【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401150447.html
茶髪が似合う男性の特徴

茶髪が似合う男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
茶髪が似合う男性の特徴

黒髪と茶髪、男性の髪の色も二極化していますが、どちらかというと茶髪が似合う男性の5つの特徴についてみていきましょう。

  • 清潔感がある
  • 瞳が茶色い
  • ハーフのような顔立ち
  • 中性的な雰囲気
  • アーティスティックな人
  • まとめ

1. 清潔感がある

清潔感がある

茶髪が似合う男性には、清潔感があることが大前提です。

男性自身に清潔感がなければ、茶髪が一気に安っぽく、またどこか汚らしく見えてしまうでしょう。

いくら髪色にこだわってオシャレをしても、周囲からの印象は良くありません。

茶髪が似合う為には、まずは肌のコンディションを整えておく、髪そのものをきちんと手入れしておくなど、自分自身が清潔であるということを意識しましょう。

清潔感のある男性が茶髪にすることで、その茶髪の良さが際立つのです。

2. 瞳が茶色い

瞳が茶色い

茶髪が似合う男性は、瞳の色が真っ黒ではなく、薄くて茶色い人です。

瞳の茶色と茶髪がピッタリと合って、全体的に柔らかい雰囲気になるでしょう。

瞳の色が茶色いということは、全体の色素が薄いということにもなります。

肌の色が白かったり、体毛も薄かったりする男性の場合は、明るい茶髪のイメージと自然と溶け込むことができるのです。

瞳が真っ黒だったり眉毛がもともと真っ黒で濃い男性が茶髪にすると、どこか違和感が出てきます。

明るい茶髪だけが浮いてしまい、なんとなく安っぽい印象にもなってしまうでしょう。

自分の瞳が薄く茶色いという男性は、茶髪にすることで、より魅力的になれるかもしれません。

3. ハーフのような顔立ち

ハーフのような顔立ち

茶髪が似合う男性は、日本人離れしたハーフのような顔立ちをしています。

彫の深い外国人は、もともと髪の色も茶色や金髪をしています。

日本人離れした男性が茶髪にすることで、そのような雰囲気に近づくことができるのです。

ハーフのような顔立ちの男性は、黒髪でいるよりも茶髪にした方がむしろ自然に見えるかもしれません。

反対に、純日本人という顔立ちの男性が茶髪にすると、その顔立ちと茶髪のイメージが馴染まず、周囲からはなんとなく不自然に見えてしまうでしょう。

ハーフのような顔立ちの男性は、思い切って茶髪にした方が、その人の良さが引き立つのかもしれません。

4. 中性的な雰囲気

中性的な雰囲気

茶髪が似合う男性は、どこか中性的な雰囲気を持っています。

顔立ちが男らしくて力強いという感じではなく、綺麗な顔立ちをしている男性や、なんとなく女性的な要素を感じるような男性です。

女性から見ても、どこか綺麗だと感じるような男性は茶髪が似合うと言っていいでしょう。

明るくて柔らかい印象の茶髪と、その男性の持つ柔らかい雰囲気がマッチするのです。

逆に、男らしさが強く感じられるような雰囲気の男性が茶髪にすると、遊んでいそうに見えたり派手に見えたりと、茶髪のイメージがマイナスに働いてしまう可能性があるので注意が必要です。

