【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401132637.html
爬虫類好きな男性によく見られる特徴

爬虫類好きな男性によく見られる特徴 | LADYCO

LADYCO
爬虫類好きな男性によく見られる特徴

爬虫類好きな男性はどういった特徴があるのでしょうか?ここでは爬虫類が好きな男性の特徴についていくつかご紹介します。

  • 友達がいない
  • 好きなタイプの女性に似ている
  • 力強く生きている姿に共感する
  • サバイバルが好き
  • サブカルな世界に興味ある
  • 会社から仲間外れにされている
  • 優越感に浸りたい
  • サディスティック的な性格
  • ペットとして飼っているうちに好きになる
  • まとめ

1. 友達がいない

友達がいない

爬虫類好きな男性に多いのが友達がいない人が多いということです。

爬虫類は愛嬌があって可愛らしい目をしているので振り向いてくれれば寂しさが和らぎます。

ペットとして飼えば人になついてくれるので友達のような感覚で相手になってくれます。

女性がぬいぐるみを大切にすることがありますが、それと似たような感覚で爬虫類を好きになります。

2. 好きなタイプの女性に似ている

好きなタイプの女性に似ている

爬虫類顔の人というのがいますが、好きなタイプの女性が爬虫類に似ていると好きになります。

また自分の顔が爬虫類に似ているという人も結構ハマることが多いです。

トカゲ顔してるタイプの男性は好きになる女性も爬虫類顔をしていることが多いです。

3. 力強く生きている姿に共感する

力強く生きている姿に共感する

大自然に生きている爬虫類は弱肉強食ですから、強く生きている姿そのものに共感しています。

地球上の生物の中でも爬虫類は恐竜時代から生きているので、どんな環境でも生き抜いたその力強い姿を見て好きになることがあります。

生きている姿を自分に当てはめる人に見られます。

4. サバイバルが好き

サバイバルが好き

アウトドア派の人でサバイバルが好きな人は必然的に爬虫類が好きになります。

山でキャンプをするときに爬虫類と同じように昆虫を捕まえたり、野生の動物を捕まえて食べたりします。

キャンプ中にヘビやトカゲがいると手で捕まえたりしながら目の前で見ることもあるので、サバイバル好きは爬虫類にハマっていきます。

5. サブカルな世界に興味ある

サブカルな世界に興味ある

サブカルというのはサブカルチャーの略で、通常とは違った異質な世界の文化のことを指します。

サブカルな世界は人間社会からかけ離れている部分もあるので、爬虫類の世界とだぶらせる男性もいます。

異質な漫画や映画を好む人に多く、世界各国の異様なドキュメンタリーを好んで見る傾向があります。

6. 会社から仲間外れにされている

会社から仲間外れにされている

コミュニケーションが上手く取れなくて会社ではいつも一人でお昼ご飯を食べていたりすると、どうしてもストレスを抱え込んでしまい反社会的な気持ちも多少出てきてしまいます。

そうしたとき爬虫類を見ることで気持ちが落ち着くこともあるので、精神的に追い込まれている人が好むこともあります。

7. 優越感に浸りたい

優越感に浸りたい

危険を冒してまでヘビに近づこうとしたり、凶暴な爬虫類に触れようとするのは、ある意味優越感に浸りたいからともいえます。

人と変わった趣味を持つことで注目されますから、爬虫類好きをアピールすることで優越感に浸ることができるようになります。

また爬虫類を実際に飼って生餌を与えているのを動画にして見せることで、自分を誇示する人も中にはいます。

8. サディスティック的な性格

サディスティック的な性格

SかMかといったら爬虫類好きはSに入ります。

マゾのようにやられていく姿を見ることで、サディスティックの本能が芽生えてきます。

爬虫類の餌は生きているコオロギだったり、ピンクマウスと呼ばれているハツカネズミの赤ちゃんを冷凍で凍らせた餌を与えます。

餌は箸で与えることもありその食べている姿を見て興奮する男性もいます。

9. ペットとして飼っているうちに好きになる

ペットとして飼っているうちに好きになる

ペットとして飼おうと思ったときにマンションで住んでいた場合は、できるだけ鳴かないペットにしなければなりません。

そんなとき爬虫類を選ぶ人もいます。

ペットとして他にもフェレットや猫などがいますが、家にいないときに荒らされてしまうので、トカゲやヘビ、カメなどにすることで、だんだんと好きになっていく男性もいます。

