【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114307.html
元彼以上に好きになれる人が現れないと思う心理

元彼以上に好きになれる人が現れないと思う心理 | LADYCO

LADYCO
元彼以上に好きになれる人が現れないと思う心理

元彼のことが忘れられない、新しい恋をする気が起きない。

そんな元彼以上に好きになれる人が現れないと思う女性の心理や理由についてまとめてみました。

  • 元彼との連絡を断てず、さまざまな繋がる手段があるから
  • 元彼との思い出を大切にしているから
  • 元彼との思い出を美化しすぎているから
  • 元彼との出会いは運命だと思っているから
  • 元彼とよりを戻したいと思っているから
  • 別れたことを清算できず引きずっているから
  • 別れたショックが大きく新しい恋をする気が起きないから
  • 元彼とは結婚を前提につきあっていたから
  • 元彼が本当に理想の男性だったから
  • 今の彼氏に不満があるから
  • まとめ

1. 元彼との連絡を断てず、さまざまな繋がる手段があるから

元彼との連絡を断てず、さまざまな繋がる手段があるから

元彼との連絡先を消すことができず、LINEやメールなどで繋がる手段があると 未練が増幅してしまう場合が大きいです。

「もしかしたら彼から連絡が来るかも...」 「復縁のメールを送ってみようかな...」 など、現実的ではない状況でも、夢見がちになってしまいます。

未練を断ち切るには、元彼との連絡手段を断つことが大切です。

2. 元彼との思い出を大切にしているから

元彼との思い出を大切にしているから

元彼との思い出を大切にしている人は、好きな気持ちを引きずってしまいがちです。

彼と関わりのある場所や食べ物、言葉、イベントなど、ふとしたきっかけで、彼との思い出や、彼への愛しさや恋しさが湧きでてしまうのです。

一人でいて、寂しいと感じている時は、余計にそうした物想いにふけってしまうでしょう。

3. 元彼との思い出を美化しすぎているから

元彼との思い出を美化しすぎているから

元彼との思い出を脚色し、美化しすぎている人も、恋心を引きずりがちです。

それなりの原因があって彼と別れたはずです。

しかしながら、辛い思い出や悲しい思い出が多い時は、あえて記憶を嘘で塗りつぶしてしまうこともあるのです。

よかった思い出を誇張し、悪かった思い出は隠してしまう、そうすることで、彼と自分の幸せで壮大なストーリーを妄想してしまい、恋におぼれ続けてしまうのです。

4. 元彼との出会いは運命だと思っているから

元彼との出会いは運命だと思っているから

元彼との関係に自分の妄想を混ぜてしまう人は、失恋を引きずりやすいです。

彼との出会いは運命だった。

結ばれるべくして結ばれた。

だから、再びよりを戻すことができる。

といったちょっとアブナイ妄想をしてしまう人もいます。

根拠のない理由で、元彼にストーカー的なことをしてしまう場合もあるので、気をつけましょう。

5. 元彼とよりを戻したいと思っているから

元彼とよりを戻したいと思っているから

元彼のことが忘れられず、元彼とよりを戻したいと思っている人も多いでしょう。

なかなかチャンスは巡ってきませんが、タイミングが合い相性のよさを再び実感できたのなら、復縁の機会もあるでしょう。

他の女性に彼を奪われた場合に、絶対に取り返してやると奮起する方もいます。

自分を磨きながら、あの手この手をつかって、大好きな彼を奪還します。

彼に引かれる時もありますが、彼女の一途さゆえの行動なのです。

6. 別れたことを清算できず引きずっているから

別れたことを清算できず引きずっているから

別れたことを清算できない人も、彼への好意が冷めていない場合が多いです。

唐突に別れを切り出された、ひどいケンカ別れをしたなど、後々まで引きずるような別れ方をすると、より思いが残ってしまいます。