男らしい雰囲気の男性は、黒髪の方が断然良さが引き立つでしょう。

5. アーティスティックな人

アーティスティックな人

茶髪が似合う男性は、どこかアーティスティックな雰囲気のある人です。

実際に職業が美容師や写真家、芸術家、画家などのクリエイティブな仕事をしている男性も多いでしょう。

このような感性豊かな男性には、その人の持つ雰囲気と茶髪がピッタリと合うのです。

アーティスティックな男性が茶髪にすることで、不思議と茶髪がよりオシャレに見えることでしょう。

反対に、いかにも真面目そうな雰囲気の男性が茶髪にすると、髪の色だけが悪目立ちしてしまい、その男性の持つイメージとは合いません。

個性的な魅力を持った男性にこそ、茶色はピッタリと合うのです。

まとめ

このように茶髪が似合う男性には、清潔感をはじめ、独特の雰囲気やオーラを持った人が多いのです。

男らしい純日本人といった男性には、やはり生まれ持った黒髪が一番似合うと言っていいでしょう。

黒髪と茶髪、男性の髪の色も二極化していますが、どちらかというと茶髪が似合う男性の5つの特徴についてみていきましょう。


清潔感がある

茶髪が似合う男性には、清潔感があることが大前提です。

男性自身に清潔感がなければ、茶髪が一気に安っぽく、またどこか汚らしく見えてしまうでしょう。

いくら髪色にこだわってオシャレをしても、周囲からの印象は良くありません。

茶髪が似合う為には、まずは肌のコンディションを整えておく、髪そのものをきちんと手入れしておくなど、自分自身が清潔であるということを意識しましょう。

清潔感のある男性が茶髪にすることで、その茶髪の良さが際立つのです。

瞳が茶色い

茶髪が似合う男性は、瞳の色が真っ黒ではなく、薄くて茶色い人です。

瞳の茶色と茶髪がピッタリと合って、全体的に柔らかい雰囲気になるでしょう。

瞳の色が茶色いということは、全体の色素が薄いということにもなります。

肌の色が白かったり、体毛も薄かったりする男性の場合は、明るい茶髪のイメージと自然と溶け込むことができるのです。

瞳が真っ黒だったり眉毛がもともと真っ黒で濃い男性が茶髪にすると、どこか違和感が出てきます。

明るい茶髪だけが浮いてしまい、なんとなく安っぽい印象にもなってしまうでしょう。

自分の瞳が薄く茶色いという男性は、茶髪にすることで、より魅力的になれるかもしれません。

ハーフのような顔立ち

茶髪が似合う男性は、日本人離れしたハーフのような顔立ちをしています。

彫の深い外国人は、もともと髪の色も茶色や金髪をしています。

日本人離れした男性が茶髪にすることで、そのような雰囲気に近づくことができるのです。

ハーフのような顔立ちの男性は、黒髪でいるよりも茶髪にした方がむしろ自然に見えるかもしれません。

反対に、純日本人という顔立ちの男性が茶髪にすると、その顔立ちと茶髪のイメージが馴染まず、周囲からはなんとなく不自然に見えてしまうでしょう。

ハーフのような顔立ちの男性は、思い切って茶髪にした方が、その人の良さが引き立つのかもしれません。

中性的な雰囲気

茶髪が似合う男性は、どこか中性的な雰囲気を持っています。

顔立ちが男らしくて力強いという感じではなく、綺麗な顔立ちをしている男性や、なんとなく女性的な要素を感じるような男性です。

女性から見ても、どこか綺麗だと感じるような男性は茶髪が似合うと言っていいでしょう。

明るくて柔らかい印象の茶髪と、その男性の持つ柔らかい雰囲気がマッチするのです。

逆に、男らしさが強く感じられるような雰囲気の男性が茶髪にすると、遊んでいそうに見えたり派手に見えたりと、茶髪のイメージがマイナスに働いてしまう可能性があるので注意が必要です。

男らしい雰囲気の男性は、黒髪の方が断然良さが引き立つでしょう。

アーティスティックな人

茶髪が似合う男性は、どこかアーティスティックな雰囲気のある人です。

実際に職業が美容師や写真家、芸術家、画家などのクリエイティブな仕事をしている男性も多いでしょう。

このような感性豊かな男性には、その人の持つ雰囲気と茶髪がピッタリと合うのです。

アーティスティックな男性が茶髪にすることで、不思議と茶髪がよりオシャレに見えることでしょう。

反対に、いかにも真面目そうな雰囲気の男性が茶髪にすると、髪の色だけが悪目立ちしてしまい、その男性の持つイメージとは合いません。

個性的な魅力を持った男性にこそ、茶色はピッタリと合うのです。

このように茶髪が似合う男性には、清潔感をはじめ、独特の雰囲気やオーラを持った人が多いのです。

男らしい純日本人といった男性には、やはり生まれ持った黒髪が一番似合うと言っていいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-