【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519155405.html
過干渉な父親の特徴

過干渉な父親の特徴 | LADYCO

LADYCO
過干渉な父親の特徴

甘やかしすぎる、門限が厳しすぎる、何でも把握したがるなど、過干渉な父親の特徴についてまとめました。

  • 心配性すぎる
  • 子供を甘やかしすぎる
  • 門限が厳しすぎる
  • 子供の予定をなんでも把握したがる
  • 子供の友人関係に首をつっこむ
  • さびしがり屋である
  • 子供の恋愛関係にとやかく文句を言う
  • 子供の夢や目標や進路に関して意見や反対が多い
  • メールやLINEがしつこい
  • いつでも一緒にいたがる
  • まとめ

1. 心配性すぎる

心配性すぎる

過干渉な父親は、心配性すぎる気質が強いです。

子供の事が気になりすぎて、寝ても覚めてもいられないタイプの人が、子供に関わりすぎ、支配的になってしまうのです。

しかしながら、どれだけ子供についても、根本的な不安というものは解消されないことの方が多いです。

そして、自分と子供は違う人間だということを理解しましょう。

子供の失敗を恐れたり、怒ったりするのではなく、優しく見守り、冷静に受け止めることが大切です。

2. 子供を甘やかしすぎる

子供を甘やかしすぎる

過干渉な父親は、子供を甘やかしすぎることも多いです。

何でも買ってあげたり、何でも言うことを聞いてあげたりと、まるで召使いのようになることもあるでしょう。

しかしながら、子供本質が見えておらず、本当は子供が何をしたいのか、何を望んでいるのか理解していない父親も多いです。

「何かをしてあげた」という自己満足に陥りやすいので気をつけましょう。

家族を養うことはもちろん大切ですが、最終的には物やお金ではありません。

親身になって、話を聞き、理解する、そうした基本的な愛情がなければ関係は成熟しないですし、子供も成長しないのです。

3. 門限が厳しすぎる

門限が厳しすぎる

過干渉な父親は、子を甘やかす一方で、非常に厳しい場合も多いです。

子供を信じることができず、不安で仕方なくて、物理的に子を拘束しようとします。

門限が厳しく、出かける場所や、遊ぶ相手を制限するような親もいるでしょう。

また、○時には起き、○時には一緒に食事をとり、○時までに寝るといった決まりを作っている父親もいます。

規則正しい生活をするのは大切ですが、時間的な拘束がすぎると、子は不自由を感じ、反発的になってしまうでしょう。

ある程度、信頼し、自由を約束することも大切なのです。

4. 子供の予定をなんでも把握したがる

子供の予定をなんでも把握したがる

過干渉な父親は、子供の予定をなんでも把握したがる場合が多いです。

学校の行事やイベントだけではなく、友人との付き合いや恋人とのデートまで、何もかも知らないと気が済まないような人もいます。

また、どこにでもカメラを持っていき、写真を撮るような父親もいるでしょう。

子供が成長するにつれて、「ウザい父親」と思われかねないので気をつけましょう。

5. 子供の友人関係に首をつっこむ

子供の友人関係に首をつっこむ

過干渉な父親は、子供の友人関係に関わろうとしたり、首をつっこもうとします。

子が友人と喧嘩をした場合は、相手の家に乗りこむような、モンスターペアレントもいるでしょう。

当事者間のやりとりを信じず、勝手にしゃしゃり出る事が多いので、相手の家族や自分の子供にまで嫌われやすいです。

子供は自分の物ではないですし、その周辺の関係性も同様です。

関わろうとするのではなく、見守ることが大切なのです。

6. さびしがり屋である

さびしがり屋である

過干渉な父親は、さびしがりやな性格です。

特に、思春期になって、子供が親と距離を取り始めると、さらに寂しさが増してしまうでしょう。

子供は望んでいないのに、無理に関わろうとしたり、ウザ絡みしてしまうことも多いので、気をつけましょう。

