【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521100456.html
元彼と仲良しでいるコツ

元彼と仲良しでいるコツ | LADYCO

LADYCO
元彼と仲良しでいるコツ

別れた彼氏と仲良しのままでいたい女性に、そのためのコツを紹介します。

うっかり復縁しないように気を付けることが大切です。

  • 適度な距離を置く
  • 友達ルールを作る
  • 彼氏あつかいしない
  • 束縛しない
  • 彼女ができたら喜ぶ準備をする
  • 良い部分だけを見る
  • ふたりきりになるときは注意
  • お酒に注意
  • 基本は割り勘
  • 堂々と振る舞う
  • 彼氏ができたら再考する
  • 直接会わない
  • 10年間は連絡を取らない
  • まとめ

1. 適度な距離を置く

適度な距離を置く

元彼と仲良くするためには、適度な距離を置くことが大切です。

もう彼氏ではないので、彼氏と接するような距離感では友達になることはできません。

例えばランチを食べた時に、恋愛中ならどちらかがお会計をして、後で清算をすることもできますが、友達として付き合うなら、その場で清算を済ませます。

一緒に並んで歩く時も手を握ったりしませんし、いちゃいちゃしながら歩いてはいけません。

一線を引くことが大切です。

2. 友達ルールを作る

友達ルールを作る

なかなか恋人気分が抜けない時は、「友達ルール」を作ると良いでしょう。

例えば「ふたりきりでテーマパークに行かない」とか「ふたりで映画を観に行かない」といったものから、「食事は割り勘にする」というもの、または「電話ではなくSNSで連絡を取り合う」などです。

