【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519175332.html
ニートの彼氏とうまく付き合うコツ

ニートの彼氏とうまく付き合うコツ | LADYCO

LADYCO
ニートの彼氏とうまく付き合うコツ

ニートの彼氏と付き合うのは、普通に会社が学校に行っている彼と付き合うよりも難しいかもしれません。

今回はニートの彼氏とうまく付き合うコツを紹介します

  • ニートを責めない
  • 基本的に友達には話さない
  • 就職や通学を強制しない
  • そのままの彼を認めてあげる
  • 癒される時間が必要だと知っておく
  • ニートになったのには理由があると思う
  • 彼を先入観で見ない
  • 無理な気遣いをしない
  • 自分が楽しいと思える付き合い方をする
  • ひどい言い方をしてしまったら別れ時
  • 彼が行きたいところに行く
  • お願いは早めにする
  • まとめ

1. ニートを責めない

ニートを責めない

彼がニートであることを責めないようにします。

ニートを憎んだり、ニートをバカにするような気持ちがある女性は、ニートと付き合わないほうがいいでしょう。

ニートの彼でも付き合いたい、大好きだと思った場合だけ付き合うようにしましょう。

2. 基本的に友達には話さない

基本的に友達には話さない

彼がニートだということは、あまり友達に話さないようにしましょう。

友達にあれこれ詮索されたり「別れた方がいい」などと、無責任なアドバイスをされてしまうかもしれないからです。

3. 就職や通学を強制しない

就職や通学を強制しない

ニートの彼に就職するように強制したり、学校に通うように強制するのは止めましょう。

彼はニートでいたくているわけではありません。

働けるなら働きたいし、学校に通えるなら通いたいというのが本音です。

何かしらの理由でニートになって、彼はそのことに苦しんでいます。

会社に行くことの楽しさや辛さなど、自分の体験した話を伝えるだけで十分に彼には刺激があります。

自分も働いてみたいと思うきっかけ作りができれば十分です。

4. そのままの彼を認めてあげる

そのままの彼を認めてあげる

ニートの彼も、ニートでない彼も、同じ人間です。

本当に彼が好きで彼に立ち直ってもらいたいと思ったら、そのままの彼を認めてあげましょう。

もちろん彼が一生ニートでいいと思えと言っているわけではありません。

彼には立ち直ってもらいたいと思う気持ちは持っていて構いません。

しかし今の段階では、ニートの彼をそのまま認めてあげることが大切です。

ニートになるしかなかった彼を肯定してあげることが、彼を立ち直らせるためにいちばん重要なことかもしれません。

5. 癒される時間が必要だと知っておく

癒される時間が必要だと知っておく

うつ病になったら、治療期間が必要です。

会社を休んで適切な医療機関の治療を受ける必要があります。

ニートにも癒される時間が必要です。

会社や学校に行けなくなってしまった彼が癒されて、再び立ち上がるための時間が必要なのです。

特にニートになりたての男性は、半年から1年程度の休養期間が必要かもしれません。

一緒に楽しく過ごすことで、彼の心が癒されて、元気になるようにサポートをしましょう。

時間が来たら彼はスーツに着替えて職探しを始めるかもしれません。

6. ニートになったのには理由があると思う

ニートになったのには理由があると思う

ニートになった彼のことを「精神的に弱い」「たるんでいる」とネガティブに捉えるのはやめましょう。

彼には彼なりのニートになった理由があるはずだからです。

生まれつきの性格もありますが、家庭環境や、運、不運など様々な要因が関係して、彼はニートになってしまいました。

その「理由があってニートになった」という部分を尊重して付き合うことが大切です。

7. 彼を先入観で見ない

彼を先入観で見ない

「ニートだから」「ニートのくせに」などと、ニートの彼のことを先入観で見るのは避けましょう。

ニートというレッテルは世の中にはありますが、彼女が彼氏に対して貼るべきレッテルではありません。

世間的にニートと言われていても、彼は彼です。

ニートではなく大好きな彼だと思って接するようにしましょう。

8. 無理な気遣いをしない

無理な気遣いをしない

ニートの彼には様々な理由があって、ニートをしています。

優しい女性の場合は彼をセンシティブな存在として壊れやすいアクセサリーを扱うように扱ってしまうかもしれません。

