【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515095227.html
元カレの結婚報告でショックを受ける理由

元カレの結婚報告でショックを受ける理由 | LADYCO

LADYCO
元カレの結婚報告でショックを受ける理由

元カレの結婚報告でショックを受ける理由を10選まとめました。

  • 相手が自分より可愛いから
  • 相手の社会的地位が高いから
  • 知り合いだったから
  • 自分と別れて間も無いから
  • 「自分だったら」と想像してしまうから
  • 同情されるから
  • 未練があったから
  • 先を越されてしまったと思うから
  • 自分が上手くいってないから
  • 報告を受けたのがとても遅かったから

1. 相手が自分より可愛いから

相手が自分より可愛いから

元カレの相手が、自分よりも可愛い女性だった場合は素直にショックを受けるでしょう。

自分では外見は不釣り合いだったのだろうかと落ち込んでしまいます。

また結婚する相手が、明らかに自分と趣味や趣向、外見といった共通するものが違うのもショックを受ける原因です。

芯が無い男だったんだと、潔く次に進むようにしましょう。

2. 相手の社会的地位が高いから

相手の社会的地位が高いから

これもショックを受ける要因です。

相手の職業や地位が、自分よりも高い人と分かった場合、どうしても自分の現在の立場と比べてしまいます。

付き合っていた頃は「社会的な立場は気にしない」と言われてたのに、いざ結婚する時は、やはり地位や名誉を気にしてしまう人だったんだと失望してしまいます。

男性の場合、仕事の関係や、見栄を張りたいという欲が存在しますし、こういう傾向が強いのかもしれません。

これも潔く忘れてしまうのが良いでしょう。

3. 知り合いだったから

知り合いだったから

相手の女性が、自分の知り合いや友達だった場合もショックでしょう。

自分と別れた後に、付き合ったことを知らず、お互いによそよそしく接していたことが分かった時、果たしてショックを受けない女性はいるでしょうか?

