【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401144721.html
赤い服が似合う男性の特徴

赤い服が似合う男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
赤い服が似合う男性の特徴

赤は情熱の赤とも言われるくらいエネルギッシュな色ですが、その赤が似合う男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

7つの特徴についてみてみましょう。

  • おしゃれ
  • 明るく元気
  • モテる
  • 色気がある
  • 派手な顔立ち
  • 個性的
  • 自分に似合う赤を分かっている
  • まとめ

1. おしゃれ

おしゃれ

赤は数ある色の中でもかなり目立つ色なので、服に取り入れている男性はなかなかいません。

赤はどうしても派手な印象になってしまうので、おしゃれに着こなすのが難しいのです。

しかし、赤が似合っている男性は、そのインパクトのある赤を上手にコーディネートに入れることができるセンスを持っています。

赤をメインにしたり、時には全体のコーディネートの差し色にしたりと、独自のおしゃれセンスで赤を使うことができるのです。

その為、赤を身に付けていてもただ派手な服という印象ではなく、とてもおしゃれで洗練された雰囲気になっているのです。

これは誰でも簡単にできることではありません。

磨かれたファッションセンスがあってこそできるコーディネートと言えるでしょう。

2. 明るく元気

明るく元気

赤は元気いっぱい明るいイメージの色ですが、この赤が似合う男性も、やはり元気で明るい性格の人が多いです。

笑顔が素敵でいつも明るく、周囲の人にもパワーを分けてあげられるような活発な一面を持っています。

何事にも積極的に取り組むので、いつもエネルギーに満ち溢れていることでしょう。

赤には疲労回復効果や血行促進効果など、実際に身体にいい効果があるとも言われています。

なんとなく元気が出ないという人は、赤を身につけることで元気が出てくるかもしれません。

3. モテる

モテる

赤は異性を惹きつける色ともいわれています。

その為、赤が似合っている男性にはモテる人が多いです。

男性が赤を着ると、社会的な地位が高く見えるというデータもあるくらいです。

その為、赤を着こなしている男性を見ると、女性はその男性に好意を持ちやすいのです。

確かにおしゃれ難易度が高めの赤を、サラッと着こなしている男性はカッコいいものです。

黒やグレー、ネイビーといった地味な色を着る男性が多い中、目が覚めるような鮮やかな赤が似合っている男性はとても魅力的に見えるでしょう。

女性にモテたいと思ったら、赤をファッションに取り入れてみるといいかもしれません。

4. 色気がある

色気がある

赤が似合っている男性は、おしゃれな雰囲気だけではなく、どこか色気を感じることができます。

赤の持つ華やかなイメージと、その赤を着ている男性の魅力が上手くマッチすることで、大人の男性の持つ色気が出てくるのかもしれません。

普段はあまり赤を着ることがないという男性が、たまに赤い服を着ていくと、女性からのイメージがガラッと変わることもあるでしょう。

5. 派手な顔立ち

派手な顔立ち

赤には力強いインパクトがあります。

その為、赤が似合う男性には、その赤に負けないくらいの派手な顔立ちをした人が多いです。

目鼻立ちがハッキリしていたり、眉毛が濃かったりと、一度見ると印象に残りやすいような顔をしています。

地味な印象の顔立ちの人が赤を着ると、赤の持つパワーに負けてしまうでしょう。

赤がただの派手な色になってしまい、赤の良さを活かすことができません。

自分が派手な顔立ちをしているという自覚がある人は、是非積極的に赤をファッションに取り入れてみましょう。

想像している以上に似合うかもしれません。

6. 個性的

個性的

地味な色を好んで着る男性が多い日本では、赤をおしゃれに着こなしている男性には個性的な人が多いです。

髪型にもこだわりが感じられたり、服だけでなく小物使いにも独自のセンスがみられるでしょう。

会社勤めのサラリーマンというよりも、何かを自分で作ったり出すクリエイティブな職業の人や芸術家、美容師、自ら起業している人など、仕事にもそれぞれ個性がみられます。

その男性の持つ個性的な雰囲気が、赤のおしゃれな雰囲気とすごく合っているのです。

自分は他の人とは少し違うということを自覚している男性も多いはずです。

周囲から見てもとても個性的で、一目置かれる存在であることが多いでしょう。

7. 自分に似合う赤を分かっている

自分に似合う赤を分かっている

赤にも鮮やかさや明度などによって、色々な種類の色があります。

赤が似合っている男性というのは、その中から自分にピッタリと合う赤を選べているということでしょう。

黄味が入っているような赤の場合は、肌の色が黄味がかったイエローベースの男性に似合います。

逆に、青みがかった赤の場合は、肌の色が青みがかったブルーベースの男性に似合うのです。

自分の肌がイエローベースなのかブルーベースなのかによって、似合う赤は全く違ってきます。

最近は、パーソナルカラー診断といって、自分に似合う色を診断してもらうことができるので、興味のある人は一度見てもらいましょう。