ベタベタするのではなく、適切な距離感を持って付き合うことが大切です。

親の方が子離れしなければならないのです。

7. 子供の恋愛関係にとやかく文句を言う

子供の恋愛関係にとやかく文句を言う

過干渉な父親は、子供の恋愛関係にとやかく文句や意見を言う場合が多いです。

特に、娘の父親は、彼氏に対して攻撃的であったり、批判的であることも多いでしょう。

「こんな男は彼氏にふさわしくない」「娘は男に騙されたんだ」と、真っ向から否定し、娘と彼の仲を引き裂こうとするような親もいるでしょう。

それゆえに子供から嫌われ、疎まれることも多いのです。

子供が成長するためにも、恋愛や結婚に干渉するのではなく、見守り、時に冷静なアドバイスをすることが大切です。

理不尽な嫉妬心や執着心は、家族の関係を壊しかねません。

8. 子供の夢や目標や進路に関して意見や反対が多い

子供の夢や目標や進路に関して意見や反対が多い

過干渉な父親は、子供の夢や目標、進路などに反対することも多いでしょう。

あれもダメ、これもダメと否定的で、自分にとって都合のよいレールの上を歩かせようとするような親もいます。

心配な気持ちが過ぎて、支配的になりやすいので、気をつけましょう。

子供の意思や意見を尊重し、必要な時だけ手を貸し、あとは見守っていけるような父親にならなければなりません。

9. メールやLINEがしつこい

メールやLINEがしつこい

過干渉な父親は、LINEやメールがしつこいです。

さびしがりやで、構って欲しい気持ちが強く、急用でもないのに連絡してくることもあるでしょう。

たまになら、良いですが、しつこい連絡は子供に嫌がられることが多いので、ほどほどにしましょう。

親が子を心配するのは当たり前ですが、黙って待つこや、見守ることも大切なのです。

10. いつでも一緒にいたがる

いつでも一緒にいたがる

過干渉な父親、いつでも子供と一緒にいたがります。

中には、子供が大きくなっても、一緒に寝たがったり、お風呂に入りたがったりするような人もいるでしょう。

子供が嫌がっていなければOKですが、嫌悪感を抱かれる場合もよくあるので、子供の成長と共に、適切な距離を置くようにしましょう。

子の人間関係にとやかく言うのではなく、見守り、尊重することが大切です。

まとめ

過干渉な父親は、子供の成長を妨げます。

子が親離れするように、親も子供への過度な執着や干渉をやめ、一人立ちしなければならないのです。

甘やかしすぎる、門限が厳しすぎる、何でも把握したがるなど、過干渉な父親の特徴についてまとめました。


心配性すぎる

過干渉な父親は、心配性すぎる気質が強いです。

子供の事が気になりすぎて、寝ても覚めてもいられないタイプの人が、子供に関わりすぎ、支配的になってしまうのです。

しかしながら、どれだけ子供についても、根本的な不安というものは解消されないことの方が多いです。

そして、自分と子供は違う人間だということを理解しましょう。

子供の失敗を恐れたり、怒ったりするのではなく、優しく見守り、冷静に受け止めることが大切です。

子供を甘やかしすぎる

過干渉な父親は、子供を甘やかしすぎることも多いです。

何でも買ってあげたり、何でも言うことを聞いてあげたりと、まるで召使いのようになることもあるでしょう。

しかしながら、子供本質が見えておらず、本当は子供が何をしたいのか、何を望んでいるのか理解していない父親も多いです。

「何かをしてあげた」という自己満足に陥りやすいので気をつけましょう。

家族を養うことはもちろん大切ですが、最終的には物やお金ではありません。

親身になって、話を聞き、理解する、そうした基本的な愛情がなければ関係は成熟しないですし、子供も成長しないのです。

門限が厳しすぎる

過干渉な父親は、子を甘やかす一方で、非常に厳しい場合も多いです。

子供を信じることができず、不安で仕方なくて、物理的に子を拘束しようとします。