しかし言葉遣いのひとつひとつを気にし過ぎてしまうと、彼女のほうが疲れてしまうでしょう。

彼からしても、彼女に無理な気遣いをさせるのは本望ではないでしょう。

彼女が自分と合うたびに疲れて帰って行くようだと、彼のほうが辛いです。

いずれにせよこのような無理な関係は長続きしません。

彼のことが好きで、彼に対して変な偏見を持っていないなら余計な気遣いをせずに、楽しい時間を過ごすことだけを考えましょう。

9. 自分が楽しいと思える付き合い方をする

自分が楽しいと思える付き合い方をする

ニートの彼に合わせながら、自分が楽しいと思える恋愛期間を過ごしましょう。

彼のために大切な時間を犠牲にするのは間違いです。

自分が幸せと感じられないと、ニートの彼も幸せを感じることができないからです。

10. ひどい言い方をしてしまったら別れ時

ひどい言い方をしてしまったら別れ時

ニートの彼に言ってはいけないようなひどい暴言を吐いてしまったら、別れの時かもしれません。

ひどいことを言ったのは彼でなく、精神的に疲れてしまった自分のせいです。

一緒にいても彼も彼女も幸せになれませんので、別れる決意をしましょう。

11. 彼が行きたいところに行く

彼が行きたいところに行く

ニートの彼は、会社や学校に行っていないので、一般的な社会人や学生とは違う常識の中で生きています。

簡単に言えば世間のことを良く知らないため、浮世離れした存在になっていると言えます。

彼が行きたいと思う場所は彼女にとって「そんなとこに行ってどうするの?」というような場所かもしれません。

しかし彼はその場所に行く必要があります。

彼が行きたいと言う場所は、できるだけ一緒に行くようにしましょう。

彼が外の世界に触れる機会が増えるほど、一般常識を身につけることができます。

ニートを止めるきっかけになるかもしれません。

12. お願いは早めにする

お願いは早めにする

彼と一緒にテーマパークに行きたい、レストランで食事をしたいなど、彼に特別なお願いがある時は、早めに話すようにしましょう。

明日○○に行きたいと言っても、彼は心の準備ができずに、戸惑ってしまいます。

行く決断ができない自分を責めてしまうかもしれません。

ニートの彼は、普通のことをするために、心の準備が必要だと知っておきましょう。

もし誕生日に外出したいところがあり、それが彼にとってハードルが高そうだと感じたら、せめて1か月以上前にお願いするようにしましょう。

もし彼が1か月後に彼女にお願いに応えられたら、社会復帰の良いきっかけになるかもしれません。

まとめ

彼がニートでも、考え方次第で他のいい時間を過ごせます。

彼が会社に通ったり学校に通うことをあきらめる必要はありません。

しかしニートになってしまった彼の「今」については、そのまま受け止めてあげる必要があります。

「そのままでいいんだよ」という姿勢で付き合うことが大切です。

ニートの彼氏と付き合うのは、普通に会社が学校に行っている彼と付き合うよりも難しいかもしれません。

今回はニートの彼氏とうまく付き合うコツを紹介します


ニートを責めない

彼がニートであることを責めないようにします。

ニートを憎んだり、ニートをバカにするような気持ちがある女性は、ニートと付き合わないほうがいいでしょう。

ニートの彼でも付き合いたい、大好きだと思った場合だけ付き合うようにしましょう。

基本的に友達には話さない

彼がニートだということは、あまり友達に話さないようにしましょう。

友達にあれこれ詮索されたり「別れた方がいい」などと、無責任なアドバイスをされてしまうかもしれないからです。

就職や通学を強制しない

ニートの彼に就職するように強制したり、学校に通うように強制するのは止めましょう。

彼はニートでいたくているわけではありません。

働けるなら働きたいし、学校に通えるなら通いたいというのが本音です。

何かしらの理由でニートになって、彼はそのことに苦しんでいます。

会社に行くことの楽しさや辛さなど、自分の体験した話を伝えるだけで十分に彼には刺激があります。

自分も働いてみたいと思うきっかけ作りができれば十分です。

そのままの彼を認めてあげる

ニートの彼も、ニートでない彼も、同じ人間です。

本当に彼が好きで彼に立ち直ってもらいたいと思ったら、そのままの彼を認めてあげましょう。

もちろん彼が一生ニートでいいと思えと言っているわけではありません。

彼には立ち直ってもらいたいと思う気持ちは持っていて構いません。

しかし今の段階では、ニートの彼をそのまま認めてあげることが大切です。

