【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401141822.html
大切な人を失ってから気づく男性の特徴と付き合い方

大切な人を失ってから気づく男性の特徴と付き合い方 | LADYCO

LADYCO
大切な人を失ってから気づく男性の特徴と付き合い方

恋愛ではよくある話ですが、別れてから気づく相手の大切さってありますよね。

別れるまではそんな事思ってもみなかった事が、のちに色々思い浮かび後悔等へと変わる。

女性はもちろんですが、男性には特にこうした経験は多めかもしれません。

  • 失ってから気づく男性の特徴
  • 気づいた後の行動パターン
  • 他の国の男性との比較
  • 今一緒にいる男性は予備軍?
  • 何について後悔したりするのか
  • まとめ

1. 失ってから気づく男性の特徴

失ってから気づく男性の特徴

そもそも男性は昔から日本男児のような頑なでありながら自由主義といった面を持ち合わせ、どの男性でもちょっと考え方等が古臭い部分もあったりします。

日本では昔から男性側が優位な立場であるイメージがあり、何も言わずともそれを引き継いでいる部分があります。

その為、一緒にいる等の時は初めのうちはとても真っ直ぐで素直で色々してくれたりするのですが、しばらくして慣れてきて自分だけの人であると認識した時からは、表現する事もしなくなりますし、一緒に居る事が当たり前で、敢えて言葉を口にせずともわかるだろ?といったような感じになります。

女性にとっては、どれだけ時間が経っても、初めの頃と変わらず居てほしいですし、言葉も表現も欲しいもの。

双方のそのぶつかり合いが重なり別れとなったすぐには思う事はなくても、時間が経過するごとに思い浮かぶ今までの事。

そして後悔へと繋がっていきます。

初めから常に相手を変わらず思い、一緒に居れば何事もなく過ぎ去るのに、どうしても本能的なものに誘導されてしまうのが日本人男性であり、大切な人を失ってから気づく男性の特徴でもあるかと思われます。

2. 気づいた後の行動パターン

気づいた後の行動パターン

失ってから気づく、相手の大切さ。

これに気づいた時には落胆して後悔や自責の念にかられたり、思い出に浸る等があります。

しかしこの先は性格が関係してきて、人ぞれぞれどのような行動に移るのかというのは明確には言えません。

しかし、本当に反省してやり直したい、相手の事が1番だと感じていた人であれば再度やり直したいと申し出てくる事が多いようです。

では、申し出すらない人は相手の事を1番だと思っていなかったのか?と言えばそうとも言い切れません。

日本男児精神が強い人であれば、1回別れてしまった以上、自分からやり直そうなどと頭を下げるような事はできない、いわばプライド的なものが邪魔をして言い出せない可能性もあります。

もちろん、すぐ他の相手を見つけてしまう人も中にはいるでしょうけど、少しの間だけでも失った相手の事を考える時間は必ずあり、それに対して忘れる為の行動かもしれませんし、全てを吹っ切ったのかもしれませんし、男性の性格次第な部分があります。

3. 他の国の男性との比較

他の国の男性との比較

他の国の男性も同じように大切な人を失ってから気づく人はいるのでしょうか?もちろん、どの国にもいます。

しかし、外国人男性に多い傾向としては、相手を優先し年齢を重ねても、何年一緒にいようと変わらず優しく接する人が多いのも現状で、日本人女性でもその優しさや永遠に愛してくれるような気持ちに魅かれて国際結婚をする人も増えてきています。

日本人男性の中にもそういった男性はいますが、見つけるには難しいですし、その男性だけでなく自分自身や周りの人、環境でも変化する事もあります。

比較するのは良い事ではありませんが、日本人男性の魅力は真の強さであり、働き者である事等があげられ、その中でも優しくて思いやりがある男性に巡り合えれば末永く仲良しで幸せが続くと思います。

4. 今一緒にいる男性は予備軍?

今一緒にいる男性は予備軍?