自分に合う赤を知ることで、よりおしゃれの幅が広がるはずです。

まとめ

派手な色として敬遠されがちな赤ですが、似合っている男性はとてもおしゃれで素敵な人が多いです。

周りと少し差をつけたい時は、この赤をファッションに取り入れてみましょう。

赤は情熱の赤とも言われるくらいエネルギッシュな色ですが、その赤が似合う男性にはどのような特徴があるのでしょうか。

7つの特徴についてみてみましょう。


おしゃれ

赤は数ある色の中でもかなり目立つ色なので、服に取り入れている男性はなかなかいません。

赤はどうしても派手な印象になってしまうので、おしゃれに着こなすのが難しいのです。

しかし、赤が似合っている男性は、そのインパクトのある赤を上手にコーディネートに入れることができるセンスを持っています。

赤をメインにしたり、時には全体のコーディネートの差し色にしたりと、独自のおしゃれセンスで赤を使うことができるのです。

その為、赤を身に付けていてもただ派手な服という印象ではなく、とてもおしゃれで洗練された雰囲気になっているのです。

これは誰でも簡単にできることではありません。

磨かれたファッションセンスがあってこそできるコーディネートと言えるでしょう。

明るく元気

赤は元気いっぱい明るいイメージの色ですが、この赤が似合う男性も、やはり元気で明るい性格の人が多いです。

笑顔が素敵でいつも明るく、周囲の人にもパワーを分けてあげられるような活発な一面を持っています。

何事にも積極的に取り組むので、いつもエネルギーに満ち溢れていることでしょう。

赤には疲労回復効果や血行促進効果など、実際に身体にいい効果があるとも言われています。

なんとなく元気が出ないという人は、赤を身につけることで元気が出てくるかもしれません。

モテる

赤は異性を惹きつける色ともいわれています。

その為、赤が似合っている男性にはモテる人が多いです。

男性が赤を着ると、社会的な地位が高く見えるというデータもあるくらいです。

その為、赤を着こなしている男性を見ると、女性はその男性に好意を持ちやすいのです。

確かにおしゃれ難易度が高めの赤を、サラッと着こなしている男性はカッコいいものです。

黒やグレー、ネイビーといった地味な色を着る男性が多い中、目が覚めるような鮮やかな赤が似合っている男性はとても魅力的に見えるでしょう。

女性にモテたいと思ったら、赤をファッションに取り入れてみるといいかもしれません。

色気がある

赤が似合っている男性は、おしゃれな雰囲気だけではなく、どこか色気を感じることができます。

赤の持つ華やかなイメージと、その赤を着ている男性の魅力が上手くマッチすることで、大人の男性の持つ色気が出てくるのかもしれません。

普段はあまり赤を着ることがないという男性が、たまに赤い服を着ていくと、女性からのイメージがガラッと変わることもあるでしょう。

派手な顔立ち

赤には力強いインパクトがあります。

その為、赤が似合う男性には、その赤に負けないくらいの派手な顔立ちをした人が多いです。

目鼻立ちがハッキリしていたり、眉毛が濃かったりと、一度見ると印象に残りやすいような顔をしています。

地味な印象の顔立ちの人が赤を着ると、赤の持つパワーに負けてしまうでしょう。

赤がただの派手な色になってしまい、赤の良さを活かすことができません。

自分が派手な顔立ちをしているという自覚がある人は、是非積極的に赤をファッションに取り入れてみましょう。

想像している以上に似合うかもしれません。

個性的

地味な色を好んで着る男性が多い日本では、赤をおしゃれに着こなしている男性には個性的な人が多いです。

髪型にもこだわりが感じられたり、服だけでなく小物使いにも独自のセンスがみられるでしょう。

会社勤めのサラリーマンというよりも、何かを自分で作ったり出すクリエイティブな職業の人や芸術家、美容師、自ら起業している人など、仕事にもそれぞれ個性がみられます。

その男性の持つ個性的な雰囲気が、赤のおしゃれな雰囲気とすごく合っているのです。

自分は他の人とは少し違うということを自覚している男性も多いはずです。

周囲から見てもとても個性的で、一目置かれる存在であることが多いでしょう。

自分に似合う赤を分かっている

赤にも鮮やかさや明度などによって、色々な種類の色があります。

赤が似合っている男性というのは、その中から自分にピッタリと合う赤を選べているということでしょう。

黄味が入っているような赤の場合は、肌の色が黄味がかったイエローベースの男性に似合います。

逆に、青みがかった赤の場合は、肌の色が青みがかったブルーベースの男性に似合うのです。

自分の肌がイエローベースなのかブルーベースなのかによって、似合う赤は全く違ってきます。

最近は、パーソナルカラー診断といって、自分に似合う色を診断してもらうことができるので、興味のある人は一度見てもらいましょう。

自分に合う赤を知ることで、よりおしゃれの幅が広がるはずです。

派手な色として敬遠されがちな赤ですが、似合っている男性はとてもおしゃれで素敵な人が多いです。

周りと少し差をつけたい時は、この赤をファッションに取り入れてみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-