【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519154808.html
気力がわかない人が元気を出すコツ

気力がわかない人が元気を出すコツ | LADYCO

LADYCO
気力がわかない人が元気を出すコツ

人は誰しも、何もする気力がわかなくなる時が一度はありますよね。

そんな時のために、元気を出す11のコツを紹介しましょう。

  • とりあえず外に出る
  • おいしい食べ物を食べる
  • ひとりカラオケに行く
  • 誰かに話を聞いてもらう
  • 今の気持ちを紙に書き出す
  • 映画を見に行く
  • 音楽を聴く
  • 青空を見上げる
  • 新鮮な空気を浴びる
  • マッサージをする
  • 寝る
  • まとめ

1. とりあえず外に出る

とりあえず外に出る

気力がわかない状態というのは、大抵は家の中で寝転がっている状態が多いものです。

そんな状況を変えるために、まずは外に出てみましょう。

近くをぶらりと散歩するもよし、遠くへドライブに行くもよし、とにかく体を動かしてみて下さい。

動いているうちに、何で無気力になっていたんだろうと感じるほど気持ちが軽くなりますよ。

2. おいしい食べ物を食べる

おいしい食べ物を食べる

食という字は人を良くすると書きます。

その言葉の通り、おいしい食べ物というのはどんな時でも人の心を癒してくれるものです。

気力がわかなくなるという事は、今まで頑張ってきた結果力尽きてしまったという事なのですから、たまには自分へのご褒美として好きな食べ物を思いきり食べましょう。

3. ひとりカラオケに行く

ひとりカラオケに行く

気力がわかない方は心の中にもやを抱えています。

そのもやを吐き出すのに最適なのは声を出す事ですが、ただ声を出すだけというのもつまらないですし、場合によっては近所迷惑にもなりますよね。

そんな時はひとりカラオケに行きましょう。

誰かと一緒に行くとどうしてもその人の目を気にしてしまいますが、ひとりカラオケだと誰の目も気にする事なく好きな歌を歌いたい放題ですから、ストレス発散としては最適です。

4. 誰かに話を聞いてもらう

誰かに話を聞いてもらう

上記のひとりカラオケでも挙げた通り、気力がわかない方は心にもやを抱えていて、それを吐き出す必要があります。

その吐き出す方法はひとりカラオケ以外にもうひとつ、誰かに話を聞いてもらう事です。

身近な人でも構いませんし、カウンセラーなど悩み相談員の方でも構いません。

黙って話を聞いてくれそうな信頼できる人に自分の心境を話しましょう。

5. 今の気持ちを紙に書き出す

今の気持ちを紙に書き出す

ひとりカラオケに行くのも面倒だし、話を聞いてくれそうな人もいないという方もいる事でしょう。

そういう時は、紙と鉛筆を用意して今の気持ちを書き出して下さい。

何があって気力がわかなくなったのか、その原因は何なのか、ひたすら書き出してみましょう。

誰に見せるわけでもないので、殴り書き状態になっても構いません。

書き出しているうちに自分を客観的に見る事ができて、気持ちも楽になりますよ。

6. 映画を見に行く

映画を見に行く

映画を見に行くのも無気力から解放される有効な手段のひとつです。

最初は気分転換のために何となく見に行ったとしても、大きなスクリーンで見ているうちに気がつけば物語の中に引き込まれていき、終わった頃には物語の余韻で心が満たされます。

この状態になって、いつの間にか無気力から立ち直っている事に気づきますよ。

7. 音楽を聴く

音楽を聴く

静かな空間というものは気分を落ち着かせるものですが、気力がわかない方にとっては逆に余計に気分を沈めてしまいます。

そういう時こそ、音楽を聴いて気分を変えましょう。

ただし、無理に明るい曲を聴く必要はありません。

気力がわかない時に明るい曲を聴いたところで逆にストレスになる事もあるからです。

まずはゆったりとした曲からでもいいので、場の雰囲気を変える事が重要なのです。

8. 青空を見上げる

青空を見上げる

晴れた日は青空を見上げてみましょう。

気力がわかない時は視線が下に落ちている事が多いですが、下を向いてばかりでは元気が出るどころかどんどん落ち込んでしまいます。

青空がきれいな晴れた日にまで下を向いていてはもったいないので、上を向いて青空を見上げましょう。

青は人の心を癒す効果があるので、青空を見るだけでも十分効果があります。

また、空を見る時は必然的に視線を上に向けるので、気分も同時に上向きになりますよ。

9. 新鮮な空気を浴びる

新鮮な空気を浴びる

気分が落ち込んでいる時は、周りの空気も澱んで落ち込んでいるような気がしませんか。

そんな時は窓を開けるか屋外に出て、新鮮な空気を浴びましょう。

新鮮な空気には自然ならではの心地よさがあるので、不思議と気分が軽くなりますよ。

ある程度気分が落ち着いたら、思いきり深呼吸をして心まで浄化しましょう。

10. マッサージをする

マッサージをする

気力がわかない時は体内の流れも澱んでいます。

その流れを改善するためには、マッサージがぴったりです。

肩や首が凝っている方は肩や首を揉み、頭が重いという方は頭皮を動かして刺激してみて下さい。

停滞したリンパが再び流れ出すと同時に、心の澱みも流れていきます。

自分でしても十分気持ちいいのですが、マッサージをしてくれそうな人が近くにいればその人にやってもらった方が癒し効果は大きいですよ。

11. 寝る

寝る

ここまで元気を出すための様々な方法を提案してきましたが、それを実践する事すら億劫なほど気力がないという方もいらっしゃる事でしょう。

そんな方は、とりあえず寝ましょう。

ここまで気分が沈んでいるという事は体が既に限界を迎えているという事の表れなのですから、何かやりかけの事を残していたとしても構わず休息を摂るべきです。

寝る事で気力がリセットされ、次に目を覚ました頃にはもう一度頑張ろうという気になれますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は元気を出す11のコツを紹介させて頂きましたが、この中には必ず皆様に合った方法がありますので、ぜひ実践してみて下さい。