どうしたら距離が近づきすぎないか、ふたりで考える必要があります。

基本的に疎遠になって完全に会わなくなってしまうのは「あり」とします。

近づきすぎて復縁してしまうことに注意をするようにしましょう。

3. 彼氏あつかいしない

彼氏あつかいしない

元彼を彼氏あつかいしないことはとても大切です。

悲しいことがあった時に、元彼に話を聞いてもらうのは良いとしても、夜中の3時に泣きながら電話を掛けるのは止めましょう。

彼に迷惑が掛かりますし、気持ちが盛り上がり過ぎてもいけないからです。

元彼ですが、あくまで男友達のひとりだと思えば、どう行動すべきか分かるでしょう。

自分の会社や、サークルなどにいる、「いちばん普通の男友達」とどう付き合っているかをイメージしてみましょう。

元彼に接する時に、その男友達にならどうするかを考えると彼氏あつかいしなくて済みます。

夜中に電話は絶対にしませんし、もしかしたら電話すらしないかもしれません。

4. 束縛しない

束縛しない

元彼をいつまでも彼氏あつかいしてしまうと、束縛してしまうかもしれません。

彼氏時代のように、彼がお昼ご飯を誰と食べたか、誰と一緒に飲み会に行ったのか、何時頃家に戻ったのかなどを、しつこく聞いてはいけません。

それは元彼の自由ですし、元カノがつべこべいう権利はないからです。

彼の自由を認めて、強すぎる関心を持たないことが大切です。

5. 彼女ができたら喜ぶ準備をする

彼女ができたら喜ぶ準備をする

もしも元彼に彼女ができたらどうするか想像してみましょう。

嫌な顔をしたり、恋人を作ることを反対したり、邪魔をしたりするイメージがわいた人は、元彼の近くから去った方がいいかもしれません。

元彼が彼女ができた時に、素直に喜べると思った女性は素敵だと思います。

またその彼女と友達になれたらいいなと思える女性は、元彼にとって素敵な友達でいられるでしょう。

元彼に恋人ができることに肯定的になれない人も、祝福できるように頭の中で練習してみると良いでしょう。

6. 良い部分だけを見る

良い部分だけを見る

元彼とあえて友達として付き合うのですから、悪い部分を気にしても仕方ありません。

彼女時代は許せなかった欠点があるかもしれませんが、友達なら許せることも多いと思います。

例えば何度も財布を落としたり、カギを忘れて部屋に入れなくなってしまうような、だらしのない元彼に対して、恋人時代は許せなかったかもしれません。

しかしだらしのなさは「おおらかさ」の裏側にあるものです。

友達として付き合うなら、おおらかな性格の彼と楽しく付き合いましょう。

気を使わなくて済む、気楽な男友達が財布やカギを落としても、笑って済ませることができるでしょう。

7. ふたりきりになるときは注意

ふたりきりになるときは注意

元彼とふたりきりになる時は、注意をしましょう。

どのような場所で二人きりになるのか、事前にイメージして、恋愛心が発火しそうな場所は避けたほうがいいでしょう。

夜景の見える素敵なレストランにふたりきりで食事に行くのは避けましょう。

その代り美味しい焼肉やさんや、ステーキハウスに行くようにしましょう。

8. お酒に注意

お酒に注意

元彼とふたりきりでお酒を飲む機会がある時は要注意です。

お酒を飲むと人格が変わってしまう人は、飲まないほうがいいでしょう。

またお酒を飲んで記憶を無くしてしまうタイプの人も、ふたりきりでお酒を飲まないほうがいいでしょう。

人生の失敗の半分はお酒がらみとすら言われるほどです。

元彼と友達でいるという、難しいミッションにお酒を挟まないほうがベターです。

また共通の友達とのパーティに出掛ける時も注意が必要です。

ふたりきりではありませんが、ふたりで抜け出してどこかに消えてしまうことはできます。

パーティに参加をする時は、元彼か自分のどちらかがお酒を飲まないようにしたほうがいいでしょう。

