【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521091938.html
要点を絞るコツ

要点を絞るコツ | LADYCO

LADYCO
要点を絞るコツ

話しを聞いたり、冊子を読んだりする時や話しをする時に、要点を絞るというのは、案外難しく、意識をしていないと、とりとめのない雑談になったり、大事な事を聞き漏らすことになります。

  • 冊子を読む時は、文中の「接続詞」に注意
  • 冊子を読む時は、各段落の書き出しに注意
  • 冊子を読む時は、題名に注意
  • 冊子を読む時は、最後の2、3段落に注意
  • 話しを聞く時には、キーワードに注意
  • 話しを聞くときは、抑揚、くり返しに注意

1. 冊子を読む時は、文中の「接続詞」に注意

冊子を読む時は、文中の「接続詞」に注意

ア)「例えば」は、スルー

要点を絞る方向で冊子を読む時、「例えば」に続く文章は、軽く扱います。

例えば」は、ことばの通り「れいをあげれば」という意味ですから、言いたいこと、つまり要点の根拠となる一般的な例や身近にある事実などが、この接続詞の後に書かれています。

では、なくてもよい文章みたいですが、この文章がないと、読み手に、冊子に述べられていることが、本当にあることなのか、実際に行われていることなのかなど、信じられる情報か否かが、判然としないことになります。

しかし、この後に続く文章は、あくまで言いたいことの例を述べている文ですので、さらりと読みます。

時間がなければ、スルーしても構いません。

イ)「しかし」「でも」「ところが」などは、後が大事

逆説の接続詞は、「彼女は美人、でも、色が黒い」で分かるように、言いたいのは、つまり要点は「美人」ではなく、後半の「黒い」です。

美人だけど色が黒いのが難点だねというのが要点になるのでしょうか。

それで、逆説の接続詞が出たら、後半を重点的に読みます。

ウ)「また」「この他」などは、軽く

並列を表すこうした接続詞は、言いたいことの裏付けとなる理由や具体例が、複数ある場合に使われます。

しかし、記載された内容に軽重はなく、あくまでも並記されていますので、軽く読みます。

なお、複数の根拠や事実がある場合に「まず・つぎに・それから」といった順序を表す接続詞が使われることもあります。

また「第一に、第二に」といった、数詞を並べることもあります。

いずれにせよ、要点を絞ることには、直接は関係しませんので、軽く扱います。

ただし、まとめや結論の段落の中で使われている場合は、言いたいこと、つまり、要点がいくつかある場合に使われていることがありますので、注意が必要です。

エ)「つまり」「すなわち」などは、要点の入り口

日常の会話でも、結論やまとめを述べるときに使う接続詞ですから、文意を確かにとらえて、しっかり読み込みます。

乱暴な言い方をすると、この後に続く文意をまとめていくと要点が絞れる場合があります。

2. 冊子を読む時は、各段落の書き出しに注意

冊子を読む時は、各段落の書き出しに注意

文章は、必ずいくつかの段落で構成されています。

それで、各段落の書き出しの部分を読み解くことから、要点を絞るカギがぼんやりと見えてきます。

ア)「これらの」「このように」「こうして」といったことばで始まる段落は、今まで述べてきた前の段落の内容をまとめますという合図なので、要点を絞り込む最も大事な段落になります。

通常、最後付近の段落に多く出てきますので、最後の2、3段落は、特に、気を付けて読むことが肝心です。

本のような冊子だったら、目次のページを開いて、最後のページあたりを見れば、要点らしき文が出ていますので、先にそこを読んでから、本文を読むのも要点をつかみやすい一方法です。

イ)「例えば」で始まる段落は、前述したように言いたいこと、つまり要点を述べる根拠となる事実や、要点に関して身近に見られる事例について書かれている段落ですから、極論すると、読まなくても要点は絞れます。

ウ)「また」で始まる段落も、最後の段落あたりで使われている場合を除いて、軽く読んでおけば、要点を絞るには大丈夫です。

エ)「しかし」「ところが」「でも」で始まる段落は、それまで述べてきたことを、ひっくり返すとともに、この後に述べることの方が、本当は言いたかったことなので、こうした接続詞で始まる段落の方を大事に読みます。


3. 冊子を読む時は、題名に注意

冊子を読む時は、題名に注意

冊子に書かれた内容の要点を象徴したものが、題名です。

例えば「客単価で億の売り上げ」とあれば、「客単価をどうにかすることで、億の売り上げを実現した」と、読めますので、「客単価」をキーワードに読んでいくのです。

各文章や段落の主語に当たる部分が「客単価は」「客単価が」「客単価を」「客単価で」などと書かれている文章、段落を重点的に読み取るのです。

時間がなければ、そこだけを拾いながら読んでも要点は、絞れます。

その典型が、新聞の見出しです。

中を読まなくても、見出しだけで言いたいこと、要点はわかります。

4. 冊子を読む時は、最後の2、3段落に注意

冊子を読む時は、最後の2、3段落に注意

要点が述べられるのは、普通、最後の方の2、3段落です。

それまでに、縷々述べてきた事実や事例、データや実験などを「これらのことから~」のように、最後の方の段落でくくりますので、結論や主張点、要点が、そこで述べられます。