まとめ

爬虫類が好きになる男性は自分の顔に似ていたり、好きなタイプの女性が爬虫類に似たタイプの場合好きになったりします。

またサディスティックな性格の人に多く、周りから注目されたいという願望の人が好きになることもあります。

爬虫類好きな男性はどういった特徴があるのでしょうか?ここでは爬虫類が好きな男性の特徴についていくつかご紹介します。


友達がいない

爬虫類好きな男性に多いのが友達がいない人が多いということです。

爬虫類は愛嬌があって可愛らしい目をしているので振り向いてくれれば寂しさが和らぎます。

ペットとして飼えば人になついてくれるので友達のような感覚で相手になってくれます。

女性がぬいぐるみを大切にすることがありますが、それと似たような感覚で爬虫類を好きになります。

好きなタイプの女性に似ている

爬虫類顔の人というのがいますが、好きなタイプの女性が爬虫類に似ていると好きになります。

また自分の顔が爬虫類に似ているという人も結構ハマることが多いです。

トカゲ顔してるタイプの男性は好きになる女性も爬虫類顔をしていることが多いです。

力強く生きている姿に共感する

大自然に生きている爬虫類は弱肉強食ですから、強く生きている姿そのものに共感しています。

地球上の生物の中でも爬虫類は恐竜時代から生きているので、どんな環境でも生き抜いたその力強い姿を見て好きになることがあります。

生きている姿を自分に当てはめる人に見られます。

サバイバルが好き

アウトドア派の人でサバイバルが好きな人は必然的に爬虫類が好きになります。

山でキャンプをするときに爬虫類と同じように昆虫を捕まえたり、野生の動物を捕まえて食べたりします。

キャンプ中にヘビやトカゲがいると手で捕まえたりしながら目の前で見ることもあるので、サバイバル好きは爬虫類にハマっていきます。

サブカルな世界に興味ある

サブカルというのはサブカルチャーの略で、通常とは違った異質な世界の文化のことを指します。

サブカルな世界は人間社会からかけ離れている部分もあるので、爬虫類の世界とだぶらせる男性もいます。

異質な漫画や映画を好む人に多く、世界各国の異様なドキュメンタリーを好んで見る傾向があります。

会社から仲間外れにされている

コミュニケーションが上手く取れなくて会社ではいつも一人でお昼ご飯を食べていたりすると、どうしてもストレスを抱え込んでしまい反社会的な気持ちも多少出てきてしまいます。

そうしたとき爬虫類を見ることで気持ちが落ち着くこともあるので、精神的に追い込まれている人が好むこともあります。

優越感に浸りたい

危険を冒してまでヘビに近づこうとしたり、凶暴な爬虫類に触れようとするのは、ある意味優越感に浸りたいからともいえます。

人と変わった趣味を持つことで注目されますから、爬虫類好きをアピールすることで優越感に浸ることができるようになります。

また爬虫類を実際に飼って生餌を与えているのを動画にして見せることで、自分を誇示する人も中にはいます。

サディスティック的な性格

SかMかといったら爬虫類好きはSに入ります。

マゾのようにやられていく姿を見ることで、サディスティックの本能が芽生えてきます。

爬虫類の餌は生きているコオロギだったり、ピンクマウスと呼ばれているハツカネズミの赤ちゃんを冷凍で凍らせた餌を与えます。

餌は箸で与えることもありその食べている姿を見て興奮する男性もいます。

ペットとして飼っているうちに好きになる

ペットとして飼おうと思ったときにマンションで住んでいた場合は、できるだけ鳴かないペットにしなければなりません。

そんなとき爬虫類を選ぶ人もいます。

ペットとして他にもフェレットや猫などがいますが、家にいないときに荒らされてしまうので、トカゲやヘビ、カメなどにすることで、だんだんと好きになっていく男性もいます。

爬虫類が好きになる男性は自分の顔に似ていたり、好きなタイプの女性が爬虫類に似たタイプの場合好きになったりします。

またサディスティックな性格の人に多く、周りから注目されたいという願望の人が好きになることもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-