【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164027.html
ブランド物が好きな男性の特徴

ブランド物が好きな男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ブランド物が好きな男性の特徴

昔は、ブランド大好きという言葉を聞けば女性を思い浮かべてきていました。

しかし、最近では、男性でも多くなってきています。

それはなぜでしょう。

女性の考えかたとは少し違います。

  • ブランド物を身に付けられる特別感
  • ブランド好きな男性は見栄はりがち
  • 奥さんや彼女にも口をだす
  • 結局、自分に自信がない
  • まとめ

1. ブランド物を身に付けられる特別感

ブランド物を身に付けられる特別感

ブランド物はもちろんとても高価です。

つまり、「買うことができる人はそれなりにお給料を貰っている」と、いうことです。

女性がブランド物を身につけるのはデザインや流行から。

しかし、男性はどちらかというと「自分の成功を形にしたい」と、いう心理の方が強いのではないでしょうか。

なので、「高額だとより、値打ちがある」と、考えています。

2. ブランド好きな男性は見栄はりがち

ブランド好きな男性は見栄はりがち

そういった成功を目に見えるようにしたいだけあって、ブランド好きな男性は見栄を張りたがります。

そうなると、大変なのがそういった男性の奥さんですね。

少し無理をしてでもブランド物を手に入れたがるからです。

よく言えば「野心家」です。

そういう男性は、見栄だけではなく、仕事でもより高いところを目指している人が多いからです。

ブランド物は、そのご褒美であり、勝利品でもあるのです。

なので、値段が高ければ気に入ります。

そのブランドの価値は値段で考えています。

3. 奥さんや彼女にも口をだす

奥さんや彼女にも口をだす

ブランドが好きな男性はやはり、自分の隣にいる女性にも口をだします。

奥さんや彼女がブランド物を持っていないとあまりいい顔をしません。

先ほどにも書きましたが自分の成功の形なのです。

なので、自分のパートナーにも同じようでいてほしいと思うのです。

女性は、自分の好みでバックや服を身につけます。

それがたまたまブランド物であったり、そうではなかったりです。

しかし、自分のセンスが第一なのです。

なので、男性に強要されるととても嫌がります。

しかし、ブランド物が好きな男性は強要してしまいます。

それでしばしばケンカにまで発展してしまうのです。

4. 結局、自分に自信がない

結局、自分に自信がない

中にはブランド好きでも自分のセンスを重視してオシャレにしている人もいますが、たいていのブランド好きな男性は、結局は、自分のセンスに自信がない。

もしくは無関心なのです。

だから、「ブランド物を身につけていれば間違いない」と、考えています。

ブランド=オシャレ。

そういった方程式を持っているのです。

女性とは全く違った考えかたとなっています。

なので、ショッピングに行っても、ブランドの店にしか入りません。

「安物=ダサい、みっともない」と、考えているからです。

まとめ

全ての男性がそうではないのですが、やはり、極端なブランド好きな男性はそういった見栄や、成功を、見せつけたい。

と、いう願望が大きいのではないでしょうか。

「ブランド物を好きになる」と、いった心理は、結局、デザインではなく、男性としてのステータスとなっているのです。

確かに、ブランド物を手に入れる。

という、1つの目標として仕事をより頑張ることができるのなら、それはそれでいいのかもしれません。

しかし、好きなのは、自分だけで留めてくれたらいいのですが、奥さんや彼女まで巻き込んでしまうのはトラブルの元になってしまいます。

男性はやはり、「家庭を守らなければ」と、いう気持ちが大きいです。

その、家庭を守る。

の解釈を金銭で考えているのです。

「金銭的に充実していれば幸せ」と、単純に考えているのです。

なので、奥さんにもブランドを身につけさせたいのです。

そうすれば周りの人からも、「裕福な幸せな家庭」と、思ってもらえるからです。

実際、女性からするとそれだけが幸せの条件ではないのです。

そこが男性と女性の意見の食い違う場所です。

ブランド好きな男性は裕福な生活を、幸せのバロメーターとして考えているのです。

昔は、ブランド大好きという言葉を聞けば女性を思い浮かべてきていました。

しかし、最近では、男性でも多くなってきています。

それはなぜでしょう。

女性の考えかたとは少し違います。


ブランド物を身に付けられる特別感

ブランド物はもちろんとても高価です。

つまり、「買うことができる人はそれなりにお給料を貰っている」と、いうことです。

女性がブランド物を身につけるのはデザインや流行から。

しかし、男性はどちらかというと「自分の成功を形にしたい」と、いう心理の方が強いのではないでしょうか。

なので、「高額だとより、値打ちがある」と、考えています。

ブランド好きな男性は見栄はりがち

そういった成功を目に見えるようにしたいだけあって、ブランド好きな男性は見栄を張りたがります。

そうなると、大変なのがそういった男性の奥さんですね。

少し無理をしてでもブランド物を手に入れたがるからです。

よく言えば「野心家」です。

そういう男性は、見栄だけではなく、仕事でもより高いところを目指している人が多いからです。

ブランド物は、そのご褒美であり、勝利品でもあるのです。

なので、値段が高ければ気に入ります。

そのブランドの価値は値段で考えています。

奥さんや彼女にも口をだす

ブランドが好きな男性はやはり、自分の隣にいる女性にも口をだします。

奥さんや彼女がブランド物を持っていないとあまりいい顔をしません。

先ほどにも書きましたが自分の成功の形なのです。

なので、自分のパートナーにも同じようでいてほしいと思うのです。

女性は、自分の好みでバックや服を身につけます。

それがたまたまブランド物であったり、そうではなかったりです。

しかし、自分のセンスが第一なのです。

なので、男性に強要されるととても嫌がります。

しかし、ブランド物が好きな男性は強要してしまいます。

それでしばしばケンカにまで発展してしまうのです。

結局、自分に自信がない

中にはブランド好きでも自分のセンスを重視してオシャレにしている人もいますが、たいていのブランド好きな男性は、結局は、自分のセンスに自信がない。

もしくは無関心なのです。

だから、「ブランド物を身につけていれば間違いない」と、考えています。

ブランド=オシャレ。

そういった方程式を持っているのです。

女性とは全く違った考えかたとなっています。

なので、ショッピングに行っても、ブランドの店にしか入りません。

「安物=ダサい、みっともない」と、考えているからです。

全ての男性がそうではないのですが、やはり、極端なブランド好きな男性はそういった見栄や、成功を、見せつけたい。

と、いう願望が大きいのではないでしょうか。

「ブランド物を好きになる」と、いった心理は、結局、デザインではなく、男性としてのステータスとなっているのです。

確かに、ブランド物を手に入れる。

という、1つの目標として仕事をより頑張ることができるのなら、それはそれでいいのかもしれません。

しかし、好きなのは、自分だけで留めてくれたらいいのですが、奥さんや彼女まで巻き込んでしまうのはトラブルの元になってしまいます。

男性はやはり、「家庭を守らなければ」と、いう気持ちが大きいです。

その、家庭を守る。

の解釈を金銭で考えているのです。

「金銭的に充実していれば幸せ」と、単純に考えているのです。

なので、奥さんにもブランドを身につけさせたいのです。

そうすれば周りの人からも、「裕福な幸せな家庭」と、思ってもらえるからです。

実際、女性からするとそれだけが幸せの条件ではないのです。

そこが男性と女性の意見の食い違う場所です。

ブランド好きな男性は裕福な生活を、幸せのバロメーターとして考えているのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-