【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519154814.html
お酒が飲めないキャバ嬢が不利な理由

お酒が飲めないキャバ嬢が不利な理由 | LADYCO

LADYCO
お酒が飲めないキャバ嬢が不利な理由

キャバクラのお仕事というのは昔とは違って、いわゆるステージに上がり注目を受けるべき職業でもあります。

他のアルバイトとは全く違い、お客様を接待するだけで高賃金がもらえるという好条件がついています。

今までは夜だけに出勤する仕事だという条件もありましたが、最近では昼間からキャバクラに通う人も多くなっているので、どんな時間帯でもキャバクラで働くことができるのです。

ですが、実際にお酒が飲めないキャバ嬢の場合には様々な不利な条件も付いてきます。

  • お客様とのテンションを合わせづらい
  • そもそもお酒を飲めないと利益を出しづらい店も多い
  • お酒の断り方によっては雰囲気が悪くなる
  • 嫌なお客様にもシラフで対応しなけらばならない
  • シャンパンを頼みにくい
  • お酒が飲ないとアフターが辛くなる

1. お客様とのテンションを合わせづらい

お客様とのテンションを合わせづらい

水商売と言われるからには、やはりお酒は付き物となってきます。

お客様がほろ酔い状態になっているのに自分だけシラフの状態ですと、何かと同調しにくいという部分は避けられません。

キャバクラというのは、男性が女性を求めてやってくるところでありながら、会話を楽しむと言う二次的条件も含んでいます。

お酒がし飲めないと、結果的にお客様と同じ気分になれないので、その分話にズレが生じてくることがあります。

2. そもそもお酒を飲めないと利益を出しづらい店も多い

そもそもお酒を飲めないと利益を出しづらい店も多い

例えばバーなどもお酒を提供する場所なのですが、お酒のみを提供するだけでお店が運営できるという部分が重要になってきます。

また、居酒屋などでもつまみは安くてもお酒はある程度の値段設定となっています。

実際にお酒で稼げる利益率自体が非常に高いので、お酒が飲めないキャバ嬢というのはお店にとっても利益にならないという部分は避けられないのです。

3. お酒の断り方によっては雰囲気が悪くなる

お酒の断り方によっては雰囲気が悪くなる

お酒を飲みながら陽気に喋っている女性はとても魅力的に感じられます。

もちろん酔い過ぎは禁物ではあるのですが、2~3名のクラブできているお客様に上手に接待しているのもお酒が飲めるキャバ嬢の方が圧倒的に多いのです。

テンションが高まるからこそ、陽気な気分になれるのですし、盛り上がっているクラブの中からお客様があなたを見つけることができるかもしれません。

逆にお酒が飲めないと、静かな物言いになってしまい話も続かないことが多いのです。

4. 嫌なお客様にもシラフで対応しなけらばならない

嫌なお客様にもシラフで対応しなけらばならない

キャバクラのお仕事というのはそう簡単ではありません。

お客様の誰もが紳士であるというわけでは無いのです。

例えば、中にはとても嫌なお客様もいるかもしれません。

そういった時にお酒の力を借りると、容易に接待することもできます。

心の平穏を逆に保つことができるのです。

だからこそ、お酒が飲めるキャバ嬢というのは指名率も高いと言えるのです。

5. シャンパンを頼みにくい

シャンパンを頼みにくい

当たり前の話ではありますがお客様にシャンパンおねだりするということも、水商売でうまく稼ぐ時には必要な事柄でもあります。

お酒が飲めないのにシャンパンを頼みずらいです。

例えばホストクラブなどの場合もナンバーワンを目指す際にシャンパンおねだりすることがよくあります。

キャバ嬢も同じで、自分のためにお客様に貢献して欲しいとお願いすることもできます。

お酒が飲めないとこういった効率よく稼ぐ手段も行うことができません。

6. お酒が飲ないとアフターが辛くなる

例えばキャバ嬢の場合にはアフターというサービスがあります。

アフターをお客様からの望まれた際に、お酒がひと役買うこともあるのです。

飲み仲間のような接し方ができるという部分もありますし、キャバクラのホール内でお酒を飲みすぎてしまって、これから外出することはできないと言えば、仕事の後のアフターをうまく避けることができます。

お酒が飲めない女性はこういったテクニックも使いにくいのです。

キャバクラのお仕事というのは昔とは違って、いわゆるステージに上がり注目を受けるべき職業でもあります。

他のアルバイトとは全く違い、お客様を接待するだけで高賃金がもらえるという好条件がついています。

今までは夜だけに出勤する仕事だという条件もありましたが、最近では昼間からキャバクラに通う人も多くなっているので、どんな時間帯でもキャバクラで働くことができるのです。

ですが、実際にお酒が飲めないキャバ嬢の場合には様々な不利な条件も付いてきます。


お客様とのテンションを合わせづらい

水商売と言われるからには、やはりお酒は付き物となってきます。

お客様がほろ酔い状態になっているのに自分だけシラフの状態ですと、何かと同調しにくいという部分は避けられません。

キャバクラというのは、男性が女性を求めてやってくるところでありながら、会話を楽しむと言う二次的条件も含んでいます。

お酒がし飲めないと、結果的にお客様と同じ気分になれないので、その分話にズレが生じてくることがあります。

そもそもお酒を飲めないと利益を出しづらい店も多い

例えばバーなどもお酒を提供する場所なのですが、お酒のみを提供するだけでお店が運営できるという部分が重要になってきます。

また、居酒屋などでもつまみは安くてもお酒はある程度の値段設定となっています。

実際にお酒で稼げる利益率自体が非常に高いので、お酒が飲めないキャバ嬢というのはお店にとっても利益にならないという部分は避けられないのです。

お酒の断り方によっては雰囲気が悪くなる

お酒を飲みながら陽気に喋っている女性はとても魅力的に感じられます。

もちろん酔い過ぎは禁物ではあるのですが、2~3名のクラブできているお客様に上手に接待しているのもお酒が飲めるキャバ嬢の方が圧倒的に多いのです。

テンションが高まるからこそ、陽気な気分になれるのですし、盛り上がっているクラブの中からお客様があなたを見つけることができるかもしれません。

逆にお酒が飲めないと、静かな物言いになってしまい話も続かないことが多いのです。

嫌なお客様にもシラフで対応しなけらばならない

キャバクラのお仕事というのはそう簡単ではありません。

お客様の誰もが紳士であるというわけでは無いのです。

例えば、中にはとても嫌なお客様もいるかもしれません。

そういった時にお酒の力を借りると、容易に接待することもできます。

心の平穏を逆に保つことができるのです。

だからこそ、お酒が飲めるキャバ嬢というのは指名率も高いと言えるのです。

シャンパンを頼みにくい

当たり前の話ではありますがお客様にシャンパンおねだりするということも、水商売でうまく稼ぐ時には必要な事柄でもあります。

お酒が飲めないのにシャンパンを頼みずらいです。

例えばホストクラブなどの場合もナンバーワンを目指す際にシャンパンおねだりすることがよくあります。

キャバ嬢も同じで、自分のためにお客様に貢献して欲しいとお願いすることもできます。

お酒が飲めないとこういった効率よく稼ぐ手段も行うことができません。

例えばキャバ嬢の場合にはアフターというサービスがあります。

アフターをお客様からの望まれた際に、お酒がひと役買うこともあるのです。

飲み仲間のような接し方ができるという部分もありますし、キャバクラのホール内でお酒を飲みすぎてしまって、これから外出することはできないと言えば、仕事の後のアフターをうまく避けることができます。

お酒が飲めない女性はこういったテクニックも使いにくいのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-