【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132625.html
良い人?怖い人?勘が鋭い男性の特徴

良い人?怖い人?勘が鋭い男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
良い人?怖い人?勘が鋭い男性の特徴

ごく一般に、ややステレオタイプに言えば、男性は理屈っぽくてもどこか鈍く、女性の方が勘が鋭いと考える人は多いでしょう。

確かに傾向としてそれはあるかもしれませんが、勘が非常に鋭い男性もいるものです。

では、勘の鋭い男性の特徴とは何でしょう。

  • 直感的な決断で成功を収めている
  • 女性から見て少し「怖い」ことがある
  • 対戦型スポーツが得意である
  • 感覚派の女性と話が合うことも多い
  • 「運がいい」と実感している男性が多い
  • 女性のタイプが特にない
  • 人の悩みに良く気づく
  • まとめ

1. 直感的な決断で成功を収めている

直感的な決断で成功を収めている

さまざまな物事について、何かと理屈で決めたがることも多い男性ですが、「なんとなくこれ」といった直感・勘を重視し、その判断で成功を重ねている男性もいます。

「具体的な理由として何がどうというわけではないが、とにかくあのときは、AではなくBがいいと思った」といった発言が多いのも特徴です。

直感的な判断、すなわち勘で成功した経験が多ければ、自ずと勘に頼る傾向も強くなります。

もっとも、勘が鋭いからといって理詰めの考えを放棄するということにもなりませんから、仕事や友人関係、恋愛や結婚においても総合的に力のある男性であることも多いものです。

2. 女性から見て少し「怖い」ことがある

女性から見て少し「怖い」ことがある

この場合の怖さとは、暴力的だとか、攻撃的だとか、暴言を吐くとかいう意味ではありません。

「頭のいい男性でも、男はどこか鈍くかわいいものだ」と考えている女性は多いものですが、勘の鋭い男性は、女性も男性もぎょっとしてしまうような鋭い指摘をします。

「そんなことまで見抜かれていたなんて、怖い」と思わせてしまうのも、勘の鋭い男性です。

しかし、本当に勘が良ければ、人にどのように思われるかも当然勘で見抜けることとなり、勘が良すぎて怖いと思われることすらも、勘で避けられる男性がいます。

3. 対戦型スポーツが得意である

対戦型スポーツが得意である

陸上競技など「自己と闘う」スポーツでもある程度の勘は求められるものの、野球やサッカーなど「相手」のあるスポーツが得意な男性は、総じて勘に優れています。

それら競技のトップ選手で「勘が鈍い」とはまず考えられないことでしょう。

運動をさほど好まない男性でも、将棋やチェス、あるいはコンピューターゲームで「人」と対戦するのが上手い人は勘が良いといえます。

4. 感覚派の女性と話が合うことも多い

感覚派の女性と話が合うことも多い

勘が鈍く、理屈でばかりものを考える堅物型の男性は、感覚派の女性とは話が合わないこともあります。

上手くいけば「凸凹コンビ」ともなりえますが、単純に相性が悪いこともあるでしょう。

勘のいい男性では、必ずしも理論理屈に頼らず、「あのときは、パッとこう思った」とか「このことについては、何気なくこんなように感じる」などの感覚も大事にしています。

このあたりが、感覚派の女性との相性の良さにつながることもあります。

5. 「運がいい」と実感している男性が多い

「運がいい」と実感している男性が多い

勘の鋭い男性では、色々な好ましい経験が自分の勘の良さによるものだとは思わず、「運がいい」と考えていることも多々あります。

しかし実際のところは、自身の勘の良さ、鋭さによって良い経験を積んできているのです。

勘が鋭くてかつ謙虚な男性では、色々な成功体験について尋ねられても、「運がいいからだ」と説明することがあります。

6. 女性のタイプが特にない

女性のタイプが特にない

勘のいい男性に良くあるのが、「特に女性のタイプはない」という発言です。

彼らの場合は、大人しいとか賑やかだとか、派手だとか地味だとか、痩せているとかそうでないとか、年齢がどうだとか、そういった「タイプ」にはとらわれず、感覚・勘で好きな女性ができてしまうのです。

勘が鋭い男性というと、恋愛においては攻略が難しい存在と思ってしまう女性も多いものですが、案外とそうでもなく、彼らが重要視するマッチング感さえ感じてもらえれば、誰にでもチャンスが有るといえます。

7. 人の悩みに良く気づく

人の悩みに良く気づく

これは優しさとも関連する要素です。

たとえば、健康に問題がなく、これといったコンプレックスもなさそうで、仕事も順調という女性がいたとします。

けれど、理由はわからずとも、その人が何か、何となく悩んでいるのではないか?微妙だけれど何か落ち込んでいるのではないか?などとふと気づくことができるのも、勘の鋭い男性の特徴です。