この記事が皆様の元気のきっかけになれば嬉しいです。

人は誰しも、何もする気力がわかなくなる時が一度はありますよね。

そんな時のために、元気を出す11のコツを紹介しましょう。


とりあえず外に出る

気力がわかない状態というのは、大抵は家の中で寝転がっている状態が多いものです。

そんな状況を変えるために、まずは外に出てみましょう。

近くをぶらりと散歩するもよし、遠くへドライブに行くもよし、とにかく体を動かしてみて下さい。

動いているうちに、何で無気力になっていたんだろうと感じるほど気持ちが軽くなりますよ。

おいしい食べ物を食べる

食という字は人を良くすると書きます。

その言葉の通り、おいしい食べ物というのはどんな時でも人の心を癒してくれるものです。

気力がわかなくなるという事は、今まで頑張ってきた結果力尽きてしまったという事なのですから、たまには自分へのご褒美として好きな食べ物を思いきり食べましょう。

ひとりカラオケに行く

気力がわかない方は心の中にもやを抱えています。

そのもやを吐き出すのに最適なのは声を出す事ですが、ただ声を出すだけというのもつまらないですし、場合によっては近所迷惑にもなりますよね。

そんな時はひとりカラオケに行きましょう。

誰かと一緒に行くとどうしてもその人の目を気にしてしまいますが、ひとりカラオケだと誰の目も気にする事なく好きな歌を歌いたい放題ですから、ストレス発散としては最適です。

誰かに話を聞いてもらう

上記のひとりカラオケでも挙げた通り、気力がわかない方は心にもやを抱えていて、それを吐き出す必要があります。

その吐き出す方法はひとりカラオケ以外にもうひとつ、誰かに話を聞いてもらう事です。

身近な人でも構いませんし、カウンセラーなど悩み相談員の方でも構いません。

黙って話を聞いてくれそうな信頼できる人に自分の心境を話しましょう。

今の気持ちを紙に書き出す

ひとりカラオケに行くのも面倒だし、話を聞いてくれそうな人もいないという方もいる事でしょう。

そういう時は、紙と鉛筆を用意して今の気持ちを書き出して下さい。

何があって気力がわかなくなったのか、その原因は何なのか、ひたすら書き出してみましょう。

誰に見せるわけでもないので、殴り書き状態になっても構いません。

書き出しているうちに自分を客観的に見る事ができて、気持ちも楽になりますよ。

映画を見に行く

映画を見に行くのも無気力から解放される有効な手段のひとつです。

最初は気分転換のために何となく見に行ったとしても、大きなスクリーンで見ているうちに気がつけば物語の中に引き込まれていき、終わった頃には物語の余韻で心が満たされます。

この状態になって、いつの間にか無気力から立ち直っている事に気づきますよ。

音楽を聴く

静かな空間というものは気分を落ち着かせるものですが、気力がわかない方にとっては逆に余計に気分を沈めてしまいます。

そういう時こそ、音楽を聴いて気分を変えましょう。

ただし、無理に明るい曲を聴く必要はありません。

気力がわかない時に明るい曲を聴いたところで逆にストレスになる事もあるからです。

まずはゆったりとした曲からでもいいので、場の雰囲気を変える事が重要なのです。

青空を見上げる

晴れた日は青空を見上げてみましょう。

気力がわかない時は視線が下に落ちている事が多いですが、下を向いてばかりでは元気が出るどころかどんどん落ち込んでしまいます。

青空がきれいな晴れた日にまで下を向いていてはもったいないので、上を向いて青空を見上げましょう。

青は人の心を癒す効果があるので、青空を見るだけでも十分効果があります。

また、空を見る時は必然的に視線を上に向けるので、気分も同時に上向きになりますよ。

新鮮な空気を浴びる

気分が落ち込んでいる時は、周りの空気も澱んで落ち込んでいるような気がしませんか。

そんな時は窓を開けるか屋外に出て、新鮮な空気を浴びましょう。

新鮮な空気には自然ならではの心地よさがあるので、不思議と気分が軽くなりますよ。

ある程度気分が落ち着いたら、思いきり深呼吸をして心まで浄化しましょう。

マッサージをする

気力がわかない時は体内の流れも澱んでいます。

その流れを改善するためには、マッサージがぴったりです。

肩や首が凝っている方は肩や首を揉み、頭が重いという方は頭皮を動かして刺激してみて下さい。

停滞したリンパが再び流れ出すと同時に、心の澱みも流れていきます。

自分でしても十分気持ちいいのですが、マッサージをしてくれそうな人が近くにいればその人にやってもらった方が癒し効果は大きいですよ。

寝る

ここまで元気を出すための様々な方法を提案してきましたが、それを実践する事すら億劫なほど気力がないという方もいらっしゃる事でしょう。

そんな方は、とりあえず寝ましょう。

ここまで気分が沈んでいるという事は体が既に限界を迎えているという事の表れなのですから、何かやりかけの事を残していたとしても構わず休息を摂るべきです。

寝る事で気力がリセットされ、次に目を覚ました頃にはもう一度頑張ろうという気になれますよ。

いかがだったでしょうか。

今回は元気を出す11のコツを紹介させて頂きましたが、この中には必ず皆様に合った方法がありますので、ぜひ実践してみて下さい。

この記事が皆様の元気のきっかけになれば嬉しいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-