今お付き合いしている男性が、付き合い始めた当初よりも、馴れ合いになって言葉も表現もなくなり、当初よりなにもしてくれなくなった、ただ一緒にいるだけといった関係の場合、予備軍である可能性があります。

そうした予備軍かもしれない男性と末永く付き合っていくには、やはり相手側、つまり女性側が寛大な心で受け止めていく必要があります、それには我慢する部分も出てきますし、男性に合わせるといった事も出てきます。

それに耐えかねる場合には「別れ」というものが見えてきますが、その時の選択肢としてはこの先も一緒にいて自分にとって良い事があるのか等、今の目先の事ではなく将来、何年か先の事を考えてみましょう。

そうすると一旦落ち着き、再スタートできる可能性やリセットして受け入れる心が出てきたりします。

また、少しずつ付き合っている中で男性を変えていくのも相手側である女性の役目。

これを多少なりともする事で、少しずつでも変化が出てきますし、自分自身の我慢等の軽減にも繋がります。

5. 何について後悔したりするのか

何について後悔したりするのか

男性だけでなく、女性でも大切な人を失ってから気づく時点で、何等か汚点は少なからずあったという事です。

後悔してしまうような行動や言動、それを繰り返した度合いによって「あの時こうしてあげれば良かった、こうするべきだった」と1つ1つ思い当たるものから思い浮かび、反省をしたりします。

全ては過ぎ去った事でその時自分自身がどうあったかについて後悔をする。

付き合っている時はお互い、悪い部分だけが目立っていき、不満が募るもの。

しかし別れてみると悪い事は思い浮かばず、良い時ばかりの事が浮かぶ中で、ふと横から「そういえばあの時・・・」という風に、自分が悪かった時を思い出す。

やはり、長年一緒にいるとお互いのアラが見えてきますし、馴れ合いというものが1番の問題でもあります。

まとめ

いかがでしたか?大切な人を失ってから気づく男性は、ある意味では真の強さがあり頑固で、でも真っ直ぐな気持ちは持っている人の可能性は高くあります。

今一緒にいる男性に今後、後悔等をさせないようにするのも、一緒にいる女性の役目ですので、寛大な心で受け止めながら、方向修正してあげてみるのも良いのではないでしょうか?また、失った事で大切さに気づいている男性でも、女性に対して戻りたい等が言い出せない、でも戻りたいと思っている人もたくさんいます。

もし、アナタの心の中にまだその男性がいるのであれば、手を差し伸べてあげて1回だけ大目に見てあげるというのも良いのではないでしょうか?

恋愛ではよくある話ですが、別れてから気づく相手の大切さってありますよね。

別れるまではそんな事思ってもみなかった事が、のちに色々思い浮かび後悔等へと変わる。

女性はもちろんですが、男性には特にこうした経験は多めかもしれません。


失ってから気づく男性の特徴

そもそも男性は昔から日本男児のような頑なでありながら自由主義といった面を持ち合わせ、どの男性でもちょっと考え方等が古臭い部分もあったりします。

日本では昔から男性側が優位な立場であるイメージがあり、何も言わずともそれを引き継いでいる部分があります。

その為、一緒にいる等の時は初めのうちはとても真っ直ぐで素直で色々してくれたりするのですが、しばらくして慣れてきて自分だけの人であると認識した時からは、表現する事もしなくなりますし、一緒に居る事が当たり前で、敢えて言葉を口にせずともわかるだろ?といったような感じになります。

女性にとっては、どれだけ時間が経っても、初めの頃と変わらず居てほしいですし、言葉も表現も欲しいもの。

双方のそのぶつかり合いが重なり別れとなったすぐには思う事はなくても、時間が経過するごとに思い浮かぶ今までの事。

そして後悔へと繋がっていきます。

初めから常に相手を変わらず思い、一緒に居れば何事もなく過ぎ去るのに、どうしても本能的なものに誘導されてしまうのが日本人男性であり、大切な人を失ってから気づく男性の特徴でもあるかと思われます。