ただし、最後の段落では、書き手の今後への期待や願いなどが付記されていることがありますので、要点は最後の段落にあるとは、言い切れません。

5. 話しを聞く時には、キーワードに注意

話しを聞く時には、キーワードに注意

話しの要点を落とさず聞くには、話者が何度もくり返してしゃべるキーワードに注目することです。

話しの中によく出てくることばこそ伝えたいものだからです。

6. 話しを聞くときは、抑揚、くり返しに注意

話し手が、ボリュームを上げたり、しつこくくり返したりする所に、話しの要点があります。

身振り手振りが大きくなったり、「よろしいですか」などの合いの手を要求してくる時などが、要点に近づく合図です。

話しを聞いたり、冊子を読んだりする時や話しをする時に、要点を絞るというのは、案外難しく、意識をしていないと、とりとめのない雑談になったり、大事な事を聞き漏らすことになります。


冊子を読む時は、文中の「接続詞」に注意

ア)「例えば」は、スルー

要点を絞る方向で冊子を読む時、「例えば」に続く文章は、軽く扱います。

例えば」は、ことばの通り「れいをあげれば」という意味ですから、言いたいこと、つまり要点の根拠となる一般的な例や身近にある事実などが、この接続詞の後に書かれています。

では、なくてもよい文章みたいですが、この文章がないと、読み手に、冊子に述べられていることが、本当にあることなのか、実際に行われていることなのかなど、信じられる情報か否かが、判然としないことになります。

しかし、この後に続く文章は、あくまで言いたいことの例を述べている文ですので、さらりと読みます。

時間がなければ、スルーしても構いません。

イ)「しかし」「でも」「ところが」などは、後が大事

逆説の接続詞は、「彼女は美人、でも、色が黒い」で分かるように、言いたいのは、つまり要点は「美人」ではなく、後半の「黒い」です。

美人だけど色が黒いのが難点だねというのが要点になるのでしょうか。

それで、逆説の接続詞が出たら、後半を重点的に読みます。

ウ)「また」「この他」などは、軽く

並列を表すこうした接続詞は、言いたいことの裏付けとなる理由や具体例が、複数ある場合に使われます。

しかし、記載された内容に軽重はなく、あくまでも並記されていますので、軽く読みます。

なお、複数の根拠や事実がある場合に「まず・つぎに・それから」といった順序を表す接続詞が使われることもあります。

また「第一に、第二に」といった、数詞を並べることもあります。

いずれにせよ、要点を絞ることには、直接は関係しませんので、軽く扱います。

ただし、まとめや結論の段落の中で使われている場合は、言いたいこと、つまり、要点がいくつかある場合に使われていることがありますので、注意が必要です。

エ)「つまり」「すなわち」などは、要点の入り口

日常の会話でも、結論やまとめを述べるときに使う接続詞ですから、文意を確かにとらえて、しっかり読み込みます。

乱暴な言い方をすると、この後に続く文意をまとめていくと要点が絞れる場合があります。

冊子を読む時は、各段落の書き出しに注意

文章は、必ずいくつかの段落で構成されています。

それで、各段落の書き出しの部分を読み解くことから、要点を絞るカギがぼんやりと見えてきます。

ア)「これらの」「このように」「こうして」といったことばで始まる段落は、今まで述べてきた前の段落の内容をまとめますという合図なので、要点を絞り込む最も大事な段落になります。

通常、最後付近の段落に多く出てきますので、最後の2、3段落は、特に、気を付けて読むことが肝心です。

本のような冊子だったら、目次のページを開いて、最後のページあたりを見れば、要点らしき文が出ていますので、先にそこを読んでから、本文を読むのも要点をつかみやすい一方法です。

イ)「例えば」で始まる段落は、前述したように言いたいこと、つまり要点を述べる根拠となる事実や、要点に関して身近に見られる事例について書かれている段落ですから、極論すると、読まなくても要点は絞れます。

ウ)「また」で始まる段落も、最後の段落あたりで使われている場合を除いて、軽く読んでおけば、要点を絞るには大丈夫です。

エ)「しかし」「ところが」「でも」で始まる段落は、それまで述べてきたことを、ひっくり返すとともに、この後に述べることの方が、本当は言いたかったことなので、こうした接続詞で始まる段落の方を大事に読みます。


冊子を読む時は、題名に注意

冊子に書かれた内容の要点を象徴したものが、題名です。

例えば「客単価で億の売り上げ」とあれば、「客単価をどうにかすることで、億の売り上げを実現した」と、読めますので、「客単価」をキーワードに読んでいくのです。

各文章や段落の主語に当たる部分が「客単価は」「客単価が」「客単価を」「客単価で」などと書かれている文章、段落を重点的に読み取るのです。

時間がなければ、そこだけを拾いながら読んでも要点は、絞れます。

その典型が、新聞の見出しです。

中を読まなくても、見出しだけで言いたいこと、要点はわかります。

冊子を読む時は、最後の2、3段落に注意

要点が述べられるのは、普通、最後の方の2、3段落です。

それまでに、縷々述べてきた事実や事例、データや実験などを「これらのことから~」のように、最後の方の段落でくくりますので、結論や主張点、要点が、そこで述べられます。

ただし、最後の段落では、書き手の今後への期待や願いなどが付記されていることがありますので、要点は最後の段落にあるとは、言い切れません。

話しを聞く時には、キーワードに注意

話しの要点を落とさず聞くには、話者が何度もくり返してしゃべるキーワードに注目することです。

話しの中によく出てくることばこそ伝えたいものだからです。

話し手が、ボリュームを上げたり、しつこくくり返したりする所に、話しの要点があります。

身振り手振りが大きくなったり、「よろしいですか」などの合いの手を要求してくる時などが、要点に近づく合図です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-