【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519154817.html
マネージャーの役割とは10選

マネージャーの役割とは10選 | LADYCO

LADYCO
マネージャーの役割とは10選

マネージャーの役割、つまりは、仕事は、自分がするのではなく、人に仕事させるところが、大きく違うところです。

  • 仕事全体をプランニングする
  • 目標、計画など、全体像を示す
  • 組織する
  • チームを創る
  • フイードバックを行う
  • 人を育てる
  • 個を生かす
  • 意を伝える
  • 合理性で行動する
  • マルチ人間
  • まとめ

1. 仕事全体をプランニングする

仕事全体をプランニングする

会社が受けたある種の仕事を納期までに仕上げるために、以下に記載したようなことをマネッジメントして、部下を配置し、仕事を完了させると同時に、業務に携わった人物のスキルを育てたり、伸ばしたりする責務を負う立場にある人です。

2. 目標、計画など、全体像を示す

目標、計画など、全体像を示す

仕事の内容を詳細に分析し、自社もっている技術や製品の何が使えるのか、何が必要なのかなどを明確にして、仕事の全体像が、計画や全体目標、中小目標などによって、参加する人間に、見えるように設定し、方針説明をします。

3. 組織する

組織する

今回の仕事を遂行するに当たって、必要な人数を、各セクション毎に配置し、さらに、各セクションで必要とされるスキルの保持率と未保持者への対応、同スキルの指導者配置なども合わせて計画し、一つのプロジェクトチームを創るのが、大きな仕事です。

4. チームを創る

チームを創る

それぞれが持っているスキルを考え、組織は計画しましたが、それは、あくまでも机上で考えたプランでしかありません。

組織を仕事に活かしていくには、そこに配された人間が、気持ちよく、効率的に動くことが必要です。

そこで、今回の仕事のビジョンを示すと共に、目標に向かって全員が動き出す動機付けをすることが大事です。

日頃の人間関係や観察、評価など、多方面からの資料や情報が、鍵を握ります。

5. フイードバックを行う

フイードバックを行う

仕事の進捗状況を把握し、新たな人材の配置や交代、計画の変更などを行います。

それと同時に、人物の評価や助言、指導、場合によっては支援などを行い、完成を目指します。

欧米では、マネージャーが直接仕事をすることは、殆どないそうですが、日本では、実際にマネージャーが持っている卓越したスキルを、やってみせることで伝授することは、普通に行われています。

6. 人を育てる

人を育てる

一つのプロジェクトを完成させることは、もちろん、大事な事ですが、そのことを通して、人を育てることは、さらに大事な事です。

人の仕事を遂行する上での大切な「材料」つまり「人材」になるよう、指導していきます。

しかし、そこで終わっては、並のマネージャーです。

「人材」から、高度のスキルを身に付けた社の財産となる「人財」にまで高めていくことが、大事です。

7. 個を生かす

個を生かす

個人の持っている個性や技能を見極め、よき理解者として、個が生きる、個を生かせる場を上手に選択して、仕事成功させる、効率を上げさせることに尽力します。

そのためにも、それぞれが持っている隠れた才能やスキルまでも、データーとして把握できるよう日々の関わりを大事に、よさを見付ける観察眼を磨くことも仕事うちです。

8. 意を伝える

意を伝える

会社の経営理念や目標、設立の目的などを理解させ、要は、オフィス全体に、やる気を起こさせるのも、大きな役割です。

経験の浅い若手の社員には、懇切丁寧に、持っているスキルやノウハウを伝授してやることで、働くことの展望を与えてやる役目があります。

だからといって、中堅所に同じような指導を行ったのでは、反発を買うなど、逆効果になる場合もあります。

彼らには、ざっくりと要点だけをかいつまんで伝えるなどして、肝心なのは、やる気、奮起を起こさせる役目を見事に務めることです。

9. 合理性で行動する

合理性で行動する

仕事を通して見た個の評価が、給与や賞与、部署などに直接反映されますので、恣意的ではない、より合理的な評価が求められます。

そのためには、数字に強いことが望まれます。

コスト管理や成果管理など、数字に置き換える工夫と用意が必要です。

コスパなども数値に表されると、納得もし、次のやる気につながります。

同時に、何のために、何をするのか、頭に置いて、短時間で効率よく、合理的に行動することも求められます。

10. マルチ人間

マルチ人間

マネージャーは、仕事尾全体の管理者であり、そのことを通して部下を育てる指導者でもあります。

指導するだけではなく、時には、実際に、手助けをする支援者にもなります。

そして、その仕事全体を組織し、動かし、進捗状況を把握し、次のステップを指示する、いわば、意志決定者でもあります。

さらには、その仕事を完成させることで、社の理念や目標を伝えていく伝道師のような役も勤めます。

まさに、スーパーマン的マルチ人間です。

まとめ

マネージャーにも、いろんな種類があります。

芸能人のマネージャーなどは、芸人のスケジュールの管理、営業の場への移動の世話や実際の運搬、取材やギャラの管理など、主に、雑用を一手に引き受けているとしたら、語弊があるかもしれませんが、そんなイメージです。

