【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519165658.html
惚れっぽい性格を治すコツ

惚れっぽい性格を治すコツ | LADYCO

LADYCO
惚れっぽい性格を治すコツ

惚れっぽい性格の人は、その性格ゆえに恋愛で失敗することが多くなりがちです。

やはり容易に人を好きになってしまうよりも、じっくりと相手を知り、安定したお付き合いをしたいところです。

惚れっぽい性格を治すコツをご紹介します。

  • 優しい言葉にごまかされない
  • 見た目に惑わされない
  • お酒を飲んでいる時の話を真に受けない
  • 相手との距離感を大切にする
  • メールの返信をこまめにしすぎない
  • 具体的な未来の様子を想像する
  • 自分が譲れないものを理解する
  • 自分の短所をさらけ出す
  • 同性の友達を何より大切にする
  • 一人で楽しめる趣味を見つける
  • 簡単に相手に触れないように気をつける
  • 付き合う前になるべく色々な場所へいく
  • 容易にお互いの家に行かない
  • まとめ

1. 優しい言葉にごまかされない

優しい言葉にごまかされない

惚れっぽい人は、優しい言葉に弱く、自分を気遣ってくれるようなことを言ってもらうとすぐに特別視されているような気になり、相手を好きになってしまいます。

体調を気遣うような優しい言葉を言われた時は、この人はそういう優しい人なのだと理解し、自分以外の人に対しても優しい人なのだと思いましょう。

会って間もないのに優しくしてくれるというのは、特別に見てくれているのかと思いがちですが、まだお互いのことをよく知らないのだということを忘れずに接するようにしましょう。

2. 見た目に惑わされない

見た目に惑わされない

惚れっぽい人は、見た目の格好良さですぐに人を好きになってしまうところがあります。

もちろん見た目だってその人の大切な個性ですから好きになるための一つの条件にはなるはずです。

しかし、見た目だけで妄信的に相手に恋をしてしまうと、長続きしない可能性が高いです。

見た目というものは常に変化し続けるものなので見た目だけを拠り所にした恋愛は難しいといえるでしょう。

3. お酒を飲んでいる時の話を真に受けない

お酒を飲んでいる時の話を真に受けない

お酒を飲んでいる時は、人は軽口を叩きやすくなります。

お酒の場で褒められたり嬉しいことを言われても、あまり真に受けない方がよいでしょう。

言った本人はそれほど気にしていないのに、惚れっぽい人は両思いと思い込んでしまい、後から傷つくようなことが多いです。

もちろん楽しくお酒を飲むことはよいことですが、嬉しいことを言われても、まぁ酔っ払っているしな、と軽く受け流せるとよいですね。

4. 相手との距離感を大切にする

相手との距離感を大切にする

惚れっぽい人は、少し相手との距離感を早い段階で詰めようとしすぎる傾向があります。

相手も好意を抱いていても、自分の感じている距離感よりも近くに踏み込んでこられると人は警戒してしまいます。

自然とお互いの気持ちを高めていくためには、近づくことと同じくらい、距離を保つことを意識するとよいでしょう。

5. メールの返信をこまめにしすぎない

メールの返信をこまめにしすぎない

メールなどで連絡を取り合って、仲を深めていく場合、あまりそのことを気にしすぎると、相手の連絡ばかりが遅いように感じて、自分だけが相手をすごく好きになってしまっているような錯覚に陥ります。

メールなどの連絡はあまりこまめにしないという人はたくさんいるので、相手の返信の速度などはなるべく気にせず、自分自身もあまり神経質に返事をしようとしないことがコツです。

6. 具体的な未来の様子を想像する

具体的な未来の様子を想像する

惚れっぽい人は、今その瞬間が楽しい、ドキドキするといった一時の気持ちの高ぶりに左右される傾向があります。

それももちろん大切ですが、本当に大切なことはその後も、相手と長く共に過ごしていけるかということなので、できるだけ具体的に未来の様子を想像してみるとよいでしょう。

一緒に住んだらどんなことが気になるか、といった相手と合わないところなども目を背けずに考えてみましょう。

7. 自分が譲れないものを理解する

自分が譲れないものを理解する

惚れっぽい人は、理想の相手ということにこだわらず、目の前にいる人のよいところを発見していける柔軟さをもっています。

それは素晴らしい長所といえますが、やはり誰しも本当は理想というものがあるはずなので、そこからあまりにずれていると、付き合うことになっても長続きしないでしょう。

せめて、自分がこれだけは譲れないという、相手に求める最低条件を自分できちんと把握しておくとよいでしょう。

8. 自分の短所をさらけ出す

自分の短所をさらけ出す

惚れっぽい人は、お互いに嫌な部分、それぞれの短所を理解する前に長所だけを見て恋をしてしまう傾向があります。

そのため、付き合ってから嫌なところが目につき長続きしないことが多いです。

付き合う前から、気になる人がいれば、なるべく色々な面を知ろうとすることを心がけ、自分も無理に取り繕わず、短所と感じている部分も少しずつ見せられるように心がけるとよいでしょう。