気づいた後の行動パターン

失ってから気づく、相手の大切さ。

これに気づいた時には落胆して後悔や自責の念にかられたり、思い出に浸る等があります。

しかしこの先は性格が関係してきて、人ぞれぞれどのような行動に移るのかというのは明確には言えません。

しかし、本当に反省してやり直したい、相手の事が1番だと感じていた人であれば再度やり直したいと申し出てくる事が多いようです。

では、申し出すらない人は相手の事を1番だと思っていなかったのか?と言えばそうとも言い切れません。

日本男児精神が強い人であれば、1回別れてしまった以上、自分からやり直そうなどと頭を下げるような事はできない、いわばプライド的なものが邪魔をして言い出せない可能性もあります。

もちろん、すぐ他の相手を見つけてしまう人も中にはいるでしょうけど、少しの間だけでも失った相手の事を考える時間は必ずあり、それに対して忘れる為の行動かもしれませんし、全てを吹っ切ったのかもしれませんし、男性の性格次第な部分があります。

他の国の男性との比較

他の国の男性も同じように大切な人を失ってから気づく人はいるのでしょうか?もちろん、どの国にもいます。

しかし、外国人男性に多い傾向としては、相手を優先し年齢を重ねても、何年一緒にいようと変わらず優しく接する人が多いのも現状で、日本人女性でもその優しさや永遠に愛してくれるような気持ちに魅かれて国際結婚をする人も増えてきています。

日本人男性の中にもそういった男性はいますが、見つけるには難しいですし、その男性だけでなく自分自身や周りの人、環境でも変化する事もあります。

比較するのは良い事ではありませんが、日本人男性の魅力は真の強さであり、働き者である事等があげられ、その中でも優しくて思いやりがある男性に巡り合えれば末永く仲良しで幸せが続くと思います。

今一緒にいる男性は予備軍?

今お付き合いしている男性が、付き合い始めた当初よりも、馴れ合いになって言葉も表現もなくなり、当初よりなにもしてくれなくなった、ただ一緒にいるだけといった関係の場合、予備軍である可能性があります。

そうした予備軍かもしれない男性と末永く付き合っていくには、やはり相手側、つまり女性側が寛大な心で受け止めていく必要があります、それには我慢する部分も出てきますし、男性に合わせるといった事も出てきます。

それに耐えかねる場合には「別れ」というものが見えてきますが、その時の選択肢としてはこの先も一緒にいて自分にとって良い事があるのか等、今の目先の事ではなく将来、何年か先の事を考えてみましょう。

そうすると一旦落ち着き、再スタートできる可能性やリセットして受け入れる心が出てきたりします。

また、少しずつ付き合っている中で男性を変えていくのも相手側である女性の役目。

これを多少なりともする事で、少しずつでも変化が出てきますし、自分自身の我慢等の軽減にも繋がります。

何について後悔したりするのか

男性だけでなく、女性でも大切な人を失ってから気づく時点で、何等か汚点は少なからずあったという事です。

後悔してしまうような行動や言動、それを繰り返した度合いによって「あの時こうしてあげれば良かった、こうするべきだった」と1つ1つ思い当たるものから思い浮かび、反省をしたりします。

全ては過ぎ去った事でその時自分自身がどうあったかについて後悔をする。

付き合っている時はお互い、悪い部分だけが目立っていき、不満が募るもの。

しかし別れてみると悪い事は思い浮かばず、良い時ばかりの事が浮かぶ中で、ふと横から「そういえばあの時・・・」という風に、自分が悪かった時を思い出す。

やはり、長年一緒にいるとお互いのアラが見えてきますし、馴れ合いというものが1番の問題でもあります。

いかがでしたか?大切な人を失ってから気づく男性は、ある意味では真の強さがあり頑固で、でも真っ直ぐな気持ちは持っている人の可能性は高くあります。

今一緒にいる男性に今後、後悔等をさせないようにするのも、一緒にいる女性の役目ですので、寛大な心で受け止めながら、方向修正してあげてみるのも良いのではないでしょうか?また、失った事で大切さに気づいている男性でも、女性に対して戻りたい等が言い出せない、でも戻りたいと思っている人もたくさんいます。

もし、アナタの心の中にまだその男性がいるのであれば、手を差し伸べてあげて1回だけ大目に見てあげるというのも良いのではないでしょうか?

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-