【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519151919.html
ハイエナ系男子の特徴

ハイエナ系男子の特徴 | LADYCO

LADYCO
ハイエナ系男子の特徴

ハイエナはあまり良い印象で語られない動物ですが、そんな動物の名前を冠するハイエナ系男子の特徴を挙げていきます。

  • 距離を縮めるのがうまい
  • 情報網を張り巡らせてる
  • 肉食男子への憧れが見えるファッション
  • 諦めない
  • 彼氏の有無は気にしない
  • 小物感があるが男臭さはある
  • 大きな痛手をしない
  • 群れで協力し合う
  • 背は低いが顔はイケメン
  • 辛抱強くチャンスを伺う
  • 身の程を知っている
  • 他の男性のおこぼれだからこそ興味を持つ
  • 図らずも浄化作用がある
  • まとめ

1. 距離を縮めるのがうまい

距離を縮めるのがうまい

彼氏にフラれて辛いタイミングなどに、知らないうちに身近な距離感にいて、聞き上手で話しやすくて、いつの間にか愚痴をたくさん話させてくれる包容力に惹かれ、場合によってはホテルにも抵抗なく行ってしまうほど、人との距離を縮めるのが得意です。

本命彼氏に傷つけられた後というタイミングもあり、その居心地の良さに不思議な魅力を感じさせます。

2. 情報網を張り巡らせてる

情報網を張り巡らせてる

どこかに傷ついたり疲れている女性はいないか、常にその最新情報を得るための感度を働かせ、SNSを始め、自分の中のチェックポイントを毎日のように漁っています。

そうした日々の努力のおかげで、他のハイエナ系男子よりも先にアプローチすることができ、おこぼれにありつける確率を高めます。

携帯さえあればほとんどの情報を網羅することができますが、反面、足で現場に出向く労も惜しまず、女性でも独り飲みができそうな店や、泣ける映画が上映中の映画館など、あちこちのスポットに足を運んでパトロールしています。

3. 肉食男子への憧れが見えるファッション

肉食男子への憧れが見えるファッション

いわゆる肉食男子と呼ばれるほどのキャラの強さはないハイエナ系男子ですが、そんなコンプレックスはファッションや髪型に表れています。

オラオラ系な雰囲気やホストのようなスタイル、またはストリート系のラッパー風やバンドマン風だったりと、強面で男らしい男性への憧れが外見から透けて見えますが、やたらずんぐりむっくりだったり、どこか残念な印象を醸し出すことも少なくありません。

4. 諦めない

諦めない

狙った女性に煙たがられたとしても、すぐに諦めることはありません。

むしろ駄目で元々ぐらいの基本姿勢でいるため、女性に好意的に受け入れられないことは承知の上とばかりに喰らいつき、何度でも距離を縮めようとします。

その足取りは非常に軽く、インアウトも素早いので、ストーカーのようにシリアスな恐怖心を相手に与えることはあまりなく、相手が根負けするのを待ちます。

5. 彼氏の有無は気にしない

彼氏の有無は気にしない

ハイエナ系男子は狙った女性に彼氏がいようと全く気にしませんし、自分も彼女を作ることにこだわりません。

基本的に遊び人体質なので、そういった関係性には興味はなく、その日暮らしの中で楽しくやれれば良いと考えています。

それゆえトラブルも多いですが、生まれ持った自分の性分を変えることはなかなか出来ません。

6. 小物感があるが男臭さはある

小物感があるが男臭さはある

収入が低いなど、全体的に小物感があるものの、二の腕が太いなど、男性としてのセックスアピールをやたら感じさせる一面を持っていることがあります。

見るからに肉食男子には恐怖感が先立ってしまう箱入り女性にとって、少しワイルドさを抑えたハイエナ系男子ぐらいの方が、肉食系男子をお試しする上で丁度良いと感じさせます。

7. 大きな痛手をしない

大きな痛手をしない

自分一人で本気で好きになった女性を落としに行くような、大きな勝負をすることは基本的にありません。

また、先に他のハイエナ系男子が狙っているところを、横取りするべく戦いに挑むようなことも滅多にありません。

あくまで自分が仕留めることのできるテリトリーで、マイペースな勝負しかしないので、大きな痛手を負うようなことはありません。

8. 群れで協力し合う

群れで協力し合う

仲間意識を持てるような、似たタイプの男性とは、お互いの成功のために協力し合うことがあります。

例えば合コンの席などで、お互いの目当ての女性を狙わないとか、その女性に気に入られるように友達の褒め言葉を言ってみたり、2ショットになりやすい体勢を作ったりと、横の繋がりを有効的に活かします。