かたやオフィスにおけるマネージャーは、オーケーストらの指揮者+マネージャーのような存在です。

全体のバランスを考えながら、仕事をし、なおかつ、材料となる楽器の運搬や選曲の主旨や目標を伝えるようなハードな仕事のイメージがします。

マネージャーの役割、つまりは、仕事は、自分がするのではなく、人に仕事させるところが、大きく違うところです。


仕事全体をプランニングする

会社が受けたある種の仕事を納期までに仕上げるために、以下に記載したようなことをマネッジメントして、部下を配置し、仕事を完了させると同時に、業務に携わった人物のスキルを育てたり、伸ばしたりする責務を負う立場にある人です。

目標、計画など、全体像を示す

仕事の内容を詳細に分析し、自社もっている技術や製品の何が使えるのか、何が必要なのかなどを明確にして、仕事の全体像が、計画や全体目標、中小目標などによって、参加する人間に、見えるように設定し、方針説明をします。

組織する

今回の仕事を遂行するに当たって、必要な人数を、各セクション毎に配置し、さらに、各セクションで必要とされるスキルの保持率と未保持者への対応、同スキルの指導者配置なども合わせて計画し、一つのプロジェクトチームを創るのが、大きな仕事です。

チームを創る

それぞれが持っているスキルを考え、組織は計画しましたが、それは、あくまでも机上で考えたプランでしかありません。

組織を仕事に活かしていくには、そこに配された人間が、気持ちよく、効率的に動くことが必要です。

そこで、今回の仕事のビジョンを示すと共に、目標に向かって全員が動き出す動機付けをすることが大事です。

日頃の人間関係や観察、評価など、多方面からの資料や情報が、鍵を握ります。

フイードバックを行う

仕事の進捗状況を把握し、新たな人材の配置や交代、計画の変更などを行います。

それと同時に、人物の評価や助言、指導、場合によっては支援などを行い、完成を目指します。

欧米では、マネージャーが直接仕事をすることは、殆どないそうですが、日本では、実際にマネージャーが持っている卓越したスキルを、やってみせることで伝授することは、普通に行われています。

人を育てる

一つのプロジェクトを完成させることは、もちろん、大事な事ですが、そのことを通して、人を育てることは、さらに大事な事です。

人の仕事を遂行する上での大切な「材料」つまり「人材」になるよう、指導していきます。

しかし、そこで終わっては、並のマネージャーです。

「人材」から、高度のスキルを身に付けた社の財産となる「人財」にまで高めていくことが、大事です。

個を生かす

個人の持っている個性や技能を見極め、よき理解者として、個が生きる、個を生かせる場を上手に選択して、仕事成功させる、効率を上げさせることに尽力します。

そのためにも、それぞれが持っている隠れた才能やスキルまでも、データーとして把握できるよう日々の関わりを大事に、よさを見付ける観察眼を磨くことも仕事うちです。

意を伝える

会社の経営理念や目標、設立の目的などを理解させ、要は、オフィス全体に、やる気を起こさせるのも、大きな役割です。

経験の浅い若手の社員には、懇切丁寧に、持っているスキルやノウハウを伝授してやることで、働くことの展望を与えてやる役目があります。

だからといって、中堅所に同じような指導を行ったのでは、反発を買うなど、逆効果になる場合もあります。

彼らには、ざっくりと要点だけをかいつまんで伝えるなどして、肝心なのは、やる気、奮起を起こさせる役目を見事に務めることです。

合理性で行動する

仕事を通して見た個の評価が、給与や賞与、部署などに直接反映されますので、恣意的ではない、より合理的な評価が求められます。

そのためには、数字に強いことが望まれます。

コスト管理や成果管理など、数字に置き換える工夫と用意が必要です。

コスパなども数値に表されると、納得もし、次のやる気につながります。

同時に、何のために、何をするのか、頭に置いて、短時間で効率よく、合理的に行動することも求められます。

マルチ人間

マネージャーは、仕事尾全体の管理者であり、そのことを通して部下を育てる指導者でもあります。

指導するだけではなく、時には、実際に、手助けをする支援者にもなります。

そして、その仕事全体を組織し、動かし、進捗状況を把握し、次のステップを指示する、いわば、意志決定者でもあります。

さらには、その仕事を完成させることで、社の理念や目標を伝えていく伝道師のような役も勤めます。

まさに、スーパーマン的マルチ人間です。

マネージャーにも、いろんな種類があります。

芸能人のマネージャーなどは、芸人のスケジュールの管理、営業の場への移動の世話や実際の運搬、取材やギャラの管理など、主に、雑用を一手に引き受けているとしたら、語弊があるかもしれませんが、そんなイメージです。

かたやオフィスにおけるマネージャーは、オーケーストらの指揮者+マネージャーのような存在です。

全体のバランスを考えながら、仕事をし、なおかつ、材料となる楽器の運搬や選曲の主旨や目標を伝えるようなハードな仕事のイメージがします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-