元彼がお酒に弱い場合は、どんなにお酒を飲むのが好きでも、女性が飲まないほうが安全でしょう。

9. 基本は割り勘

基本は割り勘

元彼とは友達ですし、恋人に発展しない友達です。

ですから飲食店での支払いは基本的に割り勘にしましょう。

男友達とご飯を食べる時にご馳走になるのは、将来的に恋人になるかもしれないという理由もあるからです。

復縁を前提としない関係ですから、割り勘が基本になります。

ただし彼氏がすごいお金持ちで、一緒にご飯を食べる人すべてにご馳走しているような場合は、割り勘でなくても大丈夫です。

10. 堂々と振る舞う

堂々と振る舞う

元彼と遊びに行く時は、周囲の友達に内緒にしたり、家族に内緒で出かけたりしないで、堂々としましょう。

周囲に隠さないと会えないような関係なら、元彼とは会わないほうがいいでしょう。

元彼と堂々と会っても、周囲の人も変に思わない関係を目指しましょう。

11. 彼氏ができたら再考する

彼氏ができたら再考する

元彼に彼女ができたら祝福すると決めましょう。

そして自分に彼氏ができた時はどうするか考えてみましょう。

男性によっては、元彼と友達関係とはいえ付き合い続けることを嫌がるかもしれません。

そうなると彼を取るか、元彼を取るか、という話になります。

彼氏ができたら、二度と会わないことも覚悟しておきましょう。

もちろんそんな器の小さい彼は嫌だという考えもありです。

その時も、器の小さな彼とは付き合いませんが、元彼と復縁するという方向にはなりませんので、ご注意ください。

12. 直接会わない

直接会わない

元彼と直接会わないで、メル友やSNS上の友達になる方法もあります。

それでも十分コミュニケーションを取ることができますし、近況も良く分かります。

実際に田舎から都内に出ている人は、田舎の家族と電話やメールやSNSなどでしか連絡を取っていません。

それでも寂しくなく過ごすことができます。

直接会わないようにしていれば、距離感に気を配る必要が少なくなります。

あまり頻繁に連絡を取ろうとしなければ良い関係でいられるでしょう。

13. 10年間は連絡を取らない

10年間は連絡を取らない

別れた日から10年間は連絡を取らないと決めて、10年後に会う場所を決めましょう。

実際は二度と会わずに関係が終わってしまうかもしれません。

しかし10年後に会える約束があると、繋がりを感じることができます。

会う時に恥ずかしくない自分でいられるよう、自分を磨くこともできます。

仕事やプライベートを充実させることもできるでしょう。

「会わなくても大切な人」との関係も、仲が良いと言えるのではないでしょうか。

まとめ

元彼と仲良くしたい人は、彼とは恋愛関係ではうまくいかなかったけれど、人間的にはリスペクトする部分があるのではないでしょうか。

彼の良い部分だけを見て付き合える素敵な友人関係になれるように距離感に気を付けて付き合ってくださいね。

別れた彼氏と仲良しのままでいたい女性に、そのためのコツを紹介します。

うっかり復縁しないように気を付けることが大切です。


適度な距離を置く

元彼と仲良くするためには、適度な距離を置くことが大切です。

もう彼氏ではないので、彼氏と接するような距離感では友達になることはできません。

例えばランチを食べた時に、恋愛中ならどちらかがお会計をして、後で清算をすることもできますが、友達として付き合うなら、その場で清算を済ませます。

一緒に並んで歩く時も手を握ったりしませんし、いちゃいちゃしながら歩いてはいけません。

一線を引くことが大切です。

友達ルールを作る

なかなか恋人気分が抜けない時は、「友達ルール」を作ると良いでしょう。

例えば「ふたりきりでテーマパークに行かない」とか「ふたりで映画を観に行かない」といったものから、「食事は割り勘にする」というもの、または「電話ではなくSNSで連絡を取り合う」などです。