9. 同性の友達を何より大切にする

同性の友達を何より大切にする

惚れっぽい人は、人一倍寂しさを抱えている人が多いです。

孤独感を感じているがゆえに、近しい間柄になることを強く求めてしまいます。

同性の親しい友人がいれば、恋愛よりもまずそちらを大切にすることを心がけてみましょう。

日々の孤独感が薄まれば、すぐに人を好きになってしまうような切迫感も薄れてくるはずです。

10. 一人で楽しめる趣味を見つける

一人で楽しめる趣味を見つける

一人で楽しめるような趣味を見つけることもおすすめです。

これも日々寂しさを感じているような人にとって、一人でいてもそれほど孤独感はないと感じられるようになる近道かもしれません。

自分のことを好きになって、自分自身の生活が充実してくれば、誰でもいいから側にいてほしいというような切迫詰まった恋愛をすることはなくなります。

11. 簡単に相手に触れないように気をつける

簡単に相手に触れないように気をつける

相手に触れてしまうようなことがあると、性格などは二の次で一気に相手を好きになってしまうことがあります。

なるべく相手との距離を一定に保ち、簡単に手などが触れてしまうことがないように気をつけましょう。

その方が、相手からも軽く見られることが少なくなります。

12. 付き合う前になるべく色々な場所へいく

付き合う前になるべく色々な場所へいく

惚れやすい感情はなかなか変えられるものではありませんが、なるべく一人の人と長く付き合いたいと思うならば、簡単にお付き合いをせず、まずは友達としてできるだけ色々なところへ出かけてみるとよいでしょう。

その内に、相手の振る舞いを見て、自然と本当の自分の想いに気づくことができるはずです。

13. 容易にお互いの家に行かない

容易にお互いの家に行かない

単純なことではありますが、容易にお互いの家に行ったり呼んだりしない方がよいでしょう。

それだけで特別感が高まってしまい、深く相手を知ったわけでもないのに、なんとなくお互い好意を持っているような関係になりがちです。

本当にお互いが好意を持っていると確信できるまでは、意識的に距離感を保ちましょう。

まとめ

以上のように、惚れっぽい人は、寂しさゆえに相手との距離感を図り損ねてしまう傾向があるといえます。

まず、自分の生活を充実させ、冷静に相手と距離を保ちながら、少しずつ仲を深めていけるように工夫してみるとよいでしょう。

惚れっぽい性格の人は、その性格ゆえに恋愛で失敗することが多くなりがちです。

やはり容易に人を好きになってしまうよりも、じっくりと相手を知り、安定したお付き合いをしたいところです。

惚れっぽい性格を治すコツをご紹介します。


優しい言葉にごまかされない

惚れっぽい人は、優しい言葉に弱く、自分を気遣ってくれるようなことを言ってもらうとすぐに特別視されているような気になり、相手を好きになってしまいます。

体調を気遣うような優しい言葉を言われた時は、この人はそういう優しい人なのだと理解し、自分以外の人に対しても優しい人なのだと思いましょう。

会って間もないのに優しくしてくれるというのは、特別に見てくれているのかと思いがちですが、まだお互いのことをよく知らないのだということを忘れずに接するようにしましょう。