ニートになるしかなかった彼を肯定してあげることが、彼を立ち直らせるためにいちばん重要なことかもしれません。

癒される時間が必要だと知っておく

うつ病になったら、治療期間が必要です。

会社を休んで適切な医療機関の治療を受ける必要があります。

ニートにも癒される時間が必要です。

会社や学校に行けなくなってしまった彼が癒されて、再び立ち上がるための時間が必要なのです。

特にニートになりたての男性は、半年から1年程度の休養期間が必要かもしれません。

一緒に楽しく過ごすことで、彼の心が癒されて、元気になるようにサポートをしましょう。

時間が来たら彼はスーツに着替えて職探しを始めるかもしれません。

ニートになったのには理由があると思う

ニートになった彼のことを「精神的に弱い」「たるんでいる」とネガティブに捉えるのはやめましょう。

彼には彼なりのニートになった理由があるはずだからです。

生まれつきの性格もありますが、家庭環境や、運、不運など様々な要因が関係して、彼はニートになってしまいました。

その「理由があってニートになった」という部分を尊重して付き合うことが大切です。

彼を先入観で見ない

「ニートだから」「ニートのくせに」などと、ニートの彼のことを先入観で見るのは避けましょう。

ニートというレッテルは世の中にはありますが、彼女が彼氏に対して貼るべきレッテルではありません。

世間的にニートと言われていても、彼は彼です。

ニートではなく大好きな彼だと思って接するようにしましょう。

無理な気遣いをしない

ニートの彼には様々な理由があって、ニートをしています。

優しい女性の場合は彼をセンシティブな存在として壊れやすいアクセサリーを扱うように扱ってしまうかもしれません。

しかし言葉遣いのひとつひとつを気にし過ぎてしまうと、彼女のほうが疲れてしまうでしょう。

彼からしても、彼女に無理な気遣いをさせるのは本望ではないでしょう。

彼女が自分と合うたびに疲れて帰って行くようだと、彼のほうが辛いです。

いずれにせよこのような無理な関係は長続きしません。

彼のことが好きで、彼に対して変な偏見を持っていないなら余計な気遣いをせずに、楽しい時間を過ごすことだけを考えましょう。

自分が楽しいと思える付き合い方をする

ニートの彼に合わせながら、自分が楽しいと思える恋愛期間を過ごしましょう。

彼のために大切な時間を犠牲にするのは間違いです。

自分が幸せと感じられないと、ニートの彼も幸せを感じることができないからです。

ひどい言い方をしてしまったら別れ時

ニートの彼に言ってはいけないようなひどい暴言を吐いてしまったら、別れの時かもしれません。

ひどいことを言ったのは彼でなく、精神的に疲れてしまった自分のせいです。

一緒にいても彼も彼女も幸せになれませんので、別れる決意をしましょう。

彼が行きたいところに行く

ニートの彼は、会社や学校に行っていないので、一般的な社会人や学生とは違う常識の中で生きています。

簡単に言えば世間のことを良く知らないため、浮世離れした存在になっていると言えます。

彼が行きたいと思う場所は彼女にとって「そんなとこに行ってどうするの?」というような場所かもしれません。

しかし彼はその場所に行く必要があります。

彼が行きたいと言う場所は、できるだけ一緒に行くようにしましょう。

彼が外の世界に触れる機会が増えるほど、一般常識を身につけることができます。

ニートを止めるきっかけになるかもしれません。

お願いは早めにする

彼と一緒にテーマパークに行きたい、レストランで食事をしたいなど、彼に特別なお願いがある時は、早めに話すようにしましょう。

明日○○に行きたいと言っても、彼は心の準備ができずに、戸惑ってしまいます。

行く決断ができない自分を責めてしまうかもしれません。

ニートの彼は、普通のことをするために、心の準備が必要だと知っておきましょう。

もし誕生日に外出したいところがあり、それが彼にとってハードルが高そうだと感じたら、せめて1か月以上前にお願いするようにしましょう。

もし彼が1か月後に彼女にお願いに応えられたら、社会復帰の良いきっかけになるかもしれません。

彼がニートでも、考え方次第で他のいい時間を過ごせます。

彼が会社に通ったり学校に通うことをあきらめる必要はありません。

しかしニートになってしまった彼の「今」については、そのまま受け止めてあげる必要があります。

「そのままでいいんだよ」という姿勢で付き合うことが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-