はあくまで新郎新婦です。

なので、その新郎新婦よりも目立ってしまうと結婚式に来た人に不快な思いをさせてしまう恐れがあります。

目立つような行動は結婚式の催し物などでするようにしましょう。

あとは、余計なことは絶対に言わないように気を付けるようにしておきましょう。

元彼の結婚式に行くときに注意したい事を10選まとめました。


彼女に元カノだと知られないように

結婚式当日に元カノだと知られないようにしましょう。

女性は嫉妬深い生き物なため、そういうことを知ってしまうとその後の結婚式にあまりいい気分であくれなくなってしまう可能性が非常に高いです。

なので、きちんとそういうことを踏まえたうえで結婚式に行くようにしましょう。

また、結婚式前に知られてしまったという場合は、現彼女さんにいいイメージを持たれている場合は行ってもいいでしょう。

ただし、あまりいい印象を持たれていないのであれば、はっきり言って結婚式にはいかないほうがいいでしょう。

あくまで結婚式は結婚する人が主役です。

その主役に嫌われているのでしたら正直いかないのが吉です。

それでも生きたいというのであれば、絶対に目立たないようにしましょう。

新郎新婦に不快な思いをさせないように十分気を付けるように心がけておきましょう。

贈り物に気を付けましょう

贈り物には気を付けるようにしましょう。

元カレの好きなものを送ればいい屋ではなく、今後二人の役に立つものを送ってあげるといい印象を持ってもらえるでしょう。

というのも元カレの好きなものを送ってしまうと、まだ気があるのではと新婦に勘違いされてしまう可能性があるからです。

先ほど上記でも言ったように女性は嫉妬深い生き物です。

あなたが送ったもので二人の生活に亀裂を入れてしまう可能性があります。

元カレのためにではなく、二人のために何を送ったらいいのかきちんと考えるようにしましょう。

そうすれば、自然と新郎新婦に何を送ってあげればいいのかわかってくるはずです。

あとは、きちんと心から祝ってあげましょう。

元カレに気を使わせないように

結婚式に行ったときに元カレ、つまり新郎に気を使わせないようにしましょう。

特に新郎に慰めてもらうような行動は絶対にしないようにしてください。

問うのももう結婚したということはあなたの彼氏ではないということになります。

彼はもう新婦の旦那になったのです。

そこで、あなたが泣いて新郎がなく冷めでもしてしまったら新婦はいい気持ちをしません。

なので、結婚式に行ったのなら絶対に元カレ(新郎)に気を使わせないように十分気を付けるようにしておきましょう。

もし絶対に泣いてしまうという人はなるべく新郎に見つからないようにしましょう。

目立つ行動はしないように

目立つ行動はしないようにしましょう。

あくまで結婚式に主役は新郎新婦です。

それなのに新郎新婦よりも目立ったしまうと結婚式を台無しにしてしまう可能性があります。

その人との結婚式は人生で一度しかありません。

なので、誰もがいい思い出にしたいと考えているはずです。

そんな中結婚式を台無しにされてしまったら新郎新婦もその家族の方々もいい気分をするはずがありません。

なので、結婚式では目立たないように十分気を付けるようにしましょう。

間違っても結婚式を台無しにするような行動や服装は絶対に控えるようにしましょう。

元カノだと言いふらさないように

元カノだと言いふらさないようにしましょう。

ごくまれに結婚式で「私あの人と付き合っていたんだ」と誰も聞いていないことを言いふらす人がいます。

結婚式に来ている人は新郎新婦を心の底から祝いたいと考えている人が多いです。

そんな中でそんなことを言われてしまうと相手はあまりいい気分をしません。

なので、結婚式では余計な事をしゃべらないようにするようにしましょう。

簡単に言えば、空気を読めるようにしましょう。

そうすれば、結婚式でほかの人に迷惑をかけることもないでしょうし、何より相手を不快にさせるような思いをさせることはないでしょう。

きちんと祝えるようにしましょう

たまに元カレのことをまだあきらめきれないで結婚式に行ってしまう人や、元カレが幸せになることをよく思っていない人が結婚式に行ってしまう人がいますが、はっきり言って、これは相手からしたら迷惑行為です。

結婚式に来る人は新郎新婦を心の底から祝おうと考えている人たちが集まる場所です。

そんな中に元カレのことを狙っているような女性や結婚式をよく思っていない人が来られても相手が不愉快になるだけです。

もしこういう人がいましたら、結婚式に参加すること自体間違っていますので、結婚式に出席するのはやめましょう。

心の底から祝えるようになりましょう。

元彼への思いは断ち切っておきましょう

上記でも言いましたが、元カレへの思いはきちんと断ち切っておきましょう。

断ち切っておかなければ、新婦に迷惑をかけてしまう可能性が非常に高いです。

十分気を付けるようにしましょう。

もし、元カレへの思いを断ち切れないというのでしたら、結婚式に出席するのはあきらめたほうがいいでしょう。

どうしても結婚式に出席したいというのであれば、絶対に迷惑にならないようにしましょう。

余計なことは言わないように

結婚式で空気を読むことができずに失礼なことを言ってしまう人が時々います。

主役に対して失礼なことをいうのは控えるようにしておきましょう。

昔付き合っていたから何をしてもいいという考えだけは絶対に捨てるようにしておきましょう。

あなたと元カレだけなら別に問題はないでしょうが、結婚式では新郎新婦の親戚や友人が大勢来ます。

その人たちにも不快な思いをさせないためにも余計なことを言わないように十分気を付けるようにしましょう。

体調管理に気を付けましょう

結婚式前日に元カレとの今までのことを思い出して泣いてしまう人も中にはいるでしょう。

泣いてそのまま寝てしまうと次の日体調が悪くなってしまい結婚式に出席できなくなってしまったという最悪の事態にならないためにもきちんと体調管理だけは気を付けるようにしておきましょう。

楽しい結婚式にできるように、結婚式があると分かった日から気を付けておくといいでしょう。

元彼とはあまりしゃべらないように

これは、主に元カレのことをあきらめきれていない人や新婦に元カノだと知られていない人に気を付けてもらいたいです。

上記でも言いましたが、元カレのことをあきらめきれていないで結婚式に出席してしまうと自分がつらい思いをしてしまいますし、相手に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

そして、元カノだと知られていないで新郎としゃべってしまうと新婦が嫉妬してしまい、結婚式の空気が悪くなってしまう可能性も考えられます。

なので、もしこういう人がいましたら、あまりしゃべらないようにしたほうがいいでしょう。

はっきり言って結婚式に行くこと自体あまりお勧めできませんが、やはりどうしても行きたいという人も多いでしょう。

そこで、十分気を付けてもらいたいのはきちんと元カレへの気持ちを断ち切っておくようにしましょう。

そうしなければ、元カレや新婦にも迷惑をかけてしまいますし、何より自分自身がつらい思いをしてしまうでしょう。

なので、きちんと元カレへの思いは断ち切るようにしておきましょう。

そして、結婚式ではあまり目立つような行動はしないようにしましょう。

結婚式でも主役はあくまで新郎新婦です。

なので、その新郎新婦よりも目立ってしまうと結婚式に来た人に不快な思いをさせてしまう恐れがあります。

目立つような行動は結婚式の催し物などでするようにしましょう。

あとは、余計なことは絶対に言わないように気を付けるようにしておきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-