「昔は恋愛の相談にも嫌な顔せず乗ってあげたのに、こういう結末はあり得ない!」とショックよりも怒りを呼ぶかもしれません。

そして、これからもお付き合いをしていかない状況だとすれば、どの様に対応すればよいかも困ります。

4. 自分と別れて間も無いから

自分と別れて間も無いから

自分と別れて、それほど日にちが経っていなのに元カレが結婚したとしたらどうでしょうか。

自分は本気で恋愛をしていたのに、元カレにとっては遊びだったのだろうかと相当ショックを受けるでしょう。

また、こんなにも早いというのは自分と付き合っていた時以外にも、別の複数の女性と関係を持っていたのではないかと疑ってしまいます。

別れた後も、余計なことで怒りの感情が湧き上がるのは理不尽ですもんね。

5. 「自分だったら」と想像してしまうから

「自分だったら」と想像してしまうから

付き合った年数が長ければ長いほど、元カレの好みや性格も熟知している関係です。

結婚報告を聞き「自分だったら、どういう風に結婚報告や結婚式をしただろうか」と考え込んでしまいます。

そうすると、例えば、呼ばれた結婚式披露宴や二次会のパーティーの趣向にも目がいってしまい、それを周りの友達に愚痴ってしまいかねません。

周りもリアクションは取りづらいものです。

想像をしてしまうのはいいですが、叶わなかったものとして諦め、まずは自分の幸せのことだけを考えましょう。

6. 同情されるから

同情されるから

元カレの友達などと仲が良い人が多い場合にありがちなことです。

周りからすると、関係性を知っているので、お互いが傷つかないように気遣いをしたり、同情したりするとおもいます。

しかし、自分はそれほど気にしていなかったとしても、そうした周りの空気から、不快な気分になってしまうこともあるでしょう。

そうした場合は、自分から余計な気遣いは無用であると伝えて、周りからのプレッシャーを流した方が良いでしょう。

7. 未練があったから

未練があったから

自分は大好きだったのに、なぜか上手くいかずに、泣く泣く別れてしまった方も多いと思います。

もし、もう1度チャンスがあるなら復縁したい。

そう思っていた矢先に、元カレの結婚報告を聞いてしまうこともあるでしょう。

ショックを引きずってしまう原因としては大きいのではないでしょうか。

結果的には、元カレは別の相手と結婚してしまったわけですが、大事な思い出として区切り、また次に進みましょう。

8. 先を越されてしまったと思うから

先を越されてしまったと思うから

元カレと別れた後、「いつか自分が幸せになって見返してやろう」と考える人もいると思います。

しかし、結果的に自分よりも先に元カレが結婚してしまった。

ショックを受けてしまうのも無理はありません。

しかし、その思いがあったから色々と頑張れることも事実あるのではないでしょうか。

それを素直に認めて、新たに恋人を探すのが健全なのかもしれません。

9. 自分が上手くいってないから

自分が上手くいってないから

仕事が上手くいってない、プライベートで嫌なことがあった。

それに追い打ちを掛けるように元カレの結婚報告を聞くとショックを受けるでしょう。

「元カレはこんなに幸せなのに、なぜ自分はこんなにも不幸なのか」こうした思考になり、自己嫌悪に陥ってしまうかもしれないからです。

あくまで彼とは、特別な存在ではないということですから、きっぱりと気持ちに整理をつけた方がよいかもしれません。

10. 報告を受けたのがとても遅かったから

元カノに対して結婚報告をするのは抵抗があります。

どうしても避けてしまい、気がつけば結婚報告をしないということもあるでしょう。

結果的に自分の耳に入ってきたのは、ずっと後のことだったということも考えられます。

はじめはショックだと感じるかもしれませんが、自分の気持ちを思って報告しなかったと良い方向に考えると良いのではと思います。

元カレの結婚報告でショックを受ける理由を10選まとめました。


相手が自分より可愛いから

元カレの相手が、自分よりも可愛い女性だった場合は素直にショックを受けるでしょう。

自分では外見は不釣り合いだったのだろうかと落ち込んでしまいます。

また結婚する相手が、明らかに自分と趣味や趣向、外見といった共通するものが違うのもショックを受ける原因です。

芯が無い男だったんだと、潔く次に進むようにしましょう。

相手の社会的地位が高いから

これもショックを受ける要因です。

相手の職業や地位が、自分よりも高い人と分かった場合、どうしても自分の現在の立場と比べてしまいます。

付き合っていた頃は「社会的な立場は気にしない」と言われてたのに、いざ結婚する時は、やはり地位や名誉を気にしてしまう人だったんだと失望してしまいます。

男性の場合、仕事の関係や、見栄を張りたいという欲が存在しますし、こういう傾向が強いのかもしれません。

これも潔く忘れてしまうのが良いでしょう。

知り合いだったから

相手の女性が、自分の知り合いや友達だった場合もショックでしょう。

自分と別れた後に、付き合ったことを知らず、お互いによそよそしく接していたことが分かった時、果たしてショックを受けない女性はいるでしょうか?

「昔は恋愛の相談にも嫌な顔せず乗ってあげたのに、こういう結末はあり得ない!」とショックよりも怒りを呼ぶかもしれません。

そして、これからもお付き合いをしていかない状況だとすれば、どの様に対応すればよいかも困ります。

自分と別れて間も無いから

自分と別れて、それほど日にちが経っていなのに元カレが結婚したとしたらどうでしょうか。

自分は本気で恋愛をしていたのに、元カレにとっては遊びだったのだろうかと相当ショックを受けるでしょう。

また、こんなにも早いというのは自分と付き合っていた時以外にも、別の複数の女性と関係を持っていたのではないかと疑ってしまいます。

別れた後も、余計なことで怒りの感情が湧き上がるのは理不尽ですもんね。

「自分だったら」と想像してしまうから

付き合った年数が長ければ長いほど、元カレの好みや性格も熟知している関係です。

結婚報告を聞き「自分だったら、どういう風に結婚報告や結婚式をしただろうか」と考え込んでしまいます。

そうすると、例えば、呼ばれた結婚式披露宴や二次会のパーティーの趣向にも目がいってしまい、それを周りの友達に愚痴ってしまいかねません。

周りもリアクションは取りづらいものです。

想像をしてしまうのはいいですが、叶わなかったものとして諦め、まずは自分の幸せのことだけを考えましょう。

同情されるから

元カレの友達などと仲が良い人が多い場合にありがちなことです。

周りからすると、関係性を知っているので、お互いが傷つかないように気遣いをしたり、同情したりするとおもいます。

しかし、自分はそれほど気にしていなかったとしても、そうした周りの空気から、不快な気分になってしまうこともあるでしょう。

そうした場合は、自分から余計な気遣いは無用であると伝えて、周りからのプレッシャーを流した方が良いでしょう。

未練があったから

自分は大好きだったのに、なぜか上手くいかずに、泣く泣く別れてしまった方も多いと思います。

もし、もう1度チャンスがあるなら復縁したい。

そう思っていた矢先に、元カレの結婚報告を聞いてしまうこともあるでしょう。

ショックを引きずってしまう原因としては大きいのではないでしょうか。

結果的には、元カレは別の相手と結婚してしまったわけですが、大事な思い出として区切り、また次に進みましょう。

先を越されてしまったと思うから

元カレと別れた後、「いつか自分が幸せになって見返してやろう」と考える人もいると思います。

しかし、結果的に自分よりも先に元カレが結婚してしまった。

ショックを受けてしまうのも無理はありません。

しかし、その思いがあったから色々と頑張れることも事実あるのではないでしょうか。

それを素直に認めて、新たに恋人を探すのが健全なのかもしれません。

自分が上手くいってないから

仕事が上手くいってない、プライベートで嫌なことがあった。

それに追い打ちを掛けるように元カレの結婚報告を聞くとショックを受けるでしょう。

「元カレはこんなに幸せなのに、なぜ自分はこんなにも不幸なのか」こうした思考になり、自己嫌悪に陥ってしまうかもしれないからです。

あくまで彼とは、特別な存在ではないということですから、きっぱりと気持ちに整理をつけた方がよいかもしれません。

元カノに対して結婚報告をするのは抵抗があります。

どうしても避けてしまい、気がつけば結婚報告をしないということもあるでしょう。

結果的に自分の耳に入ってきたのは、ずっと後のことだったということも考えられます。

はじめはショックだと感じるかもしれませんが、自分の気持ちを思って報告しなかったと良い方向に考えると良いのではと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-