どうしたら距離が近づきすぎないか、ふたりで考える必要があります。

基本的に疎遠になって完全に会わなくなってしまうのは「あり」とします。

近づきすぎて復縁してしまうことに注意をするようにしましょう。

彼氏あつかいしない

元彼を彼氏あつかいしないことはとても大切です。

悲しいことがあった時に、元彼に話を聞いてもらうのは良いとしても、夜中の3時に泣きながら電話を掛けるのは止めましょう。

彼に迷惑が掛かりますし、気持ちが盛り上がり過ぎてもいけないからです。

元彼ですが、あくまで男友達のひとりだと思えば、どう行動すべきか分かるでしょう。

自分の会社や、サークルなどにいる、「いちばん普通の男友達」とどう付き合っているかをイメージしてみましょう。

元彼に接する時に、その男友達にならどうするかを考えると彼氏あつかいしなくて済みます。

夜中に電話は絶対にしませんし、もしかしたら電話すらしないかもしれません。

束縛しない

元彼をいつまでも彼氏あつかいしてしまうと、束縛してしまうかもしれません。

彼氏時代のように、彼がお昼ご飯を誰と食べたか、誰と一緒に飲み会に行ったのか、何時頃家に戻ったのかなどを、しつこく聞いてはいけません。

それは元彼の自由ですし、元カノがつべこべいう権利はないからです。

彼の自由を認めて、強すぎる関心を持たないことが大切です。

彼女ができたら喜ぶ準備をする

もしも元彼に彼女ができたらどうするか想像してみましょう。

嫌な顔をしたり、恋人を作ることを反対したり、邪魔をしたりするイメージがわいた人は、元彼の近くから去った方がいいかもしれません。

元彼が彼女ができた時に、素直に喜べると思った女性は素敵だと思います。

またその彼女と友達になれたらいいなと思える女性は、元彼にとって素敵な友達でいられるでしょう。

元彼に恋人ができることに肯定的になれない人も、祝福できるように頭の中で練習してみると良いでしょう。

良い部分だけを見る

元彼とあえて友達として付き合うのですから、悪い部分を気にしても仕方ありません。

彼女時代は許せなかった欠点があるかもしれませんが、友達なら許せることも多いと思います。

例えば何度も財布を落としたり、カギを忘れて部屋に入れなくなってしまうような、だらしのない元彼に対して、恋人時代は許せなかったかもしれません。

しかしだらしのなさは「おおらかさ」の裏側にあるものです。

友達として付き合うなら、おおらかな性格の彼と楽しく付き合いましょう。

気を使わなくて済む、気楽な男友達が財布やカギを落としても、笑って済ませることができるでしょう。

ふたりきりになるときは注意

元彼とふたりきりになる時は、注意をしましょう。

どのような場所で二人きりになるのか、事前にイメージして、恋愛心が発火しそうな場所は避けたほうがいいでしょう。

夜景の見える素敵なレストランにふたりきりで食事に行くのは避けましょう。

その代り美味しい焼肉やさんや、ステーキハウスに行くようにしましょう。

お酒に注意

元彼とふたりきりでお酒を飲む機会がある時は要注意です。

お酒を飲むと人格が変わってしまう人は、飲まないほうがいいでしょう。

またお酒を飲んで記憶を無くしてしまうタイプの人も、ふたりきりでお酒を飲まないほうがいいでしょう。

人生の失敗の半分はお酒がらみとすら言われるほどです。

元彼と友達でいるという、難しいミッションにお酒を挟まないほうがベターです。

また共通の友達とのパーティに出掛ける時も注意が必要です。

ふたりきりではありませんが、ふたりで抜け出してどこかに消えてしまうことはできます。

パーティに参加をする時は、元彼か自分のどちらかがお酒を飲まないようにしたほうがいいでしょう。

元彼がお酒に弱い場合は、どんなにお酒を飲むのが好きでも、女性が飲まないほうが安全でしょう。

基本は割り勘

元彼とは友達ですし、恋人に発展しない友達です。

ですから飲食店での支払いは基本的に割り勘にしましょう。

男友達とご飯を食べる時にご馳走になるのは、将来的に恋人になるかもしれないという理由もあるからです。

復縁を前提としない関係ですから、割り勘が基本になります。

ただし彼氏がすごいお金持ちで、一緒にご飯を食べる人すべてにご馳走しているような場合は、割り勘でなくても大丈夫です。

堂々と振る舞う

元彼と遊びに行く時は、周囲の友達に内緒にしたり、家族に内緒で出かけたりしないで、堂々としましょう。

周囲に隠さないと会えないような関係なら、元彼とは会わないほうがいいでしょう。

元彼と堂々と会っても、周囲の人も変に思わない関係を目指しましょう。

彼氏ができたら再考する

元彼に彼女ができたら祝福すると決めましょう。

そして自分に彼氏ができた時はどうするか考えてみましょう。

男性によっては、元彼と友達関係とはいえ付き合い続けることを嫌がるかもしれません。

そうなると彼を取るか、元彼を取るか、という話になります。

彼氏ができたら、二度と会わないことも覚悟しておきましょう。

もちろんそんな器の小さい彼は嫌だという考えもありです。

その時も、器の小さな彼とは付き合いませんが、元彼と復縁するという方向にはなりませんので、ご注意ください。

直接会わない

元彼と直接会わないで、メル友やSNS上の友達になる方法もあります。

それでも十分コミュニケーションを取ることができますし、近況も良く分かります。

実際に田舎から都内に出ている人は、田舎の家族と電話やメールやSNSなどでしか連絡を取っていません。

それでも寂しくなく過ごすことができます。

直接会わないようにしていれば、距離感に気を配る必要が少なくなります。

あまり頻繁に連絡を取ろうとしなければ良い関係でいられるでしょう。

10年間は連絡を取らない

別れた日から10年間は連絡を取らないと決めて、10年後に会う場所を決めましょう。

実際は二度と会わずに関係が終わってしまうかもしれません。

しかし10年後に会える約束があると、繋がりを感じることができます。

会う時に恥ずかしくない自分でいられるよう、自分を磨くこともできます。

仕事やプライベートを充実させることもできるでしょう。

「会わなくても大切な人」との関係も、仲が良いと言えるのではないでしょうか。

元彼と仲良くしたい人は、彼とは恋愛関係ではうまくいかなかったけれど、人間的にはリスペクトする部分があるのではないでしょうか。

彼の良い部分だけを見て付き合える素敵な友人関係になれるように距離感に気を付けて付き合ってくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-