その時は彼への評価は下がったけど、全体を通して見れば、彼は良い人だった、私が悪かったと、一歩的に自分を責めてしまうこともあります。

割り切ることができず、毎日悶々と、彼への思いを募らせてしまうでしょう。

仕事や勉強が手につかないという人も多くいるのです。

7. 別れたショックが大きく新しい恋をする気が起きないから

別れたショックが大きく新しい恋をする気が起きないから

元彼と別れたことがショックで引きずっている人は、新しい恋へ転換することができません。

常に、元彼のことばかり思ってしまい、周囲の男性に目が向かなくなってしまうのです。

外に出さず、思いを溜めこむことで、元彼への評価がかさましされ、他の男性の魅力に気付かなくなります。

自分一人で考え込むのではなく、友人や家族に思いを吐露すると、気持ちの整理がつきやすくなるでしょう。

8. 元彼とは結婚を前提につきあっていたから

元彼とは結婚を前提につきあっていたから

元彼と結婚を前提に付き合っていた人は、余計に新しい恋に踏み出せません。

結婚というのは人生の大きな転機の1つです。

せっかく彼と共に道を歩もうと願い、覚悟をしていたのに、別れてしまうことは、非常に心にダメージを負うでしょう。

彼から別れを切り出されたのならなおさらです。

諦めきれない、彼と結婚したい、彼じゃなきゃ嫌だと、強い気持ちに縛られてしまうのです。

9. 元彼が本当に理想の男性だったから

元彼が本当に理想の男性だったから

理想の顔、理想のスタイル、理想の性格など、思い出や妄想を抜いて、本当に自分にとって理想的な彼だったら、そう簡単には、諦められません。

同じような人に会うのはまず稀なことですし、そうした理想の塊のような彼をみたら、彼しかいない、彼を手にしなきゃだめだと、強く思ってしまうのは仕方のないことです。

そんな理想の彼が離れて行ってしまったら、口惜しく感じてしまうのも当然です。

10. 今の彼氏に不満があるから

今の彼氏に不満があるから

今の彼氏に不満があると、より元彼を引き合いにだして比較してしまいがちです。

元彼のことを引きずりながら、新しい恋をしている時は、余計にそうした考えをしてしまいます。

今の彼より、前の彼の方が優しかった、かっこよかったなど、元彼の良さが強調されることで、より未練が生まれてしまうのです。

今の彼に失礼になってしまうので、自分の気持ちは整理すべきです。

まとめ

元彼のことを思ってしまうことは仕方のないことです。

しかしながら、思いに縛られ続けると、新しい出会いを見つけることはできません。

自分の気持ちを整理して、一歩踏み出してみましょう。

元彼のことが忘れられない、新しい恋をする気が起きない。

そんな元彼以上に好きになれる人が現れないと思う女性の心理や理由についてまとめてみました。


元彼との連絡を断てず、さまざまな繋がる手段があるから

元彼との連絡先を消すことができず、LINEやメールなどで繋がる手段があると 未練が増幅してしまう場合が大きいです。

「もしかしたら彼から連絡が来るかも...」 「復縁のメールを送ってみようかな...」 など、現実的ではない状況でも、夢見がちになってしまいます。

未練を断ち切るには、元彼との連絡手段を断つことが大切です。

元彼との思い出を大切にしているから

元彼との思い出を大切にしている人は、好きな気持ちを引きずってしまいがちです。

彼と関わりのある場所や食べ物、言葉、イベントなど、ふとしたきっかけで、彼との思い出や、彼への愛しさや恋しさが湧きでてしまうのです。

一人でいて、寂しいと感じている時は、余計にそうした物想いにふけってしまうでしょう。

元彼との思い出を美化しすぎているから

元彼との思い出を脚色し、美化しすぎている人も、恋心を引きずりがちです。

それなりの原因があって彼と別れたはずです。

しかしながら、辛い思い出や悲しい思い出が多い時は、あえて記憶を嘘で塗りつぶしてしまうこともあるのです。