門限が厳しく、出かける場所や、遊ぶ相手を制限するような親もいるでしょう。

また、○時には起き、○時には一緒に食事をとり、○時までに寝るといった決まりを作っている父親もいます。

規則正しい生活をするのは大切ですが、時間的な拘束がすぎると、子は不自由を感じ、反発的になってしまうでしょう。

ある程度、信頼し、自由を約束することも大切なのです。

子供の予定をなんでも把握したがる

過干渉な父親は、子供の予定をなんでも把握したがる場合が多いです。

学校の行事やイベントだけではなく、友人との付き合いや恋人とのデートまで、何もかも知らないと気が済まないような人もいます。

また、どこにでもカメラを持っていき、写真を撮るような父親もいるでしょう。

子供が成長するにつれて、「ウザい父親」と思われかねないので気をつけましょう。

子供の友人関係に首をつっこむ

過干渉な父親は、子供の友人関係に関わろうとしたり、首をつっこもうとします。

子が友人と喧嘩をした場合は、相手の家に乗りこむような、モンスターペアレントもいるでしょう。

当事者間のやりとりを信じず、勝手にしゃしゃり出る事が多いので、相手の家族や自分の子供にまで嫌われやすいです。

子供は自分の物ではないですし、その周辺の関係性も同様です。

関わろうとするのではなく、見守ることが大切なのです。

さびしがり屋である

過干渉な父親は、さびしがりやな性格です。

特に、思春期になって、子供が親と距離を取り始めると、さらに寂しさが増してしまうでしょう。

子供は望んでいないのに、無理に関わろうとしたり、ウザ絡みしてしまうことも多いので、気をつけましょう。

ベタベタするのではなく、適切な距離感を持って付き合うことが大切です。

親の方が子離れしなければならないのです。

子供の恋愛関係にとやかく文句を言う

過干渉な父親は、子供の恋愛関係にとやかく文句や意見を言う場合が多いです。

特に、娘の父親は、彼氏に対して攻撃的であったり、批判的であることも多いでしょう。

「こんな男は彼氏にふさわしくない」「娘は男に騙されたんだ」と、真っ向から否定し、娘と彼の仲を引き裂こうとするような親もいるでしょう。

それゆえに子供から嫌われ、疎まれることも多いのです。

子供が成長するためにも、恋愛や結婚に干渉するのではなく、見守り、時に冷静なアドバイスをすることが大切です。

理不尽な嫉妬心や執着心は、家族の関係を壊しかねません。

子供の夢や目標や進路に関して意見や反対が多い

過干渉な父親は、子供の夢や目標、進路などに反対することも多いでしょう。

あれもダメ、これもダメと否定的で、自分にとって都合のよいレールの上を歩かせようとするような親もいます。

心配な気持ちが過ぎて、支配的になりやすいので、気をつけましょう。

子供の意思や意見を尊重し、必要な時だけ手を貸し、あとは見守っていけるような父親にならなければなりません。

メールやLINEがしつこい

過干渉な父親は、LINEやメールがしつこいです。

さびしがりやで、構って欲しい気持ちが強く、急用でもないのに連絡してくることもあるでしょう。

たまになら、良いですが、しつこい連絡は子供に嫌がられることが多いので、ほどほどにしましょう。

親が子を心配するのは当たり前ですが、黙って待つこや、見守ることも大切なのです。

いつでも一緒にいたがる

過干渉な父親、いつでも子供と一緒にいたがります。

中には、子供が大きくなっても、一緒に寝たがったり、お風呂に入りたがったりするような人もいるでしょう。

子供が嫌がっていなければOKですが、嫌悪感を抱かれる場合もよくあるので、子供の成長と共に、適切な距離を置くようにしましょう。

子の人間関係にとやかく言うのではなく、見守り、尊重することが大切です。

過干渉な父親は、子供の成長を妨げます。

子が親離れするように、親も子供への過度な執着や干渉をやめ、一人立ちしなければならないのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-