また情報交換についても、協力関係が結ばれており、好みの女性がタイプが違う場合などは、紹介し合うこともあります。

9. 背は低いが顔はイケメン

背は低いが顔はイケメン

一見すると肉食とは言い難い、見映えのしない雰囲気があるものの、よく見ると顔立ちは整っていることがあります。

また、いわゆる細マッチョと言われるタイプの体型をしていることも多く、彼氏として迎え入れるには抵抗があるけども、寂しい夜に遊ぶには丁度いいぐらいのスタンスで女性に見られることが多く、ハイエナ系男子の方もそんな立ち位置を好意的に考え、楽しんでいます。

10. 辛抱強くチャンスを伺う

辛抱強くチャンスを伺う

基本的に他の男性のおこぼれを狙う形で女性にアプローチするハイエナ系男子は、自分が攻め込む隙ができるまで生殺し状態でカップルのイチャイチャ状態を見ている必要があり、SNSではもうそろそろ終わると思わせるような書き込みがあったとしても、翌日には何事もなかったかの様にツーショット写真をアップすることもあるので、忍耐強くなければハイエナ系男子などやってられません。

11. 身の程を知っている

身の程を知っている

自分の男としてのスペックを心得ているので、みんなが狙っている高嶺の花のような美女にアタックすることは基本的になく、自分でも手が届きそうな女性に狙いを定め、虎視眈々とつけ入る隙を窺います。

選り好みをすることのない彼らは、謙虚な一面を持ち、自分に女性を回してくれる肉食系男子との関係を良好にすることで、上手に棲み分けをしています。

12. 他の男性のおこぼれだからこそ興味を持つ

他の男性のおこぼれだからこそ興味を持つ

ハイエナ系男子の多くは、他の男性のおこぼれだからこそ、強い関心を持つ性癖があります。

DV男にボコボコにされたり、浮気症の男に騙され続けたり、傷ついている女性はどこか儚げで、邪な目線ながら、独特の魅力を感じる男性は少なくありません。

多くの男性が女の涙に弱いのもそのためで、3割増しで可愛いと感じさせる効果があります。

13. 図らずも浄化作用がある

図らずも浄化作用がある

心無い男性に捨てられた女性を狙うハイエナ系男子は、女性が弱ったところを狙う悪者のようにも感じさせますが、ボロボロに傷ついた女性を慰め、ほんの束の間でも嫌なことを忘れる時間を作っているとすれば、無自覚ながら彼らの存在は浄化作用があるとすら考えられます。

まとめ

ハイエナ系男子の特徴について、様々な角度から考察してきましたが、ハイエナや狼に悪い印象を齎したのが人間であるように、ハイエナ系男子にも良いところと悪いところがあることを理解した上で、彼らに接するようにしましょう。

ハイエナはあまり良い印象で語られない動物ですが、そんな動物の名前を冠するハイエナ系男子の特徴を挙げていきます。


距離を縮めるのがうまい

彼氏にフラれて辛いタイミングなどに、知らないうちに身近な距離感にいて、聞き上手で話しやすくて、いつの間にか愚痴をたくさん話させてくれる包容力に惹かれ、場合によってはホテルにも抵抗なく行ってしまうほど、人との距離を縮めるのが得意です。

本命彼氏に傷つけられた後というタイミングもあり、その居心地の良さに不思議な魅力を感じさせます。

情報網を張り巡らせてる

どこかに傷ついたり疲れている女性はいないか、常にその最新情報を得るための感度を働かせ、SNSを始め、自分の中のチェックポイントを毎日のように漁っています。

そうした日々の努力のおかげで、他のハイエナ系男子よりも先にアプローチすることができ、おこぼれにありつける確率を高めます。

携帯さえあればほとんどの情報を網羅することができますが、反面、足で現場に出向く労も惜しまず、女性でも独り飲みができそうな店や、泣ける映画が上映中の映画館など、あちこちのスポットに足を運んでパトロールしています。

肉食男子への憧れが見えるファッション

いわゆる肉食男子と呼ばれるほどのキャラの強さはないハイエナ系男子ですが、そんなコンプレックスはファッションや髪型に表れています。

オラオラ系な雰囲気やホストのようなスタイル、またはストリート系のラッパー風やバンドマン風だったりと、強面で男らしい男性への憧れが外見から透けて見えますが、やたらずんぐりむっくりだったり、どこか残念な印象を醸し出すことも少なくありません。