見た目に惑わされない

惚れっぽい人は、見た目の格好良さですぐに人を好きになってしまうところがあります。

もちろん見た目だってその人の大切な個性ですから好きになるための一つの条件にはなるはずです。

しかし、見た目だけで妄信的に相手に恋をしてしまうと、長続きしない可能性が高いです。

見た目というものは常に変化し続けるものなので見た目だけを拠り所にした恋愛は難しいといえるでしょう。

お酒を飲んでいる時の話を真に受けない

お酒を飲んでいる時は、人は軽口を叩きやすくなります。

お酒の場で褒められたり嬉しいことを言われても、あまり真に受けない方がよいでしょう。

言った本人はそれほど気にしていないのに、惚れっぽい人は両思いと思い込んでしまい、後から傷つくようなことが多いです。

もちろん楽しくお酒を飲むことはよいことですが、嬉しいことを言われても、まぁ酔っ払っているしな、と軽く受け流せるとよいですね。

相手との距離感を大切にする

惚れっぽい人は、少し相手との距離感を早い段階で詰めようとしすぎる傾向があります。

相手も好意を抱いていても、自分の感じている距離感よりも近くに踏み込んでこられると人は警戒してしまいます。

自然とお互いの気持ちを高めていくためには、近づくことと同じくらい、距離を保つことを意識するとよいでしょう。

メールの返信をこまめにしすぎない

メールなどで連絡を取り合って、仲を深めていく場合、あまりそのことを気にしすぎると、相手の連絡ばかりが遅いように感じて、自分だけが相手をすごく好きになってしまっているような錯覚に陥ります。

メールなどの連絡はあまりこまめにしないという人はたくさんいるので、相手の返信の速度などはなるべく気にせず、自分自身もあまり神経質に返事をしようとしないことがコツです。

具体的な未来の様子を想像する

惚れっぽい人は、今その瞬間が楽しい、ドキドキするといった一時の気持ちの高ぶりに左右される傾向があります。

それももちろん大切ですが、本当に大切なことはその後も、相手と長く共に過ごしていけるかということなので、できるだけ具体的に未来の様子を想像してみるとよいでしょう。

一緒に住んだらどんなことが気になるか、といった相手と合わないところなども目を背けずに考えてみましょう。

自分が譲れないものを理解する

惚れっぽい人は、理想の相手ということにこだわらず、目の前にいる人のよいところを発見していける柔軟さをもっています。

それは素晴らしい長所といえますが、やはり誰しも本当は理想というものがあるはずなので、そこからあまりにずれていると、付き合うことになっても長続きしないでしょう。

せめて、自分がこれだけは譲れないという、相手に求める最低条件を自分できちんと把握しておくとよいでしょう。

自分の短所をさらけ出す

惚れっぽい人は、お互いに嫌な部分、それぞれの短所を理解する前に長所だけを見て恋をしてしまう傾向があります。

そのため、付き合ってから嫌なところが目につき長続きしないことが多いです。

付き合う前から、気になる人がいれば、なるべく色々な面を知ろうとすることを心がけ、自分も無理に取り繕わず、短所と感じている部分も少しずつ見せられるように心がけるとよいでしょう。

同性の友達を何より大切にする

惚れっぽい人は、人一倍寂しさを抱えている人が多いです。

孤独感を感じているがゆえに、近しい間柄になることを強く求めてしまいます。

同性の親しい友人がいれば、恋愛よりもまずそちらを大切にすることを心がけてみましょう。

日々の孤独感が薄まれば、すぐに人を好きになってしまうような切迫感も薄れてくるはずです。

一人で楽しめる趣味を見つける

一人で楽しめるような趣味を見つけることもおすすめです。

これも日々寂しさを感じているような人にとって、一人でいてもそれほど孤独感はないと感じられるようになる近道かもしれません。

自分のことを好きになって、自分自身の生活が充実してくれば、誰でもいいから側にいてほしいというような切迫詰まった恋愛をすることはなくなります。

簡単に相手に触れないように気をつける

相手に触れてしまうようなことがあると、性格などは二の次で一気に相手を好きになってしまうことがあります。

なるべく相手との距離を一定に保ち、簡単に手などが触れてしまうことがないように気をつけましょう。

その方が、相手からも軽く見られることが少なくなります。

付き合う前になるべく色々な場所へいく

惚れやすい感情はなかなか変えられるものではありませんが、なるべく一人の人と長く付き合いたいと思うならば、簡単にお付き合いをせず、まずは友達としてできるだけ色々なところへ出かけてみるとよいでしょう。

その内に、相手の振る舞いを見て、自然と本当の自分の想いに気づくことができるはずです。

容易にお互いの家に行かない

単純なことではありますが、容易にお互いの家に行ったり呼んだりしない方がよいでしょう。

それだけで特別感が高まってしまい、深く相手を知ったわけでもないのに、なんとなくお互い好意を持っているような関係になりがちです。

本当にお互いが好意を持っていると確信できるまでは、意識的に距離感を保ちましょう。

以上のように、惚れっぽい人は、寂しさゆえに相手との距離感を図り損ねてしまう傾向があるといえます。

まず、自分の生活を充実させ、冷静に相手と距離を保ちながら、少しずつ仲を深めていけるように工夫してみるとよいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-