よかった思い出を誇張し、悪かった思い出は隠してしまう、そうすることで、彼と自分の幸せで壮大なストーリーを妄想してしまい、恋におぼれ続けてしまうのです。

元彼との出会いは運命だと思っているから

元彼との関係に自分の妄想を混ぜてしまう人は、失恋を引きずりやすいです。

彼との出会いは運命だった。

結ばれるべくして結ばれた。

だから、再びよりを戻すことができる。

といったちょっとアブナイ妄想をしてしまう人もいます。

根拠のない理由で、元彼にストーカー的なことをしてしまう場合もあるので、気をつけましょう。

元彼とよりを戻したいと思っているから

元彼のことが忘れられず、元彼とよりを戻したいと思っている人も多いでしょう。

なかなかチャンスは巡ってきませんが、タイミングが合い相性のよさを再び実感できたのなら、復縁の機会もあるでしょう。

他の女性に彼を奪われた場合に、絶対に取り返してやると奮起する方もいます。

自分を磨きながら、あの手この手をつかって、大好きな彼を奪還します。

彼に引かれる時もありますが、彼女の一途さゆえの行動なのです。

別れたことを清算できず引きずっているから

別れたことを清算できない人も、彼への好意が冷めていない場合が多いです。

唐突に別れを切り出された、ひどいケンカ別れをしたなど、後々まで引きずるような別れ方をすると、より思いが残ってしまいます。

その時は彼への評価は下がったけど、全体を通して見れば、彼は良い人だった、私が悪かったと、一歩的に自分を責めてしまうこともあります。

割り切ることができず、毎日悶々と、彼への思いを募らせてしまうでしょう。

仕事や勉強が手につかないという人も多くいるのです。

別れたショックが大きく新しい恋をする気が起きないから

元彼と別れたことがショックで引きずっている人は、新しい恋へ転換することができません。

常に、元彼のことばかり思ってしまい、周囲の男性に目が向かなくなってしまうのです。

外に出さず、思いを溜めこむことで、元彼への評価がかさましされ、他の男性の魅力に気付かなくなります。

自分一人で考え込むのではなく、友人や家族に思いを吐露すると、気持ちの整理がつきやすくなるでしょう。

元彼とは結婚を前提につきあっていたから

元彼と結婚を前提に付き合っていた人は、余計に新しい恋に踏み出せません。

結婚というのは人生の大きな転機の1つです。

せっかく彼と共に道を歩もうと願い、覚悟をしていたのに、別れてしまうことは、非常に心にダメージを負うでしょう。

彼から別れを切り出されたのならなおさらです。

諦めきれない、彼と結婚したい、彼じゃなきゃ嫌だと、強い気持ちに縛られてしまうのです。

元彼が本当に理想の男性だったから

理想の顔、理想のスタイル、理想の性格など、思い出や妄想を抜いて、本当に自分にとって理想的な彼だったら、そう簡単には、諦められません。

同じような人に会うのはまず稀なことですし、そうした理想の塊のような彼をみたら、彼しかいない、彼を手にしなきゃだめだと、強く思ってしまうのは仕方のないことです。

そんな理想の彼が離れて行ってしまったら、口惜しく感じてしまうのも当然です。

今の彼氏に不満があるから

今の彼氏に不満があると、より元彼を引き合いにだして比較してしまいがちです。

元彼のことを引きずりながら、新しい恋をしている時は、余計にそうした考えをしてしまいます。

今の彼より、前の彼の方が優しかった、かっこよかったなど、元彼の良さが強調されることで、より未練が生まれてしまうのです。

今の彼に失礼になってしまうので、自分の気持ちは整理すべきです。

元彼のことを思ってしまうことは仕方のないことです。

しかしながら、思いに縛られ続けると、新しい出会いを見つけることはできません。

自分の気持ちを整理して、一歩踏み出してみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-