諦めない

狙った女性に煙たがられたとしても、すぐに諦めることはありません。

むしろ駄目で元々ぐらいの基本姿勢でいるため、女性に好意的に受け入れられないことは承知の上とばかりに喰らいつき、何度でも距離を縮めようとします。

その足取りは非常に軽く、インアウトも素早いので、ストーカーのようにシリアスな恐怖心を相手に与えることはあまりなく、相手が根負けするのを待ちます。

彼氏の有無は気にしない

ハイエナ系男子は狙った女性に彼氏がいようと全く気にしませんし、自分も彼女を作ることにこだわりません。

基本的に遊び人体質なので、そういった関係性には興味はなく、その日暮らしの中で楽しくやれれば良いと考えています。

それゆえトラブルも多いですが、生まれ持った自分の性分を変えることはなかなか出来ません。

小物感があるが男臭さはある

収入が低いなど、全体的に小物感があるものの、二の腕が太いなど、男性としてのセックスアピールをやたら感じさせる一面を持っていることがあります。

見るからに肉食男子には恐怖感が先立ってしまう箱入り女性にとって、少しワイルドさを抑えたハイエナ系男子ぐらいの方が、肉食系男子をお試しする上で丁度良いと感じさせます。

大きな痛手をしない

自分一人で本気で好きになった女性を落としに行くような、大きな勝負をすることは基本的にありません。

また、先に他のハイエナ系男子が狙っているところを、横取りするべく戦いに挑むようなことも滅多にありません。

あくまで自分が仕留めることのできるテリトリーで、マイペースな勝負しかしないので、大きな痛手を負うようなことはありません。

群れで協力し合う

仲間意識を持てるような、似たタイプの男性とは、お互いの成功のために協力し合うことがあります。

例えば合コンの席などで、お互いの目当ての女性を狙わないとか、その女性に気に入られるように友達の褒め言葉を言ってみたり、2ショットになりやすい体勢を作ったりと、横の繋がりを有効的に活かします。

また情報交換についても、協力関係が結ばれており、好みの女性がタイプが違う場合などは、紹介し合うこともあります。

背は低いが顔はイケメン

一見すると肉食とは言い難い、見映えのしない雰囲気があるものの、よく見ると顔立ちは整っていることがあります。

また、いわゆる細マッチョと言われるタイプの体型をしていることも多く、彼氏として迎え入れるには抵抗があるけども、寂しい夜に遊ぶには丁度いいぐらいのスタンスで女性に見られることが多く、ハイエナ系男子の方もそんな立ち位置を好意的に考え、楽しんでいます。

辛抱強くチャンスを伺う

基本的に他の男性のおこぼれを狙う形で女性にアプローチするハイエナ系男子は、自分が攻め込む隙ができるまで生殺し状態でカップルのイチャイチャ状態を見ている必要があり、SNSではもうそろそろ終わると思わせるような書き込みがあったとしても、翌日には何事もなかったかの様にツーショット写真をアップすることもあるので、忍耐強くなければハイエナ系男子などやってられません。

身の程を知っている

自分の男としてのスペックを心得ているので、みんなが狙っている高嶺の花のような美女にアタックすることは基本的になく、自分でも手が届きそうな女性に狙いを定め、虎視眈々とつけ入る隙を窺います。

選り好みをすることのない彼らは、謙虚な一面を持ち、自分に女性を回してくれる肉食系男子との関係を良好にすることで、上手に棲み分けをしています。

他の男性のおこぼれだからこそ興味を持つ

ハイエナ系男子の多くは、他の男性のおこぼれだからこそ、強い関心を持つ性癖があります。

DV男にボコボコにされたり、浮気症の男に騙され続けたり、傷ついている女性はどこか儚げで、邪な目線ながら、独特の魅力を感じる男性は少なくありません。

多くの男性が女の涙に弱いのもそのためで、3割増しで可愛いと感じさせる効果があります。

図らずも浄化作用がある

心無い男性に捨てられた女性を狙うハイエナ系男子は、女性が弱ったところを狙う悪者のようにも感じさせますが、ボロボロに傷ついた女性を慰め、ほんの束の間でも嫌なことを忘れる時間を作っているとすれば、無自覚ながら彼らの存在は浄化作用があるとすら考えられます。

ハイエナ系男子の特徴について、様々な角度から考察してきましたが、ハイエナや狼に悪い印象を齎したのが人間であるように、ハイエナ系男子にも良いところと悪いところがあることを理解した上で、彼らに接するようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-