鈍感な男性や、理屈でばかりものを判断する男性に辟易(へきえき)している女性にとっては、新鮮かつ頼れる存在にもなりえます。

まとめ

勘の鋭い男性には、良いところもそうでないところもあります。

しかし、男性イコール鈍い、理屈やと考えていると、これもまた勿体無い話です。

友だちであれ恋人であれ何であれ、勘の鋭い男性と接してみると、人生観・人間観も変わってくることでしょう。

ごく一般に、ややステレオタイプに言えば、男性は理屈っぽくてもどこか鈍く、女性の方が勘が鋭いと考える人は多いでしょう。

確かに傾向としてそれはあるかもしれませんが、勘が非常に鋭い男性もいるものです。

では、勘の鋭い男性の特徴とは何でしょう。


直感的な決断で成功を収めている

さまざまな物事について、何かと理屈で決めたがることも多い男性ですが、「なんとなくこれ」といった直感・勘を重視し、その判断で成功を重ねている男性もいます。

「具体的な理由として何がどうというわけではないが、とにかくあのときは、AではなくBがいいと思った」といった発言が多いのも特徴です。

直感的な判断、すなわち勘で成功した経験が多ければ、自ずと勘に頼る傾向も強くなります。

もっとも、勘が鋭いからといって理詰めの考えを放棄するということにもなりませんから、仕事や友人関係、恋愛や結婚においても総合的に力のある男性であることも多いものです。

女性から見て少し「怖い」ことがある

この場合の怖さとは、暴力的だとか、攻撃的だとか、暴言を吐くとかいう意味ではありません。

「頭のいい男性でも、男はどこか鈍くかわいいものだ」と考えている女性は多いものですが、勘の鋭い男性は、女性も男性もぎょっとしてしまうような鋭い指摘をします。

「そんなことまで見抜かれていたなんて、怖い」と思わせてしまうのも、勘の鋭い男性です。

しかし、本当に勘が良ければ、人にどのように思われるかも当然勘で見抜けることとなり、勘が良すぎて怖いと思われることすらも、勘で避けられる男性がいます。

対戦型スポーツが得意である

陸上競技など「自己と闘う」スポーツでもある程度の勘は求められるものの、野球やサッカーなど「相手」のあるスポーツが得意な男性は、総じて勘に優れています。

それら競技のトップ選手で「勘が鈍い」とはまず考えられないことでしょう。

運動をさほど好まない男性でも、将棋やチェス、あるいはコンピューターゲームで「人」と対戦するのが上手い人は勘が良いといえます。

感覚派の女性と話が合うことも多い

勘が鈍く、理屈でばかりものを考える堅物型の男性は、感覚派の女性とは話が合わないこともあります。

上手くいけば「凸凹コンビ」ともなりえますが、単純に相性が悪いこともあるでしょう。

勘のいい男性では、必ずしも理論理屈に頼らず、「あのときは、パッとこう思った」とか「このことについては、何気なくこんなように感じる」などの感覚も大事にしています。

このあたりが、感覚派の女性との相性の良さにつながることもあります。

「運がいい」と実感している男性が多い

勘の鋭い男性では、色々な好ましい経験が自分の勘の良さによるものだとは思わず、「運がいい」と考えていることも多々あります。

しかし実際のところは、自身の勘の良さ、鋭さによって良い経験を積んできているのです。

勘が鋭くてかつ謙虚な男性では、色々な成功体験について尋ねられても、「運がいいからだ」と説明することがあります。

女性のタイプが特にない

勘のいい男性に良くあるのが、「特に女性のタイプはない」という発言です。

彼らの場合は、大人しいとか賑やかだとか、派手だとか地味だとか、痩せているとかそうでないとか、年齢がどうだとか、そういった「タイプ」にはとらわれず、感覚・勘で好きな女性ができてしまうのです。

勘が鋭い男性というと、恋愛においては攻略が難しい存在と思ってしまう女性も多いものですが、案外とそうでもなく、彼らが重要視するマッチング感さえ感じてもらえれば、誰にでもチャンスが有るといえます。

人の悩みに良く気づく

これは優しさとも関連する要素です。

たとえば、健康に問題がなく、これといったコンプレックスもなさそうで、仕事も順調という女性がいたとします。

けれど、理由はわからずとも、その人が何か、何となく悩んでいるのではないか?微妙だけれど何か落ち込んでいるのではないか?などとふと気づくことができるのも、勘の鋭い男性の特徴です。

鈍感な男性や、理屈でばかりものを判断する男性に辟易(へきえき)している女性にとっては、新鮮かつ頼れる存在にもなりえます。

勘の鋭い男性には、良いところもそうでないところもあります。

しかし、男性イコール鈍い、理屈やと考えていると、これもまた勿体無い話です。

友だちであれ恋人であれ何であれ、勘の鋭い男性と接してみると、人生観・人間観も変わってくることでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-